ブレーキディスク

続・ブレーキのお話

皆様こんばんは!浦和店の橋本です!!

 

以前ブログに書いたこちら「ブレーキのお話

 

ブレーキというのも奥が深いパーツで、まず第一に目に見えて構成部品点数が多い

 

更にそれぞれのパーツの組み合わせで、見た目も性能も大きく変化します。

 

今回は、性能を追求してパーツを選定させていただきましたので、そのご紹介です。

 

お車は、PORSCHE 911 turbo (997.2)

 

「宇宙一止まる」と言われるポルシェのブレーキですが、

 

 

こちらの997に装着されているのはスチールブレーキ

 

もちろんBREMBOです。

 

オーナー様は、同じく997.2型のCarera 4Sもお持ちなのですが、

 

そちらに装着されているのは、”PCCB(ポルシェ セラミックコンポジット ブレーキ)”

 

 

耐フェード性が高く、軽量なPCCB装着車の効きに慣れていると

 

どうにもご所有のturboのブレーキには不満が出てきてしまうとのことでご相談頂きました。

 

「turboと4Sのブレーキを入れ替えられないのか?」というお話になりましたが、

 

5穴PCD130仕様の4Sからセンターロックのturboへの移植は不可能でした。

 

そこでPCCBを後付けする?という選択肢もありましたが、そこそこの車が余裕で買えちゃうので

 

流石にパス……

 

参考までに、endlessで製造していたカーボンディスクローターは¥748,000~です。

 

1枚当たりです……

 

よりお手軽に、制動力と軽量化を実現できるご提案をさせて頂きました。

 

 

GiroDisc

 

アメリカでレースシーン向けのブレーキシステムを製造しているメーカーです。

 

社外ブレーキ用の各種ディスクローターから、

 

純正ディスクの置き換え用までラインナップしています。

 

構造は、軽量なアルミのベルハウジングと高硬度の鋳鉄ローターの組み合わせで

 

軽量化と耐久性の両得を実現します。

 

 

淡い紺色のベルハウジングが、絶妙にボディカラーにマッチしています。

 

表面に施されるのは7本(イラストでは8本)のストレートスリット

 

 

 

前進時に逆回転となる為、ガスの排出より制動力を重視した仕様です。

 

同時に装着したのは、GruppeMのステンレスメッシュブレーキホース

 

 

高級感のある箱に

 

 

不織布の袋と、二段構えです。

 

ここで橋本、肝心のブレーキホースを写した画像がないことに気づきますが、

 

時すでにお寿司です。

 

当り付けがまだですが、エッジの立った造形が効きそうな雰囲気を醸し出していますね。

 

ブレーキパッドは、耐フェード性とコントロール性の高い

 

プロジェクトμのHC-CSを前後で装着

 

 

911turboにふさわしいブレーキになりました!実際効きますよ笑

 

ディスクローター、パッド、ブレーキホース

 

一式でも、上にあげたカーボンディスクローター1枚分の値段には及びませんので、

 

一先ず強化するのにうってつけのメニューですね!

 

これでもご満足いただけない場合は、潔くPCCBをオススメします笑

 

ブレーキのご相談もBOND各店まで!

 

浦和店の橋本でした!!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

S3 8V × BC FORGED!!

皆様こんばんは!浦和店の橋本です!!

 

とある暑い日の浦和店ピット、暑さに当てられたのか

 

見慣れない鳥が舞い込んできました。

 

アライメントテスターのディスプレイにコツンとぶつかって座り込んでいたのは

 

 

まさかのカワセミ……

 

荒川にもカワセミっているんですかね……?

 

ただ明らかに弱っている様子で、近づいても逃げるそぶりを見せません。

 

暴れてピットの車に傷をつけたら大変だと、側の窓を開けて飛んでいけるようにしておきました

 

が、片付けの時間に再び現れたカワセミ君(嘴が黒いのはオスだそうです)

 

既に虫の息でした……道路に動物の亡骸を目にするのも珍しくないですが、やはり悲しいですね

 

物珍しさに写真に収めたカワセミでしたが、完全に後味の悪い話でスミマセン

 

気分を変えて!本日も爽やかなホイールを纏ったお車をご紹介!

 

 

度々登場しているK様のAUDI S3!

 

待望のBC FORGEDを装着したのでご紹介いたします!

 

車高は、KW Ver.3でローダウン済みです

 

 

デザインは、HCA382S

 

サイズは19インチの8.5J通し、前後でオフセットを変えています。

 

 

フィニッシュは、フルブラッシュド……!

 

やはりセンターディスクとアウターリムの仕上げを揃えると、

 

何とも言えない一体感と立体感が演出できますね。

 

インナーリムは、敢えてのブラックで奥行き感を強調します。

 

 

12J~13Jなんて極太サイズが入っちゃうスーパーカーなんかには必要ないですが、

 

元々サイズが限られている車種は、黒塗りにすることで幅を補うことも出来ちゃいますね。

 

 

もうワンポイントのフロントグリル

 

アウディの特徴であるシングルフレームグリルですが……

 

 

従来の日本仕様は、欧州仕様を踏襲しナンバーベース”ベース”とでも呼ぶべきパネルが

 

グリルの隙間を埋めています。(画像は拝借しました。)

 

 

その隙間が通通なのがフロントナンバーレスが正義のUS仕様

 

日本仕様のナンバーベース付属でした。

 

しかも今回……

 

 

更に通通にしてしまおう!ということで、

 

 

アウディエンブレム”フォーリングス”の中にあった支柱も全撤去しました。

 

 

通常はこんな具合になっています。

 

前後を比べるとかなりスッキリしたのが分かりますよね!?

 

一見落ち着いた印象のブラッシュドフィニッシュですが、

 

 

一たび陽の光を浴びると、一気に輝きを増します。

 

一見すると白いんじゃないかというくらいですが、それほどまでに様々な表情を見せてくれる

 

仕上げということですね。

 

 

フィニッシュ一つで思い思いのホイールが実現できるBC FORGED!

 

お値段もリーズナブル(中古のコンパクトカーくらいですが)なので

 

是非思い思いのホイールを作ってみてはいかがでしょうか?

 

浦和店の橋本でした!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

ブレーキのカスタムです!

皆様こんばんは!浦和店の橋本です!!

 

噂によると、フェラーリのF8の受注が終了したとか……

 

458ですら最近のモデルだと感じている私には驚きです!

 

実際、フェラーリの各モデルのライフサイクルは短くなっているようで、

 

V8モデルでは、360(6年間)~F430(5年間)~458(6年間)~488(4年間)~F8(3年間?)

 

と年々短くなっています。

 

ダウンサイジングのV8ターボとなって2世代にして、296GTBの様な小排気量ハイブリッドへと完全に転換してしまうのでしょうか……

 

やはり脱炭素化には抗えませんが、トヨタやヤマハの水素エンジンに期待したいところです!

 

90度V型5.0リッターDOHC 32バルブの高性能エンジンを水素化 出典:YAMAHA HPより

 

本日はブレーキのカスタムをご紹介!

 

 

お車は、ちょくちょく登場するAUDI S3です!

 

 

ドリルドスリット加工のブレーキローターを装着

 

 

制動力にもデザイン性もUPですね!

 

スリットには、パッド表面の清掃効果やダスト・ガスの排出性向上の効果

 

ドリルドには、表面積の拡大/通気による冷却性の向上という効果があります。

 

もちろん、パッドの摩耗が早くなる点や鳴きの発生のリスクなどデメリットもございます。

 

 

ローターの交換時に付き物の新品パッドはisweepのスポーツパッドIS2000をチョイス

 

そこそこ走られるオーナー様のご要望で、ダストは気にしない仕様です笑

 

 

豊富なパターンのほかにも、ご希望のデザインでの制作も可能ですのでご相談ください。

 

装着済みのローター加工も可能ですので、交換したばかりの方も間に合います!

 

ブレーキの事ならBOND SHOP URAWAまでお問合せお待ちしております!!

 

浦和店の橋本でした。

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

ブレーキのお話

皆様こんばんは!浦和店の新入り橋本です!!

 

ご紹介できるお車がありません!

 

気づけば師走、師ではない私も割と走り回っている気がするのですが、忙しさに反して車はなかなか完成しません泣

 

ということで、ネタをひねり出していきます笑

 

タイトルの通りブレーキのお話です。

 

ブレーキと言えば、車に乗る人の命を守る重要保安部品中の重要保安部品なわけですが……

 

いつもご紹介しているように、

 

 

メンテナンス的なパッド・ディスクローターの交換が基本です。

 

走行距離が伸びてきているお車やサーキット走行などをされるお車は、

 

 

各部を分解して、ブーツなどの交換も必要です。

 

と、ここまではいわゆる点検・整備にあたる内容ですが、

 

ここからはカスタム・チューニングのお話を一つ……

 

スタンス系……?

 

今やかなりメジャーなジャンルの一つとなってるカスタムですが、

 

その由来は、StanceNationというアメリカのサイトにあるということです。

 

現在StanceNation Japanとして例年盛り上がりを見せています。

 

このスタンス系でも重要な要素となるのが、足回りです。

 

 

車において足回りと言えば、サスペンションやそれに付随するアーム類、

 

タイヤホイールに加えて延いては、ブレーキ関係の事を指します。

 

言わずもがな、車高とタイヤホイールはカスタムの主役です。

 

でも、その奥に垣間見えるブレーキが味気ない純正品だと、少し寂しくないですか?

 

ブレーキのカスタムには、大きく分けて3つの選択肢があります。

 

キャリパーペイント

 

ボンドブログでも頻出なのが、キャリパーペイントです。

 

読んで字のごとく、ブレーキキャリパーのペイントを行います。

 

メルセデス・ベンツ、アウディを筆頭に最近の欧州車は、スポーツグレード以外にも何気に立派なブレーキが装着されています。

 

にもかかわらず、純正では鋳物のザラザラとした肌がそのまま残ったデザイン性に欠けるものがほとんど……

 

表面を研磨処理して、ツルツルに塗り上げれば抜群の高級感・存在感を発揮しますよ!

 

キャリパー交換

 

 

ブレーキカスタムの王道が、社外ブレーキキットの装着です。

 

 

性能・サイズ・デザイン性、どれをとっても抜群です!

 

もちろん価格も抜群ですが笑

 

レースなどをされる方は、この辺り(カーボンセラミックはご法度ですが)の選択も視野に入ってくるのではないでしょうか?

 

ローター交換

 

「数十万円もする社外キャリパーはちょっと……」という方には、キャリパーペイントと合わせて、ディスクローターのみの交換もオススメです!

 

 

性能とデザイン性を併せ持ち、かつ比較的低価格でお楽しみいただけます。

 

摩耗したローターの交換のついでに、少しカスタムしてみるのもいいですね!

 

ブレーキのメンテナンス・カスタムもBOND SHOP URAWAまでお願いします!

 

浦和店の新入り橋本でした!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416