ポルシェ

続・ブレーキのお話

皆様こんばんは!浦和店の橋本です!!

 

以前ブログに書いたこちら「ブレーキのお話

 

ブレーキというのも奥が深いパーツで、まず第一に目に見えて構成部品点数が多い

 

更にそれぞれのパーツの組み合わせで、見た目も性能も大きく変化します。

 

今回は、性能を追求してパーツを選定させていただきましたので、そのご紹介です。

 

お車は、PORSCHE 911 turbo (997.2)

 

「宇宙一止まる」と言われるポルシェのブレーキですが、

 

 

こちらの997に装着されているのはスチールブレーキ

 

もちろんBREMBOです。

 

オーナー様は、同じく997.2型のCarera 4Sもお持ちなのですが、

 

そちらに装着されているのは、”PCCB(ポルシェ セラミックコンポジット ブレーキ)”

 

 

耐フェード性が高く、軽量なPCCB装着車の効きに慣れていると

 

どうにもご所有のturboのブレーキには不満が出てきてしまうとのことでご相談頂きました。

 

「turboと4Sのブレーキを入れ替えられないのか?」というお話になりましたが、

 

5穴PCD130仕様の4Sからセンターロックのturboへの移植は不可能でした。

 

そこでPCCBを後付けする?という選択肢もありましたが、そこそこの車が余裕で買えちゃうので

 

流石にパス……

 

参考までに、endlessで製造していたカーボンディスクローターは¥748,000~です。

 

1枚当たりです……

 

よりお手軽に、制動力と軽量化を実現できるご提案をさせて頂きました。

 

 

GiroDisc

 

アメリカでレースシーン向けのブレーキシステムを製造しているメーカーです。

 

社外ブレーキ用の各種ディスクローターから、

 

純正ディスクの置き換え用までラインナップしています。

 

構造は、軽量なアルミのベルハウジングと高硬度の鋳鉄ローターの組み合わせで

 

軽量化と耐久性の両得を実現します。

 

 

淡い紺色のベルハウジングが、絶妙にボディカラーにマッチしています。

 

表面に施されるのは7本(イラストでは8本)のストレートスリット

 

 

 

前進時に逆回転となる為、ガスの排出より制動力を重視した仕様です。

 

同時に装着したのは、GruppeMのステンレスメッシュブレーキホース

 

 

高級感のある箱に

 

 

不織布の袋と、二段構えです。

 

ここで橋本、肝心のブレーキホースを写した画像がないことに気づきますが、

 

時すでにお寿司です。

 

当り付けがまだですが、エッジの立った造形が効きそうな雰囲気を醸し出していますね。

 

ブレーキパッドは、耐フェード性とコントロール性の高い

 

プロジェクトμのHC-CSを前後で装着

 

 

911turboにふさわしいブレーキになりました!実際効きますよ笑

 

ディスクローター、パッド、ブレーキホース

 

一式でも、上にあげたカーボンディスクローター1枚分の値段には及びませんので、

 

一先ず強化するのにうってつけのメニューですね!

 

これでもご満足いただけない場合は、潔くPCCBをオススメします笑

 

ブレーキのご相談もBOND各店まで!

 

浦和店の橋本でした!!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

PORSCHE 911(992) オススメパーツのご紹介

皆様こんばんは!浦和店の橋本です!!

 

完成待ち車両ばかりなので、本日はGT3のデリバリーも始まり何かとアツい992型911のパーツをご紹介!

 

BRABUS 820

 

 

先日の横山店長のブログでもご紹介したBRABUSによる992ターボSのコンプリートカーです。

 

この820は内外装すべてに手が入り、果てはエンジンチューンも施されていますが、各外装パーツがオーダー可能となるそうです。

 

ちなみに820自体のプライスタグは、EURO 405,157.25≒¥55,000,000

 

そのターボSカブリオレとの価格差は、優に2,000万円以上……

 

お乗りのメルセデスとお揃いでBRABUS、なんて良いのではないでしょうか。

 

 

このえげつないオーラムンムンのマフラーは、宇宙工学レベルの超合金インコネル製で200万円コースとの噂です……

 

TECHART

 

 

テックアートからもタイムリーなGT3用エアロが発表となっております。

 

これが新型GT3RSか、と見紛うほどの(GT3自体がかなり過激化していますが……)大型の翼端板を持つウイング

 

レースシーンでポルシェとは切っても切り離せない関係のマンタイレーシングとの共同開発とのことですから、性能も折り紙付きです。

 

 

こちらのカーボンボンネットもGT3に似た形状ですが、先端部のダクトはエアロダイナミクスをより追求した形状となっています。

 

 

極めつけは、まさしくGT3RSなダクトを持つフロントフェンダー

 

15mmワイドとなるため、より幅広のタイヤが収まり走行性能の向上にも一役買います。

 

真にサーキットユースが可能な市販車であるGT3にうってつけのパーツですね!

 

他のスーパーカーとは異なる切り口でカスタムが楽しめる911

 

ノーマルでお乗りの方は、是非こういったチューナーのパーツをご検討いただければと思います。

 

ポルシェの醍醐味が味わえるかもしれませんよ!

 

浦和店の橋本でした!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

マカンターボ×ASC!

皆様こんばんは!浦和店の橋本です!

 

2022年も1週間たってしまったことに恐怖を覚えております……

 

まだ気分は2021年です笑

 

本日は、半導体不足のあおりを受けて決まったオーダーストップがもう間もなく解消となる見込みの

残念ながら、受注再開は4月となってしまいました……

 

ASCアクティブサスペンションコントロールをご紹介!

 

ローダウン状態のお写真だけですが、ご覧ください!

 

 

昨年末のブログでご紹介のあった991.2 GT3と同じカーマインレッドのマカンターボです!

 

マカンにお乗りの方ならすぐに異常(?)にお気づきになるでしょうか?

 

 

もはやスポーツカーの領域です笑

 

流石のエアサスでも、この車高ではピョンピョン跳ね回ってしまいます……

 

しかし、今回お取り付けの”ASC”

 

こちらは、いわゆるエアサスコントローラーになりますので、走行時は快適な車高に戻すことができます。

 

 

過去の記事からの転用ですが……

 

お手元のスマートフォンで㎜単位の調整が可能!

 

設定した速度で純正車高に切り替える機能もございます!

 

対応車種ではそれぞれの走行モードに任意の車高を割り当てることも可能です。

 

今回は、ローダウンに付き物のホイールスペーサーも併せてご装着!

 

 

前後バランスもバッチリです!

 

ちなみに、限界まで下げても干渉なく走行可能です。

 

乗り心地はお察しですが笑

 

受注再開を機に、皆様により認知していただけるようにご紹介させていただきました!

 

ローダウンの事もBOND SHOP URAWAまでお問い合わせください!

 

浦和店の橋本でした!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416