未分類

あの衝撃が現行モデルでも!! iiD MCB for W463A

皆様こんばんは!浦和店の橋本です!!

 

本日もパーツに関するご案内です!

 

 

ゲレンデことGクラスは、言わずと知れた軍用車をベースとしたラダーフレーム車です。

 

こちらの動画でご紹介しているのは、そんなGクラスの乗り心地を改善する

 

とっておきのパーツ、MotionControlBeamです!

 

アイシン精機とMINI専門ブランドmonで共同開発した、F系MINI用でも大変好評のこちらが

 

遂に現行型GクラスW463A(464)用として発売となりました!

 

Front側 新型

W463(~2018)用とは異なりフロント側にブラケットを介して2本掛け

 

Front側 W463(~2018)

前型では、真一文字に取付

 

代わりにリア側にたすき掛けに2本配されます。

 

Rear側 W463(~2018)

 

代わって現行型では、リアがバンパー内の1本となっています。

 

Rear側 新型

 

アイシン精機と共同開発した独自のダンパーにより、ラダーフレームからボディへと伝わる振動を吸収し素早く収束させます。

 

W463型では、その基本設計の古さから劇的な改善がみられました。

 

大きく設計が変わったとは言え、W463A型でもラダーフレームは健在

 

一般的なモノコックフレーム車との乗り心地の違いを感じる方には、是非オススメしたい商品です!

 

¥180,000+税(別途工賃を頂戴します。)

W463A(464)のすべてのグレードに対応

 

乗り心地を重視される方はBOND各店までお問い合わせください!

 

浦和店の橋本でした。

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

はじめまして!

9月より入社しましたボンドカーズ浦和 池田と申します🙇🏻‍♂️

 

埼玉生まれ埼玉育ちの32歳、某外車ディーラーに新卒入社から約12年、メカ6年🔧セールス6年🚘の経験を積んで参りました。

物心つく前から車が好きで好きで・・・ついに同じメーカーにとどまり続けることができなくなりました(笑)

 

これからはカスタム・販売ともに実績のあるbondで、多様な車種のワイドかつディープな知識を身につけ、車の楽しさやカッコいい車の提案をしていきたいと思っております!

はじめはお客様からお勉強させて頂くことも多く、ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、何卒ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます🙇🏻‍♂️

 

さて、早速ですが新入庫の一台をご紹介です!

こちら💁‍♂️

「LAND ROVER DEFENDER 110X DAYNAMIC SE D300」

でございます!

車名も長いですが、ここから私の話も長いです(笑)ご注意下さい⚠️

 

わたくし登山が趣味でして、、もちろん山での景色や食、下山後の温泉やサウナまで存分に楽しみますが、無類のギア好きでもあります。
素材の特性や軽さと強度のバランスなどにこだわって収集し、アルコールバーナーを自作することもありました。

 

そんなギア好きな私にとって、このギア感満載のディフェンダー・・・もう堪りませんね。。

 

ガシガシ使える内装は、まさにギア!

マットを外すと・・・そこはファブリックのフロア地ではないので、丸洗いもできそう!

 

 

3リッター直6ディーゼル+48Vマイルドハイブリッドのユニットの最大出力はD300のネームの通り300PS!トルクは650N・m!

モリモリのトルクで大きな車体も山道であっても軽々ですね💪

この直6MHEV、パワフルなうえ静粛性もかなり高く、街乗りも本当に快適そのものです!

 

 

ホイールは20インチのダークシルバーで、全体が真っ黒にはならず、アーバンな印象💁‍♂️

 

 

タイヤは流用でRotifform STM20インチなんて付けたら、、、これはもう私のツボです笑

 

 

走行1200キロで内外装もほぼ新車に近い状態!市場にも少なく貴重で、早い者勝ちの一台です!

詳しくはストックリストをご覧ください!お問い合わせもお待ちしております♪

 

それでは、ボンド浦和で皆さまにお会いできる日を楽しみにしております🙇🏻‍♂️

以上、初ブログから長々と失礼しました!池田でした。

 

BCFORGEDが値上げです……

皆様こんばんは!

 

仙台への納車帰りでウトウトな橋本です💤

 

本日はショッキングなニュースをお伝えします。

 

昨年秋にも原材料不足/高騰の煽りを受け、各ホイールメーカーに続いて値上げとなった

 

BCFORGED

 

 

今年も続々と新デザインが発表され、勢いの止まらないメーカーですが

 

 

今年の秋もどうやら耐えられないようです……

 

 

ご存知の通り、ロシアによりウクライナ戦争を皮切りに円安が進行

 

欧米との金利差を理由に、有事の円買いの例に漏れて歴史的な下落を見せています。

 

当然国外から輸入される部品はその影響を受けるわけで……

 

10/1から10~15%の値上げとなります。

 

つまり……

 

9/30までが今の価格でオーダーする最後のチャンスと言う訳で

 

駆け込みのお問い合わせお待ちしております!笑

 

浦和店の橋本でした!!

 

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

途中経過!!

こんばんは

夏休みのキャンプは台風だ流れ、先日の連休のキャンプも台風で流れてしまいました

私のキャンプはいつ来るのでしょうか

天気に泣かされている今日この頃ですが…。

本日ご紹介のお車はこちら

ヤバイ

超カッコイイ

先日お車はご購入して頂いてそのままカスタムさせて頂きました

今まで4枚ドアでのラングラーは販売もカスタムも数多く熟してきましたが、2枚ドアは私自身もお初でした

 

2枚ドアのこの何とも言えないバランス好きです

今回ホイールにはBLACK RHINOの17インチをチョイスしてタイヤはNITTO TRAIL GRAPPLER M/Tを装着しました

むっちり具合がたまりません

足回りにはROUGH COUNTRY 2インチアップキキットを装着です

 

もちらん背面タイヤにも装着です

さすがにこのサイズとなりますとかなりの重量なのでリアゲートにも補強パーツをちゃんと装着しております

パーツ待ちで作業途中となりますが、仕上がりが楽しみですね

ローダウンとは何ぞや?後編

皆様こんばんは!浦和店の橋本です!!

 

先日に引き続き、カスタムの真髄ともいえるローダウンをさらっと解説していきます!

 

前編はこちらから→ローダウンとは何ぞや?前編

 

前編ではダウンサスからHASまでご紹介しましたので、早速その続きから行きましょう!

 

・車高調

 

KW Coilovers Street Comfort

 

サスペンションと言えばこれだよ!という方も多いであろう車高調

 

車高調整式サスペンションの略ですね。厳密にいえば前述のHASも車高調に該当しそうですが

 

一般的には、コイルスプリングとショックアブソーバーがセットになっているものを指します。

 

多くはダイヤルによって「減衰」が調整できます。

 

これはいわゆるサスペンションの硬さ調整機能で、ショックの伸びや縮みが収まるまでの速度を調節します。

 

ものによってはこれらが別々に調整可能で、中には縮み側の高速/低速を細かくセットできるものもあります。

 

BC Racing ZR Series Coilovers

 

これは入力の速度に応じて反応速度を変えることで、コントロール性を高める狙いがあります。

 

別タン式ともよばれ、ショックから連続するタンクにまでオイルが満たされ、

 

より大きなストロークを確保しています。

 

主に、サーキットなどでのスポーツ走行に求められる機能です。

 

ストロークの増大は単にサスペンションに動きを良くするだけでなく、

 

吸収性を高めることにもつながるので、乗り心地の改善につながることもあります。

 

メリット

・より細やかなセッティングが可能

・ショックが専用品となり、スプリングとの相性が良い

 

デメリット

・調節可能な箇所が増えメンテナンスが難しくなってしまう

・ダウンサスに比べ高価

 

ダウンサスから入った人の多くが車高調へとたどり着く、ともいわれる様に、

 

足回りカスタムの一つの終着点であるのは間違いないでしょう。

 

デメリットの一つに挙げたメンテナンスの難しさですが、

 

調整箇所が増えれば、その部分のアソビ/緩みも存在する、という至極当然の理由によるものです。

 

ここを「細やかな調整の為」「より良いコントロール性の為」と割り切れるかどうかが、

 

車高調をチョイスするカギになりそうですね!

 

・ASC

 

 

浦和店のブログをご覧の方は、誰しもが目にしているであろうコチラ!

 

ASCは、アクティブサスペンションコントロールの頭文字をとったもので、

 

文字通り任意での車高調整を可能にするシステムになります。

 

当然ベースとなるのは、純正エアサス車

 

 

スマートフォン上のアプリでちょちょいと調節するだけで

 

 

じわじわ車高が変わっていきます。

 

 

10年以上前からエアサス車用のエアサスコントローラーは存在していますが、

 

その正統進化版と言ったところですね。

 

お車によっては、純正のそれぞれの走行モードへと車高を割り振り、

 

簡易的な車高プリセットとして機能させることができます。

 

メリット

・お手元で好きな車高が選択可能

・インストールが比較的容易

デメリット

・純正エアサス同等の動作速度(少しゆっくり)

・ロワリングキットに比べて高価

・納期が長め(2022/9月現在)

 

エアサス車で車高調整を楽しみたいならほぼ一択と言える訴求力があるのではないでしょうか?

 

 

潤沢な在庫をご用意しているロワリングキットに比べで納期が遅いのが玉に瑕ですが……

 

・車高調(ダンピングコントロール付き)

 

KW DDC PLUG & PLAY W463A G63

 

コチラはかなり設定車種が限られますが、車高調のショックに備わる減衰調整機能を

 

純正のシステムを介して、又は独自のシステムを用いて電子制御するものになります。

 

画像のG63用KW DCC PLUG&PLAYは、純正の減衰調整機能がそのまま機能するため

 

Comfort/Sport/Sport+など、モード切替に応じて足の硬さが変化します。

 

 

ローダウンしても走行性能を犠牲にしないという点では、コイルオーバーの最高峰と言えます。

 

メリット

・簡単に減衰調整が可能

・純正機能が活かせる場合も

デメリット

・とにかく高価

 

デメリット一つでメリットがひっくり返り兼ねないほどの価格設定の場合もございますので

 

ご注意ください笑

 

もちろんメーカーによりますが、上のG63用KWで180万円もするんです!

 

妥協なくローダウンしたい方への究極の選択肢ですね。

 

・社外エアサス

 

AirRex

 

ローダウンの花形と言えば社外エアサスですね!

 

純正にはエアサス設定の無い車種へ向けて、純正エアサスでは不可能な下げ幅の実現

 

などなど、妥協なくローダウンをしたい方へ向けた最終兵器です笑

 

 

通常走行が不可能なレベルの車高を実現しつつ、安全な走行も出来る

 

まさに良いとこ取りなサスペンションです。

 

エアサスのコンプレッサー/タンク自体を魅せるインストールなど、他とは違ったカスタマイズが可能です。

 

純正エアサス車でない場合や、稼働範囲が大きく変わる場合は、構造変更が必要となります。

 

メリット

・極限のローダウンが可能

・段差の回避もでき、走行経路を選ばない

 

デメリット

・やはり高価

・荷室の占有

 

お値段は、70~100万円ほどが多くやはり高価なサスペンションです。

 

また、他のサスペンションとは異なり、エアバックを膨らませるためのコンプレッサーと

 

エアーをためるタンクが必要となるため、車種によっては大きくラゲッジスペースを占有します。

 

最も、そんなことを気にする車に着ける物じゃないのかもしれませんが笑

 

このように、ローダウンと一言にいってもその方法は種々様々

 

それぞれの方法にも、選び方で大きく特性が異なる場合もあり、

 

足回りカスタムの奥の深さの一旦も垣間見ていただけたのではないでしょうか?

 

Bondでは、とにもかくにもローダウン&ホイール!というスタッフが揃っておりますので、

 

是非ご相談ください笑(もちろんリフトアップも可能です。)

 

浦和店の橋本でした!!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416