991

Goodwood Festival of Speed

皆様こんばんは!浦和店の橋本です!!

 

先日、高橋さんがアメリカ出張に行ってきました。

 

今回の出張では、3年ぶりの開催となるHREのファクトリーイベント

 

 

HRE OPEN HOUSE2022への参加をメインに、各ホイールメーカーの視察を行います。

 

高橋さんによる出張レポートが見られるとか見られないとか笑

 

お楽しみに!

 


 

 

話は変わって、本日は意外とご存知の方が少ないイベントについてお話ししたいと思います。

 

”FoS”の愛称で親しまれる自動車の祭典”Goodwood Festival of Speed”

 

英国・サセックスに広大な土地とグッドウッドサーキットを所有する、”マーチ卿”チャールズ・ゴードン=リッチモンド公爵が主催するモータースポーツイベントです。

 

肩書からもわかる通り、英国の貴族ですね。

 

グッドウッドサーキットの生みの親であるフレデリック・ゴードン氏自身がそうであったように、孫のチャールズ・ゴードン氏もバリバリのレーサーです。

 

そんな彼が、モータースポーツの振興を目的に1993年に初開催して以来”FoS”は年々規模を拡大し、今では20万人規模の一大イベントとなっています。

 

英・AUTOCARより

 

イベントのメインとなるのは、ご覧の様な藁で区切ったコースを使って行われるタイムトライアル

 

一部を除き、ほとんどエスケープゾーンもない狭いコースを、クラッシックカーやハイパーカー

 

果ては、F1マシンまで爆走していきます。

 

 

開催ごとに、その年を象徴するモニュメントが作られます。

 

2021年には中国の吉利汽車の傘下となった新生ロータスによるモニュメントが建てられました。

 

 

過去にはトヨタが担当したこともあり、自動車メーカーとの繋がりも強いイベントです。

 

今となっては、各メーカーが新モデルの発表の場としても活用するまでになり、

 

一つのモーターショー的側面を持つに至っています。

 

今年注目のモデルが

 

 

992 GT3RSです。

 

英国時間の6/23-6/26の開催となるので、そのどこかで発表されるのでは、と噂されています。

 

先代モデルと比べ、ただでさえ過激なフォルムとなった992 GT3をベースに

 

そのまんまサーキット走行に耐えうる装備・性能を付与するとなると

 

文字通り公道を走るレーシングカーです。

 

 

アンバランスとさえ思える大型のフィンを持つリアウイングが一際目を惹きますね。

 

難攻不落と言われるドイツにニュルブルクリンクでは、

 

各メーカーが開発の拠点を設け、そこでのラップタイムを競っていますが、

 

 

992 GT3RSでは、現在市販車最速の991.2 GT2RSのタイムに近づけてくると思われます。

 

現に992 GT3では、991.2 GT3RSのタイムを上回ているので、その可能性は十分にあると言えますね。

 

往年の名車や最新のハイパーカーが本気のタイムアタックを繰り広げ、

 

注目のNewモデルが発表される(?)Goodwood Festival of Speed 2022

 

是非みなさんも注目してみてください。

 

浦和店の橋本でした。

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

991.2ローダウン

こんばんは!高橋です。

本日はこちらの991.2 Carrera4

ローダウン&スペーサーとペイントの作業をさせて頂きました!

KW HASで程よくローダウンし、スペーサーは前後10mmを装着しました

良い出面ですね

ペイント関係はバンパーのダクトとセンターのスポイラーをグロスブラックにペイント!

ミラー台座もグロスブラックでペイント

サイドスカートは同色ペイント

ここを黒くしてしまうと腰高感が強調されてしまうので、同色がオススメです。

リヤディフューザーとバンパーのダクトはグロスブラックと同色で塗り分けです。

マフラーエンドも耐熱ブラックでペイント致しました!

やはりローダウンしたポルシェのおしりはかっこいいです

次はホイールいきたいですね

それでは本日はこの辺で!


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

GT3×Carbon

こんばんは! 高橋です

本日で2021年の通常営業は最終日となります!

毎年そうですが、年末はホントに忙しい

12月だけ1か月がめちゃくちゃ早く感じます。

特に今週1週間はピットの作業を手伝ったり、納車で外出だったりとデスクに座ってる時間なんてありませんでした・・・

皆様、たくさんご依頼頂きまして本当にありがとうございますm(__)m

さて、そんな最終日にご紹介させて頂くのはこちらのお車!

991.2 GT3でございます

こちらのお車も年内ギリギリの完成となりました 大変お待たせ致しました!!

今回の内容はタイトル通り「Carbon」ということで、色んな部分をカーボン加工させて頂きました!

フロントは、リップとエアダクトトリム

一度ノーマルパーツを外して加工して加工してますのでフィッティングもばっちり

デザインも崩れないので、純正オプションという感じの仕上がりです

バンパーを外したついでに、ヘッドライトウォッシャーノズルとナンバーベースは勝手に同色ペイントしてみました笑

他がカーボンになるのにここだけプラスチックの素地が残ってしまいますからね!

ドアミラーは足の部分が元々素地で上側の部分が同色だったのを、足を同色にペイントして同色部分をカーボン加工!

これ意外とバラバラにするのが大変です

リヤは、ディフューザー・エンジンフードダクト・サイドスポイラーとなります

これがまた効果絶大です 一気に高級感が出ました!!

社外のエアロパーツも良いですが、こちらのお車のように純正加工っていうのもありじゃないでしょうか

次はホイールですね!! ってお話をしていたら、もう一台G63をお持ちの方なんですがそっちのホイールをご注文頂きました笑

ありがとうございますm(__)m

GT3もいっちゃいましょう ご注文お待ちしております!!

今年最後のブログとなりますが、皆様、1年間本当にお世話になりました

来年も変わらず?今年以上に? 高橋を宜しくお願い致します

かっこいいお車作っていきましょう

それでは皆様、良いお年を! ボンドショップは、1/6より通常営業となります!!


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

Porsche 992 GTstreetR

こんばんは

ヨコヤマです。

 

明日は大宮店でYoutubeライブです。

是非ご視聴ください!

 

本日はテックアートのGTストリートRのご紹介

ターボベースのコンプリートカーです。

この度カブリオレも追加されませした。

 

最高800Ps 最高速は350km

0-100km 2.5秒

強烈な1台です。

限定台数は87台

 

お客様に合わせた1台を作ることが出来ます。

コンフィグはこちら

 

エクステリアもカーボンを多く使用しております。

 

 

ホイールもフォーミュラⅥ 鍛造になります。

エアロディスク ありなしが選べます。

 

クラブスポーツパッケージを追加すれば内装もロールゲージ・フルバケットシートが入ります。

サーキット・ストリート両方を兼ね備えております。

 

リアウイングは2タイプ

2段タイプで真ん中のウイングは可変式になります。

 

インテリア

レザー+アルカンターラの豪華仕様

チェッカー柄 パイピングに目がいってしまいます。

内装はすべて張替えになります。

 

ポルシェの足回りは最高です。

路面に吸い付くようなコーナーリングが可能です。

 

ちなみにGTストリートR買えます。

コンプリートで!

気になる値段は・・・・・

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

下記までお問い合わせくださいw

今ならまだ作れる枠あります!

取付ける部品で値段がすごく変わります。これはいらないとかで値段下げることも可能です。

価格ピンキリです!

 

ご購入はヨコヤマまでお願いします!


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

 

 

 

 

ブラックアウトとはなんぞや?

皆様こんにちは!浦和店の新入り・橋本です!!

 

私が最近ひそかに楽しみにしているのが、当グループが誇る職人集団”BOND BODY”のブログです。

 

なかでも注目なのが、フルレストア中のメルセデス R121 190SLです!

 

実は、結構前からブログに登場していたのですが、最近ペースアップで目が離せません!

 

ボディに穴をあけた錆を落とし、埋め、平らに均していく様は必見です!!

 

ベンツ190SL

↑最新号です。

 

↑COVID-19流行前の2019年のドイツ視察時の動画です!BRABUSと同じことをBONDでもやってるんです!というお話でした笑

 

 

本題です。

 

タイトルの通りですが、最近よくご依頼を頂く”ブラックアウト”と呼ばれるカスタムについてお話ししたいと思います。

 

そもそも”ブラックアウト”とは何なのか?

 

BONDカスタマー・bond diaryフリークの皆様にとっては、「何をいまさら笑」といった感じかと思いますが、敢えてご説明いたします。

 

ブラックアウトの文字通り、黒く塗りつぶすことを意味します。

 

元来は航空機のパイロットなどが、高いGに晒された際に視界が黒く失われる状態を指すそうです。

 

 

反対のホワイトアウトは、吹雪で視界が白く失われることを言いますね。

 

 

話がそれた感がありますが、ともかくすべてが背景に同化してしまう状態なわけです。

 

カスタムにおいては、純正部品に多用されるメッキパーツや灯火類の赤、などなどボディカラーから浮いた存在を背景たるボディカラーに同化させていくことをブラックアウトと呼びます。

 

・エンブレム

 

もっとも一般的なのは、メッキが用いられることの多いエンブレム類のブラックアウトですね。

 

 

メルセデスのマグノカラーに代表される、マットカラーです。

 

クロームメッキのエンブレムが燦々と輝いていますが、これをブラックアウト!

 

 

同じくマットカラーのAUDI R8

 

 

こちらもメッキの4MATICが誇らしげなダイヤモンドホワイトの新型Sクラス。

 

こちらもブラックアウト!

 

 

キャララホワイトのカイエンクーペのトランクエンブレムです。

 

一言にブラックアウトと言っても、黒いカラーのお車以外にも活用できるんです!

 

 

こちらはジェットブラックメタリックのGT3。ある意味正統派のブラックアウトが施されています。

 

ここまでの画像であることに気づいた方は、相当なカスタム上級者です!

 

 

 

それは?

 

 

 

実は、ここまでの画像のお車はすべて、

 

エンブレムとボディカラーの質感が異なっているのです!

 

艶のあるグロスカラーのボディには艶の引けたマットなエンブレムを……

 

マットカラーのお車には艶のあるエンブレムを……

 

このコントラストが、同系色のパーツを重ねるうえで、大きなメリハリとなるのです。

 

もちろんボディと全く同じカラーを用いるのも一つの手ですが、のっぺりしやすくカッコよく魅せる難易度が跳ね上がるんです!

 

そこをなんとかするのがプロだろうと言われると、返す言葉がありませんが笑

 

このようにブラックアウトと一言にいっても、さまざまな技法・魅せ方があるのです。

 

・灯火類

 

 

冒頭で灯火類を上げましたが、お車の印象を大きく左右するのが、ヘッドライトです。

 

近年は、こちらの画像はスモークフィルムのサンプルです。

 

最も暗いお色では少しヤンチャな印象を与えますが、

 

 

お車の完成イメージに合わせた選択が可能です。

 

 

純正部品でインナーブラックが選択できるお車もございますので、これだけで大きくイメージが変わりますね!

 

暗いトーンのお色なら、一気に全体が引き締まって見えること請け合いです。

 

 

ちなみに、こちらのGクラスナイトパッケージ用ヘッドライト、純正定価は1,200,000円オーバーです笑

 

現代のヘッドライトはかなーり複雑化しておりますので、致し方ないですね……

 

しかし、灯火類の老舗HELLA製のOEM品(委託生産品)の在庫が1セットございます!お値段はお問い合わせください。

 

気になっている方はお早めに!

 

といった具合にブラックアウトについて少しお話いたしましたが、このほかにもウインドウモール等のモール類、前後バンパーにグリルなど、ブラックアウトやシボ取り(ザラザラの樹脂をツルツルに!)を行うことで、ワンランク上のお車に仕立て上げることができます!

 

これからも、さまざまな施工例をお伝えしていきますので、お問い合わせだけでもお気軽にどうぞ!

 

浦和店の新入り・橋本でした!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416