AUDI

ローダウンとは何ぞや?後編

皆様こんばんは!浦和店の橋本です!!

 

先日に引き続き、カスタムの真髄ともいえるローダウンをさらっと解説していきます!

 

前編はこちらから→ローダウンとは何ぞや?前編

 

前編ではダウンサスからHASまでご紹介しましたので、早速その続きから行きましょう!

 

・車高調

 

KW Coilovers Street Comfort

 

サスペンションと言えばこれだよ!という方も多いであろう車高調

 

車高調整式サスペンションの略ですね。厳密にいえば前述のHASも車高調に該当しそうですが

 

一般的には、コイルスプリングとショックアブソーバーがセットになっているものを指します。

 

多くはダイヤルによって「減衰」が調整できます。

 

これはいわゆるサスペンションの硬さ調整機能で、ショックの伸びや縮みが収まるまでの速度を調節します。

 

ものによってはこれらが別々に調整可能で、中には縮み側の高速/低速を細かくセットできるものもあります。

 

BC Racing ZR Series Coilovers

 

これは入力の速度に応じて反応速度を変えることで、コントロール性を高める狙いがあります。

 

別タン式ともよばれ、ショックから連続するタンクにまでオイルが満たされ、

 

より大きなストロークを確保しています。

 

主に、サーキットなどでのスポーツ走行に求められる機能です。

 

ストロークの増大は単にサスペンションに動きを良くするだけでなく、

 

吸収性を高めることにもつながるので、乗り心地の改善につながることもあります。

 

メリット

・より細やかなセッティングが可能

・ショックが専用品となり、スプリングとの相性が良い

 

デメリット

・調節可能な箇所が増えメンテナンスが難しくなってしまう

・ダウンサスに比べ高価

 

ダウンサスから入った人の多くが車高調へとたどり着く、ともいわれる様に、

 

足回りカスタムの一つの終着点であるのは間違いないでしょう。

 

デメリットの一つに挙げたメンテナンスの難しさですが、

 

調整箇所が増えれば、その部分のアソビ/緩みも存在する、という至極当然の理由によるものです。

 

ここを「細やかな調整の為」「より良いコントロール性の為」と割り切れるかどうかが、

 

車高調をチョイスするカギになりそうですね!

 

・ASC

 

 

浦和店のブログをご覧の方は、誰しもが目にしているであろうコチラ!

 

ASCは、アクティブサスペンションコントロールの頭文字をとったもので、

 

文字通り任意での車高調整を可能にするシステムになります。

 

当然ベースとなるのは、純正エアサス車

 

 

スマートフォン上のアプリでちょちょいと調節するだけで

 

 

じわじわ車高が変わっていきます。

 

 

10年以上前からエアサス車用のエアサスコントローラーは存在していますが、

 

その正統進化版と言ったところですね。

 

お車によっては、純正のそれぞれの走行モードへと車高を割り振り、

 

簡易的な車高プリセットとして機能させることができます。

 

メリット

・お手元で好きな車高が選択可能

・インストールが比較的容易

デメリット

・純正エアサス同等の動作速度(少しゆっくり)

・ロワリングキットに比べて高価

・納期が長め(2022/9月現在)

 

エアサス車で車高調整を楽しみたいならほぼ一択と言える訴求力があるのではないでしょうか?

 

 

潤沢な在庫をご用意しているロワリングキットに比べで納期が遅いのが玉に瑕ですが……

 

・車高調(ダンピングコントロール付き)

 

KW DDC PLUG & PLAY W463A G63

 

コチラはかなり設定車種が限られますが、車高調のショックに備わる減衰調整機能を

 

純正のシステムを介して、又は独自のシステムを用いて電子制御するものになります。

 

画像のG63用KW DCC PLUG&PLAYは、純正の減衰調整機能がそのまま機能するため

 

Comfort/Sport/Sport+など、モード切替に応じて足の硬さが変化します。

 

 

ローダウンしても走行性能を犠牲にしないという点では、コイルオーバーの最高峰と言えます。

 

メリット

・簡単に減衰調整が可能

・純正機能が活かせる場合も

デメリット

・とにかく高価

 

デメリット一つでメリットがひっくり返り兼ねないほどの価格設定の場合もございますので

 

ご注意ください笑

 

もちろんメーカーによりますが、上のG63用KWで180万円もするんです!

 

妥協なくローダウンしたい方への究極の選択肢ですね。

 

・社外エアサス

 

AirRex

 

ローダウンの花形と言えば社外エアサスですね!

 

純正にはエアサス設定の無い車種へ向けて、純正エアサスでは不可能な下げ幅の実現

 

などなど、妥協なくローダウンをしたい方へ向けた最終兵器です笑

 

 

通常走行が不可能なレベルの車高を実現しつつ、安全な走行も出来る

 

まさに良いとこ取りなサスペンションです。

 

エアサスのコンプレッサー/タンク自体を魅せるインストールなど、他とは違ったカスタマイズが可能です。

 

純正エアサス車でない場合や、稼働範囲が大きく変わる場合は、構造変更が必要となります。

 

メリット

・極限のローダウンが可能

・段差の回避もでき、走行経路を選ばない

 

デメリット

・やはり高価

・荷室の占有

 

お値段は、70~100万円ほどが多くやはり高価なサスペンションです。

 

また、他のサスペンションとは異なり、エアバックを膨らませるためのコンプレッサーと

 

エアーをためるタンクが必要となるため、車種によっては大きくラゲッジスペースを占有します。

 

最も、そんなことを気にする車に着ける物じゃないのかもしれませんが笑

 

このように、ローダウンと一言にいってもその方法は種々様々

 

それぞれの方法にも、選び方で大きく特性が異なる場合もあり、

 

足回りカスタムの奥の深さの一旦も垣間見ていただけたのではないでしょうか?

 

Bondでは、とにもかくにもローダウン&ホイール!というスタッフが揃っておりますので、

 

是非ご相談ください笑(もちろんリフトアップも可能です。)

 

浦和店の橋本でした!!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

R8×AL13

こんばんは! 高橋です!

本日は以前、ローダウンのご紹介をさせて頂いたこちらのR8!

オーダーしていたホイールが入荷しましたので、お取付けさせて頂きました

装着後の写真がこちら!!

ここ最近勢いのあるアメ鍛! AL13 Wheelsからクラシック系のデザインを選ばせて頂きました

3PC C-Seriesの「C011」というデザインになります!

フロント20インチ、リヤ21インチの組み合わせで

デザインからフィニッシュまで全てお任せ頂きましたので、完全に僕の個人的な好みで選ばせて頂いております笑

オーナー様からは「街乗りが似合う感じの雰囲気で!」とだけオーダー頂きました

確かにR8って、他のスーパーカーとちょっと違って、普通に街乗りできちゃう車ですからね

なので、シンプルにローダウン・ホイール・キャリパーペイントのみ!他は何も手を加えておりません

フィニッシュはディスクがサテンブラッシュドクリア!ようするにブラッシュドのマットですね!

リムはポリッシュドクリア!

ディスクをマットのフィニッシュにする事でこの石っぽい感じとリムのポリッシュが強調されていい感じです

グロスに比べ白っぽい感じも強くなるので、ボディと同系色という部分でも全体の塊感がしっくりきます。

センターキャップはオプションの3Dキャップ!これもポリッシュとサテンブラッシュドの組み合わせです!

オフセットもばっちりですね!タイヤはMichelin Pilot Sport4S!

前後のショルダーの感じが理想通り

いかがでしょうか?すごく清潔感のあるR8に仕上がりました

PV撮影もさせて頂きましたので、公開をお楽しみに!

それでは本日はこの辺で!! ホイールのお問い合わせお待ちしております!!


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

R8ローダウン、キャリパーペイント!

こんばんは! 高橋です!

本日はこちらのお車です

Audi R8 V10 Performance

991からのお乗り換えで、大阪店にあった在庫車両をご成約頂きました

ちなみに以前お乗りだった991はこちら!

TECHART×BC FORGEDで仕上げさせて頂いた車両です

この車を乗っていた方が、R8をノーマルで乗るわけありませんよね!

もちろんいじっちゃいます!

今回も僕のご提案を全てそのままオーダー頂きました

本当にいつもありがとうございますm(__)m

という事で、早速ローダウン!

KW HASを装着し、純正ホイールなので程よい車高にセットさせて頂きました!

もともと赤だったキャリパーはボディ同色のスズカグレーでペイント

統一感が出て良い感じです

近くで見ないとわかりませんが・・・フロント周りはフルでプロテクションフィルムを施工しております!

走っていれば絶対に飛び石は避けられないので、プロテクションは必須ですね

はい、これで完成!!

ではございません

これで、やっと準備が整いました!! あとはオーダー中のホイールが届くのを待つだけです!!

装着したらまたご紹介させて頂きますので、お楽しみに

それでは本日はこの辺で!


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

S3 8V × BC FORGED!!

皆様こんばんは!浦和店の橋本です!!

 

とある暑い日の浦和店ピット、暑さに当てられたのか

 

見慣れない鳥が舞い込んできました。

 

アライメントテスターのディスプレイにコツンとぶつかって座り込んでいたのは

 

 

まさかのカワセミ……

 

荒川にもカワセミっているんですかね……?

 

ただ明らかに弱っている様子で、近づいても逃げるそぶりを見せません。

 

暴れてピットの車に傷をつけたら大変だと、側の窓を開けて飛んでいけるようにしておきました

 

が、片付けの時間に再び現れたカワセミ君(嘴が黒いのはオスだそうです)

 

既に虫の息でした……道路に動物の亡骸を目にするのも珍しくないですが、やはり悲しいですね

 

物珍しさに写真に収めたカワセミでしたが、完全に後味の悪い話でスミマセン

 

気分を変えて!本日も爽やかなホイールを纏ったお車をご紹介!

 

 

度々登場しているK様のAUDI S3!

 

待望のBC FORGEDを装着したのでご紹介いたします!

 

車高は、KW Ver.3でローダウン済みです

 

 

デザインは、HCA382S

 

サイズは19インチの8.5J通し、前後でオフセットを変えています。

 

 

フィニッシュは、フルブラッシュド……!

 

やはりセンターディスクとアウターリムの仕上げを揃えると、

 

何とも言えない一体感と立体感が演出できますね。

 

インナーリムは、敢えてのブラックで奥行き感を強調します。

 

 

12J~13Jなんて極太サイズが入っちゃうスーパーカーなんかには必要ないですが、

 

元々サイズが限られている車種は、黒塗りにすることで幅を補うことも出来ちゃいますね。

 

 

もうワンポイントのフロントグリル

 

アウディの特徴であるシングルフレームグリルですが……

 

 

従来の日本仕様は、欧州仕様を踏襲しナンバーベース”ベース”とでも呼ぶべきパネルが

 

グリルの隙間を埋めています。(画像は拝借しました。)

 

 

その隙間が通通なのがフロントナンバーレスが正義のUS仕様

 

日本仕様のナンバーベース付属でした。

 

しかも今回……

 

 

更に通通にしてしまおう!ということで、

 

 

アウディエンブレム”フォーリングス”の中にあった支柱も全撤去しました。

 

 

通常はこんな具合になっています。

 

前後を比べるとかなりスッキリしたのが分かりますよね!?

 

一見落ち着いた印象のブラッシュドフィニッシュですが、

 

 

一たび陽の光を浴びると、一気に輝きを増します。

 

一見すると白いんじゃないかというくらいですが、それほどまでに様々な表情を見せてくれる

 

仕上げということですね。

 

 

フィニッシュ一つで思い思いのホイールが実現できるBC FORGED!

 

お値段もリーズナブル(中古のコンパクトカーくらいですが)なので

 

是非思い思いのホイールを作ってみてはいかがでしょうか?

 

浦和店の橋本でした!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

RS6 C8×チタニウムエキゾースト!!

皆様こんばんは!浦和店の橋本です!!

 

本日ご紹介するのは、一流のパーツを身に纏ったこちら!

 

 

以前、HREやカーボンパーツを装着させていただいた”AUDI RS6”です。

 

この度、待ちに待ったパーツを装着させていただいたのでご紹介

 

 

AKRAPOVIC Evolution Line Titanium

 

言わずと知れた、マフラー界のトップブランド”アクラポヴィッチ”のチタン製エキゾーストです。

 

今回はマフラーだけでなく、カーボンリヤディフューザーも一緒にお取り付けいたしました!

 

 

純正は粗目のメッシュ採用で、意外と上品な感じ

 

 

交換後は、大型のフィンが追加され一気にアグレッシブな印象に

 

 

肝心のマフラーは、当然フルチタン!

 

誇張なしに片手で持てちゃいます……

 

純正マフラーは、見たことない形の巨大なタイコが備わっております。

 

 

両手で運んでもキツイわけですね。

 

ディフューザーと併せて13㎏の軽量化になります。

 

 

マフラーエンドも、チタンのカッターに新形状のカーボントリムが組み合わさります。

 

 

納期はかかりますが、間違いない逸品ですね!

 

オーナー様は「もう若くないからエアロは似合わないし、これで終わりかな~」

 

なんて仰っていましたが、まだまだありますよ!笑

 

排気がチタンなら、吸気はカーボンで……

 

 

EVENTURI Carbon Air Intake

 

純正のエアインテークシステムに比べて、最大で90%の吸気効率向上となります。

 

ほぼ倍ですね!?

 

 

EVENTURIからは、同時装着でカーボンマシマシの純正交換エンジンカバーも設定されています。

 

見えないところのオシャレも進めちゃいましょう!!

 

RS6のカスタムもボンド浦和までご相談ください!

 

浦和店の橋本でした!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416