BCRACING

ローダウンとは何ぞや?後編

皆様こんばんは!浦和店の橋本です!!

 

先日に引き続き、カスタムの真髄ともいえるローダウンをさらっと解説していきます!

 

前編はこちらから→ローダウンとは何ぞや?前編

 

前編ではダウンサスからHASまでご紹介しましたので、早速その続きから行きましょう!

 

・車高調

 

KW Coilovers Street Comfort

 

サスペンションと言えばこれだよ!という方も多いであろう車高調

 

車高調整式サスペンションの略ですね。厳密にいえば前述のHASも車高調に該当しそうですが

 

一般的には、コイルスプリングとショックアブソーバーがセットになっているものを指します。

 

多くはダイヤルによって「減衰」が調整できます。

 

これはいわゆるサスペンションの硬さ調整機能で、ショックの伸びや縮みが収まるまでの速度を調節します。

 

ものによってはこれらが別々に調整可能で、中には縮み側の高速/低速を細かくセットできるものもあります。

 

BC Racing ZR Series Coilovers

 

これは入力の速度に応じて反応速度を変えることで、コントロール性を高める狙いがあります。

 

別タン式ともよばれ、ショックから連続するタンクにまでオイルが満たされ、

 

より大きなストロークを確保しています。

 

主に、サーキットなどでのスポーツ走行に求められる機能です。

 

ストロークの増大は単にサスペンションに動きを良くするだけでなく、

 

吸収性を高めることにもつながるので、乗り心地の改善につながることもあります。

 

メリット

・より細やかなセッティングが可能

・ショックが専用品となり、スプリングとの相性が良い

 

デメリット

・調節可能な箇所が増えメンテナンスが難しくなってしまう

・ダウンサスに比べ高価

 

ダウンサスから入った人の多くが車高調へとたどり着く、ともいわれる様に、

 

足回りカスタムの一つの終着点であるのは間違いないでしょう。

 

デメリットの一つに挙げたメンテナンスの難しさですが、

 

調整箇所が増えれば、その部分のアソビ/緩みも存在する、という至極当然の理由によるものです。

 

ここを「細やかな調整の為」「より良いコントロール性の為」と割り切れるかどうかが、

 

車高調をチョイスするカギになりそうですね!

 

・ASC

 

 

浦和店のブログをご覧の方は、誰しもが目にしているであろうコチラ!

 

ASCは、アクティブサスペンションコントロールの頭文字をとったもので、

 

文字通り任意での車高調整を可能にするシステムになります。

 

当然ベースとなるのは、純正エアサス車

 

 

スマートフォン上のアプリでちょちょいと調節するだけで

 

 

じわじわ車高が変わっていきます。

 

 

10年以上前からエアサス車用のエアサスコントローラーは存在していますが、

 

その正統進化版と言ったところですね。

 

お車によっては、純正のそれぞれの走行モードへと車高を割り振り、

 

簡易的な車高プリセットとして機能させることができます。

 

メリット

・お手元で好きな車高が選択可能

・インストールが比較的容易

デメリット

・純正エアサス同等の動作速度(少しゆっくり)

・ロワリングキットに比べて高価

・納期が長め(2022/9月現在)

 

エアサス車で車高調整を楽しみたいならほぼ一択と言える訴求力があるのではないでしょうか?

 

 

潤沢な在庫をご用意しているロワリングキットに比べで納期が遅いのが玉に瑕ですが……

 

・車高調(ダンピングコントロール付き)

 

KW DDC PLUG & PLAY W463A G63

 

コチラはかなり設定車種が限られますが、車高調のショックに備わる減衰調整機能を

 

純正のシステムを介して、又は独自のシステムを用いて電子制御するものになります。

 

画像のG63用KW DCC PLUG&PLAYは、純正の減衰調整機能がそのまま機能するため

 

Comfort/Sport/Sport+など、モード切替に応じて足の硬さが変化します。

 

 

ローダウンしても走行性能を犠牲にしないという点では、コイルオーバーの最高峰と言えます。

 

メリット

・簡単に減衰調整が可能

・純正機能が活かせる場合も

デメリット

・とにかく高価

 

デメリット一つでメリットがひっくり返り兼ねないほどの価格設定の場合もございますので

 

ご注意ください笑

 

もちろんメーカーによりますが、上のG63用KWで180万円もするんです!

 

妥協なくローダウンしたい方への究極の選択肢ですね。

 

・社外エアサス

 

AirRex

 

ローダウンの花形と言えば社外エアサスですね!

 

純正にはエアサス設定の無い車種へ向けて、純正エアサスでは不可能な下げ幅の実現

 

などなど、妥協なくローダウンをしたい方へ向けた最終兵器です笑

 

 

通常走行が不可能なレベルの車高を実現しつつ、安全な走行も出来る

 

まさに良いとこ取りなサスペンションです。

 

エアサスのコンプレッサー/タンク自体を魅せるインストールなど、他とは違ったカスタマイズが可能です。

 

純正エアサス車でない場合や、稼働範囲が大きく変わる場合は、構造変更が必要となります。

 

メリット

・極限のローダウンが可能

・段差の回避もでき、走行経路を選ばない

 

デメリット

・やはり高価

・荷室の占有

 

お値段は、70~100万円ほどが多くやはり高価なサスペンションです。

 

また、他のサスペンションとは異なり、エアバックを膨らませるためのコンプレッサーと

 

エアーをためるタンクが必要となるため、車種によっては大きくラゲッジスペースを占有します。

 

最も、そんなことを気にする車に着ける物じゃないのかもしれませんが笑

 

このように、ローダウンと一言にいってもその方法は種々様々

 

それぞれの方法にも、選び方で大きく特性が異なる場合もあり、

 

足回りカスタムの奥の深さの一旦も垣間見ていただけたのではないでしょうか?

 

Bondでは、とにもかくにもローダウン&ホイール!というスタッフが揃っておりますので、

 

是非ご相談ください笑(もちろんリフトアップも可能です。)

 

浦和店の橋本でした!!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

BC FORGEDのすゝめ

皆様こんばんは!浦和店の橋本です!!

 

本日も相変わらずの酷暑……汗

 

汗だくになりながら走り回っていると、否が応でも体力が損耗しますね……

 

ようやく汗が退いた日暮れに、エアコンの効いたショールームでブログを認めております。

 

本日は、続々入荷しております「BC FORGED」ホイールをご紹介!

 

やれタイヤが入荷しないやら、同時施工の部品が来ないやらで、お付き合いいただいている方々に、

 

先に仕上がってきたホイールをチラ見せです!笑

 

お楽しみをとっておきたいオーナー様は、ブラウザバック推奨です!!

 

まずはこちら

 

 

HCA 382S

5×2スポークデザインに、今風の肉抜きが施されたデザインです。

 

 

複雑なスポーク形状ながら、開口の大きいデザインなので小径~大径までサイズを選ばないモデルですね。

 

 

2ピースを敢えて1種類のフィニッシュで仕立てると、立体感が強調されてGoodですね!

 

2本目はこちら

 

 

KL31

軽量な1ピースから、すり鉢状のリムが印象的なKLシリーズのホイールです。

 

 

スポークの横(窓部)に削り込みが施されていて、細部にまで抜かりなくデザインされていることが見て取れます。

 

 

メッシュデザインを再解釈したこのデザインは、

 

凝った造形ながら飽きの来ない優秀なデザインと言えるのではないでしょうか?

 

3本目のご紹介です。

 

 

HCA381S

こちらも人気のデザインで382と同じく5×2スポークデザインですが、初めての試みで

 

最近追加された「Bright Clear」でディスクとリムを統一してみました。

 

人気なだけあって、ありきたりになりやすいのは仕方のないところですが、

 

思い切って「フルポリッシュ」に近い仕上げをしたことで、目新しさがでましたね!

 

 

伸びやかで、エッジの効いたスポークが人気の所以です。

 

 

装着車両のセッティングもバチバチ仕様なので、コンケーヴもかなりのものです。

 

まだまだ行きます!

 

 

HCA162S

5×2のデザインが続きます。こちらも長らく人気のデザイン

 

BC FORGEDの代名詞的なデザインでもありますかね?

 

 

こちらはオーナー様と悩みぬいた絶妙なフィニッシュが見どころです。

 

グロスガンメタルとダークブラッシュドブラックで微妙な色彩の差を表現しています。

 

 

悩んだかいあって、非常に上品な一本に仕上がっています。

 

最後はこちら!

 

 

HCA384S

5スポークがそれぞれ3つに分岐した、鍛造製法の良さを前面に押し出した特徴的なデザインです。

 

 

HCA381S同様、スポークが直線的な造形を持つため、コンケーヴが強調されています。

 

と言っても、国産スーパースポーツ向けに製作した太さ12.0Jのホイールなので、

 

実際の反り具合もなかなかのものです。

 

 

一挙に5本紹介させていただきましたが、

 

すべてシルバー~ブラック系のモノトーンなフィニッシュとなっています。

 

この限られた色調の中ですら、オーダーメイドで多彩な表現が可能

 

これにタイヤよりも先に来てしまうほどの安定した納期

 

比較的リーズナブルなお値段

 

3拍子揃った鍛造ホイールのBC FORGED!

 

是非オーダーお持ちしております!!

 

浦和店の橋本でした!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

ホイールコーティング

こんばんは

先ほどワクチン2回目 ブスっと入れてきましたヨコヤマです。

明日が不安です。

明日が休みで良かったです。

 

本日もカスタム車両がないのでケミカルをご紹介!

前回紹介したアダムスポリッシュです。

アダムスポリッシュ営業のHさんおすすめだそうです。

今回新品のBC FORGEDがあるのでこちらを施工

左側が液剤 ADAMS ホイールコーティング セラミックです。

右側は サーフェスプレップ 下地材です。

中古ホイールは最初に傷をコンパウンドなどで落としてから使うと良いです。

 

今回新品なのでいきなりサーフェスプレップから塗ります。

シュシュと吹きかけて拭くだけ。

綺麗に吹き上げてから次の工程

 

セラミックコーティング剤を塗っていきます。

本当は吸収の少ないスポンジで塗るのが正しいのですが見つからなかったのできめ細かいスポンジで代用。

乾きが早いので(2分ぐらいで硬化が始まります)ホイールの1/4づつ塗っては吹き上げを繰り返す方が良いです。

 

固まってから拭き上げは硬くて落ちません。

必ず早めに吹き上げてください。

拭き残しがないようにしっかりとするのがコツです。

 

今回スポークが多いので苦労しました(笑)

 

パッと見では違いがわからないです。まぁ新品なので・・

 

さわれば滑りが良くなっております。

24時間で完全硬化になります。

 

ホイールコーティングの良い所は

艶がでる。

ダストが落としやすい

です。

 

艶があるとホイールも綺麗に見えますからね。

 

ブレーキダストもこびりつくと落とすのが大変

少しでも落としやすくする為にコーティングは良い施工になります。

 

ホイールならDIYでも出来ます。

店頭でも通販でも両方ボンドで販売対応できます。

 

気になった方は下のお問い合わせフォームからどうぞ!

 

次回はホイール取付の撥水や落ちやすさを検証します。

 

次回もお楽しみに!

 

ボンドチャンネルもぜひ登録、宜しくお願いします!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

991.2カブリオレ BC FORGED

こんばんは

もう1週間晴れていないとニュースで言っていました。

週末までこんな感じらしいです。

太陽浴びて元気になりたいです。

横山です。

 

本日はもう何本目?っていうぐらいホイール買ってもらっていますお客様の991.2が完成したのでご紹介します。

奥様用991.2カブリオレでございます。

今回の写真、新人橋本君に撮ってもらいました。

写真部だったらしくいいカメラ持っています。

 

今回はBC FORGED HB-R7

リバースリムのHB-Rシリーズです。

ディスクカラーはブラッシュドダークブラックにポリッシュリム

センターキャップは純正仕様にしました。

エアーセンサーも新規で取付。

今回は奥様用なのでダウンサスなしのノーマル車高になります。

データがあいまいでしたのでもう一度しっかり計測しました。

ツラもピッタリ

フロント9J リア12Jです。

タイヤはミシュランパイロットスポーツ4S

 

今回もバッチリのオフセットで決まりました。

 

ホイール製作時は必ず計測します。

車高により数ミリ必ず変わってしまいます。

オーダーホイールを作る以上計測はつきものです。

お客様の専用ホイール作りませんか?

ボンドショップ浦和が必ずカッコいいホイールをお作りします!

 

是非お問い合わせお待ちしております!

 

rotiform新作×BC車高調!!

皆様こんにちは!

木曜日ということで浦和の新入り・橋本ブログのお時間でございます(笑)

上層部からの圧力により、週2回のブログ担当が決まろうとしています……(笑)

 

ここ何日かは、お手本のような秋雨が続き、びっくりするほど寒くなりましたね……

完全に季節の変わり目が体調を崩しに来ているので、皆様お気を付けください!

 

早速ですが、本題に入らせていただきます!

先週の橋本ブログを見てくださった方は、なんとなくお察しでしょうか?

 

 

そうです、橋本の愛車・VW GTI君にお手頃なrotiformのキャストシリーズから、この夏の新作デザイン’’SGN’’を装着させていただきました!

サイズは、ゴルフやA3、TTなどにはドンピシャのサイズ8.5j×19インチです!

 

 

我ながら、華麗な伏線でした(笑)

 

元々KWの車高調整式ダウンサスペンション’’HAS’’でローダウンしていましたが、より細やかな調整が可能なサスペンションに交換しました。

バネサス車のローダウンには二通りあり、スプリングのみを交換するダウンサスペンション・スプリングとショックアブソーバーを合わせて交換する車高調キットがあります。

それぞれ一長一短あり、

ダウンサス

長所

・お手頃な価格

・電子調整式ダンパーがそのまま使用可能

短所

・任意の車高が得られない

・純正のショックとの相性が良くない場合がある

 

車高調

長所

・車高だけでなく、減衰力やキャンバー角など細やかな調整が可能(モデルによって異なります)

・上記の調整によって乗り心地や走行性能を追求可能

短所

・ダウンサスと比べて値が張る

・電子制御式ダンパーが使えない(車種別に対応している車高調も存在します)

 

このように、それぞれにメリット・デメリットが存在します。車の用途に合わせた選択が必要ですね!

 

今回は、弊社一押しの鍛造ホイールBCFORGEDを手掛けるBC RACINGの車高調’’BRシリーズ’’をチョイス!

 

 

イメージした車高に合わせて細かく調整することができました!BCFORGEDと同じく、高い品質で製作されていますよ。

 

ここで、

「ホイールを変えたいけど鍛造ホイールには手が出ないなぁ……」

「そろそろスタッドレスタイヤの事を考えないとなぁ……」

なんて思っているそこのアナタに朗報です!!

 

これまでは、汎用サイズのみの取り扱いだったrotiformのキャストシリーズ

この度、本国取り扱いサイズの個別オーダーが可能となりました!デリバリーコストが別途かかってしまいますが、国内販売のなかったサイズが選択できますので、ぜひお問い合わせください!

 

今ひそかなブームが巻き起こっている?スチールホイールスタイルを取り入れた

STL

 

大人気動画シリーズ’’GYMKHANA’’でおなじみのカリスマドライバー ケン・ブロックとのコラボモデル

KB1

 

ラッピングで個性全開なカスタムが可能な

AERODISC

 

などなど

rotiformならではの豊かなバリエーションからお求めやすい価格でお選びいただける、キャストシリーズ

在庫も潤沢にございますので、ぜひ浦和店までお問い合わせください!!

もちろん、多彩なオプション設定が可能なフォージドシリーズもお忘れなく!!

 

 

浦和店の新入り・橋本でした!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416