MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • MS-Design
  • STARTECH
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • end.cc
  • Next innovation
  • NOVITEC-ROSSO
  • ADV.1 Wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • TSW WHEELS
  • BC Racing
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

G-POWER

みなさんコンバンハ
国竹です。
そろそろ、ココのブログが板に付いてきたでしょうか
正直、個人の「みん○ラ」では、フザケタ事を書いていましたので
上手く皆様に
伝わっているのかとか
興味の惹く楽しいものになっているのか
と日々、悩み彷徨っております。
さて今日は、一昨日ブログにUPしたからでしょうか...
はたまた、スペシャルカーズ誌のおかげでしょうか
92
G-powerの熱いっお問い合わせが多く
その中で
100馬力も上がれば壊れやすいんじゃないのぉ〜?
と、聞かれる事が度々あり
やはり、心配されている方が多いのかなと思いましたので
私なりに理解したことを書きます。
たしか、デモカーは去年の春頃に制作したと思います。
試運転といっちゃ、全開してました...
取材だぁ〜と言っちゃサーキット行脚へ...
(エンジンに負荷が掛るハイスピードコースばっかり...)
  
私も・・・
af-impさんの仙台ゼロヨンで正直...
壊す気マンマン?で勝負しに行きましたし
ゼロヨン 
パワーチェック企画でもシャシダイで何十回も絞り出していました。
シャシダイ
これがですねぇ、意外とシブトク壊れない...
それどころか...
絶好調なんです
  
良く考えてみると、確かに100馬力UPですが
1気筒あたり12.5馬力UPと言うことは約24%負荷増加...
強度的にまだ余裕があるのではないかと…思います。
メーカーさんがノーマルエンジンの圧縮比・形状・材質・破損限界を
知り尽くしている証拠です。
  
車は違いますが、この私の過去の所有車でも
トヨタの1Jってエンジン本体ノーマルで280馬力から550馬力へ
100%負荷増加の経験をしました。
(これもしぶとかったです)
ノーマルエンジンの限界を知っているから
安心して商品を送り出すことが出きて。
私たちも安心して販売・取付出来るんです。
皆様も、不安があって踏み出せない方がいらっしゃいましたら
遠慮なく質問をぶつけてください。
宜しくお願い致します。

オイルの老い…

こんばんは
先日の事では御座いますが…
デビちゃんに納品を頼まれて
地図を片手にお出かけしましたが…
ん?!
何処に行きゃ
当然迷子になりました。
国竹でゴザイマス。
今日は、オイルのお話でも…
みなさんは、
エンジンオイルの交換サイクルと粘度はどのようにお決めですか
こう見えて私、以前は
1
国産スポーツ車のエンジンをバラしたり組んだり
CPUセッティングしたりとしておりました。
そんなおじさんの導きだした答えは…
1)交換サイクルは
  遅くても半年です。
2)オイルの粘度は
  エンジンを設計もしくは、組んだ人に聞こう
です。
では、ここで解説を…
1)何故半年なのかと言いますと
  
  オイルの酸化が問題で性能劣化が半年と言われています。
  (メーカーによっては距離は設定してない所もあります。)
2)エンジンを設計もしくは、組んだ人に聞こうですが
  これは、よく考えれば至極当然のお話ですね。
  この理由は、エンジンの各部のクリアランスが絡んできます。
  開発者はエンジンに合ったメタルクリアランスを算出し組んでいきます。
  そこで丁度良いオイルの粘度を決めていきます。
  と言うことは、取扱説明書のオイル粘度で
  最高のコンディションになるわけです。
  闇雲に粘度を上げるとフリクションロスの増大や
  逆に発熱して油温上昇やメタルトラブルの原因にもなります。
  私もエンジンを組む時に使うオイル粘度も踏まえた
  メタル設定してました。
  と、言っても走行距離が嵩めばクリアランスも広がり
  シールも摩耗してオイル漏れを誘発しますので
  お車の状況を踏まえて粘度をチョイスさせていただいてます。
私のお勧めのオイルは
  モチュール
    MOTULです
何故良いの?と思いの方はこちらをご覧ください。
  「モチュールHP」
もし、よくわからなければ…
オイルフェチの私が、
マニアックにあつぅ〜く語りますよぉ
300V
粘度も幅広くご用意させていただいておりますので
是非ご相談ください。

馬力って...

こんばんは
ネタを探して東奔西走する事をやめてから
数日後...
前厄とは恐ろしいもので...
人生のどん底を歩む事になるとは
微塵も思ってもいなかった...
国竹です。
ところで今日は、
発売から5日も経ってしまった
Special cars
   「Special cars 2010 No.8」
に気付きまして...
 
「名門チューナー対決!」
私、こんなタイトルがツボです。
早速、結果は2番手...
そういえば
仙台でaf-impさんのゼロヨンでも2番だったような気が
まっ、そんな事より気になるのは、
エントリーした3台のうち2台がE92M3でした。
(読まれた方はご存知ですね...)
気になるってのは...
エンジンチューニングの方向性が真逆という事なんです。
 NA4.6L VS ノーマルエンジン+過給機
昔から、俺はNA派だ俺は過給機派だ
なんて、言い争っている場面をチョイチョイ目撃しておりました。
しかし、スキならばどちらでもOK!!
私は両方好きですけど...
M3
正直、パワーチェックのデータが2台とも手元に無いので
何とも言えませんが今回G-Powerが多少なりとも
良い結果が出ていたのはシフトUP時からS/Cの過給特性
のおかげだと思います。
私個人的にノーマルのM3の唯一気になるのが
中低速域のトルクの薄さなんですけど
G-powerはネガな部分を消すどころか
極太のトルクでレブリミット迄吹け切ります。
(低中速時で最大150馬力向上しています)
だからと言って、危ないわけではないですよ。
要は、街乗りならばアクセルを踏み込む量が減って
低いエンジン回転でもラクに走れちゃいます。
意外とECOもイケるんです
(楽しくなっちゃってツイツイ
    全開踏んじゃ意味ナイデスガ…)
金額は、決して安くは無いですが...
費用対効果は間違いないですよ。
     

NewFace!!

バレンタインだからと言って、コンビニのレジの男の子にチョコ貰って
朝からちっとも嬉しくないと思ったボンドショップ飯村デス♪♪
つい先日展示用ホイールラックにNewFaceが追加されました!!
WCT
アメリカ製鍛造のAbsoluteから22インチのみのWCTになります!!
SUV系のゲレンデやX5、カイエン、レンジ、GLなどに履いてもヨシっ!
コンチネンタルGTやフライングスパーなどにカラードで履いてもヨシっ!
お色気プンプンなクロームで履いてもヨシっなホイールです!!
価格は¥378,000/本になります♪
納期はカスタムオーダーの為、かかりますが貴方だけの1本を世界からお届けいたします♪
そして、当店のお客様のC63が先日発売になった雑誌eS4 No.25の
表紙を飾りましたーーー♪♪
eS4 表紙
これはウレシイですね!!
まだ観てない方は是非チェックしてくださいね♪
チェックといえば、まだまだ人気沸騰中のCPMのホームページが
開設されました!!
CPM
Newラインナップも続々と増えておりますので、こちらも要チェックです!!

カラフル

こんばんはデビです
今日は朝から雪が降ったりやんだりで非常に寒い一日でしたね
外は寒いにも関わらず、bondのPITはHOTな事になってました
1
右から997TURBOにF430にF360チャレスト。
しかも見事にカラフルな感じでPITを彩っておりました
向かって右側の997は噂のコンピューターチューニング(BOXX)で約50馬力UP
の作業を。
そして一番左側のF360モデナの廻りには・・・
360
車高調やらブレーキKITやらおもしろそうなパーツがてんこ盛り
と思いきや、実は取り付けるパーツではなくて取り外したパーツ達
なんですよ
この様な作業もする事も多々あります
要するにノーマル戻しってやつですね
最後に真ん中のF430は、
ここ最近グングン人気が上がってきている?
2
マフラーのバタフライバルブをリモコンで開閉させてしまう!
バタフライバルブコントロールKIT(仮名)を取付ました
このアイテム、ブログで御紹介したところお問い合わせが増えてきて
おります
やはりなんと言ってもマフラーASSYを交換しないで、純正マフラーのまま
で気軽に音の変化を体感出来てしまうからおもしろいんですね
純正マフラーにバタフライバルブさえ付いていれば任意で開閉させる事
が出来ちゃいます
適合車種や施工料金などの詳細はお問い合わせお待ちして
おります