MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • ARDEN
  • G-POWER
  • m7
  • Capristo
  • mon
  • iiD
  • TOPSUN
  • MS-Design
  • STARTECH
  • REVOZPORT
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • NOVITEC-ROSSO
  • ADV1 Wheels
  • BC Forged
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

W222×MIRACLE

こんばんは!! 浦和店、高橋です

本日、浦和店は月に一度のミーティング でした 今までは、業務終了後にやっていたのですが、、、最近は、早朝ミーティングの日がチラホラ 笑

いつもより2時間早く、出社 浦和店から少々、距離のあるところに住んでいる僕は、まだ日の上らないうちから行動しております

そんなわけで、この時間もう眠いです笑

しかし頑張ってブログ書いてますのでお付き合いください

今日のお相手はこちら

W222 S63になります

今回の内容は・・・

・ロワリング&スペーサー

・AUTO ZERO取り付け

・MIRACLEマフラー取り付け

と、大人気の鉄板メニューです

ご紹介するのは、タイトル通りミラクルマフラー

W222では、一番取り付け率の高いバルブ付きマフラーになります

発売当初もかなりの台数に取り付けさせて頂きましたが、ここにきてまたブームが来ているのでしょうか?? このS63の作業の前日にもS550に取り付けさせて頂きました笑

では、早速作業開始です!!(いつもより細かく写真撮ってみました

まずは、純正状態

AMGのマフラーカッターを外します!これは、ビス二本で止まっているだけなのでサクッと

外れました(^^)

次に、純正マフラーをカットします

ミラクルマフラーを仮当てし、カットする所にマーキングして~

ここで登場するのが、エアソー

こんな感じで左右カットしちゃいます

カットする際、最初にある程度切れ目をグラインダー等で入れたりする場合もありますが、僕は大体、最初から最後までこいつでいっちゃいます笑

この切る位置が中々重要で、切りすぎちゃってもダメだし、おおくあまりすぎてもだめです

カットできたら、ハンガー二箇所を外してあげればマフラーが外れます

続いて取り付けですが、、、

カットした部分にこのスリーブを被せて、そこにミラクルを差し込みます

クランプでしっかり締め付けます

ハンガーを固定し、マフラーカッターを付ければ取り付け完了

カッターがマフラーに被さる感じになるので、干渉などしないようにばっちり位置も合わせます!

続いて、バルブ開閉の配線作業に入ります

S63は、純正のバルブ開閉が電気的に行われているので、エンジンルームからバキュームの配管をマフラーまで持ってくる必要があります。

S550は、トランクまでバキュームの配管が来ていますので、その必要がなくちょっと楽です

左右のマフラーから~

ホースを配管していきます。

極力、熱の影響を受けづらい場所で純正の配管に沿わせて通していきます!

デフの上あたりで三俣をつかって、左右のホースを一本にします

そこからフロア下を通して、エンジンルームまで~

次にバキュームの取出し

真ん中のカバーを外したところにホースが通っているので、ここから取り出します。

カバーを付けてしまえば見えないので、かと思います

ここから・・・

三俣をつかって分岐させます!

この取り出したホースをソレノイドバルブまで持っていきます!

このホースもソレノイドまであえて遠回りさせて、純正のホース類に沿わせて配管させます

先ほど、マフラーからもってきたホースも途中から一緒にソレノイドまで持っていき、接続します

お次はユニット!!

これは、エンジンルームのヒューズボックス内に

電源も全てここで取れるのでスマートにまとめられます

ソレノイドまで配線を持っていけばです

エンジンをかけてリモコンで開閉確認し終了

一口にマフラー交換といっても色々、手間をかけて作業させて頂いておりますよ~ってお話でした!!

それでは本日はこのへんで

高橋でした~

 

 

 

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。