MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • ARDEN
  • G-POWER
  • m7
  • Capristo
  • mon
  • iiD
  • TOPSUN
  • MS-Design
  • STARTECH
  • REVOZPORT
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • NOVITEC-ROSSO
  • ADV1 Wheels
  • BC Forged
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

イースセミナー行ってきました!

大阪店 仲川です

普段なら、ローテーションでブログは水曜日なのですが、

今回は常田工場長に順番を変わってもらいました

というのも、今週火曜日、水曜日とロックフォードやグランドゼロ等

輸入オーディオ商社の『イースコーポレーション』様のセミナーに

参加するために、静岡県まで行っていたためです

全国各地のオーディオ業界の方々が一同に集まります

大阪店でも、実はスピーカー交換とかも出来るので、

新商品情報や知識を増やしてスキルアップするために行ってきました

最初は開会宣言から始まり、このセミナーの趣旨やスケジュールの説明を聞きます

普段、机に座って授業を聞くことがないので、いつもの仕事の時以上に疲れます

セミナー会場には、実際に商品に触れて、説明を聞いたりできるので、

座学より、こちらのほうが興味深々です

BONDに関係がある車種で言えば『BMW』ですね

これは、『GROUND ZERO』のBMW専用スピーカーキットです

シート下のウーハーも交換できるようになっています

続きまして、『rainbow』の同じくBMW専用スピーカーキットです

こちらのメーカーで興味があるのは、『DSP』と言われているものです

要はプロセッサーで、各スピーカー毎にクロスオーバーや、

タイムアライメントが調整出来、より臨場感のある空間を作れるものです

って、DSPなら他にも色々なメーカーから出ているのですが、

これは『MOST』に対応しているようなのです

近年の欧州車は純正のアンプまで『MOST』と言われる光で信号を

送り、それを各スピーカーに音として伝達して鳴らしているのです

ということは、『MOST』の入力が出来れば純正機能(ナビの目的地案内等)

を犠牲にせずに、手軽に音質アップできるということです

ただし、まだMOSTには対応しきれていないようなので、

今後に期待しましょう

続きましては、同じメーカーのトレードインスピーカーなのですが、

こちらは『ベンツ』用になります

主な対応車種はCクラス(W205)やGLC等になります

ベンツ用のトレードインスピーカーはあまり無いので、

選択肢の1つにいいかと思います

こちらは今春発売予定のようです

こちらは工作室になります

広くて綺麗に整頓されてますね

大阪店も見習っていこうと思います

ここでは新しい工具や治具の紹介や使い方のレクチャーをしてもらえます

大阪店にも近々新しい大型工具が入るので、使い方も勉強しないとですね

最後はスーパーハイエンドオーディオの視聴会にも参加してきました

普段見ることも聞くこともないので、本当に貴重な体験です

ちなみに、価格は100万円前後~となっております

もちろん、BONDで取り扱い可能ですので、

我こそはという挑戦者の方、お待ちしてます(笑)

 

それでは、今回はこの辺で

仲川でした

SNSでもご購読できます。