MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • MS-Design
  • STARTECH
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • end.cc
  • Next innovation
  • NOVITEC-ROSSO
  • ADV.1 Wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • TSW WHEELS
  • BC Racing
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

CODE PHANTOM EX GLE350d coupe&G350d

BONDSHOP TOKYOの板倉です

本日こんな車を見かけました。

何の車だかさっぱりわかりません 笑

浦和店の前の道はAUDI、VW系のテスト車両が良く走っていますが、東京店の前の道はBENZのテスト車両が通るとの事ですので、

なんか新しいBENZなんでしょうね 笑

ちなみにGクラスの新型もカモフラージュして品川陸事にいたみたいです。

そんな、いろいろ新型車が出てきそうなBENZですが、今回はコードファントムEXの取付を2台ほど施工させて頂きましたのでご紹介します。

まずは定番のG350d

ちなみに東京店はこの様にGクラスも簡単にリフトアップできますので、作業がスムーズに進みます。

普通車同様に車両の下に立って作業できますので、おじさんの腰の負担もだいぶ軽減されるななんて作業してたら、

そんなに上げたの初めて見たってビックリされました。三浦さんのうそつきって思いました。。。

取り付け場所はサイドステップの取り付けボルトを利用して、Gクラス専用のステーで取り付けます。

こんな感じでステーを取り付けます。

で肝心のスピーカーは

この様にしっかり固定されるようになります。

そして配線を室内に引き込みまして、コントロールユニットと接続し、電源とCAN信号を繋いで完成です

GクラスのCAN信号はグローブボックス裏から取り出せますので、配線の引き回しも最小限で抑えられます。

作業している側としてはスマート且つコンパクトにまとめられるので、なんだかすっきりして気持ちが良いです

しかしその配線の写真は無いんですね~。忘れちゃったんですね~。笑

 

ではお次のGLE350d coupeに行きましょう

こちらのお車は、先ほどのヤカンのようなスピーカーユニットをどこに付けるかちょっと悩みました。

以前浦和店でも経験があるのですが、BONDBODYでリアバンパー交換作業があったので、その際についでに溶接して取り付けてもらったので、

私は配線だけだったんですね。

どこがいいかな~と、いろいろ調べてたら、トレードで浦和に行った佐藤さんがリアバンパーの左側に埋め込んでいる記事を発見しまして、

真似することにしました。

結局はリアディフューザーを外すことになりましたが、しっかり固定する事も出来まして、こんな感じです。

解りませんね 笑

奥の方にスピーカユニットがあるんですよ、よく見てくださいね。

近づいてみると↓

こんな感じです。

下から覗いてみますと。

チョット見えますね。

角度の調整とか、ホースメントとの干渉する部分の処理とか少し大変でしたが、綺麗に取付できましたので、気分もスッキリです。

GLEの場合はCAN信号のみ運転席足もと付近から取り出します。

スピーカー配線はラゲッジルーム下から室内に引き込みます。電源はラゲッジルーム内で取れますので、

CAN信号線のみ運転席付近まで持っていきます。

こちらもスマートに収められることが出来ましたので、スッキリです

スピーカーの取付ステーがあれば尚すっきりしたのですが、メーカーさんに期待ですね。

 

基本的には汎用品ですので、他の車種でも取付は可能です。

データが無い車種の場合は現車確認が必要ですので、もし気になる方はBONDSHOPまでお問い合わせください。

 

では板倉でしたー

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。