MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • MS-Design
  • STARTECH
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • end.cc
  • Next innovation
  • NOVITEC-ROSSO
  • ADV.1 Wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • TSW WHEELS
  • BC Racing
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

M.BENZ AMG G63 ラジエター交換

BOND TOKYO 板倉です

いま、出来もしないスケボーを買おうか迷ってます 笑

しかし、怪我をして入院なんて事になると、社内からのバッシングが激しいことを知っている私は、今一歩踏み出せません。

別に背中押さなくてもいいです。多分買っただけで社長に怒られるので、、、、

 

さて本日はと言うか本日もゲレンデヴァーゲンの修理のご紹介です。

車検でご入庫頂きましたG63ですが、クーラントの警告灯が点灯しているので点検。

まずは目視点検です。

クーラントライン周辺を点検しますが、これと言って漏れている様子はありません。

問題なさそうですが、念のためプレッシャーテストを行います。

点検方法はラジエターキャップの部分に専用のテスターを取り付けて、ポンプによって圧力をかけて行きます。

画像が無くてごめんなさい。

通常使用と同等の圧力だとほぼ何も変化がありません。

もう少し高い圧力をかけて行くと、どこからともなく、ジョボジョボジョボと水が漏れる音がしてきました。

下回りを覗いてみると、どうやら前の方から水が漏れてきます。

エンジンルームから見ると、見事にラジエターから水漏れ。

ラジエターのコアの部分とサイドのタンクのを繋げている加締めの部分から水が漏れています。

さすがに修理は出来ないので、交換となります。

早速交換作業に入ります。

まずは、ヘッドライトカバー、フロントグリルを外します。

そして、上の画像の、ラジエター本体の真上にありますカバーを外します。

ラジエターにつながるホースを外します。

真上から見た所です。

ラジエターから電動ファンを外します。

結構見落としがちなのが、電動ファンの下側にある10mmのボルトです。

このために、とっても重たいアンダーカバーを外す必要があります。

Gクラスは、錆止めなのか分かりませんが、下回りにベッタベタのグリスのようなものが塗られていますので、手袋が2度と使い物にならなくなります。

外したアンダーカバーももちろんベトベトです。

そして、ボルトを外しましたら、上側のクリップを外して、上に引っ張れば電動ファンは外れます。

いよいよ、ラジエターを外しますが、ラジエターはステーの溝にはまっているのと、エアコンのコンデンサーと10mmのボルト2か所で固定されているので、これを外して分離させます。

上の画像の円形部分にクリップが取り付けられているので、これも外します。画像は外れてしまってます。

ラジエターも上側に引き出します。

外れた状態です。

水漏れしていたのはこの部分です。

まだ、漏れ始めて間もないようなので、漏れた跡がほとんど残っていませんでした。

取り付けは逆の手順で進めて行きます。

組み付けが終わったらクーラントを充填して、エンジンを完全暖気状態にしてから、一度冷まします。

出来れば一晩おいて、最終的にクーラントの量を確認します。

最後に再度プレッシャーテストをして問題なければ終了です。

 

水漏れを起こして、オーバーヒートさせてしまうと、最悪の場合エンジン交換なんて事になりかねませんので、警告灯が出たらすぐに点検してください。

 

では、板倉でしたー

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。