<< August 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

INFORMATION

bond osaka
ボンド大阪
〒537-0024
大阪府大阪市
東成区東小橋1-17-19
Tel:06-6972-9977
FAX:06-6972-5522

営業時間
平日  10:00〜20:00
日・祝 10:00〜18:00
定休日 なし

CATEGORY

ARCHIVES

feed icon

RSS1.0
Atom0.3
Powered by Serene Bach

2017.11.01 Wednesday

Alfa Romeo 4C Spider×Carbon!!

こんにちは[em_sun][em_sun][em_sun]

オカです[em_smile1]

昨日はお休みをいただき、京都までドライブしてきました[em_biccur2]

IMG_4296.JPG

最近やたら親近感がわくゴリラを見たり・・・

IMG_4300.JPG

名前は忘れましたが、お寺の庭でゆっくりリラックスしてきました[em_flopped]

毎週「和風総本家」は録画して見ていますので、顔に似合わずこんなところが好きだったりしますwww

さてさて、今日ご紹介させていただく御車はコチラ[em_mood]

DSC_0784.JPG

大阪店だけじゃなく、ボンドグループでも意外と希少なアルファロメオの・・・

DSC_0778.JPG

「4C スパイダー」でございます[em_smile2][em_good]

DSC_0800.JPG

コチラのマットブラックフルラッピングやBCforgedにブロックタイヤでお馴染みのお客様の新しい愛車です[em_mood]

今回取付させていただきましたのは・・・

IMG_3900.JPG

コチラの大量のパーツwww

お客様が英語を駆使して海外より取り寄せられたカーボンパーツでございます[em_pika]

早速取付していきますが、なかなかフィッティングが良くてパコパコハマっていきます[em_mood]

中には大加工が必要なパーツや、「コレ他の車種用???」っていう感じの物もありましたがwww

取付完了するとなかなか格好良く仕上がりました[em_heart]

DSC_0766.JPG

センターコンソール[em_biccur2]

DSC_0767.JPG

サイドブレーキカバー[em_biccur2]

DSC_0772.JPG

ボタンシフト周辺[em_biccur2]

DSC_0773.JPG

ステアリングコラム[em_biccur2]

DSC_0771.JPG

エアコン操作パネル[em_biccur2]

DSC_0775.JPG

メーターパネル[em_biccur2]

DSC_0760.JPG

ドアパネル[em_biccur2]

DSC_0800.JPG

サイドシルはリアルカーボンでラッピング[em_mood]

DSC_0776.JPG

リアハッチ開閉レバー[em_biccur2]

外装に移りまして・・・

DSC_0781.JPG

フロントバンパーダクト[em_biccur2]

DSC_0790.JPG

テールライトカバー[em_biccur2]

DSC_0792.JPG

リアスポイラー[em_biccur2]

DSC_0793.JPG

ルーフスポイラー&フューエルカバー[em_biccur2]

DSC_0795.JPG

ドアハンドル[em_biccur2]

DSC_0798.JPG

ドアミラーカバー[em_biccur2]

DSC_0814.JPG

フロントワイパーブレード[em_biccur2]

DSC_0780.JPG

ヘッドライトにはスモークフィルム施工[em_biccur2]

DSC_0812.JPG

ナンバー灯をLED化[em_biccur2]

もちろんエラーも対応済み[em_idea]

DSC_0837.JPG

ブレーキパッドは鳴きが起きにくいようにマーヴェラス 低ダストブレーキパッド[em_smile2]

適合が無いので貼り替えで施工しました[em_flopped]

DSC_0802.JPG

自宅のパレットサイズから控えめサイズでH&R ワイドトレッドスペーサーを前後に取付[em_smile1]

DSC_0828.JPG

最後にディフェンデル-Fボディコーティングを施工しまして・・・

DSC_0818.JPG

完成です[em_smile2][em_good]

DSC_0826.JPG

ノーマルと比べるとかなりスポーティに仕上がりました[em_mood]

カーボンボディなのでインテリアも徹底的にカーボンで仕上げてまとまりましたね[em_flopped]

DSC_0834.JPG

足りない部分はカーボン加工やラッピングで仕上げさせていただきましたので、ここまでカーボンをふんだんに使用した4Cもそういないのではないでしょうか???

「今年はG350にけっこう注ぎ込んじゃったので、4Cはこれくらいですね[em_worryingly]」とおっしゃられておりましたが・・・

来年は車高とホイール、それか例のボディキットいっちゃいましょう[em_flopped]

いつもいつもご用命いただき、誠に有難うございます[em_biccur2]

DSC_0819.JPG

それでは今日はこのあたりで・・・

オカでした[em_pig]

posted by bond osaka at 21:52 | その他 | - | -

 

2017.02.28 Tuesday

在庫処分セール!!!

DSC_0197.JPG
DSC_0211.JPG
サイズ違いですがYOKOHAMA GEOLANDER i/T-Sのスタッドレスタイヤです[em_biccur2]
サイズ:275/50-20 ×4本
    295/35-21 ×4本

もちろん未使用品ですので極上品です[em_pika]
DSC_0205.JPG

気になるお値段は[em_biccur2]

・275/50-20 定価¥40,900×4本+TAX =¥176,688(別途工賃) ですが[em_biccur2]

SOLD OUT


・295/35-21 定価¥54,800×4本+TAX =¥236,736-(別途工賃) ですが[em_biccur2]

¥140,000- 工賃・税込

お問い合わせお待ちしております[em_pika]

posted by bond osaka at 21:18 | その他 | - | -

 

2016.10.01 Saturday

EBM!!!

こんばんは、シノハラです[em_sun]

本日ご紹介するお車はマセラティ ギブリ[em_biccur2]
DSC_0757.JPG

こちらのお車にはiiD EBMバルブ開閉モジュールを装着致しました[em_note]
数々の取り付け事例がございますのでメカニック ケンタさんが完璧に装着致しました[em_biccur2]
DSC_0759.JPG

ご用命頂き誠にありがとうございました[em_note]

続いてご紹介するお車はいつもお世話になっているお客様の958カイエン GTS[em_biccur2]
DSC_0789.JPG

こちらのお車には初作業でEBMバルブ開閉モジュールを装着致しました[em_note]
初作業でしたがメカニック イトウさんが検証していき問題無く装着致しました[em_note]
DSC_0804.JPG
操作は他のお車と変わりはありません[em_biccur2]

ただSPORTモードが付いておりますのでSPORTモード時はバルブが開いておりますので開閉の操作はできません!
DSC_0805.JPG
ノーマルの状態だといつも通りの操作できますので心地よいドライブをお楽しみいただけます[em_note]

ご用命頂き誠にありがとうございました[em_biccur2]DSC_0802.JPG

それでは[em_sun]

posted by bond osaka at 20:16 | その他 | - | -

 

2016.04.17 Sunday

「平成28年熊本地震」

「平成28年熊本地震」で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

阪神大震災の被災者である身としては、地震被害の映像を見るとまだ思い出すのか胸が大変苦しくなります。いまだ断続的に地震が続く中、予断を許さない状況が続いておりますが、これ以上被害が拡大しないことを祈るばかりです。

被災地の皆様の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。


ヤフーニュースの貼り付けにはなりますが、「今私たちに出来ること」がココにまとめられています。
http://news.yahoo.co.jp/story/151


また、こういう時だからこそ各々に与えられた役割を行動に移すことが求められています。私はクルマの仕事をさせて頂いておりますので、「クルマ」に関することで被災地を応援したいと思います。

以上

posted by bond osaka at 20:29 | その他 | - | -

 

2015.08.21 Friday

1/1ミニ四駆!?

こんにちは[em_sun]

オカです[em_smile1]

皆様、お盆休みいかがでしたか?[em_pika]

僕は実家の香川県に帰省しておりました[em_smile2]

やっぱり香川県と言えば・・・

IMG_1577.JPG

うどんですよね[em_idea]

このメニューですが、ひやかけ(ダシもうどんも冷たい夏の定番メニュー)2玉とチキンフライ、合計で350円です[em_biccur2]

どこのうどん屋さんも店内はこんな感じで・・・

IMG_1576.JPG

大行列でした[em_asease]

地元の方、帰省されている方、観光で来られている方で店内は大賑わいでした[em_mood]

ちなみに12日〜15日まで帰省しておりましたが、朝昼晩と合計12食中5食うどん食べました(笑)

まだまだうどん中心の生活から抜け出せないようです[em_worryingly]



さてさて今回はハマった方も多いであろうこの話題から・・・

top700_30th.jpg

そうっ[em_biccur2][em_biccur2][em_biccur2]

「ミニ四駆」です[em_good]

なんとミニ四駆といえばの模型メーカー「TAMIYA」様が、実際にドライバーが乗り込んで運転するミニ四駆を造るというプロジェクトを行っているそうです[em_biccur2]

その名も「1/1 GIANT MINI 4WD PROJECT」[em_biccur2][em_biccur2][em_biccur2]

ddb5eb59.jpg

モデルは「エアロ アバンテ」で、実は僕も持ってました[em_c_hand]

シャシーの横の方と比べると大きさが分かりますね[em_note]

sp_150703tamiya_01.jpg

TAMIYA様のホームページで製作過程が見れるようですので、完成まで楽しみながら見ていきます[em_smile2][em_good]

ミニ四駆にどっぷりハマっていたので、このような企画はうれしいですね[em_mood]

久しぶりに模型屋さんに行こうかなと思っているオカでした[em_pig]



[em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note]お知らせ[em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note]



現在大阪店では、買取り査定強化中です[em_good]

ドレスアップ車両はもちろん査定アップいたします[em_note]

お電話、メールでのお問い合わせも可能です[em_biccur2]

お車の詳細をお送りいただければ、概算金額をお出しいたします[em_smile2]

お気軽にお問い合わせくださいませ[em_smile1]

メールはこちらへ[em_p_hand] yamazaki@hosokawa.co.jp


店頭査定にご来店頂く場合、査定できる者が不在の場合もございますので

必ず、事前にご予約頂きますよう、お願いい申し上げますm(__)m


[em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note][em_note]

posted by bond osaka at 21:29 | その他 | - | -

 

2015.07.17 Friday

ガラスあるある?

こんにちは[em_sun]

オカです[em_c_hand]

昨日今日と台風が通過しましたが、皆様大丈夫でしたか?

まだまだ大阪店周辺も大雨が続いているので、河川の氾濫や土砂崩れなどまだまだ油断はできないですね[em_shout]

さてさて、今日のブログはちょっと前に見つけたあるものに関するブログです[em_pika]

DSC_7057.JPG

最近来店されることが多いW205 Cクラス[em_smile1]

コチラのお車を洗車させて頂いている時に発見しました・・・

それがコチラ[em_c_hand]

DSC_7056.JPG

かなり空が映り込んじゃってますが、フロントガラスにサインが入っていますよね[em_question]

調べてみると「カール・ベンツ」のサインとのこと・・・

「カール・ベンツ」は世界初のガソリン車を作った現代の自動車の生みの親である偉大なお方です[em_biccur2]

ドイツの技術者「カール・ベンツ」は1886年1月29日、原動機付三輪車「モトールヴァ―ゲン」を完成させ、1886年1月29日にドイツ政府より特許がおりました[em_mood]

この日は自動車の誕生日と言われ、記念すべき日なのです[em_smile1]

また、もう一人欠かせない偉大なお方が「ゴットリープ・ダイムラー」[em_idea]

同じくドイツの技術者の「ゴットリープ・ダイムラー」は内燃機関の父と呼ばれる「アウグスト・オットー」の元で世界初の4サイクルエンジンの運転実験に成功し、その後は自動車の開発を行うようになりました[em_mood]

そしてそんな「カール・ベンツ」率いるベンツ社と「ゴットリープ・ダイムラー」が率いるダイムラー社が合併じ、今なお世界有数の自動車メーカーである「ダイムラー・ベンツ」社となったのです[em_biccur2]

DSC_7074.JPG

そしてリアウインドゥには「ゴットリープ・ダイムラー」のサインが入ってますね[em_smile2]

偉大なお二人に見守られているのですね[em_flopped]



ガラスを見ているだけでも色々な発見があります[em_smile2]

ガラスには各メーカーのロゴが入っており・・・

DSC_7052.JPG

ベントレー[em_smile1]

DSC_7054.JPG

マセラティ[em_pika]

DSC_7071.JPG

アウディなどなど[em_smile2]

しかもこのロゴの周りにある刻印は全て意味があるのです[em_biccur2]

上のアウディのでいきますと・・・

ロゴ下の「GUARDIAN」はガラスメーカー[em_biccur2]
このガラスは「ガーディアン・インダストリーズ」というアメリカ デトロイトに本社を置く建築用ガラスや、自動車用ガラス、強化ガラスなどを製造している大手ガラスメーカーです[em_c_hand]

○で囲まれた「E11」は認証発行国識別マークで11はイギリスを表しています[em_biccur2]

その右の「43R-00046」は欧州基準に基づく認証番号[em_pika]

その下の「DOT22 M40T2 AS2」は、「DOT22」が製造所届出番号、「M40T2」はメーカーの部品番号で色や種類、板厚を表しています[em_idea]

「AS2」は使用可能箇所を表しており、「AS1」はフロントガラス、「AS2」はフロントガラス以外、「AS3」は視野域以外とガラスによって使用できる場所が決まっているのです[em_note]
※このガラスはアウディR8のリアハッチのガラスです[em_biccur2]

他にも製造年やガラスの層の数、耐熱性や防音など詳細がこの刻印から読めるのです[em_good]

どんなものにも意味がある[em_biccur2]ですね[em_smile2]



ちなみにベンツの歴史の話に戻りますが、より詳しい話を聞きたい方はぜひアサイ店長まで[em_flopped]

かなりマニアックなお話が聞けるかも[em_question]

そんなアサイ店長に僕の愛車を書いてもらいましたが・・・

DSC_7060.JPG

ボールペン1本でちょちょいと書いてくれました(笑)その時間わずか5分ほど[em_c_hand]

「10年ぶりぐらいに書いたから腕が落ちたな」とは本人の弁ですwww

実はアサイ店長は自動車のデザイナーになるのが夢だったらしく、学生の頃デトロイトにある「College for Creative Studies」に留学していたとか[em_flopped]

まだその夢はあきらめていない・・・かもしれないそうです[em_mood]


ではでは今日はガラスについてのお話でした[em_smile1]

早速帰って愛車のガラスもチェックしようと思ったオカでした[em_pig]

posted by bond osaka at 23:24 | その他 | - | -

 

2014.12.05 Friday

冬の支度はお済ですか??

アサイです。



この時期になると問い合わせが多くなってくる"スタッドレスタイヤ"!!

今年は例年以上に寒い!ということで、連日お問い合わせを頂いております。

ピットにも取り付け待ちのタイヤが次々と入荷中。

A002.JPGA016.JPG

ただし、このような気候の為、早くも欠品サイズが続出しております[em_shout]

大阪だと「12月でそろそろかな〜」と思われがちですが、北海道や東北では10月からスタッドレス商戦は始まっており、レアなサイズなどは既に売り切れ状態、、、

その為、少しでも早いお問い合わせをお待ちしておりますm(_ _)m



また「雪山に行くこともないし、年に1回あるかないかの大雪に備えてスタッドレス買うの勿体ないし、そもそも大径ホイールだし。でも突然の大雪は心配」というお客様!!

こんな商品があります!!

本場スウェーデン生まれの「THURE」がリリースした「K-Summit」!!
snowchains_02_OL_08.jpg

謳い文句は「取り付け簡単」そして「豊富なラインナップ」!!

ホンマかいな?って話ですが、早速動画を見てみましょう。



他のレビューなども見ましたが、概ね取り付け易いと高評価[em_pika][em_pika]

収納するとこんな感じです。
snowchains_02_OL_10.jpg

さらに嬉しいポイントが豊富なサイズ!!
詳しいサイズはコチラから↓↓
http://abeshokai.jp/thule/pdf/taiya_tekigo.pdf

なんと
カイエンやW166 MLなどの、295/30-22や295/35-21
W222 SクラスやBMW 7シリーズの285/30-21 285/35-20 275/35-20 275/45-19
BMW F10 5シリーズ/F12 6シリーズなどの275/30-20 275/35-19などなど
流石に25扁平はありませんが、30扁平までなら22インチまで適合あるんです!!


少々値段は張りますが、万が一のことを考えると持っていてもいいかもしれませんね[em_good][em_good]
※去年、大雪が降った日(オートメッセの日)大丈夫だろ〜と思って、夏タイヤのクルマで出かけたら、マジで死にかけましたw
夏タイヤ+チェーンは緊急時の手段です。特にFRはステアリングが効き難くなりますので、極低速での走行を厳守下さい。

ただこれも品薄の様ですのでご注意を
[em_asease][em_asease]



そんな訳でまた明日[em_p_hand]

posted by bond osaka at 20:32 | その他 | - | -

 

2014.08.04 Monday

シトロエンDS3×Hyperforged!!

本日ご紹介するのはコチラの御車↓↓

シトロエンDS3[em_pika][em_pika]
A004.JPG

シトロエンは日本ではマイナーなイメージがありますが、欧州のモーターショーなどではブースも広く、販売台数はヨーロッパの自動車メーカー中第2位の地位を保っている(プジョー・シトロエンPSAグループ)、世界有数の自動車メーカーです!!
年間販売台数はグループ全体で約300万台と、ダイムラーベンツ(約220万台)、BMW(約180万台)より多かったりします。

デザインに優れているのも特徴で、このGTコンセプトを海外のモーターショーで見た時のインパクトは今でも忘れません。DSC03779a.jpg20081021124126.jpg


さてさて、そんなシトロンエンが誇るDS3ですが、本日はHyperforged HF-C10を装着させて頂きました[em_good][em_good]
A011.JPGA031.JPG

このクルマ、写真で見るより実物の方が全然カッコイイです!!
流石シトロエン[em_smile2][em_pika][em_pika]
A015.JPG

カラーはマットブラックdiskにポリッシュrimの組み合わせ。
フロントsemi concaveに、リアdeep concaveのセッティング[em_idea]
A018.JPG

マイナー車でもツライチセッティングを可能にするのは流石Hyperforgedです!![em_smile1]A010.JPG

KW車高調で落とされた車高もバッチリな仕上がり!!
A021.JPG

まさにオシャレなハッチバックスポーツの完成です[em_pika][em_pika]

この度はご用命頂き誠に有難うございました!

それでは[em_p_hand]
A022.JPG

posted by bond osaka at 20:48 | その他 | - | -

 

2014.05.29 Thursday

大阪店機材導入

こんばんは芦田です。

本日は、タイトルにありますように大阪店に新たな機材がやってきました[em_good][em_good]
DSC_1725.JPG
はいっテーブルルーターでございます[em_note]
こちらの機材ほんと便利なんです[em_smile1]オーディオショップなどではよく見かける機材ですが、要はこの機材を使ってスピーカーのインナーバッフルなどMDFやパネルの成型をする事が出来ます。

今までもインナーバッフルなど作成してきましたが、ほぼ手作業で時間がかなり掛かっておりました・・・[em_worryingly]
そこで作業効率・クオリティーアップを図る為、昨年からイースコーポレーション主催のE.T.T.Aセミナーで研修を受けこの度、とうとう機材の導入をして頂きました[em_c_hand]

でっそんなこんなで、早速スピーカーの取付け依頼を頂き一発目のお車がなんとこちら・・・DSC_1724.JPG
はいっアウディR8でございます[em_good][em_good]

早速、ドア内のクリアランスを測ってMDFをテーブルルーターでカットしていくと、あっという間にインナーバッフルの出来上がり[em_flopped]DSC_1727.JPG
あとは防水処理などして組み付けて行きます。
こちらの詳細は出来上がり次第、また紹介していきます[em_smile1]

そんなこんなでスピーカー取付けをご検討中の方、ただいま取付けデータ収集中ですのでご協力頂ける方、ご相談をお待ちしております。

ではまた来週[em_p_hand]

posted by bond osaka at 20:44 | その他 | - | -

 

2014.02.23 Sunday

車検について。

アサイです。


最近特に多いと感じるのが「その部品を付けたら車検は通りますか?」の問い合わせ。

弊社のようなアフターパーツショップだと避けては通れない問題です[em_asease][em_asease]

今日は少しですが代表的なものを説明したいと思います。


まずはその

ホイールやスペーサーなどをお考えのお客様で「車検に通る範囲で出来るだけツライチにしたい」との問い合わせ。

ハイ、無理です。完全に車検対応を考えると、純正と同じくツラウチホイールになります。

何故ならフェンダートップだけではなく、前30度/後50度ハミ出してはいけないという法律があるからです。特にほとんどのクルマは前後はボディを絞っているので、フロント前30度、リア後50度がキツイ!しかもたとえ1mmでも出ていたらダメという無情な世界。。。
img_665989_29945827_1.jpgimg_665989_29945827_2.jpg

じゃあどうするのか?

―秬気汎韻献汽ぅ此+α)でホイールを作る。
▲張薀ぅ舛妊曠ぁ璽襪鮑鄒する。車検時はノーマルに戻す。

しかし△両豺隋大径ブレーキ入れたり、ノーマル置いておくスペースが無く処分してしまったりと、ノーマルが装着出来ないこともあります。

そこで登場するのが、汎用フェンダーモール[em_pika][em_pika]
001-thumb-640x425-4347.jpg

片側幅10mm以下のフェンダーモールであれば、構造変更無しに合法で取り付け可能です

構造装置の軽微な変更時の取扱いについて↓↓
http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/kensa/kns05.htm

幅±20mm、全長±30mm、高さ±40mmまでなら数値が変わっても問題無いのです!

実際最近のBMWは、フェンダーに変なモールがくっ付いていますね[em_worryingly]
044.JPG043.JPG

「純正なのにハミ出してるのってどうよ?」とは思いますが、この程度でハミ出しと取られますので、ツライチでセッティングしたら車検など到底無理なのがお分かりになると思います。
046.JPG

というわけで、車検時は片側10mm以下のフェンダーモール付けてしまえばツライチにしていても、よっぽどのことが無い限り車検は問題無いのであります[em_idea]
※ちなみに両面テープでの接着は基本的にダメです(BMW F30は両面テープですが[em_asease][em_asease])。ビスもしくは接着剤での装着が前提となります。ただし、接着剤か両面テープで付いているかなんて分からないですよね〜!?しっかり止まってればOKです。


あとホイールには、JWL/VIAという規格がありますので、この刻印が無いと原則車検非対応です

JWL/VIAについては下記参照↓↓
http://www.ams.or.jp/new/wheel.html

要はちゃんと強度試験を受けたホイールという意味です。


ホイール選びの際は上記2点をご注意ください。

スペーサーは法律上、明確な基準がありませんが、ハミ出ししていなければOKとの意見が多いです。ただ上記の様に、ツライチにセッティングした時点で車検非対応になりますので、車検時は外すなどして対応してください。またディーラーによっては点検などでも自社基準非適合とのことで外される場合があります。





続いてその

マフラー変えたら車検通りますか?

まず2010/3/31生産までと、2010/4/1以降生産(輸入車は登録)で規制が変わってきます。

2010/4/1以降のクルマは規制が強化され、車検証に「マフラー加速騒音規制適用車」と記載されており、この対象車の後付マフラーには「性能等確認済表示」が必要となります。

この「性能等確認済表示」というのが、ブログでいつも紹介している、「JQR」「JATA」などの事前認証の刻印です。また輸入マフラーの場合は「eマーク」が入っていれば同じ扱いを受けますので、車検対応になります。
img10328_A004.jpgimg12529_A039.jpg

対して2010/3/31生産までの車輌は、形状や音量の基準はありましたが、基準内であれば特に認証が無くても車検は通りました。2010/4/1以降はいくら音が静かで、形に問題が無くても、事前認証が無ければ車検は非対応になっているのでご注意ください。

詳しくは下記をご参照ください↓↓
http://www.kakimotoracing.co.jp/28-00_exinfo/28-01_exinfo.html#sinkisei2010

という訳で、マフラーに関しては車検対応品を買うか、車検非対応の場合はノーマル保管をお願いしますm(_ _)m





そのは車高について。

「サスペンション変えたら車検は通りますか?」

電話でたまにこういう質問を受けるのですが、回答は「車高調でもダウンサスでも純正形状でも問題ありません。最低地上高の基準9cm以上を満たしていれば車検に通ります」になります。※地上最低高はホイールベースによって変わります↓↓
syakou.png

ノーマル状態の地上最低高はクルマによって変わってきます。流石に私達も全てのクルマの地上最低高を把握しているわけではありませんので、電話ではこうしか回答出来ません。
しかし、一般的にSUVなどは余裕で大丈夫でしょうし、普通の乗用車は最低地上高が15cm程度はあるでしょうから、数センチ下げたところで問題はありません。
※車高下げて、車高(屋根)も前述したように40mmより低くなると、厳密に言えば構造変更が必要になります。まあ、実際測っている検査官なんて見たことありませんが。。。

あともちろんリフトアップ時、バネが遊んだり、純正バネカットは車検に通りません。

ただし、地上最低地上高のうち、
「タイヤと連動して上下するブレーキ下端」
「緩衝装置(サスペンション)のうちロアアーム等の下端」
「自由度を有するゴム製の部品」
「マッドガード、エアダムスカート、エアカットフラップ等で樹脂製の物」は除外となっております。
http://www.shuccho-shaken.com/sub3_tenken02.htm

ですので車高下げたいときは、まずはクルマの地上最低高を確認してみるといいですね!!





あと、灯火類についてですが、

まずデイライト
これも何回も説明しておりますが、車検非対応です。

「えっ、じゃあ国産新車に標準装備されているデイライトやトラックなどのデイライトは違法?」と思われますが、あれは300カンデラ以下の光量のモノですので、車両法によりその他の灯火等と定められています。その他灯火については補助灯ほど厳しい基準はありません。

ではBMWやベンツやAUDIのデイライトは?というと、余裕で300カンデラ以上の光りを放っておりますので、完全に違反です[em_asease][em_asease]

でもおかしいのが、欧州(本国)では事故防止の為に装着が義務付けられていること。。。
これは日本の法律が全く追いついていないことを表しています。


弊社のデイライトは任意でON/OFF出来るようにしておりますので、ディーラー入庫/車検の際はOFFにして入庫してください。
※ホントは室内スイッチでON/OFFすることもダメですので、スイッチはバレないようにお願いします(汗)


フォグライトに関しては、同時に3個以上点灯するように取り付けるのは不可。取り付け位置も決められており、フォグランプの上縁が地上から800mm以下の高さ且つ、下縁は地上から250mm以上の高さに取り付けられていること。そして、横方向では、車幅の最外側からフォグランプの外側の縁が400mm以内となるように取り付けるようにと非常に細かく定められています。
http://www.jaf.or.jp/qa/mechanism/rule/04.htm
※車高が大きく変わると地上からの高さを満たななくなる場合がありますので注意です。


ヘッドライトのケルビン数はいくらまで大丈夫なのか?
これもよく聞かれることがありますが、保安基準には「前照灯は白色または淡黄色でなくてはならない」とあるだけで、特にケルビン数の規定はありません。つまり見た目が白かったら問題無いという、非常に曖昧なモノです。
一般的には6000〜6700ケルビンまでは、「白い」と感じることが多いので、各メーカーもこのくらいまでのケルビン数を自社基準で車検対応と謳っています


テールライトのスモーク化。
「テールライトを塗ったら車検通りますか?」これもよく聞かれます。
保安基準を見ると、
方向指示器・昼間100mの距離から橙色の点灯が確認できること
制動灯・昼間100mの距離から赤色の点灯が確認できること
尾灯・夜間300mの距離から赤色の点灯を確認できること
後退灯・白色、又は淡黄色であること
後部反射器・反射光の色は赤色であり、夜間150mの距離から前照灯で照射して確認できること、とあります。

つまり、濃いスモークでなければ基本的にはOKです。



まだまだ一杯ありますが、日付が変わってしまいますのでこの辺にしておきます[em_worryingly]

上記は非常に細かく述べておりますが、最終はみる人(車検検査員)の判断によるところが大きいです。検査員も人間ですから大体問題なければOKする場合もあります。

そして、一番困るのがディーラー。
場所によっては、少し改造しているだけで、「改造車なので無理です」と入庫拒否するところもあるみたいです。
車検対応内で改造していれば、全然問題無い話ですので、堂々と入庫して頂いて大丈夫です!!



今回のブログはあまり面白くないかもしれませんが、ある程度「車検(保安基準)」の概念を知ることはオーナー様にとっても非常に大事だと思いましたので、この場を借りて説明させて頂きました。



ま、分からないことがあればドシドシご質問ください!

本音と建前に分けて詳しく説明させて頂きます[em_smile1]



それではまた明日[em_p_hand]

posted by bond osaka at 16:53 | その他 | - | -