MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • TOPSUN
  • MS-Design
  • STARTECH
  • REVOZPORT
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • NOVITEC-ROSSO
  • ADV1 Wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

2013年 11月 の投稿一覧

W176 Aクラスがアツイ!

アサイです。
本日まずご紹介するのは先日お預かりさせて頂いたW176 A250
__.jpg
こちらの車輌にREVOZPORTカーボンパーツを装着させて頂きました
A029.JPG
装着させて頂いたのは、
REVOZPORT AMG Front Splitter Insert Carbon
REVOZPORT AMG Side Skirt Insert Carbon
REVOZPORT RZA-250 Front Brumper Canard Carbon

になります
フロントスプリッターとサイドスカートは上から被せるタイプとなります。
A028.JPGA022.JPG
そしてフロントにはA45を彷彿とさせるカーボンカナードを装着
A012.JPG
もちろん、クリアペイント処理を行っておりますので、紫外線対策もバッチリです
A010.JPG
遠方よりご来店頂き誠にありがとうございました!
続いて、先日ロリンザーRS8 19インチを装着させて頂いたW176 A250には、
A029.JPG
H&Rダウンサスの取り付け
A031.JPG
ノーマルverとロワーverがありましたが、ただでさえ地上最低高が低いAクラス(A250は約120mm)なので、迷わずノーマルverをチョイス
結果は、、、
A018.JPGA060.JPG
フロント615→600mm、リア620→600mmと、フロント約15mm、リア約20mmのローダウンとなりました
A014.JPGA067.JPGA016.JPGA066.JPG
ホイールの出面もこの位が丁度良いですね
A064.JPGA063.JPG
そして最後にこちらのW176 Aクラスには、
A003.JPG
ケンタがPPTスロットルコントローラーを装着中
A006.JPG
このボタンでスロットル開度を任意に調整することが出来ます
A007.JPG
ゼロスタートからの出足しが明らかに変わる優れものです!
そんな訳で最近W176 Aクラスがアツイ大阪店でございます!
それでは

チューニングモジュールってどうよ?

アサイです。
最近何かと噂のチューニングモジュール
呼ばれ方は色々ありますが、要は「ブーストアップモジュール」です。
色々なメーカーのHPを見ると、どれも大幅なパワーアップを実現
よく「そんなにパワー上がるんですか?」と聞かれるんですが、私はいつも「話半分くらいに考えてください。ただ中速からは確実に変わりますよ。」と回答しています。
で「実際どうなのよ?」ってことを客観的にテストしてみたかったので、こちらでシャシダイに載せてテストしてきました
AP1040248.JPG
今回テストしたのは「DTM ADDITIONAL TUNING BOX」でございます。
004.JPG
車種はW212 E250
AP1040222.JPG
DTMチューニングBOXは、インマニセンサー、ブーストセンサー、カムシャフトセンサーの3箇所に接続致します。(カムシャフトセンサー接続する商品の方が、警告灯が点きにくくなります)
AP1040206.JPGAP1040218.JPG
慣らしも兼ねて20キロほど走行し、ダイヤル6で測定した後、ダイヤル9で測定。最後に外してノーマル状態で測定してきました。
AP1040245.JPGP1040249.JPG
ただし、5速で計測するとリミッター(日本仕様はリミッター210キロ)に当たるため、4速で引っ張った数字になります。
体感的にはダイヤル6だと「まあまあ感じられるくらい」
ダイヤル9だと「明らかに変わった!」と感じることが出来ます

結果は、、、
おおむね私の予想通りとなりました
詳しい結果はココには書きませんが、この状況だとやはりメーカーが謳う数値には達していません。
ただ、グラフを見ると、2500回転からは実際体感している通り、純正に比べ大幅なパワーアップを実現しています
047.JPG
2900回転時、ノーマル101.6ps/246Nm、ダイヤル6で110.6ps/267Nm、ダイヤル9で121.0馬力/293Nmと、大体ダイヤル6で10%、9では20%ほどのパワーアップを実現しております!!
逆に言うと、2500回転まではあんまり効果がありません(あくまでブーストが立ち上がる→タービンが回り出してから作用するため)
もう少し慣らしを行った場合(学習機能が働いた後)や、5速で測定した場合はまた違った結果になる(メーカーの数値に達する)かもしれません。ただ、事実としてマックスパワーこそメーカーデータには届きませんが、中速からの大幅なパワーアップが数値的にも確認できたことはとても有意義な測定であったと思います。
ちなみにメーカー推奨はダイヤル6ですが、その後ダイヤル9で走行していてもエンジンチェックなどの警告は出ませんでした。
※ディーラーなどに入庫はそのままでも問題無いと思いますが、バイパスモード(ノーマル)になるノーマル回帰カプラーが付属しますので、装着して入庫してください。
総括すると、基本2500回転くらいまでの低速域には「スロットルコントローラー」が効きます
2500回転以上の中〜高速域に対して「チューニングモジュール」が効果を発揮致します
あとは他のメーカーも試してみたいところですネ
ちなみに「DTM ADDITIONAL TUNING BOX」はAMG A45&CLA45エンジン用の他、日本未発売のGL350 Blue Tec用の設定なんかもありますので、お問い合わせお待ちしております(今日GL350 Blue Tec用の問い合わせを受けました)
それではまた明日

遠方からありがとうございます。

こんばんは芦田です。
本日ご紹介いたしますお車は、遠路はるばる名古屋からご来店いただきましたベンツ W463 G550でございます
DSC_1107.JPG
まずは、もはやW463では定番のデイライトモジュールとフォグランプのキセノン化を施工いたしました。DSC_1180.JPGDSC_1183.JPG
今回、HIDキットはエアゼロのコンバージョンキット5800Kを選択し、またチャタリング防止リレーを使用することによりコーナリングランプとしても難なく点灯いたします
さらに同時進行で、こちらのMANSORYカーボンドアミラーカバーを取り付けいたしましたDSC_1110.JPG
こちらのミラーカバー・・・カバーと言えど、なかなかの高額商品ただそこは天下のMANSORYドライカーボン製で作りやフィッティングなど申し分なくバッチリDSC_1105.JPG
ご来店時は、ミラーをボディー同色のシルバーにペイントされておりましたが、そのままカーボンドアミラーを取り付けると見た目でカーボンが浮いてしまうので、せっかくなのでドアミラーをグロスブラックにペイントし仕上げてみましたDSC_1187.JPGDSC_1188.JPG
またどうせペイントするならという事で、フロントグリル内とバンパーのメッシュ部をグロスブラックにペイント
そしてテールレンズを薄めのスモークにペイントし、リヤフォグとリバースは少し濃い目のスモークにと拘りのペイントDSC_1182.JPGDSC_1184.JPG
今回はお客様のご希望で、出来るだけ弄った感を出したくないとの事なので、ペイントも最小限に抑えて仕上げさせていただきました
この度は遠方から誠にありがとうございました。
そんなこんなで、W463の事なら大阪店まで
ではまた来週

ART MAMMUT!!

アサイです。
本日ご紹介するクルマは、、、
ドン!
A041.JPG
ドドン!!
ADSC_0082.JPG
ART X164 GL MAMMUT(ドイツ語でマンモスの意味)でございます
A039.JPG
その名の通り、マンモスを彷彿とさせる迫力のボディ!!
A047.JPG
オーバーフェンダーを装着し、前後約40〜50mmほどワイド化されています
A046.JPG
足元には、ART monoART1 22inchをマットブラックにペイントして装着。
ADSC_0087.JPG
タイヤはPARADA 285/40-22を使用
無骨なスポークデザインがGLをしっかりと支えております。
ADSC_0089.JPG
ヘッドライトはブラックインナーペイントを行い、バンパーには特徴的なトリプルビーム、と思いきやダブルビーム
トリプルビームは間に合わなかったので本国取り寄せ中です
A051.JPG
テールレンズはズモークペイントを行い、マフラーは迫力の100mm×4本出しテール
アウトドアに大活躍のヒッチメンバーも装着させて頂きました
A049.JPG
今回の作業を纏めると、
ART MAMMUT body kit
(フロントスポイラー + ラメラグリル + フェンダー + ドアパネル +
ランニングボードアングル + リアスカート)
ART ダブルビーム(トリプルビームに変更予定)
ART リアスポイラー
ART エキゾーストシステム 100mm×4本出し
ART monoART1 10J×22inch マットブラックペイント
YOKOHAMA PARADA 285/40-22
ヘッドライトインナーペイント
テールスモークペイント
IID ロワリングキット
ヒッチメンバー取り付け
となります
いや〜、それにしてもカッコイイ
こんなクルマで冬は雪山へ、夏はジェットを引っ張りに海へ出かけたら、注目度間違い無しの一台です!!
A033.JPG
今回もご用命頂き誠にありがとうございました!
それでは

今週の入庫情報!!

こんばんは!山崎です
今週も、続々入庫しております
まずはこちら[em_p_hand
DSC_0136.JPG
ポルシェ997 カレラS PDK アークティックシルバーMです
DSC_0168.JPG
DSC_0161.JPG
DSC_0150.JPG
DSC_0170.JPG
DSC_0167.JPG
・スポーツクロノパッケージ
・スポーツエギゾースト
・19インチターボアルミホイール
・シートヒーター
・バックカメラ
  等々、オプション盛り沢山です
DSC_0169.JPG
さらに、走行距離は僅か9000kmと極上のお車です
是非、お問い合わせください
続きましては
DSC_0182.JPG
R231 AMG SL63 ダイヤモンドホワイトです
DSC_0216.JPG
DSC_0214.JPG
DSC_0213.JPG
純正オプションの
カーボンフロントセンターパネル
カーボンミラーカバー
カーボントランクスポイラー
とカーボンづくしです
さらに、
DSC_0210.JPG
内装のカーボンに合わせて、
DSC_0202.JPG
特注のカーボンステアリングも装着されています
DSC_0203.JPG
AMGならではのシフトノブや
DSC_0201.JPG
レザーシート(シートヒーター・ベンチレーション付き)も
とても豪華です
DSC_0217.JPG
DSC_0218.JPG
ボタン一つで明暗が切り替わる
マジックッスカイルーフも標準装着されています
DSC_0206.JPG
走行はなんと2000km未満
内外装共に、本当に綺麗な状態のお車です
是非ご覧ください
そんな、大阪店の在庫車両はこちら!!