MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • MS-Design
  • STARTECH
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • end.cc
  • Next innovation
  • NOVITEC-ROSSO
  • ARTISAN SPIRITS
  • ADV.1 Wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • TSW WHEELS
  • BC Racing
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

2018年 12月 の投稿一覧

BMW F82 M4×ANRKY AN20、KW ClubSport!!

こんにちは

オカです

遂に今年の営業も終わりを迎えまして・・・

って明日御納車のお車が2台ありますが

そんな2018年ラストのブログは・・・

F82 M4

しかもエンブレムがグロスブラックということはコンペティションでございます

コンペティションなのでシートもコンペ専用穴開きスポーツシートになります

結構カスタムされたお車が新しくボンドカーズに入庫いたしまして、いつもお世話になっておりますお客様にご案内させていただいたところ・・・

「持ってる車がクーペばっかりになるから、M2下取りでいかれへん???」

という事で、カスタム真っ最中だった

コチラのF87 M2と入れ替えでご成約いただきました

ちなみにコチラのM2もすぐにご成約いただき、本日ヤマザキ店長が御納車させていただきました

そんなM4ですが最初は「このままで良いやんね」って言ってましたが・・・

「このホイールめちゃめちゃ普通ですやん」とか「パワーあるのに脚がフニャフニャで踏めないです」とオカの感想を聞いて

超カッコイイM4が完成しました

ボディカラーにマッチして、一見大人しい仕上がりですがコダワッテオリマス

足回りはKW ClubSport 3Way&トーコントロールの鉄板組み合わせ

今までの足回りだとフニャフニャで踏めなかったのですが、しっかり踏ん張る脚に変わりました

そしてホイールは関東でかなり売れているとうわさのANRKY

M4に似合うANRKYのデザインって考えるとコレしか無いなーと個人的に思っていたAN20

フィニッシュは2Tone Brushed Face&Tumble Gunmetal Windowsです

要するに天面ブラッシュド、サイドが大理石風ガンメタってな感じです

ボディカラーのミネラルグレーにしっかりマッチした仕上げでございます

ハードウェアは全部表打ちのExposedですので、それに合わせてホイールボルトもiiD チタニウムボルトに変更しております

最初にとりあえず組んで付けたらビックリするぐらいはみ出したので、キャンバー調整でキレイなツラ具合にセット

もちろんアライメント測定も行い、基準値内で収めております

タイヤは元々履いていたミシュランを使いましたが、リアはもう2サイズくらい太くする予定です

車高もまぁまぁ低めではありますが、ちょっとうるさすぎるのでフロントリップの下のカーボンリップは後々外す予定です

かなり格好良くなりましたが・・・

年明けからまたパワーアップ予定です

愛媛県のDrive.様に年明けから入庫し、禁断のタービン交換に着手する予定です

オカの地元がお隣の香川県で年末年始に帰省予定でして・・・

「オカさん年末年始にM4乗っといてよまた仕上がったら乗ってみてどれくらい変わったか体感しといて」と嬉しいお言葉いただきましたので、明日大掃除が終わったらM4でドライブです

もちろん安全運転ですよ

まだまだ今後が楽しみです

いつもいつもお車ごとご用命いただき、誠に有難うございます

年明けからまた何台もプランがございますので、宜しくお願いいたします

 

そんなこんなで無事に2018年も終えられそうです

今年は出張納車も14回行かせていただき、更にはアメリカSEMAショー&ホイールメーカー視察も行かせていただき・・・

オカ個人的にも濃い1年となりました

身内ネタですが最後の最後に東京店高野さんにはヤラレマシタが・・・www

 

来年は今年以上に格好良い車をプロデュースさせていただきますので、宜しくお願いいたします

それでは皆様良いお年をお迎えください

オカでした

 

ご注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから

AUDI Q7 4M ABTエアロ リヤモニター取り付け

こんばんは芦田です。

とうとう今年も明日までの営業となり、着々と仕上がった御車の納車ラッシュで最後までバタバタしそうですが・・・

あと一日、気を引き締めて頑張っていきますよ

本日ご紹介いたします御車は、先日ご納車させて頂きましたAUDI Q7 S-Lineのご紹介

いきなりですが完成後がこちら

まずはABTのエアロを取り付けさせて頂きました

設定としてオーバーフェンダーキットのワイドとノーマルフェンダー用のスリムがあり、今回はエアロパッケージスリムを選択

フロント廻りはフルバンパータイプでゴッソリ交換致します。

またお客様のご希望でアンダーパネルをボディー同色にペイント

完全オーナー気取りのオカが若干イラっとしますが・・・

またサイドパネル・ドアアタッチメントもボディー同色ペイントで、ABTエンブレムがワンポイントで清潔感漂うサラッと仕上げ

リヤ廻りはABT特有のスクエアマフラーテールと押しの強いデザインですが、こちらも特に塗分けせずボディー同色で仕上げております。

またテールランプはそのままだと赤みが強いので、薄目にキャンディースモークにペイントする事で締まった印象になります

さらにボディー下のボリュームに負けないようABTリヤウィングも装着しました。

またマフラーはeマーク付きのリヤピースマフラーとなりますが、なかなかの重低音サウンドとなります

そしてABTフェンダーインサートも取り付け致しましたが、こちらはグロスブラック仕上げ

ただこちらのフェンダーインサートですが、純正のフェンダーを穴あけしフェンダー内のウィッシャータンクも交換が必要で取り付けは結構大変

更にドアミラーの樹脂部をシボ取りグロスブラックにペイント仕上げ

またウィンドゥモールとルーフレールをグロスブラックにラッピング施工致しました

そしてホイールは同じABTで揃えるところですが、デザインが気に入られたようでBCフォージド HCA218S 10.0×22を取り付け致しました

またタイヤは、ヨコハマPARADA 285/35-22の組み合わせ

仕上げは全て真っ黒でという事で、DISK・Rim共にグロスブラック

またキャリパーペイントでAUDIロゴも再現し、ブレーキダストの軽減を図る為マーベラス低ダストパッドも同時に装着

 

さらにはご家族の為にと後付けで地デジチューナー&DVDプレーヤーを取り付けし、カロッツェリア製9インチモニターに映し込みを致しました

DVDプレーヤーは後席で操作できるように、助手席シート下に設置しました。

足元に置いてますが特に邪魔になる事もなく問題なし

そして前後で同じ映像を視聴できるようにAXIS製インターフェイスアダプターを使用し純正モニターにも映し込み

操作は純正メニューボタン長押しで純正映像から外部映像に変わり、TVチャンネル切り替えもモニター内のアイコンで切り替えでき使い勝手も良好

これで純正モニターでナビゲーションを使用しながら、リヤでTV・DVDの視聴が出来ますのでご家族の方も満足頂けたかと思います

 

今回は完成まで多少時間が掛かりましたが、何とか年内納車する事ができお客様にも大変喜んで頂く事が出来ました

この度はご用命を頂き誠にありがとうございました。

例の写真は改めて送りますのでもう少しお待ちください

そんなこんなで今年最後のブログになりますので、本年も誠にありがとうございました。

皆さま良いお年をお迎えください

ご注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから

 

 

 

 

 

フェラーリ 488スパイダー×MANSORY ガラスエンジンボンネット・Capristo カーボンパーツ

こんばんは、シノハラです

さぁ今年も明日、明後日で営業も終わっちゃいますよ!

本日ご紹介するお車はコチラ!!!

フェラーリ 488スパイダーでございます!!!

コチラのお車は前回まではグロスブラックだったのにマットブラックにラッピングされておりました!!

前回はブリリアント インコネル製マフラー等を取り付けましたが今回取り付けたのはコチラ♪

MANSORY ガラスエンジンボンネットを取り付けました!!!

よくCapristoのガラスエンジンボンネットは宣伝しておりましたが実はMANSORYからも出ていたんですよね~♪

Capristo↓↓↓

MANSORYはガラス3枚が装着されていてデザインもカッコイイですよね♪

Capristoのスタイリッシュなデザインも良いです♪

ガラスにはEマークが付いておりますので品質も問題なし!!

ガラスボンネットにすると欠かせないのがエンジンルーム!!

ボンネットを開けると

贅沢にもCapristo ロックカバー&エアボックス セット・モーターコンパートメントサイドカバーのフルカーボンセットで取り付けして頂きました!!

ボンネットを閉めても見えるカーボンがたまりませんね♪

そしてCapristo タンクキャップを取り付け致しました!!

全ての後付けカーボンは元々装着済みの純正カーボンパーツが平織カーボンなのでMANSORY・Capristo共に平織カーボンでオーダーしております!!

完成♪

今回もご用命頂き誠にありがとうございました!!

ご納車の際に追加でMANSORYとNOVITECパーツのご注文も頂きましたのでまた来年も楽しみな1台です♪

皆さま!2019年もどうぞ宜しくお願いいたします!

それでは良いお年を

ポルシェ 991.2 ターボS 後期 BCforged ホイール交換&KW HASダウンサス ローダウン カスタム!!

アサイです。

本日から通常ブログ再開です

御紹介させて頂くのは、ポルシェ991.2ターボS後期!!ポルシェ 991 ターボ ホイール ローダウン

ノーマルでも十二分にカッコ良い御車ですが、「ホイール変えて車高下げたい!」とのご依頼

確かによく見ると万人向けの為か、若干車高が高めであります。

しかーし、最新のポルシェターボS!カーボンブレーキにセンターロックときたもんだから、そもそも選べるホイールメーカーが限られます

さらに、極力ディーラー入庫出来るオフセット(インセット)サイズで、納期は早目が希望とのこと、、、

という訳で数メーカーを提案した上で、BCforgedに決めて頂きましたポルシェ 991 ターボ ホイール ローダウン

車高はKW製HAS(ハイトアジャストスプリング)にてローダウンポルシェ 991 ターボ ホイール ローダウンポルシェ 991 ターボ ホイール ローダウン
PASMにもPDCCにも対応している車高調タイプのダウンサスです

最後に4輪アライメント測定・調整を行い、

完成ポルシェ 991 ターボ ホイール ローダウン ポルシェ 991 ターボ ホイール ローダウン

ノーマルと比べると迫力が全然違うのが分かって頂けると思いますポルシェ 991 ターボ ホイール ローダウン ポルシェ 991 ターボ ホイール ローダウン

ホイールはノーマルの20インチから21インチにサイズアップ。
デザインはHCS02、FINISHはBrushed DISK&RIMを選択。もちろんJWL認証ですので安心してお使い頂けますポルシェ 991 ターボ ホイール ローダウン

フロント9J×21インチ、リア12J×21インチに、コンチネンタルスポーツコンタクト6 255/30-21 325/25-21を組み合わせもちろん空気圧センサーも装着しております。

ポルシェ 991 ターボ ホイール ローダウン

車高は前後約20mmのダウン幅にセッティングしました。フロントはこれでほぼ限界の下げ幅となります。ポルシェ 991 ターボ ホイール ローダウン

最低地上高9cmも確保OK

シルバーボディも非常に綺麗で、個人的にドストライクな仕上がりとなりました

今回も御用命頂き誠に有難うございました!

それではポルシェ 991 ターボ ホイール ローダウン

 

ご注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから

 

ドイツ出張報告 MANSORY & TechArt編

アサイです。

本日でドイツ出張日記は最後です

BRABUS、ABTに続き訪問したのが、ご存じ”MANSORY”

ニュルンベルクから1時間ほどの場所に位置しています。今年は晴れて良かった(笑)

ショールームでは新型ファントムがお出迎え

しかしデカイ!イカツイ!

ホイールが24インチでも普通に見えるところが恐ろしいです

横にはカーボンボディのアヴェンタドール&アヴェンタドールSを展示。

アヴェンタドールSにはクラッシュカーボンのボディキットが装着されていました。

外にはベントレー ベンティガ&コンチGTに、

メルセデスベンツ GLSが沢山止まっていました。

本当はファクトリー内をお見せしたいのですが、完全撮影NG

あんなクルマやあんなクルマが作業中でした。すべてはジュネーブモーターショーで披露されるとのことです

 

続いてTechArt社に訪問
流石ポルシェ一筋のメーカーだけあって、ポルシェAGと同じくシュトゥットガルトに本社を構えております。

ショールームには最新の991の他、世界中で高騰しているクラシック(ヤングタイマー)ポルシェも展示されていました。 928自体は不人気なクルマでしたが、928GTSは珍しいですネ。

作業もクラシックポルシェが多いんだとか。実際ファクトリーにも930ターボに944ターボ、

内装張り替え中の930ターボタルガ?(珍しい!!)が作業中でした。

もちろん最新の991ターボ後期も作業中!今からGTstreetRキットを装着していくとのこと。

テックアート製マフラーはちゃんとeマーク認証されており、日本でも車検対応となります。

こちらは内装工場。

ステアリングやシートなど、職人が手作業で仕上げて行きます。

その仕上がりは非常に綺麗で、メーカー注文出来ない部分については地元のディーラーからも引き合いがあるくらいです。

流石に内装張り替えは日本からだと車輌送らないといけないので難しいかも

ただ、ステアリングなら日本からも購入可能です

そして今回は初めてカーボン工場も拝見させて頂きました。

基本的には他メーカーと同じく、カーボンを型に貼りつけし真空状態にしてオーブンで焼いていきます。

型は一部カーボン型も使用しております。カーボン型は非常に高価ですが、経年劣化が少なく、クオリティの高いカーボンパーツを製作することが可能です

 

と言う訳で、あっと言う間にドイツ1週間の出張が終わりました。

1週間での走行は2151キロ!ひじょーに疲れました

 

もっと詳しい内容は、ボンドツアーにてご紹介しますのでお楽しみに!!

※今年の正月はボンドツアー書かないといけないな、、、

 

それでは

ご注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから