MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • MS-Design
  • STARTECH
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • end.cc
  • Next innovation
  • NOVITEC-ROSSO
  • ARTISAN SPIRITS
  • ADV.1 Wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • TSW WHEELS
  • BC Racing
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

2019年 7月 の投稿一覧

G20大阪サミット送迎車! & メルセデスベンツ S400hご納車!!

アサイです。

皆様ご存知の通り6月末、大阪ではG20が開催され世界各国から多くの首脳・要人が来日しました。
そこで職業柄、気になったのが各国の送迎車!

各国の代表は日本で何のクルマに乗っていたのか調べてみました

 

アメリカはいわずもがな超有名な通称「ビースト」!!
※画像はyoutubeより拝借

ちなみにアメリカの車列は50台くらいあったそうですw

 

そしてサウジアラビアは、ベンツSクラス3台(内一台はマイバッハ)+ゲレンデ4台!!
とってもベンツが好きな様です

ちなみによく見てみると、ベンツ後期Sクラス2台は外交官ナンバー(サウジアラビア所有?)
しかもフルスモーク!流石治外法権w

ゲレンデ4台とマイバッハはナンバーからしてレンタカーの様でした。

 

続いてロシア。

一体何のクルマ??

こちらの御車、「アウルス・セナート」と呼ばれ(通称名カルテシュ)、ロシアの複数の自動車メーカーが共同で開発したリムジンらしいです。

一瞬、RRゴー○トに見えましたw

ちなみにショート版とワゴン版もありますwww

 

中国も自国のクルマを持ち込んでいました。

第一汽車が製造する高級車ブランド「紅旗」のL4というモデルとなります。

ちなみに後ろのクルマはチェ○キーに見えますが、北京汽車のBJ90というモデルの様ですw

 

日本と友好国であるトルコはマイバッハ2台。外交官ナンバー(?)なのでおそらくトルコ所有の車でしょう。

 

 

そしてドイツ、カナダ、フランス、イタリアなどその他の国々(20か国以上)は、品川ナンバーの後期Sクラスを使用していました。


ナンバーからして外務省が用意した(所有している?)車両の様です。

このSクラス。普通のショートベースのSクラスに見えるのですが、メディアやネット上では、マイバッハS600ガード(防弾仕様車)と記述している記事が数多くあります。

しかしこのサイドビューを見ると、どう見ても普通のSクラスですし、それだけの予算が通るとは思いません、、、、(S400=約1200万円、マイバッハS600ガード=約7000万円。それが20台以上だと、、、)

どうみても短い、、、

こちらは本当のマイバッハS600ガード

ちなみに、「伊勢志摩サミットに使用された車両と同じ」との話もありますが、見て分かる通り上記Sクラスは後期モデル(2017年8月発売)。伊勢志摩サミットが開催されたのは2016年5月ですので、これも間違いです。(実際に当時の写真を見ると前期Sクラスでした)

 

ちなみに我が日本の安倍首相はレクサスLS600でございます

 

という訳で、アメリカ、中国、ロシアは大国の意地なのか自国メーカー車持ち込み。
その他の国々はメルセデス・ベンツ。日本はレクサスという結果になりました

個人的にはやっぱり、アメリカのビーストを見たかったです(笑)

 

さてさて本日ご紹介するのは、世界中のVIPに愛されるW222 Sクラス

S400hエクスクルーシブを馴染みのお客様にご購入頂きました

当初「会社のクルマ買い替えたいんやけどAMG C43とか無いの?」とご来店されたのですが、Cクラスは無いですがSクラスなら有りますよ!と勧めると、「じゃあSクラスでいいわ!」とご成約頂きましたwww

しかし、「あ、ノーマルが良いから全部純正に戻しておいてや」ということで、まさかのノーマル戻しw

ホイールに車高、ドアバイザーに室内の装飾品など全て取り外しさせて頂きました

その上でディーラーにて保障継承を行い、ガラスコーティングでピカピカ仕上げ

無事に納車させて頂きました

今回もご用命頂き誠に有難うございました!!

 

という訳で本日はG20各国の送迎車一覧&S400hご納車でした!

やはり世界中でメルセデス・ベンツは人気の様です

それでは

 

注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから

C190 AMG GTC×BCforged、GTRウイング、KW、LUTHEN!!

こんにちは

オカです

今日はアサイ店長がお休みなので代わりにブログ書いちゃいます

今日ご紹介させていただくお車は・・・

早速完成写真ですがコチラの格好良く仕上がったC190 AMG GTCでございます

お客様は当初買取査定でご来店いただきましたが、あれよあれよとカスタムの話になりましてwww

今回は純正オプションって言われても分からないような仕様を目指してみました

早速詳細を説明させていただきます

フロントバンパーのセンター部分と左右ダクトのフィンはメッキパーツだったのでグロスブラックにペイント

パナメリカーナグリルのペイントも考えましたが、せっかくの後期モデルの特徴ですのであえてペイントせずそのままにしてみました

フロントフェンダーのメッキフィンはLUTHENのカーボントリムに交換

ドアミラーカバーは純正オプションのカーボンミラーカバーは片側20万円超えというビックリプライスでしたので、コチラもLUTHENカーボンドアミラーカバーに交換

ドアハンドルとウインドウモールもグロスブラックにペイントしております

サイドスカートのメッキモールもグロスブラックにペイントし、リアフェンダーの純正プロテクションフィルムの黄ばみが汚いので剥がしてロッカーパネルフルでプロテクションフィルムを施工しております

さらにリアディフューザーのメッキトリムとマフラーカッターもグロスブラックにペイントしております

そしてリアウイングはAMG GTRカーボンリアウイングを装着

AMG GTRのリアウイングには、

センターマフラーもありますので、本来下にあるバックランプがウイングの土台に埋め込まれております

今回はスッキリさせようという事で、

スムージングしちゃいました

リアバンパー部分にもダクトがありますので、この方がスッキリします

「純正オプションのリアウイングなんです」って言われても分かりませんwww

もちろんアサイ店長のコーディングの師匠にリアウイング上下キャンセルコーディングもしていただいております

さらにホイールはBCforged RS40をフロント20インチ、リア21インチでセット

コチラも純正オプションっぽくワンピースでセンアーキャップはベンツにしております

ちなみにAMG GTCは空気圧センサーが付いておりますが、フェラーリやランボルギーニと違ってセンサーとエアバルブが分解できない構造になっており、しかもバルブがシルバーなんです・・・

今回の仕様でそれはありえないって事でマットブラックにペイント、さらに締め付けるバルブカバーもブラックのものに変更しております

そして車高はKW ハイドロリックリフトシステムでローダウンしました

油圧式リフターシステム付きのモデルになりますので、

室内に設置しましたコチラのスイッチを押すと、

この車高から、

約20mm車高が上がります

元々室内やラゲッジスペースの少ないAMG GTCですが、オイルタンクやコンプレッサーをエンジンルーム内に設置しますので、室内やラゲッジスペースを犠牲にする事もありません

あっ、もちろんマーヴェラス 低ダストブレーキパッドも交換済みです

最後にkiramekiボディコーティングでぴっかぴかにして作業完了です

お客様にはお待ちいただきましたが、「全然ノーマルと違いますね格好良くなりました」と喜んでいただけました

いつもいつもご用命いただき、誠に有難うございます

今日ノーマルパーツの引き取りに来て頂きましたが、「アレとアレも気になるんですよね~また調べといてください」とまだまだ進化していきそうな予感ですwww

また明日もお待ちしておりますね~

それでは今日はこのあたりで・・・

オカでした

 

注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから

W463A G63 AMG×Edition1ホイール・本国4本出しマフラー

こんばんは、シノハラです

本日ご紹介するお車はコチラ!!

W463A G63 AMGでございます!!

最近ホントーに問い合わせの多いお車です!

それぐらい弄りがいがあるお車なんですね♪♪

コチラのお客様は前回もW463 G63に乗られてて乗り換えるということでご入庫頂きました!!

ディーラーでご納車後にそのままピットインなのでほぼ新車状態です♪

今回取り付けたのはEdition1ホイール 22インチ!

ホントにゲレンデによく似合うホイールですね!!

純正品なのでディーラーには一切文句は言われません(笑)

でも最近このホイール、ディーラーで取り付ける方もいるんですよね…

そもそもディーラーで付けた場合の金額は?

はたまたディーラーだったら納期は??

ボンド大阪の方が安いの?納期は早いかも?

えっ!即納可能??笑

一度お問い合わせください(笑)

そして本国4本出しマフラーもお取り付け♪

音は同じですが、見た目はやっぱ4本出しに限るますよね~♪

何度も言いますが車検は対応しております!!!

このブログ↓↓↓で浅井店長が言ってますので間違いありません!!笑

http://bond-diary.jp/osaka2/2019/02/04/mercedesbenz/17841

完成♪

今回はご用命頂き誠にありがとうございました!!

コチラのマフラーとホイールの2点セットは欠かせないですねー

お問い合わせお待ちしております♪♪

それでは

 

注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから

Lamborghini Aventador S×ANRKY Wheels、MANSORY、Novitec!!

こんにちは

オカです

今日はなかなか強烈なお車をご紹介させていただきます

ランボルギーニ アヴェンタドールSをフルノーマルから一気に仕上げさせていただきました

今回は「かなり手を加えているがそこまでごちゃごちゃさせずにスッキリした仕上がり」を目標にお客様と相談して完成させました

早速ご説明させていただきます

まずフロントバンパーには、ノビテック フロントスポイラーリップ

ノビテック フロントスポイラーアタッチメント

ノビテック フロントストラットの3点セットを装着

さらにフロントフルでプロテクションフィルムを施工

ノビテックのカーボンパーツもワンオフでプロテクションフィルムを施工しております

さらにボンネットの後部にノビテック エアーアウトレットを装着

もちろんボンネットと一緒にプロテクションフィルムを施工

ドアミラーカバーもノビテック ミラーカバーセットを取付

サイドスカートはノビテック サイドパネルセット

サイドにダクトが入っておりますが、そこまで厳つくないデザインでしたので気に入りました

リアホイール前のダクトにもノビテック サイドパネルインサートを装着

さらにキズが入りやすいのでロッカーパネル全体にプロテクションフィルムも施工しました

リアフェンダー部分にはノビテック サイドウインドウ用エアーインテークセットとマンソリー サイドエアインテークをセットで取付

リアウイングは「でかいウイングは派手やからちょっとねー」という事でマンソリー リアスポイラーを装着して、なぜかリアウイングに飛び石が良く当たりますのでプロテクションフィルムも追加で施工しております

被せではなくてウイングごと交換できますので、リアウイング裏もカーボンになっており軽量化にもつながります

そしてリアディフューザーはマンソリーに交換

純正に比べてフィンが多くなっており、下回りですがインパクトがあります

もちろんマフラーも交換してマフラーエンドはマットブラックをチョイスしております

そしてホイールは最近大阪でもオーダーいただくことの多いANRKY

今回はAN21をブラッシュドグロスガンメタ、ハードウェアは50/50でグロスブラック仕上げにしております

ツラ具合も綺麗なツライチです

フィニッシュはかなり悩みましたがカーボンの色に合わせてブラッシュドグロスガンメタにしましたので、そんなにゴチャゴチャせず綺麗にまとまりました

車高はHNSロワリングロッドにてローダウン

他にもキーペイントやデイライトモジュール、ヘッドライトバルブ交換などさせていただき完成です

ブラック、ガンメタ、グリーンの3色でシンプルかつ格好良く仕上がりました

お客様にもかなり喜んでいただき、「オカさんに任せてよかった~格好良くなった」とお褒めのお言葉いただいちゃいました~

遠方よりお任せいただき、誠に有難うございます

納車の時にお昼ご飯ご一緒させていただきましたが、オカの前職が水族館スタッフって事にかなり驚かれてましたwww

コレで完成・・・と思いきや追加オーダーいただいちゃいました

またパーツが揃い次第取り付けさせていただきますね~

 

それでは今日はこのあたりで・・・

オカでした

 

注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから

BMW F90 M5 ローダウン・マフラー・ホイール・カーボンパーツ取り付け

こんばんは芦田です。

本日ご紹介いたしますお車は、先日ご納車させて頂きましたこちらのBMW F90 M5のご案内

まずはローダウンという事で、純正ショックをそのまま使えるKW HAS(ハイトアジャスタブルスプリング)を取り付け致しました。

作業はサクサクっと手際よく進み難なく完成

今回はお客様のご希望で、低すぎない程度にほどほどのローダウンで調整致しました。

また装着致しますホイールは、BCフォージド HCS02 フロント10.0×21 リア11.0×21

組み合わせるタイヤは、最近人気のミシュラン パイロット スポーツ 4S フロント275/30-21 リア295/30-21

そして仕上げはオールグロスブラックで、ホイールボルト・エアバルブまで真っ黒仕様

出面は純正のフェンダーモールが付いているので、これでも安心のディーラーOKセッティング

今回はあえてフェンダーモールを残してますが、外せば面具合もツラツラで良い感じになります

そして安定のコンケーブ具合で、このアングルがたまりませんね

また当初ブレーキキャリパーペイントをイエローでご用命頂きましたが、ご相談の結果ゴリ押しでプラッティングシルバーに変更させて頂きMロゴも一から作成し再現致しました

そしてM5を更にパワーアップという事で、まずはこちらのグループM RAM-AIRシステムとオカダプロジェクツ プラズマダイレクトを取り付け

取り付け後は、点火の効率アップと吸入空気量が格段に増えてパワーアップ

またカーボンパネルも非常に作りがよくエンジンルーム内のドレスアップにもなりますね

そしてマフラーは、AKRAPOVIC(アクラポビッチ)Evolution Lineを取り付け致しました

まずは純正マフラーを取り外しますが、どこにでも出てくるオカ君がメインで作業を進めます

アクラポビッチはフィッティングも良く取り付けは難なく完成

また今回はオプションのサウンドキットを追加いたしましたので、こちらのリモコンで純正機能はそのままで簡単にマフラーのバルブを開閉する事ができます

そして外装パーツにうつりまずはフロント廻りから

エアロは3Dデザイン カーボンリップスポイラーと純正カーボンキドニーグリルを取り付け致しました。

またカーボンボンネットバッチとM5エンブレムは、スモークペイント施工しトーンダウン

さらに3Dデザイン カーボンフェンダーダクトと純正カーボンフェンダーグリルのコラボレーションでフルカーボン化

そしてサイドスカート・リアディフューザー・トランクスポイラー共に3Dデザインで統一し、テールライトとエンブレム類をキャンディースモークペイント致しました

3Dデザインのディフューザーとアクラポヴィッチのカーボンテールエンドの相性もバッチリ

さらにシフトレバーを純正カーボンシフトパネルに交換致します。

交換にあたってはシフトレバーを分解する必要があり、細かなパーツだけに作業は少し難ありでしたが純正品だけにフィッティングはバッチリ

そして最後にステアリングホイールカバーをMパフォーマンスのカーボンカバーに交換し、パドルシフトはこれまた3Dデザインを取り付け

交換後は普段目に付く箇所だけに満足度も多く、パドルシフトもワンサイズ大きくなり操作性も格段にアップ致しました

完成後はお客様にも大変喜んで頂くことができ無事にご納車する事が出来ました。

しかしご納車直ぐに「このパーツ付けたいから調べといて~」と宿題をもらい、結果インパクトあるパーツを追加でご注文頂き完成が非常に楽しみな一台となりました

パーツ入荷までもうしばらくお待ち下さいませ

この度はご用命を頂き誠にありがとうございました。

そんなこんなでまた来週

注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから