MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • TOPSUN
  • MS-Design
  • STARTECH
  • REVOZPORT
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • NOVITEC-ROSSO
  • ADV1 Wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

お知らせ

ハミタイ、サイド出しマフラー合法化!!保安基準改正!!!

アサイです。

いきなりですが、大・大・大ニュースです!!

平成29年6月22日、独立行政法人「自動車技術総合機構」は審査事務規定の一部改正を行いました(第11次改正)
※自動車技術総合機構とは、国土交通省所管の独立行政法人。主な仕事内容は自動車検査における保安基準適合性審査。つまり日本の車検制度を取り仕切っている機関です。(簡単に言うと陸運局の親玉)

○道路運送車両の保安基準の細目を定める告示(平成14年国土交通省公示第619号)等の一部改正に伴う改正
・タイヤのラベリング等の厚みの部分については、タイヤ突出禁止規定の対象外とします(7-26、8-26)
・排気管について、開口方向に係る基準を廃止します。(7-60、8-60)

え?何のことか分からない??
簡単に申し上げると、

・フェンダー前30度、後50度のタイヤハミ出しについて、10mmまでは合法!!
・ゲレンデ本国マフラーなどのサイド出しマフラー(角度30度以上でも)合法!!

我々がず~っと意味が無いと言い続けていた保安基準が改正され、遂に合法化されました!!

※私の車検に関するブログは下記参考ください↓↓
http://bond-diary.jp/osaka/sb.cgi?eid=1726
また雑誌eS4でも保安基準改正について提唱してきました。※2016/11月号

過去に、御客様がディーラー入庫した際
「あ~、これタイヤがフェンダーから数ミリハミ出しているので、入庫出来ませんね」や
「あ~、これゲレンデ本国マフラー付いているので入庫出来ませんね」と言われていたことが遂に無くなります!!全て合法です!ハミタイやサイド出しマフラーでディーラーに入庫拒否される理由は無くなりました!

歴史的な改正です!昨年10月のデイライト解禁に続き、国土交通省やってくれました!!

嬉しくて仕方ありません*\(^○^)/*

ですが、疑り深い性格のワタクシ”アサイ”、自動車技術総合機構の検査部・検査科に電話し、自分の解釈に間違いないか確認を行いました(笑)

①まずはタイヤのハミ出しについて。(7-26、8-26車枠及び車体)

7-

車軸中心を含む鉛直面と車輌中心を通りそれぞれ前方30°及び後方50°に交わる2平面によりはさまれる範囲の最外側がタイヤとなる部分については、外側方向への突出量が10mm未満の場合には「外側方向に突出してないもの」とみなす。

相変わらず役人の考える文章は分かり難い(笑)

簡単に言うと、下記図の赤で覆われた斜線部分において、タイヤが一番出っ張っている部分については10mmハミ出しでも良い!とのことです!!

以下、実際に行った質問です。

疑問①
ホイールが一番出っ張っている場合はどうなの?(タイヤを引っ張っている場合など)
⇒最外側がタイヤでは無いので車検NGです。

疑問②
ではタイヤが一番外だけれど、ホイールもフェンダーから出ている場合はどうなの?
※タイヤがフェンダー+6mm出ていて、ホイールはフェンダー+3mm出ている状態(タイヤからは3mm中に入っている)
⇒タイヤが最外側にある部分はホイールがフェンダーから出ていても問題有りません。車検適合です。

疑問③
輸入車によく付いているチビフェンダー(前30度、後50度ハミ出し対策)から10mm?それともボディ本体から10mm?
※新車時などから車体にしっかりと取り付けされているモノに関しては、そこ(チビフェンダー)から10mmハミ出していてもOKとみなします。

総じて素晴らしい回答を得ることが出来ました(笑)

 

次に
②サイド出しマフラーについて(7-60、8-60)

これは分かり易いですね!右(旧保安基準)の、マフラー出口は車体から30度以内の角度に規制されているのが、左(新保安基準)では削除されています!
つまりGクラスの本国4本出しマフラーは合法化されました

ちなみにハミ出し(サイドステップなどから)はどうなの?と、これも質問してみました。
⇒マフラーについてハミ出し規定はありません。下記図のように、車輌からあまりに突出している場合を除き、常識的に他の交通の安全を妨げるものでない物でなければ、合法とします。

いやいや、竹やりマフラーですやんwww これとAMGを一緒にしないでください(笑)

マフラーメーカーのサイトにも極端に飛び出していないこと、先端がとがっていないもので他の交通の安全を妨げるおそれが無いもの、と明記されております。※柿本レーシングHPより引用

ちなみに下に記載されている、「外装の技術基準」は、ハス切りマフラーなどのことを差しますが、去年10月をもって正式に解除(無効に)されております。

なのでブラバスマフラーも私個人的な見解としては大丈夫だと思います。後ろ側が少し鋭角だとしても、あくまで他の交通を妨げるおそれはありませんので常識的な範囲とみなされるべきでしょう。(eマーク通っていますし、竹やりじゃないしw)
※流石に検査部の方にブラバスマフラーは説明できませんでした(笑)

とまあ、他にもいろいろ聞きましたが、色々検査部検査課の担当者の方には親切・丁寧に回答頂きとても感謝しております!この場を借りてお礼申し上げますm(_ _)m(見てないでしょうけどw)

何度も言いますが、「自動車技術総合機構」は車検制度を仕切っている行政のトップ機関です!ここが言うことが正義であって、保安基準の間違いない見解です

 

ホント、私達が意味不明な保安基準と言っていたモノが次々と改正・合法化され(去年のデイライト・10mmまでのタイヤハミ出し、サイド出しマフラー角度)、国土交通省の人が私達の忖度してくれたのかと思うほどですが(笑)、これは国連の車両等の型式認定相互承認協定によるものです。

車両等の型式認定相互承認協定は、自動車の装置ごとの安全・環境に関する基準の国際調和及び認証の相互承認を推進することにより、安全で環境性能の高い自動車を普及するとともに、自動車の国際流通の円滑化を図ることを目的としています。それに従って近年、国土交通省の自動車局では、自動車の安全基準について、国際的な整合を図りつつ、安全性を向上させるため、順次、拡充・強化を進めています。

簡単に言えば日本だけのローカルルールは撤廃しろ!と言うことですね。

 

という訳で長々と書きましたが、新しい保安基準に関して理解してもらえたと思います。

何の前触れもなく、いきなり発表されたのには驚きましたがw、私達とっては完全に追い風です!

時代が私達にやっと追いついてきました(笑)

これからも保安基準の改正やルールの変更があった場合には理解し案内して、皆様が豊かなカーライフを満喫出来るようお手伝いしていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

それでは!

佐藤琢磨選手おめでとうございます!

アサイです。

今日は朝から嬉しいニュースが飛び込んできました!
佐藤琢磨選手がインディ500初制覇!!

もちろん日本人・いやアジア人初!!

実は朝4時まで見ておりましたが(150週くらい)流石に眠くなり、また順位も10位くらいだったので、「まさか優勝はないな~」と思い寝てしまいました

そして朝起きたらまさかの優勝!!

2012年、優勝まであと1歩のところでクラッシュしながらも、不屈の精神でリベンジ果たした姿勢には本当に感銘を受けました!!

2012年最終ラップでクラッシュした場面は下記参照ください↓↓

 

ちなみにワタクシ、大の佐藤琢磨ファンです(笑)大学時代、イモラサーキット(イタリア)にて佐藤琢磨選手が走るF1を見に行った思い出があります!
※もちろん貧乏旅行、当日チケット購入ですw

イモラーサーキットは表彰式の時に、ホームストレートを開放し観客が一斉になだれ込むという風習があります!!

このながーいホームストレートが、

フェラーリファン(通称ティフォシ)で埋め尽くされます!!私も我先にと飛び出したのですが、ふと横のピットロードを見ると佐藤琢磨選手の姿が!!
※当時佐藤琢磨選手はBARホンダに所属し、当日のレースは4位でした。

周りも気づいて周辺は更に凄いことに!しかし、佐藤琢磨までわずか3Mくらいの距離!!
「タクマー!」と叫びながら必死に手を伸ばしましたが、こちらに気付くことなく何人かにサインして行ってしまいました、、、

とまぁ昔の良い思い出です(笑)

こんな感じなので、私が朝どんなに嬉しくて興奮したか分かってもらえると思います

て、業務と全然関係ないネタですいませんm(_ _)m

 

あ、今日はこれだけです(笑)それではまた

 

スタッフ募集のお知らせ!

ボンド大阪では現在、業務拡大によりメカニックスタッフ、及び車輌販売スタッフを募集中です!!

自動車大好き!輸入車大好き!!改造大好きな人の応募お待ちしておりますem_smile1

 

デイライト合法化!

アサイです。

この度、道路運送車両の保安基準が改正され、デイライトが遂に合法化されました!

以下、国土交通省のリリース資料からの抜粋になります。

今般、国連欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラム(WP29)第168 回会合において、「デイタイムランニングランプ(昼間走行灯)に係る協定規則(第87 号)」について新たに採用することとしました。

(2)昼間走行灯に関する基準の導入
昼間走行灯について、「デイタイムランニングランプ(昼間走行灯)に係る協定規則(第87 号)」を新たに採用し、以下のとおり基準を新設します。
【適用範囲】
○ 自動車(二輪自動車、側車付二輪自動車、三輪自動車、カタピラ及びそりを有す
る軽自動車、大型特殊自動車、小型特殊自動車並びに被牽引自動車を除く。)
【改正概要】
○ 灯光の色及び明るさ等に関し「デイタイムランニングランプ(昼間走行灯)に係る協定規則(第87 号)」の要件に適合し、かつ、取付位置及び取付方法等に関し「灯火器の取付けに係る協定規則(第48 号)」の要件に適合する昼間走行灯を備えることができることとします。

Ⅱ.装置型式指定規則の改正
「デイタイムランニングランプ(昼間走行灯)に係る協定規則(第87 号)」の採用等に伴い、以下の改正を行うこととします。
【改正概要】
○ 特定装置の種類について、昼間走行灯を追加します。
○ 「デイタイムランニングランプ(昼間走行灯)に係る協定規則(第87 号)」に基
づき認定された昼間走行灯について、型式指定を受けた装置とみなすこととしま
す。

施行日 平成28年10月7日※実は去年に改正されていましたwww

上記は国連の「車両等の型式認定相互承認協定」(以下、相互協定)に基づく規則(以下、協定規則)で採択された「デイタイムランニングランプ(昼間走行灯)に係る協定規則(第87号)」(以下、R87)に則ったものです。R87ではDRLは白色の光で、その光度が400〜1200カンデラと定められており、その他、細かい規定に適合したDRLには国連欧州経済委員会(UNECE)の「車両等の型式認定相互承認協定に基づく型式認証マーク」(通称、Eマーク)が与えられています。基本的には日本で販売される全ての欧州車のヘッドライトに上記Eマークが付いておりますので、デイライトが合法化されたわけです!国際基準に適応するため、やっと日本の法律を改正したってことですね。

ちなみに、最近マフラーなども厳しくなるなど言われていますが(平成28年10月施行)、全く持ってデマ情報です(笑)考え方によってはむしろ緩くなります。中身としては、全車一律の近接騒音は撤廃され、その車輌の元々の音量+5db以下が基準値となります。ここで「+5db以下なんでかなり厳しい!」と思って間違った情報が流れたとのだと思いますが、そもそもeマーク付マフラーは+5db以下の基準で検査合格しております。海外のマフラーは音量はそのままに音量で変化を付けているのです!よってeマーク付マフラーは今後近接騒音など関係なく、全て合法扱いです!今まではeマーク付車輌であっても近接騒音不適合のマフラーも中にはありました(過去ディーラーで指摘された実例ありw)これも日本の道路交通法が国際基準に合わせた例ですね! ※eマーク付以外はそもそも車検適合外です(国内メーカーはJQR、JATA等認証必要)

ま、今後はデイライトがメーカー標準装備となり、私どもの売り上げは減るかもしれませんが(笑)、車社会全体、そしてオーナー様にとっては良いことです。

私どもは何もディーラーやメーカーと敵対するわけでなくクルマを改造しているのではありません。御客様が気になるところ、御客様が差別化を出したいところ、御客様がもっとクルマを好きになるように、出来る範囲でお手伝いしているだけです(たまにやり過ぎることがありますがwww)なので、商売は置いといてクルマ社会全体にとって良いことであれば私達も嬉しい限りです。
なのに最近のディーラーや陸運局ときたら、重箱の隅をつつくような指摘など、「まるで本質が分かっていない!」と感じることがあります。
ただ弊社のことを理解して頂けるディーラー様も増え、以前より良い御付き合いをしているディーラー様も増えてきました!これは本当に感謝しております。

今後も良き輸入車ライフのお手伝いが出来るように、頑張っていきたいと思います。

長文失礼しましたm(_ _)m

あ、明日から台湾の為、不在にします

それでは

 

春のイベント告知!

アサイです。

4月になってもまだ肌寒い日々が続きますが、自動車関連のイベントは目白押しでございます!!
という訳で弊社のスケジュールと合わせて紹介します

4/16(日)はセントラルサーキットにてユーロカップ参戦弊社敏腕メカニックことケンタがいておりますので、行かれる方はお声かけ下さい

4/17(月)~4/21(金)はワタクシ、台湾AMPA「台北国際自動車部品及びアクセサリー見本市」へ出張

4/29(土)はお台場にてインプ・スーパーカニーバル
※大阪は5/14(日)に舞洲で開催
なんと今年は東京と大阪ダブル開催www

4/30(日)は富士スピードウェイでモーターファンフェスタ

お台場と富士スピードウェイは2日連チャンで関東組に頑張ってもらいます(笑)

あ、あとGW営業は致しますが、5/3(水)と4(木)の2日間はピット内工事の為、作業はお休み致しますのでご了承くださいm(_ _)m

という訳で、春はイベント多し!!
皆様も時間があれば遊びに来てくださいね!

それでは