MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • TOPSUN
  • MS-Design
  • STARTECH
  • REVOZPORT
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • end.cc
  • NOVITEC-ROSSO
  • ADV.1 Wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

マセラティ

レヴァンテS完成!!

アサイです。

本日ご紹介するのはマセラティ・レヴァンテS!!
Z002 (2).JPG
いつもお世話になっている御客様より「納車になったから持っていくね~」ということで作業スタートem_c_hand

この御客様も何かイジらないと気が済まない方です(笑)

まずは前後にマセラティ専用スペーサー装着!
Z060.JPGZ061.JPG
フロント12mm、リア15mmスペーサーを装着致しましたem_c_hand
フェンダー+10mmハミ出しまでOKになりましたので、全く問題無く車検対応ですem_smile1
※規制変更前はリア50度が少し厳しかったです

そしていつも装着しているマーベラス製低ダストブレーキパッドに交換em_ideaZ055.JPGZ056.JPG
レヴァンテは適合がありませんので、現物張り替えで対応です。※納期は約1週間ほど掛かります

そして預けるついでに!ということで、純正ホイールペイント仕上げem_goodem_good
Z054.JPG
サイドにガンメタ、表面切削の2TONE仕上げでしたが、清くガンメタ一色の仕上げとしましたem_smile1
もちろんセンターキャップもガンメタ仕上げとし、トライデントエンブレムはシルバーで残しておりますem_c_hand

続いてマフラー音がモノ足りない!ということで、IID EBMエキゾーストバルブ開閉モジュールを装着em_note
Z062.JPG
純正でもスポーツボタンを押せばオープンとなりますが、これでコンフォート状態でもエキゾーストバルブの開閉が可能になります。

そして少し加速が物足りない!ということで、RACECHIPパワーアップモジュールをインストールem_idea
Z065.jpg
一応数値上は430PS/580Nm⇒526PS/708Nmになりますem_worryingly
ま、実際数値はそこまで出ていませんが(シャシダイ計測実績あり)、2500回転くらいからは20~30%パワーアップしているので、中速~高速域で体感して頂ける商品ですem_c_hand

最後にウィンドウモールをグロスブラックラッピング施工して、
Z086.JPG

完成em_pikaem_pika
※車高は真ん中一個下のローポジションにて撮影
Z049.JPGZ083.JPG

どのパーツも”ツボ”を押さえた純正+αのカスタマイズメニューですねem_smile1
Z067.JPGZ078.JPG

今回も御用命頂き誠に有難うございました!

それではem_p_hand
Z043.JPG

グラントゥーリズモ完成!

アサイです。

本日ご紹介するのはマセラティ・グラントゥーリズモスポーツem_pikaem_pika
Z046.jpg
1ヶ月ほど前に紹介した御車ですが、全ての作業が終わりましたので改めて御紹介しますem_smile1

まずは脚回りから。

純正サスペンション(スカイフック付)を外して~、
Z051.JPG

純正ショックをワンオフ車高調整式に加工!
ダウンサスは専用バネレートの特注品を使用しております。
Z083.JPGZZ082.jpg

フロント約10mm、リア約35mmのローダウン幅としました。
Z087.JPG

続いてマットブラックな純正ホイールは、「もう少し高級感が出るように!」、ということでハイパーブラック塗装em_idea
Z016.JPG
BBSホイールなどのFINISHIの様に、特殊塗装であるハイパー塗装で仕上げてみましたem_goodem_good

普通のガンメタペイントなどより、深みのある仕上がりになりますem_c_hand
Z062.JPG
センターキャップはセンテニアル用(チャコール)を使用。

ツラは前後専用スペーサー(F 21mm/R 30mm)で調整しました。
Z048.JPG

続いてリアにはカーボンリアディフューザーをプラスem_goodem_good
Z035.JPG
縦に入ったフィンが迫力あるリアビューを演出してくれますem_smile1
Z033.JPG

そして一番待ったワンオフカーボンステアリング加工!
ノーマルを外して、Z048 (2).JPG

ワンオフカーボンステアリングを装着!
Z137.JPG

純正レザーはそのままに、上下3箇所をカーボン加工致しましたem_goodem_good
Z139.JPG

カーボンとレザーの境目も綺麗に仕上がっていますem_note
Z150.JPG
※ちなみに加工中は仮ステアリングを装着してもらっていました。

最後にEBMエキゾーストバルブ開閉モジュールを装着して、
Z154.JPG

完成em_pikaem_pika
Z005.JPGZ014.JPGZ027.JPG

加工の品ばかりで、少々時間が掛かりましたが無事完成し、御客様にも喜んで頂くことが出来ましたem_smile1

これでひと段落!と思ったら、またカスタムプランが、、、em_worryingly

という訳で今後の進化も楽しみな一台です!!

今回も御用命頂き誠に有難うございました!!

それではem_p_hand
Z036.JPG

昨日に引き続きMASERATI Ghibli

こんばんは芦田です。

本日ご紹介いたします車両は、昨日に続きMASERATI Ghibliをご紹介いたしますem_goodem_goodDSC_0202.JPG
まずは純正の腰高感が否めないので、今回も乗り心地に定評のあるKW ver3車高調キットを取り付けさせて頂きました。
ただ作業途中の写真を1枚も撮ることができなく・・・em_worryingly
早速ですが交換後がこちらem_noteDSC_0237.JPGDSC_0233.JPG
今回は少し低めに前後バランス良くローダウンさせて頂きましたem_smile1

同時に取り付けいたしましたホイールは、Fuss X5.2 21インチホイールでカラーはマットブラックをチョイスem_c_hand
またタイヤは、コンチネンタル コンチマックスコンタクトMC5 245/35-21  285/30-21の組み合わせ
デザインは細身のスポークで、リアはなかなかのコンケーブ具合em_floppedem_goodem_goodDSC_0234.JPG
また前後スペーサーを取り付けし、絶妙なツライチセッティングem_c_handDSC_0235.JPG
そしてセンターキャップは、マセラティ純正キャップを取り寄せしエンブレム部にワンポイントでレッドラインをペイント施工em_noteDSC_0230.JPG

そして各部ブラックアウト施工という事で、まずはフロントグリル廻りのメッキ部をマットブラックにラッピング施工em_smile1
またグリル内のトライデントエンブレムをホイールセンターキャップと同様にレッドラインを追加em_note
さらにボンネットバッチをキャンディースモークペイントを致しました。DSC_0217.JPG
そしてサイドは、窓枠のシルバー部とドアアウターハンドルをマットブラックにラッピングem_smile1
ドアアウターハンドルは、一旦バラバラに分解して施工しますので細部まで綺麗に仕上がりますem_smile1
DSC_0226.JPG
またフロントフェンダーダクト部もマットブラックにラッピング施工いたします。DSC_0224.JPG
そしてピラー部のトライデントエンブレムも同じようにメッキを残しつつ、レッドラインを入れて統一感を演出em_noteDSC_0228.JPG
そしてリア廻りもトランクリッド部をラッピング施工し、テールレンズは薄目のキャンディースモークペイントを致しましたem_c_hand
DSC_0229.JPG

今回は各エンブレムのメッキはそのまま残し、ヤンチャになり過ぎないよう施工させて頂きましたem_smile1
完成後はお客様にも大変喜んで頂く事ができ、あとは今回間に合わなかったトランクスポイラーの装着を待つのみとなりました。

入荷しましたら直ぐ取り付けに掛かりますので、もうしばらくお待ちくださいem_note

この度はご用命を頂き誠にありがとうございました。DSC_0238.JPGDSC_0240.JPG

そんなこんなで本日はこのへんでem_p_hand

MASERATI Ghibli S&Quattroporte Granlusso!!

こんにちは

オカです

お盆休みも終わって今日からボンド大阪も営業しております

そんな大阪店もお盆休み中にピットがリニューアルしまして・・・

ピットの床をライトグレーにペイントしました

ひび割れやコンクリートが剥がれていた部分もしっかり修理していただきました

あまりの綺麗さにケンタさんも・・・

靴まで脱いでくつろいでおりますwww

朝一みんなで工具を戻してフル稼働中でございますので、皆様からの御問い合わせお待ちしております

 

今日は人気のマセラティをご紹介

まずはコチラ

いつもいつもお世話になっておりますお客様のマセラティ ギブリS

早速イトウさんがバンパーを外しておりますが、ギブリでバンパー外しというと、

ヘッドライトのバルブ交換でございます

今回はベロフ オプティマル6200Kをチョイス

古そうなイメージの黄色い色味から青白い綺麗な色にチェンジです

やっぱり現行車はこうじゃないといけませんね

しかもお土産までいっぱいいただいちゃいまして・・・

いつもいつも本当にありがとうございます

スタッフみんなでペロッといただいちゃいましたwww

ちなみにコチラのギブリSは奥様用ですが、旦那様は991.2 GT3がもうすぐ納車されるそうで・・・

また何でもご相談くださいね

ご用命いただき、誠に有難うございます

もう1台ご紹介させていただく御車はコチラ

意外と大阪店初登場のクアトロポルテ グランルッソでございます

初登場ということで色々チェックしておきましたwww

フロントバンパー形状が大幅に変わりまして、よりアグレッシブなデザインになっております

フロントグリルのフィンはくの字に曲がっており、レーダーセーフティも装着されております

サイドスカートは樹脂部分が無くなったので、定番のシボ取りペイントができなくなりましたwww

リアバンパーは小変更といった感じで、リアディフューザー形状やリフレクターも少し変わっております

まだまだ街中でも見る機会は少ないですが、今後入庫率が高くなってきそうな御車ですね

そんなクアトロポルテ グランルッソに・・・

定番の「ベルトッキ ローダウンスプリング」を装着させていただきました

基本的にグランルッソでも問題無く装着可能で・・・

前後約20mmダウンでさらっとした感じに仕上がりました

馴染んでくるともう少し下がると思います

ローダウンとセットで入れておきたいiiD ワイドトレッドスペーサーでイイ感じのツラ具合に

最後にEBM バルブ開閉モジュールを装着しまして、

完成です

お客様にも「ベタベタに低いのは好きじゃないからイイ感じに下がって良かった」と喜んでいただけました

次回のTVキャンセラーも宜しくお願い致します

今後も宜しくお願い致します

 

ちなみにグランルッソを見ると気になってくるのが前期クアトロポルテのグランルッソ仕様。

もちろんできます

今のところフロントバンパーのみですが・・・

詳しくはグランルッソ仕様をクリック

金額はぜひぜひお問い合わせください

 

それでは今日はこのあたりで

オカでした

マセラティ ギブリ

こんばんは芦田です。

本日ご紹介いたします車両は、パーツの納期待ちなどで少しずつ作業をさせて頂きやっと完成いたしましたこちらのマセラティ ギブリのご紹介em_goodem_goodDSC_0654.JPG

まずは、純正のブレーキパッドでは写真のように直ぐにホイールが真っ黒になってしまいますので、いつものマーベラス低ダストブレーキパッドに交換em_smile1DSC_0653.JPG
早速リフトアップして交換に掛かります。
また一緒に味気ない純正ブレーキキャリパーを赤にペイント施工しインパクトアップem_goodem_good
DSC_0062.JPGDSC_0083.JPG
また純正の腰高感が許せないという事で、乗り心地を犠牲にすることなく好みの車高にセッティングができるKW ver3車高調キットを取り付けem_note
しかしまさかの作業途中の写真を撮り損ねてしまい、隙間からパシャリ・・・em_worryingly
DSC_0264.JPG
交換後は低めにセッティングさせて頂き、前後バランスよくローダウンem_goodem_goodDSC_0281.JPG
そして交換後は、4輪アライメント診断を行いズレた数値を補正いたしますem_c_handDSC_0265.JPG

そして既に写っていますが、やっと入荷しましたこちらのハイパーフォージド HF-C7 フロント9.0×22 リア10.5×22
また組み合わせるタイヤは、ピレリ P-ZERO NERO GT フロント245/30-22 リア295/25-22の組み合わせem_noteDSC_0282.JPG
今回の仕上げは、DISK/スタンダードブラッシュド Rim/ハイポリッシュと王道の組み合わせem_pikaem_pika
この仕上げは飽きのこない組み合わせで、高級感も演出出来ますので間違いありませんねem_smile1
またセンターキャップは純正を新たに取り寄せし、トライデントエンブレムがワンポイントとなり良い感じem_moodDSC_0284.JPG
そして出面もパツパツセッティングとし、お客様好みに仕上げさせて頂きましたem_noteDSC_0279.JPG

また純正のサイドスカートの樹脂部をシボ取り同色ペイントし、こちらも高級感アップem_goodem_goodDSC_0285.JPG
そしてリア廻りは、ベルトッキ カーボントランクスポイラーを取り付けem_note
少し大きめのデザインで、ギブリのボテっとしたリア廻りに良いアクセントとなりますem_floppedDSC_0286.JPG
またリアバンパー下もシボ取りペイントを施工し、中央部をマットブラックに塗り分け致しましたem_c_handDSC_0280.JPG

さらにパワーアップアイテムとして、こちらもベルトッキ シフトECU+アクセルレスポンス向上ECUを取り付けいたしましたem_c_handDSC_0073.JPG
取り付けはエンジンルーム内のECUに各配線を割り込ませ行いますが、配線の数が多くまたスペースも狭いので以外に大変em_worryingly
しかし取り付け後は、出足の加速も大幅に変化しまたシフトの繋がりも早くなりノーマルとの違いは歴然で、ギブリの出足の鈍さに不満がある方などにはオススメですem_note
DSC_0069.JPG
そして同じメーカーのベルトッキセンターマフラーとEBMバルブ開閉モジュールを取り付けさせていただき、バルブを開くと気持ちの良い快音を奏でてくれますem_noteem_noteDSC_0075.JPG

最後に各バルブをLEDバルブに交換させていただき、また純正のアクセル・ブレーキ・フットレストペダルを取り寄せ交換させて頂きましたem_smile1DSC_0289.JPGDSC_0287.JPG

こちらのお客様は、ご相談を頂き何もかも即決でご注文いただき男気溢れるお客様em_goodem_good
各商品揃うまで大変お待たせいたしましたが、完成後はお客様にも大変喜んで頂く事ができました。

この度はご用命を頂き誠にありがとうございました。
DSC_0291.JPG

そんなこんなで本日はこのへんでem_p_hand