MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • MS-Design
  • STARTECH
  • REVOZPORT
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • end.cc
  • Next innovation
  • NOVITEC-ROSSO
  • ADV.1 Wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

ランボルギーニ

更にウラカン2連発!!

アサイです。

本日も昨日に引き続きウラカンDAY(笑)
ZDSC_0975.JPG
まずはいつもお世話になっている御客様のウラカンLP610-4em_pikaem_pika

こちらの御車にはMIBカーボンインテリアキットを装着させて頂きましたem_goodem_good
構成パーツはドアノブ2PC、エアコンダクト4PC、メーターフードカバーとなります。
ZDSC_0943.JPGZDSC_0949.JPGZDSC_0969.JPGZDSC_0971.JPG
上から貼り付けるタイプとなりますが、フィッティングもバッチリ!!

そしてオリジナルカーボンステアリングを装着させて頂きましたem_note
ZDSC_0959.JPG
MIDカーボンパネルとの相性もパッチリem_flopped
ただしまだ参考商品の為、正式発売まではもう少し時間が掛かりますのでご了承くださいm(_ _)m

今回も御用命頂き誠に有難うございました!!

そして、遂に登場!
Z186.JPG
ウラカン・ペルフォルマンテem_flopped

いつもお世話になっている御客様が購入されてそのまま入庫(笑)
IMG_8252.jpg

まずはレーダー取り付けから開始em_c_hand
Z022.JPG

ドライブレコーダー一体になったユピテルZ810DRを装着させて頂きました!
レーダー画面はエアコン吹き出し口上に、
Z200.JPG
カメラはバックミラー裏、
GPSはメーターフード内に設置しました。
Z202.JPG

そして、鉄板のプロテクションフィルム施工!!
フロントバンパー&ヘッドライト&ボンネット&フェンダーに、
Z190.JPG

バンパーマットブラック部分もキッチリ施工。
センターのクラッシュカーボンにも施工済em_idea
Z195.JPG

ちなみにこれが欧州で流行り出したクラッシュカーボン。
ランボルギーニはFORGED COMPOSITEと言うらしい。
Z231.JPG
カーボン繊維をグシャグシャにして混ぜてオートクレーブ内で圧縮して製作します。その為、同じ模様を2度と作れないのが特徴(笑)

続けてサイドはドアミラーにAピラー、そしてフロントウィンドウにもクリアプレックスを施工。
Z196.JPG

あとはドアエッジなどを施工させて頂き完成ですem_pikaem_pika
しかし本当に近くで見ても施工しているのが分かりませんem_worryingly
Z191.JPG

全ての作業が終わり完成em_pikaem_pika
Z188.JPGZ227.JPG
最後少し驚きのハプニングがありましたが無事納車em_worryingly

今回も御用命頂き誠に有難うございました!!
Z205.JPG
それではem_p_hand

Akrapovi——-c!!

アサイです。

本日ご紹介するのはコチラの御車em_pikaem_pika
ZDSC_0127.JPG
ランボルギーニ・ウラカンLP580-2に!

コチラのマフラーの御取付em_goodem_good
ZDSC_0119.JPG
そうです!絶賛キャンペーン中のアクラポビッチ・エキゾーストシステムem_flopped
フルチタン製となり、純正比、重量-20.5kg,最大出力+14.3HP,最大トルク+21.7Nmを達成em_c_hand
まさしく性能を重視するお客様にピッタリのマフラーと言えます!!
流石Akrapovic!!em_good

早速取り付けに掛かっていきます。
ZDSC_0143.JPG
まず純正マフラーを外して、
ZDSC_0147.JPG

純正遮熱版をアクラポビッチマフラーに移植。
ZDSC_0149.JPG
遮熱版に覆われてマフラー本体が見えなくなるのはちょっと残念em_feeldown2
ZDSC_0165.JPG

マフラーカッターはアクラポビッチ製カーボンテールに交換されます。
ZDSC_0138.JPG

ちなみにウラカンの場合、触媒はエキマニ一体の為、交換することは出来ません。
それでもNAなので、リアピース交換のみで十分な音量が出ますem_c_hand
ZDSC_0151.JPG

元通りにバンパーを組み付けたら完成em_pikaem_pika
ZDSC_0187.JPGZDSC_0190.JPGZDSC_0184.JPG
※文字にすると一瞬ですが、交換には丸一日を要します。

エキゾーストバルブ開閉は純正のソレノイドを流用しますので、ノーマルに順じます。(スポーツ&コルサモードでオープン)

気になる音量はコチラ↓↓

eマーク無し納得のサウンドですem_worryingly

これでタイム上がるといいですねem_smile2
今回もご用命頂き誠に有難うございました!
ZDSC_0202.JPG

その他の車種も11月末までアクラポビッチ絶賛キャンペーン中です!!em_smile1
http://bond-diary.jp/osaka2/2017/10/18/bond-groupxakrapovic%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%83%b3%e9%96%8b%e5%82%ac%e4%b8%ad%ef%bc%81%ef%bc%81%ef%bc%81/

それではem_p_hand

アヴェンタドールSV×チタンマフラー!!

アサイです。

本日ご紹介するのもイタリア車!!
Z059.JPG
アヴェンタドールLP750-4 SVの登場ですem_pikaem_pika

もう何度もマフラー交換してきたSVですが、今回取り付けするのはコチラのお初なマフラー↓↓
Z052.jpg
ipe製チタンマフラーでございますem_idea
なんでも日本1台目とのこと!
ゴールドコーティングされていてとっても綺麗em_pikaem_pika
またチタンマフラーなので超絶軽いですem_flopped

早速取り付けに掛かっていきます。
Z062.JPG
純正マフラーを全て外し、ストレートキャタを取り付けしている時に問題発生em_aseaseem_asease

右キャタ下側の長さが僅かに足りません、、、
IMG_8002.JPG

急いでメーカーに確認してもらうと、
IMG_8932.JPG
まさかの長さ調整式(スライド式)www
引っ張るとスポって抜けましたw

長さ調整して無事に装着完了となりましたem_worryingly
Z077.jpgZ085.JPG

マフラー本体は遮熱板に覆われ見えなくなるのがちょっと残念。
Z088 (2).JPG

あとはバルブの配線に、最後マフラーカッターを装着し、
Z097.JPG

完成em_pikaem_pika
Z095.JPG

気になる音はコチラからどうぞ↓↓

凄まじい音ですwww
バルブ閉じてても中々の音量でしたem_worryingly

前回取り付けさせて頂いたIIDデイライトモジュールに、
Z006.JPG

ベロフ6800K HIDロービームバルブ交換、
Z018.JPG

ナンバー灯LED化もバッチリem_idea
Z019.JPG

なんやかんやありましたが、無事に納車させて頂くことが出来ました。
Z101.JPG

今回はご用命頂き誠に有難うございます!!
それではem_p_hand

eS4取材~イタリア車作業色々

アサイです。

今日は朝5時集合でeS4の取材em_idea
市内のはずが、雨の為まさかの六甲アイランドまで行ってきましたem_aseaseem_asease
IMG_8046.JPGIMG_8052.JPG
カッコ良く撮れたみたいなので仕上がりが楽しみですem_smile1

さてさて本日はイタリア車特集ってことでまずはフェラーリ488スパイダー!!
Z064.JPG

やはり「ターボエンジンのエキゾーストノートは物足りない!」ってことでマフラー交換em_worryingly
Z005.JPG

ブリリアント製エキゾーストシステムを装着させて頂きましたem_noteem_good
Z001.JPGZ059.JPGZ063.JPG

個人的に488用マフラーの中では、綺麗な高音が出るマフラーだと思います。
いつもの動画ですがこんな感じ↓↓

ノーマルはこのようにバルブオープンの場合、排気がストレートに出ます。
つまりただの短いパイプ。
Z056.JPG

しかしブリリアント製はバルブオープンの場合、出来るだけパイプを長く確保し、左右で排気干渉させるように作られています。
thm28906_DSC_0902.jpg
排気干渉させるのは音が整うからであり、出来るだけパイプを長くするのはトランペットなどの”管楽器”と同じ理屈で、管の中の空気の振動を利用して綺麗な高音が出るようにする為です。
実際にこうやって比べてみるとその原理が良く分かってもらえると思いますem_c_hand

という訳で完成em_pikaem_pika
Z085.JPG

御客様にも喜んで頂くことが出来ました!
今回はご用命頂き誠に有難うございます!

続いてはマセラティ・グラントゥーリズモスポーツem_idea
Z012.JPG

前回までにローダウンやカーボンステアリング等、色々施工頂いておりますが、今回はカーボンパドルの装着!!
IMG_7717.JPG
Fomula Dinamics製カーボンパドルの装着になります。

カーボンステアリングとの相性もバッチリem_smile1
IMG_7718.JPG

そしてシートベルトの張り替えem_goodem_good
内装色に合わせ、ブルーをチョイス。
Z009.JPGZ011.JPG
全ての作業が終わり無事に完了em_idea
今回も御用命頂き誠に有難うございました!

最後に登場はランボルギーニ・アヴェンタドールSem_pikaem_pika
ZDSC_0744.JPG
大阪店では2台目のアヴェンタドールS入庫ですねem_smile1

こちらの御車にはIID EBMバルブ開閉モジュール装着。
Z121.JPG
装着後は任意にエキゾーストバルブの開閉が可能になりますem_note
アヴェンタドールSはバルブ開くだけで十分なマフラー音がしますねem_aseaseem_aseaseLP720-4よりも更に音量が増してる感じがしますem_worryingly

という訳で今週も誠に有難うございました!イタリア車作業色々でしたem_idea
疲れたのでもう帰って寝まーすem_p_hand

Aventador SV 完成

こんばんは芦田です。

本日ご紹介いたします車両は、いつもお世話になっておりますお客様のランボルギーニ アヴェンタドール SVが仕上がりましたので早速ご紹介em_goodem_good
いきなりですが完成後がこちらem_noteDSC_0637.JPG

まずは明らか愛想笑いのケンタによりリフトアップし作業に掛かりますem_smile1
手慣れたものでリアバンパーを外し、気が付けばリア廻りは物の見事にバラバラem_worryingly
DSC_0507.JPGDSC_0511.JPG

そして取り付けます商品は、安定の品質を誇るパワークラフト ハイブリッドエキゾーストシステムでございますem_pikaem_pika
皆ご存知の可変バルブ付きのマフラーですねem_noteDSC_0506.JPG

そして同時にレーシングストレートキャタライザーも取り付け致しますので、事前にバンテージを巻いて熱対策も抜かりなしem_c_handDSC_0505.JPGDSC_0512.JPG

そして今回テールエンドは、焼き無しステンレスをチョイスしあえて強調は致しません。
ただエンジンを掛けると超迫力の高音サウンドを奏でてくれますem_floppedDSC_0143.JPG

更にスーパーカーといえど、やっぱり純正は車高が高いので、こちらのHNSロワリングロッドでローダウンを致しました。DSC_0500.JPG

取り付け後は走行に支障が出ないギリギリのラインで、前後バランス良くローダウンさせて頂きましたem_goodem_goodDSC_0111.JPG

そして一際目立っているホイールは、ハイパーフォージド HL-LC5を取り付けさせて頂きましたem_smile1
フロント 9.0×20 リア13.0×21
仕上げは、DISK/ミラーポリッシュ Rim/ハイポリッシュでDISK面を強調する為にインナーRimをマットブラックペイントem_goodem_good
今回タイヤは純正タイヤをそのまま入れ替えし装着
DSC_0061.JPG

また出面は、いつものパッツパツのツライチセッティングとしコンケーブ具合も良い感じem_floppedDSC_0084.JPG

さらにノーマルでも十分にカッコイイ車両に、LEAP DESIGNカーボンエアロを取り付けさせて頂きましたem_flopped
内容はフロントアンダースポイラーにサイドスカート、そしてドアミラーカバーにサイドダクトカバーと計4点em_c_hand
仕上げは純正カーボンと同じ様にマットクリアーにペイントem_note
DSC_0095.JPG

サイドスカートはシンプルなデザインですが、取り付けする事でより低さが強調されますem_flopped
DSC_0100.JPG

今回はエッジ部などにラインをあえて入れずシンプル仕上げem_note
まさにシンプルイズベストですねem_goodem_good
また飛び石などによるキズ防止のため、プロテクションフィルムも施工em_c_hand
DSC_0055.JPGDSC_0125.JPG

そしてこちらも必須アイテム iiDデイライトモジュールを取り付けem_idea
室内のスイッチでデイライトのON/OFFまたストロボモード切替も可能になりますem_pikaem_pikaDSC_0146.JPG

最後にiiDカーボンステアリングを取り付けem_mood
カーボンとパンチングレザーのコンビハンドルで、レッドのセンターライン&ステッチ仕様em_smile1
またオプションのステアリングトリムカバーも追加取り付けし、パドルシフトはPRO COMPOSITE製em_noteDSC_0148.JPG
因みにノーマルがこちらですが違いは歴然で、普段目に付く場所だけに満足感もあり、さらには純正加工品ではないので純正のステアリングを下取る事もありませんem_floppedDSC_0499.JPG

全てのパーツ取り付けが終了し、仕上がり後は完成度の高い御車となりお客様にも大変喜んで頂く事が出来ましたem_goodem_good
商品が揃うまで大変お待たせいたしましたが、この度はご用命を頂き誠にありがとうございました。DSC_0078.JPG

そんなこんなで本日はこのへんでem_p_hand