MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • MS-Design
  • STARTECH
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • end.cc
  • Next innovation
  • NOVITEC-ROSSO
  • ARTISAN SPIRITS
  • ADV.1 Wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • TSW WHEELS
  • BC Racing
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

アウディ

アウディ 新型A8 55TFSI Hyperforged 22インチ ホイール交換 & ABTエアロ カスタム!!

アサイです。

本日ご紹介するのはアウディ A8 55TFSI クワトロ

通称D5型と呼ばれる新型A8です!

「ホイールを交換したい!」ってことで御来店され、即決で購入して頂きました

とは言っても最新車種である新型A8。ホイールメーカーにもデータが有りませんでしたので、実車計測からスタート

某大手ホイールメーカー様に御来店頂き、この様な感じで測定してもらっています

ホイールの純正サイズから、ブレーキキャリパークリアランス、アーム類とのインナークリアランス、フェンダー外側までのアウタークリアランスに、ステアリング切った時のインナーフェンダーとの距離など、色々なポイントを計測してもらいます。

ちなみに純正サイズは9J×20ET37にタイヤ265/40-20の組み合わせ。

この数値をベースに、内外どのくらいまで出せるか計算してオフセットを決めていきます。

 

そんな中、今回チョイスして頂いたホイールメーカーは、ご存じHyperforged
デザインはHF-LC5、FINISHは王道のブラッシュドDISK×ポリッシュRIMで仕上げました

前後10JにコンチネンタルSC6 285/30-22の組み合わせ。
フロントはsemiconcave、リアはdeepconcaveで作成しています

一見ツラではありますが、フェンダーより数ミリ内側に入っております。(タイヤが最外側です)
ちなみにこのセッティングでもフロントインナークリアラインスが指1本と、インナー側もこれがほぼ限界となります。

この様に、どこにも干渉させず且つカッコ良く見えるベストなセッティングを見つけていくのです

時間的には商談⇒実車計測⇒サイズ決定・発注⇒納品で、約2.5ヶ月くらい掛かっています。

最終チェックを行い完成 (エアロは前後ABTが装着されています)

御客様には「カッコええやん!!やっぱり俺らの世代はホイール交換必須やな!」と喜んで頂くことが出来ました

ちなみに、今回はノーマル車高でしたが、A8は従来通りエアサス車なのでリンクロッドを使用すれば車高も下げれそうです。

今回はご用命頂き誠に有難うございました!!

新型A8のホイール交換なら是非お問い合わせください

それでは

 

注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから

 

 

 

 

AUDI RS7×Neidfaktor製 カーボンパーツ カスタム!

こんばんは、シノハラです

本日ご紹介するお車はコチラ!!

前回アクラポマフラーやステルスフィルムや色々と作業させて頂きましたAUDI RS7です!!

今回はNeidfaktor製カーボンパーツを取り付けさせて頂きました♪

まずはフロント!

1枚目の画像と比べるとあきらかに引き締まった感じがしますよね!!

フロントスポイラー

フロントバンパーダクト左右

純正形状なのでフィッティングも悪くありません!!

ちなみに純正品にもカーボンがありますが調べてみたら

フロントスポイラー約70万円!!!!!

 

えっ?笑

 

フロントバンパーダクト 約37万円!!!!!

 

ええっ?笑

 

あ、ダクトは左右必要なので×2個(笑)

ってことは左右セットで74万円…

 

フロント3psで約144万円はヤヴァァァァァイ!!

純正恐るべし・・・

Neidfaktorはフィッティングもよく金額も純正よりは(笑)

後ろにはリアディフューザーを取り付けいたしました♪

そして前回からオールボディプロテクションフィルムを施工しておりますので交換パーツにも施工させて頂きました!!

他にもまだカーボンパーツ取り付ける予定でしたがパーツがまだ届きません…笑

また取り付けしましたらご紹介いたしますね♪

今回もご用命頂き誠にありがとうございました!!!

 

 

そしてそして~!!!

BONDグループのTOPページにもUPされてましたが

っと言うことです!!!

大阪店にも東海地区からご来店頂くお客様も多数いますが、なんだかんだ距離と時間がかかるんですよね~

東海地区の方!!

BOND名古屋へのご来店お待ちしております!!

それでは

注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから

東京オートサロン2019 その② BMW、アウディ、ロールスロイス、フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェ他

アサイです。

本日は東京オートサロン その②ってことで、ベンツ他メーカー編です

まずはBMW!!

GruppeMブースには、Anrky履きのF90 M5が展示

新発売のカーボンエアインテークシステムが装着されていました。

マフラーはカプリストです。

ちなみにカーボンエアインテークはW205 AMG C63用や、

アウディRS3用なんかもありますのでオーナーの方是非!

続いて橋本コーポレーションブースのF90 M5は

Akrapovicマフラーに

Zperformance製ホイールをインストール。
足回りはKW ver4とのことでした。

そして橋本コーポレーションブースにはもう一台E24の6シリーズが展示されていました。

この6シリーズめちゃくちゃカッコ良かったです!!個人的に会場ナンバー1です
ちなみにホイールはドイツBBS、エアロはPANDEMです。

続いてはチェックショップのF90 M5。

Kohlenstoff製のエアロパーツに、AGIO製ホイールをインストール。

フロントスポイラーの下には、ストンピンアーク製のカーボンリップが装着されていました。
ちなみにランボやMANSORYで見るクラッシュカーボン仕上げ。

他VARISのブースでもGTRやレクサスLCがクラッシュカーボンで仕上げられていました。日本でもこれからのトレンドになりそうですね。

そしてこちらは3DデザインのF90 M5。説明するまでもなく、安定のカッコ良さ!!

 

続いてはフェラーリ。

TWSからはフェラーリ専用、”超超ジュラルミン”アルミホイールが新登場。

サイズはフロント20、リア21インチ。

完全受注生産となりますが、品質に拘りたい方いかがでしょう??

こちらはエイムゲインの488GTB。

カーボン目も純正と同じく平織カーボンで合わせてきています。足回りはボルドー製エアサス。

こちらは従来からリリースされているSVRの488GTB。迫力あるフロントノーズは中々カッコイイ!
ホイールはBCforgedになります。

アドバンスエイトのフェラーリ812スーパーファストは早速ローダウン&ホイール交換!

ホイールはForgiato 21/22インチ。足回りはまだ発売されていないので他車種用をマル秘装着!

しかしForgiatoのブースはいつもながら豪華絢爛!!

812スーパーファストに加え、オフィスKが用意した、ロールスロイス・カリナンに新型ファントム!!

ファントムはフルMANSORY仕上げ!!。

ホイールは両車とも24インチが装着されていました。

続いてランボルギーニ。

TOYOタイヤブースではランボルギーニ・ウルスが登場。

ホイールはSKY forged 23インチ。

こちらはエイムゲインのアヴェンタドール用新作エアロ。足元VOSSEN。

 

続いてアウディ!

ファルケンブースにはBalance itの旧R8が展示。足元はBBS。

ニューイングは新R8を展示。足元はvossen。

WORKブースにもニューイングの新型A7を展示。ホイールは新作のGNOSIS CVD 21インチを装着。

なんとも不思議なデザインのホイールです。

Balance itは他にもRS3と、

リフトアップしたQ3を展示していました。

 

最後にポルシェ!

正直ポルシェの展示は少なかったのですが(ウチのブースでは新型カイエン出してます!)、気になったのはJUSTICEさんところのナローポルシェ!!

なんとこの911のボディパネルは全てカーボン!!

単に上から貼り付けしているのではなく、すべての型データを取って、パネル丸ごとカーボンで製作した珠玉の一台です!!

インフュージョン整形されたカーボンパネルは綺麗の一言!

需要かるかどうかは別として(笑)、作ろうと思えばもう1台作れるみたいです

 

という訳で、色々な車種あり、改造あり、トレンドありの2019年の東京オートサロンが終了致しました。

弊社ボンドブースは篠原が詳しくレポートしてくれることでしょう(笑)

 

それでは

ご注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから

 

 

 

AUDI Q7 4M ABTエアロ リヤモニター取り付け

こんばんは芦田です。

とうとう今年も明日までの営業となり、着々と仕上がった御車の納車ラッシュで最後までバタバタしそうですが・・・

あと一日、気を引き締めて頑張っていきますよ

本日ご紹介いたします御車は、先日ご納車させて頂きましたAUDI Q7 S-Lineのご紹介

いきなりですが完成後がこちら

まずはABTのエアロを取り付けさせて頂きました

設定としてオーバーフェンダーキットのワイドとノーマルフェンダー用のスリムがあり、今回はエアロパッケージスリムを選択

フロント廻りはフルバンパータイプでゴッソリ交換致します。

またお客様のご希望でアンダーパネルをボディー同色にペイント

完全オーナー気取りのオカが若干イラっとしますが・・・

またサイドパネル・ドアアタッチメントもボディー同色ペイントで、ABTエンブレムがワンポイントで清潔感漂うサラッと仕上げ

リヤ廻りはABT特有のスクエアマフラーテールと押しの強いデザインですが、こちらも特に塗分けせずボディー同色で仕上げております。

またテールランプはそのままだと赤みが強いので、薄目にキャンディースモークにペイントする事で締まった印象になります

さらにボディー下のボリュームに負けないようABTリヤウィングも装着しました。

またマフラーはeマーク付きのリヤピースマフラーとなりますが、なかなかの重低音サウンドとなります

そしてABTフェンダーインサートも取り付け致しましたが、こちらはグロスブラック仕上げ

ただこちらのフェンダーインサートですが、純正のフェンダーを穴あけしフェンダー内のウィッシャータンクも交換が必要で取り付けは結構大変

更にドアミラーの樹脂部をシボ取りグロスブラックにペイント仕上げ

またウィンドゥモールとルーフレールをグロスブラックにラッピング施工致しました

そしてホイールは同じABTで揃えるところですが、デザインが気に入られたようでBCフォージド HCA218S 10.0×22を取り付け致しました

またタイヤは、ヨコハマPARADA 285/35-22の組み合わせ

仕上げは全て真っ黒でという事で、DISK・Rim共にグロスブラック

またキャリパーペイントでAUDIロゴも再現し、ブレーキダストの軽減を図る為マーベラス低ダストパッドも同時に装着

 

さらにはご家族の為にと後付けで地デジチューナー&DVDプレーヤーを取り付けし、カロッツェリア製9インチモニターに映し込みを致しました

DVDプレーヤーは後席で操作できるように、助手席シート下に設置しました。

足元に置いてますが特に邪魔になる事もなく問題なし

そして前後で同じ映像を視聴できるようにAXIS製インターフェイスアダプターを使用し純正モニターにも映し込み

操作は純正メニューボタン長押しで純正映像から外部映像に変わり、TVチャンネル切り替えもモニター内のアイコンで切り替えでき使い勝手も良好

これで純正モニターでナビゲーションを使用しながら、リヤでTV・DVDの視聴が出来ますのでご家族の方も満足頂けたかと思います

 

今回は完成まで多少時間が掛かりましたが、何とか年内納車する事ができお客様にも大変喜んで頂く事が出来ました

この度はご用命を頂き誠にありがとうございました。

例の写真は改めて送りますのでもう少しお待ちください

そんなこんなで今年最後のブログになりますので、本年も誠にありがとうございました。

皆さま良いお年をお迎えください

ご注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから

 

 

 

 

 

ドイツ出張報告 ABT編

アサイです。

 

本日ご紹介するチューナーは「ABT」

フランクフルトから南へ約400キロ。バイエルン州ケンプテンに本社を構えております。
私自身約9年ぶり2度目の訪問

前回はこちら↓↓ 2009年。あ~若い(笑)

http://www.hosokawa.co.jp/tours/2009frankfurt/day3.html

 

ショールームにはコンプリートカーの他、

往年の名車、

そしてABTを一躍有名にした歴代のレーシングマシンが飾られています。

輝かしいDTMでの戦歴の他、

近年はDaniel ABTがFomura Eでも活躍しています。

ラルフシューマッハとミハエルシューマッハの写真もありました。
昔ラルフがチームABTのドライバーだった様です

 

ショールーム裏にはファクトリーが併設されています。

ここは通常のAUDI/VWのサービス工場も兼ねているため、チューニングの他、一般の整備車両も入庫しています。

ちなみに大阪店で使用しているのと同じアライメントテスターでした(笑)

そして隣のファクトリーでは、コンプリートカーの製作が進んでおります。

「最近の人気車種は何?」と聞くと、

RS4&RS5

Q5&Q7が人気とのことでした。

もちろん同社製マフラーにはeマーク認証が刻印されています。

カナードもハミ出ていませんので、日本の法規上も大丈夫そうです。

ABTの製品は厳格なTUVをパスしており、モータースポーツの活躍も相まってAUDI/VWメーカー本体と非常に密接な関係にあるチューナーと言えます

(TUVとはドイツ技術検査協会。政府や公共団体から委託されて機械・電子機器などあらゆる製品の安全規格への適合性について検査・認証を行う民間検査機関です)

その証拠にドイツ国内のディーラーではAudi/VWディーラーでABTのパーツが販売されてます!本国のディーラーがABTと手を組むって事はそれだけABTの品質は信用されてるって事ですネ。

 

ちなみに本社前の駐車場にはランボルギーニ・ウルスが止まってました。

これはABT社長のクルマとのこと
※ABTはランボルギーニのサービス工場も運営しております。(2009年の記事参照)今もやっているかは聞くの忘れましたw

足元はしっかりABT製ホイールにスタッドレスタイヤが組み合わされておりました
リアスペーサーはがっつり入っていましたがw

そんな訳でまだまだ紹介したいポイントはありますが、これで「ABT」訪問は完了です!

細かいところは「ボンドツアー」にて書きますのでお楽しみに

 

あと1日くらい、ドイツ出張編続きますそれでは!

 

ご注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから