MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • MS-Design
  • STARTECH
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • end.cc
  • Next innovation
  • NOVITEC-ROSSO
  • ADV.1 Wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • TSW WHEELS
  • BC Racing
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

イベント

大阪オートメッセ2019!

こんばんは、シノハラです

久々に体調を崩してなかなかしんどい日々を過ごしました…笑

あ、流行りのインフルエンザではないです(笑)

さてさて、本日ご紹介するのは先日からあおりまくられている

大阪オートメッセ2019のご紹介!!!

“は?いまさらかよ!”

“え?もうほとんど情報知ってるよー”

なーんて外野からの声がちらちらと聞こえてきますが(笑)

そこは全く気にせずピックアップするメンタルの持ち主のシノハラがご紹介しましょう!!

(ほんとはガラスのハートの持ち主)

まずはボンドブース!!

ボンドからは

・BMW F82 M4×ANRKY

・AUDI SQ5×ABT

・X222 S560 Maybach×Lorinser×1221wheels

の3台になります!!

前に岡さんがブログにも紹介しておりましたがさらにパワーアップして展示してました!!

M4:http://bond-diary.jp/osaka2/2018/12/28/bmw/16900

SQ5:http://bond-diary.jp/osaka2/2018/11/09/audi/15773

Maybach:http://bond-diary.jp/osaka2/2019/02/08/mercedesbenz/17932

詳細はまた岡さんから紹介しますのでどうぞお楽しみに♪♪

ここからはシノハラが気になったお車のご紹介♪

S&CONPANYさんからはスカイフォージドホイールを装着したランボルギーニ ウルス!

そしてランボルギーニ ウラカン スーパートロフェオ!

続いてNEWINGさんは新型AUDI A7とAUDI A5!

どちらもAlpilボディキットが装着されております!!

AZZURREさんからはZERO-Designボディキットを装着した新型G63 AMG!

オーバーフェンダーは魅力的ですね♪

オオハタ自動車さんはアヴェンタドールSとSVの2台!

LEAP DESIGNエアロキット&Hyper Forgedホイールの組み合わせもカッコイイ!!

AP GARAGEさんはAUDI R8!

足元にはRotiform AERODISCが装着されています!

AERODISCをアレンジするのもオシャレ~♪

そしてFORGE TECHさんからはフェラーリ 488とランボルギーニ アヴェンタドールS!

ホイールデザインもカッコイイのばかりです♪

MACARSさんからはBMW M2 COMPETITION!

3Dデザイン カーボンスポイラー(F/S/R)が装着されてます♪

starsさんはC257 CLS450にs.d.f エアロキットを装着しております!!

WALDさんはロールスロイス ファントム!

これはなかなかキョーレツでした(笑)

とまぁ色々と気になったお車・カッコイイお車もあって楽しい1日でした♪

ご紹介したお車は当店でも取り扱いがございますので

“あんな感じにカスタムしたい”

“あの車カッコイイから同じようにしてほしい”

などなど気になったことがあったと思いますのでそんなときはお問い合わせお待ちしてます!!

以下ギャラリー

それでは

注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから

東京オートサロン 2019

こんばんは、シノハラです

浅井店長の予告通り東京オートサロンでボンドグループが出展してた車両をご紹介♪

ですがシノハラ油断しました!

写真全然撮っておりません…

撮ったと言えばケンタさんに頼まれたキャンギャルねーちゃん(笑)

すでの他の店舗でほとんど紹介しておりますがボンドグループは8台出展しました♪

観客から「やばい車ばかり」「かっこいい」「いくらすんのこれ?」などなど

ノーマルでもかっこいいお車なんですが手を加えるとめちゃめちゃかっこよくなっちゃうんです♪

じゃあどのくらいお金がかかっちゃうの?

金額気になりますよね?笑

ざっくりですがパーツ代の金額教えちゃいます(笑)

MANSORY×RollsRoyce Dawn

MANSORYのフロント・サイド・リア・ホイール等々

ざっくりでパーツ代 税別定価 7,000,000円オーバー!!

MANSORY×AMG-GT

MANSORY ワイドボディキット 6,880,000円

MANSORY エアロボンネット カーボン 1,440,000円

MANSORY リアウィング 710,000円

になります!(合計9,030,000円 税別定価)

お次はABT×AUDI RS5

ABT RS5-Rパッケージ 4,800,000円

(フロント・リア・ホイール・マフラー等々)

コチラは単品での販売はなくセット販売となります!!

そしてSTARTECH×1221wheels×Vellar

STARTECH フロントバンパー・オーバーフェンダーキット・リアバンパー 2,740,000円

1221 R5995 AP2 APEX2.0 22インチ 350,000円×4本+OP (1,400,000円)

次にTECHART×PORSCHE Cayenne Turbo

ちょうど東京店が紹介しておりましたのでご覧ください(笑)

http://bond-diary.jp/tokyo2/2019/01/16/cayenne-9ya%e7%ac%91/

エアロ・マフラー・ホイールで4,300,000円オーバー(パーツ税別定価)

Anrkywheels × Lamborghini Aventador S Roadster

ANRKY AN21 フロント20インチ/リア21インチ

ホイールのみで1,780,000円税別定価

その他オプション代やタイヤ代も必要になりますよ♪

Rotiform×Capristo×AUDI R8

Capristo フロントセット・サイドフィン 826,000円

Rotiform BUC-M フロント20インチ/リア21インチ 1,000,000円オーバー

その他フルラッピング施工もしております♪

最後にADV.1×AstonMartin Vanquish S Ultimate

個人的にはこのお車が一番好きです!!

ADV.1 Newデザインでホイールのデザインもめちゃめちゃ好きですし Vanquishと組み合わせるとめっちゃカッコイイ!!!

ADV.1  AdvancedSeries  ADV005 MV2 21インチ 1,800,000円

ってことはホイール1本450,000円…(+OP代)

そんなこんなでざっっっっっくりしすぎましたが出展車両のご紹介でした(笑)

言っちゃった金額もヤバイですがパーツの税別定価にすぎません!

別途取り付けたパーツもあればペイント代や取り付け工賃代も必要になるんです(笑)

やばいやばい(笑)

ってことで次回は大阪オートメッセでございます!!!

もう1ヵ月切っちゃいました♪

2月9日(土)、10日(日)、11日(月・祝)に開催です!!!

それでは

東京オートサロン2019 その② BMW、アウディ、ロールスロイス、フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェ他

アサイです。

本日は東京オートサロン その②ってことで、ベンツ他メーカー編です

まずはBMW!!

GruppeMブースには、Anrky履きのF90 M5が展示

新発売のカーボンエアインテークシステムが装着されていました。

マフラーはカプリストです。

ちなみにカーボンエアインテークはW205 AMG C63用や、

アウディRS3用なんかもありますのでオーナーの方是非!

続いて橋本コーポレーションブースのF90 M5は

Akrapovicマフラーに

Zperformance製ホイールをインストール。
足回りはKW ver4とのことでした。

そして橋本コーポレーションブースにはもう一台E24の6シリーズが展示されていました。

この6シリーズめちゃくちゃカッコ良かったです!!個人的に会場ナンバー1です
ちなみにホイールはドイツBBS、エアロはPANDEMです。

続いてはチェックショップのF90 M5。

Kohlenstoff製のエアロパーツに、AGIO製ホイールをインストール。

フロントスポイラーの下には、ストンピンアーク製のカーボンリップが装着されていました。
ちなみにランボやMANSORYで見るクラッシュカーボン仕上げ。

他VARISのブースでもGTRやレクサスLCがクラッシュカーボンで仕上げられていました。日本でもこれからのトレンドになりそうですね。

そしてこちらは3DデザインのF90 M5。説明するまでもなく、安定のカッコ良さ!!

 

続いてはフェラーリ。

TWSからはフェラーリ専用、”超超ジュラルミン”アルミホイールが新登場。

サイズはフロント20、リア21インチ。

完全受注生産となりますが、品質に拘りたい方いかがでしょう??

こちらはエイムゲインの488GTB。

カーボン目も純正と同じく平織カーボンで合わせてきています。足回りはボルドー製エアサス。

こちらは従来からリリースされているSVRの488GTB。迫力あるフロントノーズは中々カッコイイ!
ホイールはBCforgedになります。

アドバンスエイトのフェラーリ812スーパーファストは早速ローダウン&ホイール交換!

ホイールはForgiato 21/22インチ。足回りはまだ発売されていないので他車種用をマル秘装着!

しかしForgiatoのブースはいつもながら豪華絢爛!!

812スーパーファストに加え、オフィスKが用意した、ロールスロイス・カリナンに新型ファントム!!

ファントムはフルMANSORY仕上げ!!。

ホイールは両車とも24インチが装着されていました。

続いてランボルギーニ。

TOYOタイヤブースではランボルギーニ・ウルスが登場。

ホイールはSKY forged 23インチ。

こちらはエイムゲインのアヴェンタドール用新作エアロ。足元VOSSEN。

 

続いてアウディ!

ファルケンブースにはBalance itの旧R8が展示。足元はBBS。

ニューイングは新R8を展示。足元はvossen。

WORKブースにもニューイングの新型A7を展示。ホイールは新作のGNOSIS CVD 21インチを装着。

なんとも不思議なデザインのホイールです。

Balance itは他にもRS3と、

リフトアップしたQ3を展示していました。

 

最後にポルシェ!

正直ポルシェの展示は少なかったのですが(ウチのブースでは新型カイエン出してます!)、気になったのはJUSTICEさんところのナローポルシェ!!

なんとこの911のボディパネルは全てカーボン!!

単に上から貼り付けしているのではなく、すべての型データを取って、パネル丸ごとカーボンで製作した珠玉の一台です!!

インフュージョン整形されたカーボンパネルは綺麗の一言!

需要かるかどうかは別として(笑)、作ろうと思えばもう1台作れるみたいです

 

という訳で、色々な車種あり、改造あり、トレンドありの2019年の東京オートサロンが終了致しました。

弊社ボンドブースは篠原が詳しくレポートしてくれることでしょう(笑)

 

それでは

ご注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから

 

 

 

東京オートサロン2019 メルセデスベンツ編

アサイです。

本日は東京オートサロン2019の様子をご紹介します

大阪店からもスタッフが交代で参加させて頂きました

今年のボンドブースはコチラ↓↓

総勢8台を展示させて頂きました

いつもなら私が詳細を説明するところですが、今回は篠原に説明をお願いしましょう(笑)

 

という訳で私は会場で気になったクルマなどをご紹介します

今日はメルセデス・ベンツ編。

最も台数が多いと感じたのはやはり新型Gクラス!

まずはVOSSENブースの新型G63

FORGED MONOBLOCKのM-X4Tを装着。サイズは23インチ。

ホイールもカッコ良かったですが、本国純正オプションのバンパーガードもカッコ良かったです
これ車検通るか調べておこう!

続いてTWSブースの同じく新型G63。

左には110M 22インチ、

右には107M 22インチが装着されていました。
どちらも日本が誇る、最高品質の鍛造ホイールです。

こちらは早くもボディキットを装着したZERO-DESIGNのG63。

プロスタッフさんのG63もカーボンパーツにダウンサスが早くも組み込まれていました。

ROTIFORM×G63ただし参考出品(笑)

こちらもゴツゴツタイヤの新型G63。

タイヤサイズは33×12.5R22。

これだと基本フェンダー内でタイヤとインタークーラーが干渉するはずですが、このクルマはオフセットが甘いのでいけるのか??まぁフェンダーツラまで持って来たらアウトです

 

続いて人気だったのがC257 新型CLS

WORKさんのブースではCLS220dに新作のGNOSIS CVXが装着されていました。

流行りのひねり系デザイン。サイズは20インチ。

個人的にリム有の場合20インチは少し小さく感じるので、21インチがベストって感じます

続いてsdfさんところのCLS450には、新型CLSとしては世界初(多分w)となるボディキットが装着されておりました

両端板のデザインが個性的ですディフューザー&マフラーカッターはCLS53用に交換されています。

バルトベーアさんのCLS53にはパナメリカーナグリルが装着されていました。

あまりに自然すぎてその場では気付かなかったのですが、CLS53は横フィングリルなので、グリル交換しているみたいです。63用純正グリルかな?ホイールはカールソンが装着されていました。

 

M’s speedからはW222 後期Sクラス(AMGライン)用ボディキットがリリース。

フロントスポイラー内にLEDが埋め込まれているのが特徴的です。

フェアリーデザインからは、W213 Eクラスと、

W447 Vクラスを出展。どちらもフルバンパー交換タイプとなります。

こちらはPIECHAのC238 Eクラス。

純正+αのフロントリップが個人的に好みです

TWSのブースではG63の他、GLC63クーペも展示。
右が207S 21インチ、

左がRN1 22インチとなり、こちらの素材はあの”超超ジュラルミン”となっています!

 

会場内にはメルセデスベンツAMGのブースも

日本初公開となるAMG GT 4ドアクーペが展示されておりました。

これは自動車メーカーも東京オートサロンをただのカスタムカーショーではなく、重要なモーターショーであると認識している証拠ですね!

 

という訳で東京オートサロン・ベンツ編は終了です。

明日その②に続く、、、

 

ご注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから

ドイツ出張報告 MANSORY & TechArt編

アサイです。

本日でドイツ出張日記は最後です

BRABUS、ABTに続き訪問したのが、ご存じ”MANSORY”

ニュルンベルクから1時間ほどの場所に位置しています。今年は晴れて良かった(笑)

ショールームでは新型ファントムがお出迎え

しかしデカイ!イカツイ!

ホイールが24インチでも普通に見えるところが恐ろしいです

横にはカーボンボディのアヴェンタドール&アヴェンタドールSを展示。

アヴェンタドールSにはクラッシュカーボンのボディキットが装着されていました。

外にはベントレー ベンティガ&コンチGTに、

メルセデスベンツ GLSが沢山止まっていました。

本当はファクトリー内をお見せしたいのですが、完全撮影NG

あんなクルマやあんなクルマが作業中でした。すべてはジュネーブモーターショーで披露されるとのことです

 

続いてTechArt社に訪問
流石ポルシェ一筋のメーカーだけあって、ポルシェAGと同じくシュトゥットガルトに本社を構えております。

ショールームには最新の991の他、世界中で高騰しているクラシック(ヤングタイマー)ポルシェも展示されていました。 928自体は不人気なクルマでしたが、928GTSは珍しいですネ。

作業もクラシックポルシェが多いんだとか。実際ファクトリーにも930ターボに944ターボ、

内装張り替え中の930ターボタルガ?(珍しい!!)が作業中でした。

もちろん最新の991ターボ後期も作業中!今からGTstreetRキットを装着していくとのこと。

テックアート製マフラーはちゃんとeマーク認証されており、日本でも車検対応となります。

こちらは内装工場。

ステアリングやシートなど、職人が手作業で仕上げて行きます。

その仕上がりは非常に綺麗で、メーカー注文出来ない部分については地元のディーラーからも引き合いがあるくらいです。

流石に内装張り替えは日本からだと車輌送らないといけないので難しいかも

ただ、ステアリングなら日本からも購入可能です

そして今回は初めてカーボン工場も拝見させて頂きました。

基本的には他メーカーと同じく、カーボンを型に貼りつけし真空状態にしてオーブンで焼いていきます。

型は一部カーボン型も使用しております。カーボン型は非常に高価ですが、経年劣化が少なく、クオリティの高いカーボンパーツを製作することが可能です

 

と言う訳で、あっと言う間にドイツ1週間の出張が終わりました。

1週間での走行は2151キロ!ひじょーに疲れました

 

もっと詳しい内容は、ボンドツアーにてご紹介しますのでお楽しみに!!

※今年の正月はボンドツアー書かないといけないな、、、

 

それでは

ご注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから