MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • MS-Design
  • STARTECH
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • end.cc
  • Next innovation
  • NOVITEC-ROSSO
  • ARTISAN SPIRITS
  • ADV.1 Wheels
  • anrky wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • TSW WHEELS
  • BC Racing
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • Preciousf
  • AZUTO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu
  • NOWWe

ランボルギーニ

X290 AMG GT43×GT63仕様、キャリパーペイント!!

こんにちは

オカです

昨日は岡山県までフェラーリ458納車に行きましてそのまま愛媛県までM5引取に行って来ましたが・・・

大阪を出発して姫路入ったあたりでなんとエアコンが壊れましたwww

エアコンの重要さを改めて痛感しましたね

 

さてさて、そんな本日ご紹介させていただくお車は・・・

いつもいつもお世話になっておりますお客様のX290 GT43でございます

前回ハイパーフォージドの新作HF-LMCを装着させていただきましたが、もう1つのカスタムが間に合わず・・・

今回エアロが到着いたしましたので、GT63仕様にさせていただきました

前後にボリュームが出てかなり厳つくなりました

フロントはバンパーごと交換ですが、パナメリカーナグリルはGT43と共通でしたのでそのまま流用しております

リアはディフューザーとマフラーカッターかなと思いきやバンパーごと交換でした

ディフューザーの真ん中のフィンがスポーティですし、マフラーカッターがいつもの63のエンドになるのでオススメです

GT63エディション1とかではでかいリアウイングが付いておりますが、今回はお客様の好みでノーマルの可変ウイングでございます

サイドスカートもGT43と共通ですのでそのままですが、前後にボリュームが出てもバランス良く仕上がっております

ブレーキキャリパーをゴールドにペイントして、

AMGロゴも入れております

ハイパーフォージドHF-LMCとの組み合わせもばっちりです

GT43の時よりまた一段と格好良くなりました

パレット対策でちょっと甘かったツラもスペーサー入れてバッチリ仕上げました

やっぱりGT4ドアは弄るとかなりカッコよくなりますね

いつもいつもご用命いただき、本当に有難うございます

さらにさらに・・・

「ウラカンの黒とかないよね~???」ってお話いただき、「そういえば1台案内できるかもです」ってアサイ店長のお客様のウラカンをご案内させていただき即決いただきました

一旦ノーマルで御納車させていただきましたが、近日中にマフラー、ローダウン、その後ハイパーフォージド入れちゃう予定です

また近々お預かりさせていただきますね~

 

それでは今日はこのあたりで・・・

オカでした

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します
↓↓

お問合せはこちらから

Lamborghini URUS×1221wheels V.I.P. AP2X 1551、デジタルインナーミラー!!

こんにちは

オカです

今日ご紹介させていただくお車は・・・

前回フルラッピング、ローダウン、リープデザインエアロなどなどさせていただきましたコチラのランボルギーニ ウルスでございます

今回待ちに待ったホイールが到着しまして・・・

完成いたしました

厳つすぎるウルスに仕上がりました

今回装着させていただきましたホイールはオカも大好きな「1221wheels」

デザインは「1551」、シリーズは最高峰の「V.I.P.シリーズ」でございます

実はこのホイール・・・コチラのウルスでワールドプレミアなのです

なぜかと言いますと、タイヤの銘柄やサイズでお分かりかもですが23インチの2ピースホイールが初お披露目です

最初は1ピースでオーダー入れたのですが、1221wheels本国から「2ピースできるようになったぜ」って連絡きたのでお客様とそれならって事でオーダーしました

マットブラックのボディに合わせてフィニッシュはテクスチャーブラック

このザラザラした質感が高級感があってタマリマセン

この写真には映ってませんが、ピアスボルトはチタンボルトをやめてあえてグロスブラック仕上げ

さらにさらにセンターキャップには今回特注で闘牛を入れております

この削り込みの細かさに1221wheelsの技術力の高さがうかがえます

オフセットもウルスのデータはしっかり取っておりますので・・・

前後ともに綺麗なツライチでございます

リアももちろんそうですが、フロントのコンケーブが深すぎます

最後にウルスオーナー様に大人気のデジタルインナーミラーを装着させていただき・・・

完成でございます

ホイールデザインもウルスの雰囲気にぴったりです

でもやっぱり第一号というのはトラブルも付き物でして・・・

ある事が原因でリアホイールにタイヤ組むのに1本6時間かかりましたwww

タイヤ組むのにリフト使ったのも初めてですし、そのためにホームセンターにコンパネ買いに走ったのも初めてですwww

ですがそんな苦労も吹っ飛ぶほど格好良く仕上がったので結果オーライです

いつもいつもご用命いただき、誠に有難うございます

今日のアレとかまた明日ご連絡させていただきます

まだまだ進化していきそうです

 

それでは今日はこのあたりで・・・

オカでした

 

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します
↓↓

お問合せはこちらから

ランボルギーニ アヴェンタドールSVJロードスター ローダウン、スペーサー、ストロボ、ドラレコ他 新車カスタム!!

アサイです。

昨日のシノブログに続き、本日ご紹介するのもランボルギーニ・アヴェンタドール

しかも、ド新車のSVJロードスターでございます

ちなみに世界限定800台!こんな梅雨の時期に預かりたくないクルマ、ナンバーワンですw

とは言っても納車されてしまいましたので、早速作業スタート!!

今回のメインはこちらのHNSロワリングキットと、

こちらスポーツライン製センターロック用スペーサーKIT

アヴェンタはプッシュロッド式のサスペンションなので、スプリングの交換等ではなく、アームを交換してローダウンします。

車高は指2本弱にセッティング。

そして初取り付けとなるセンターロック用スペーサー!!
材質は強度のあるジュラルミンA2017材。拘りのmade in JAPAN。
なんでもいつもGT選手権などレース用の部品を作っている工場が製作しているとか、、、それだけ高精度で作られた商品とのことです

スペーサーの厚みは前後12mm。ロングトルクピンも付属します。
茶色いのは固着防止のグリスです。

アルマイト処理されたセンターロックは赤と黒の設定があり、今回は純正同様赤をチョイス。純正と見比べても遜色ありません。

この様にスペーサーの分だけ長くなっております。

ホイールを締め付けるテーパーコーンを移植し、固着防止のグリスを十分に塗布しながら組込していきます。

純正ホイールはローダウンすると中に入ってしまいますが、このスペーサーキットにより、純正ホイールでもツライチにセッティングすることが可能です

続いてデイライトKITの取り付け

「ん?デイライトは標準じゃないの??」と思われる方がいらっしゃると思いますが、イベントなどで活躍するストロボ機能を追加したかったので、わざわざ純正デイライトをコーディングでOFFにしてからIIDデイライトモジュールを装着しました

ストロボモードはコチラ↓↓

ヘッドライトはBREX製 6000K ウルトラブライターにて光量UP&美白化

そして後方視界が、ほぼゼロに近いアヴェンタSVJですので、デジタルインナーミラーを装着!!

ミラーごと交換しておりますので、後付感が全くありません
しかも前後ドライブレコーダー機能付き!!

ちなみにただ交換するだけだと、ディーラーのテスターでエラーが出てしまいますので、マル秘加工済でエラー対策もバッチリ

カメラは熱対策&目立たない様に、ナンバー上に設置しております。

そしてキーロゴのペイントや、

その他の作業も問題無く進み、

梅雨の中休みとなる晴天の中、無事に納車させて頂きました

いや~カッコイイ!!

エクステリアは”Velde Alceo”の特注マットカラーに、SASA-YANG担当のレッドラインアクセント!そしてローアンドワイドに構えたスタイルが、SVJロードスターをより特別なクルマに仕立て上げております

御客様にも大変喜んで頂くことが出来ました

しかし、このクルマを作業している1週間。何か起こらないか心配で気が気じゃなかったですwww

お願いですので皆様、一回乗ってから作業お預かりさせて下さい

 

あと最後にもう一言!

関西でランボルギーニ買うなら、ランボルギーニ大阪様で買いましょう!!(笑)

という訳で今回も御用命頂き誠に有難うございました!!

それでは

 

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します
↓↓

お問合せはこちらから

 

Lamborghini Aventador S×ADV.1 ADV5.0 M.V2 CSseries

こんばんは、シノハラです

本日ご紹介するお車はコチラ!!

ランボルギーニ アヴェンタドールSでございます!!

いつもお世話になっている三重県のお客様のお車です♪

前回、EBMを取り付けましたが今回ご用命頂いたのはホイール(^^)♪

オーダー頂いたホイールはコチラです!!

ADV.1 でございます!!

ホントADV.1のホイールはラインナップも豊富でカッコいいですよね♪

丁度、タイヤ交換の時期だったのでご一緒にホイールまでオーダー頂きました!

今回はチョイスしたのはADV5.0 M.V2 CSseriesになります!

仕上げはグロスブラック!

ボディ黒/ホイール黒ではありますが、マットとグロスの違いでホイールが強調されてて目立ちますね♪

さらにボディについている赤ラインに合わせてホイールの刻印も赤にペイントしております!!

これがまた良いアクセントとなってカッコいいですね(^^)

今回はノーマル車高に合わせてセッティングしております!

イメージも変わってカッコよく仕上がりました!!

今回もご用命頂き誠にありがとうございました!!

それでは

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します
↓↓

お問合せはこちらから

ランボルギーニ・ウルス ベントレー・ミュルザンヌ デジタルインナーミラー取り付け!!

アサイです。

本日まずご紹介するのは、ランボルギーニ・ウルス

いつもお世話になっている御客様のクルマに、最近人気のデジタルインナーミラーを装着させて頂きました

主な機能としては、

①ルームミラーの中にリアカメラの映像を映し出すことが出来ます。

②カメラの視点を上下に動かすことが出来ます。(左右は出来ません)

③ドライブレコーダー機能が付いておりますので、前後の映像を記録出来ます。(真ん中のボタンで前後映像切り替え)

ミラーごと交換していますので、後付感もなくスッキリ!!

※ノーマルに戻すにはミラーの一部を加工している為、新しい純正ミラーが必要になります。

リアカメラはナンバー横に設置致しました。

後方視界が良くなり、御客様にも喜んで頂くことが出来ました

いつも差し入れに、今回はお土産まで頂き誠に有難うございます

 

続いてご紹介するのは、ベントレー・ミュルザンヌ

こちらの御車にもデジタルインナーミラーの取り付け

形状はウルスとほぼ一緒なのでイケるでしょ~っと思ったら、まさかの落とし穴が、、、

純正ミラーの基盤に、フロントカメラの配線が接続されており、取り外すことが出来ない、、、

延長することも考えましたがプリント基板の為、不可

純正のシステムし支障をきたすのはダメなので、やむなく被せタイプのインナーミラーを装着致しました

もちろんこのタイプでも、上下の視点移動、前後ドラレコ機能が付いております

バックカメラはこちらもナンバー横に設置。

映像はこのような感じ。

しかし、雨の日は若干水滴の影響を受けます

これは後日カメラをもう少し奥にオフセットして対応してみる予定ですm(_ _)m

若干の課題は残りましたが、「次の車両でも装着する!」と言って頂けたので、気に入ってもらえたのでしょう

 

ちなみにデジタルインナーミラーが装着出来る車両の見分け方ですが、

この様に前からのステーによってミラーが装着されているクルマは大体交換出来ます。※ミュルザンヌの様にカメラ付きは例外あり。
(主にアウディ、ベントレー、ランボルギーニはこの形状)

そして、残念ながらベンツは上からのステーによる取り付けですので、現状被せタイプのみしか対応しておりません。

BMW系(ロールスロイス含む)もETCの機能が無くなる為、被せタイプでしか対応できません。

 

まあ、前からのステーで留まっているミラーの御車には大体装着出来るとお考え頂ければ幸いです。

ちなみにミュルザンヌはリアまで配線通すのが難易度高くて大変だったみたいですwww

 

いつも御用命頂き誠に有難うございます

また色々とオーダー頂きましたので、完成したらご紹介します(笑)

それでは

 

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓

お問合せはこちらから