MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • MS-Design
  • STARTECH
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • end.cc
  • Next innovation
  • NOVITEC-ROSSO
  • ARTISAN SPIRITS
  • ADV.1 Wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • TSW WHEELS
  • BC Racing
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • Preciousf
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

ポルシェ

オートサロン2020 part2!!

アサイです。

本日も、昨日に引き続きオートサロンネタ

早速”ツッチーperformance”が動画上げてますので、宜しければご視聴ください。

まさかの弊社代表、細川も登場しておりますw

少しでも会場の雰囲気を味ってもらえるかと思います

 

そして気になった車両part2!!

まずはTWSブースから。

今年はフェラーリで統一!!488ピスタにGTC4 Lusso、ポルトフィーノと豪華ラインナップ
F1やWECといったトップカテゴリーで培ってきたマグネシウム鍛造技術を駆使し、進化を極めた新アルミ合金である”UDM”シリーズを装着。TWSが誇る正真正銘のフラッグシップモデルとなります。

個人的にはリアホイールのリム幅がもう少し太い設定があれば良いと思いますが、そこら辺は今後の期待としましょう!

またメルセデス専用のEX-fMⅡというモデルも発表されました。こちらはアルミ鍛造で19&20インチが設定されています。

続いてLEAP DESIGN。

ランボルギーニウルスと新作のウラカンがお出迎え。

足元はウラカンがHyperforgedのHF-DiC、

ウルスがHyperforged新作 HF-LMCとなります。サイズは24インチ!!

隣はSVR(Super Veloce Racing)

同社製ボディキットを纏ったアヴェンタドールに(ホイールはHyperforged HF-LC5)、

Anrky履きの812Superfastを展示。812は今後エアロをリリース予定となります。

そして強烈NOVITECブース!!

車種も強烈ですが、全てワイドボディ(N-largo)仕上げになっております

早速、岡が商談していたとか、、、(笑)

Forgetechブースはウルスに、

リバティウォーク製ボディキットを装着した458を展示。

シルエットWORKS GTという、GTマシンをモチーフとしたコンセプトのボディパーツとなっており、以前から写真では見ていたものの現物は中々カッコ良かったです!

458の他、ウラカン用もリリースされました。

ESSENショーやSEMAショーでも沢山展示されておりましたので、やはりLBは世界中で人気があります!

こちらはZEALブースの新型G550 4×4仕様。バネだけでなく、ポータルアクスルにてリフトアップされております。他と違ったゲレンデを求める方は是非

そして橋本コーポレーションブースの新型G63。

マフラーはAkrapovic、ホイールはMAE、エアロはBRABUSをベースとして、背面カバーは贅沢にもカーボン消し&ロゴレス、ディフューザーもカーボン消してペイント仕上げ!どこかで見たことあると思ったら、東京店のお客様の御車でした

T’s Clubからは、ACシュニッツァー 8シリーズ

HAMANN 新型X5

阿部商会の新型3シリーズはビルシュタイン足回りにホイールはVorsteiner

BBSブースには新型M5にLM履き。

やっぱりBMWにはBBSがよく似合います!!(納期は4ヶ月待ちですが、、、w)

いつもお世話になっている4Lawsさんからは、フルカーボンボディのレトロスタイルポルシェ!!

カーボンボディは上から貼り付けではなく、全ての鉄板と交換して仕上げています。

ノーマルに比べ、200キロ以上軽くなっているんだとか、、、

ベースは930と993(AT)。この車両自体販売しておりますが、ベース探してイチから製作することも可能です。

 

今年も色々盛り沢山のオートサロン2020が終了しました

ちなみに最終日18時に終わって、搬出が終わったのが午前0時だったみたいです、、、

出店社の皆様、関係者の皆様、お疲れ様でしたm(_ _)m

 

という訳でオートサロンレポートその②でした。少しでも雰囲気が伝わったかなと思います。次回は2月中旬、大阪オートメッセで会いましょう!それでは!!

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから

オートサロン2020!!

アサイです。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

ということで年始恒例の”東京オートサロン2020″に行ってきました!!

後日、ツッチーperformanceが詳しく動画を上げてくれると思いますので、さらっとご紹介

今年はマクラーレンからフェラーリ、カリナンにGクラスなど総勢9台の展示となりました!!
金曜日にも関わらず、開場と同時に多くの人にお立ち寄り頂きました

個人的なイチオシは”TechArt ポルシェ992カレラS”

やはりテックアートは、まとまりが凄く良いです!!

こちらは”1016インダストリーズ”のウルス
マットグレー×クラッシュカーボンの組み合わせに多くの人が注目しておりました!

ホイールはHRE製24インチ。

こちらはMANSORY×ロールスロイス・カリナン。

新型G63はBRABUSワイドスターにMANSORYの共演

そしてTOYOブースからは、ABT Q8に、

MANSORY C63クーペも登場!!

これらのクルマを見て思ったこと、、、
やっぱり欧米チューナーのスタイリングはカッコ良い!!

シンプルなんですけど上質というか、見ていて飽きの来ないスタイリングなんですよね~。
しかもアウトバーンの最高速でも耐えれる強度を誇っており、性能も折り紙付きです

 

で、他のブースも散策

まずはアーティシャンスピリッツ。
日本発のメーカーとなり、海外での人気も高くSEMAショーなどで見る機会も多いです。

新商品のロールスロイス・レイス用カーボンパーツ。

こちらはスープラ。さりげないフロントリップとオーバーフェンダーが好み!!

テスラモデル3用なんかも既に発売されています。

続いて”3Dデザイン”
このメーカーは説明するまでもないですね(笑)
近年ではドイツ・エッセンモーターショーでも展示されており、欧州での人気も高いジャパニーズチューナーです!!

新型8シリーズと

新型Z4を展示。

アーティシャンと3Dデザインは欧州チューナーに通じる雰囲気がありますね!
両メーカーとも海外で人気なのが納得です。

あとこちらも大御所チューナー、”TOMS”
スープラとセンチュリーのコンプリートカーを発売しているみたいですが、、、

スープラの足元を見ると、まさかのVOSSENでした(笑)

TOMSなんてトヨタの純ワークスチームですから、VOSSENがいかに信頼高いかが分かります。

そして、スープラの多いこと
待ちに待った日本の新型スポーツカーですから、皆の期待も高いってもんです!!

HKSやBLITZといった老舗チューナーの他、

橋本コーポレーションのスープラは、アクラポビッチマフラーにKW車高調、ブレンボブレーキにOZホイールと、全て欧州メーカーで仕上げてきました!!

阿部商会もREMUS製マフラーをアピール!

DTEシステムはブーストモジュールに足回りはHREフローフォーミング!!

モータースポーツでおなじみVARISはワイドフェンダーのスープラ!一瞬、マジモンのレーシングカーかと思いました

という訳で、スープラにも日本・欧州メーカーから商品がどんどん発売してきておりますので、今後の盛り上がりが楽しみです

あとはアウディといったら”Balance it”

新型A7用に、

RS4アバント、

そしてWORKブースには、S5スポーツバックも展示されておりました。

しかしWORKの新作ホイールも凄いですw

 

という訳で、本日はオートサロンの様子を少し紹介させて頂きました。

朝8時半入りでしたが、社内外の即席ミーティングが次から次へとあり、外に出れば挨拶・雑談の連続で夜19時まで掛かって、ようやく会場を一周できました

しかし弊社で9台もの台数と展示物、搬入と搬出を行うスタッフは本当にご苦労様です、、、

 

という訳でオートサロン2020レポートでした!!

気分によっては明日もオートサロンネタですw

それでは!!

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから

ポルシェ 997ターボ後期 ダウンサス・ホイール取り付け

こんばんは芦田です。

今年も残りあと僅かで預かり車両も着々と作業が終わり納車ラッシュを迎えております

そんな慌ただしい中、今日はフロント3人体制のうち2人休みで他のスタッフもほぼ外出しており、終日店内は一人きりで何故か取り残された感が否めなくバタバタの一日でした

そして本日ご紹介いたします御車は、いつもお世話になっておりますお客様でオプションカラーのクリームホワイトが綺麗なポルシェ997ターボPDKのご紹介

まずはローダウンという事で、H&Rローダウンスプリングを取り付けさせて頂きました。

さっそくリフトアップし作業に掛かります

作業は出口パイセンが手際よく交換に掛かりますが、前後共にバラバラにしないとサス交換が出来ないのでかなり大変そう

まずは純正車高がこちら

そしてスプリング交換後がこちら

前後バランスよく約15mmほどローダウンし、交換後は低すぎることもなく普段使いでもストレスなく走行できそうですね

そして今回装着させて頂きましたホイールは、HRE VINTAGE SERIES 505M 鍛造1ピースモデル

フロント9.0×20 リヤ12.0×20 組み合わせるタイヤはContinental SportContact 6 245/30-20 325/25-20の組み合わせ

カラーは鍛造ホイールながら、全体のバランスを考慮して潔くグロスシルバー仕上げ

また出面は、お客様ご希望の漢のパッツパツセッティングで絶妙のツラ具合

 

完成後は、ボディーカラーと相まってクラシックに仕上がり歴代ポルシェを乗り継いでいるお客様だけにシンプルながら完成度の高い玄人好みの御車に仕上がりお客様にも喜んで頂く事が出来ました

いつもご用命を頂き誠にありがとうございます。

そんなこんなで本日はこのへんで

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓

お問合せはこちらから

 

 

 

 

 

ポルシェ 971 パナメーラ ステアリング交換 & ホイールペイント他 カスタム!!

アサイです。

オカと入れ替わりで金曜日登場

という訳で本日ご紹介するのは、ポルシェ971パナメーラ4S

前回BCforgedホイール装着や、キャリパーペイントなどさせて頂いた御車ですが、今回はアルカンターラステアリングに交換したいとの御依頼。

オーダーすること約1ヶ月。ドイツよりやってきました
もちろんポルシェ純正品となります。

ブラックレザーステアリングも良いですが、

アルカンターラステアリングは肌触りがもっと◎です

心配されていたエアバック警告灯も点灯しませんでした

今回も御用命頂き誠に有難うございました

 

続いてご紹介するのも、971パナメーラ4S。

こちらの御車は、純正ホイールのガリ傷修理ついでにホイールペイント

カラーはサテンプラチナで仕上げました
センターキャップはカラークエストをチョイス。

元々シルバーのホイールだったので、修理&イメージチェンジが一度に出来て◎です

御客様にも喜んで頂くことが出来ました

ちなみに、ポルシェの空気圧センサーは、認識するまでに5キロくらい走らないといけません

センサー認識後、無事に納車させて頂きました

という訳で今回は御用命頂き誠に有難うございました!!

 

ここでお知らせ。

まず12/1(日)は大阪マラソンとなります。

高架部分やアンダーパスは通行可能なので大丈夫だとは思いますが、道路状況には十分ご注意ください。

 

あと、ワタクシ(浅井)は12/2(月)~12/7(土)まで出張の為不在にしております。不在中ご迷惑をお掛けしますがどうぞ宜しくお願いしますm(_ \)m

それでは

 

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓

お問合せはこちらから

 

ポルシェ 991.2 カレラ4S 同色&ブラックペイント、地デジ、ドラレコ、レーダー取り付け!カスタム!

アサイです。

本日ご紹介するのは、ポルシェ991.2カレラ4S

まずはPCM(ポルシェコミュニケーションマネジメントシステム)に地デジチューナーの取り付けからスタート

御客様にもよく聞かれますが、なんで輸入車って元からテレビ付いてないんですかね??(高いのにw)

いつもの様にアクシス製インターフェースを通して、地デジ映像を入力。

純正画面との切り替えはナビボタンで行います。

チャンネル切り替えはリモコンかタッチパネルでの操作になります。

音声は今回、FMモジュレーターにて入力しました。

音声入力に関して、FMモジュレーターかUSBを使うか非常に難しい問題なのですが、
①FMモジュレーターのメリット・音ズレが無い、車両側をアップデートしても関係無い
デメリット・音質が若干悪くなる
②USBデジタル入力のメリット・クリアな音質
デメリット・音がコンマ何秒ずれる。車両をアップデートすると使えなくなる場合がある

と、どちらも一長一短があります。現状では地デジだけなら、FMモジュレター使うことが多いって感じです、、、

あ、HDMI入力もありますの、iphoneなどのミラーリングも可能です

同時に、BREX製ドライブレコーダー(駐車監視機能付き)と、

YUPITERU製レーダー探知機Z290Csdを装着

続いてエクステリアの作業。

とりあえず前後バンパーを外してから、

各部同色&グロスブラック施工を行いました

フロント下部やナンバー台はボディ同色ペイント、バンパーダクトはグロスブラックペイント仕上げ。

サイドスカートはボディ同色ペイント、

リアディフューザー&サイドダクトはグロスブラックペイント仕上げ。

ホイールもグロスブラックにペイントして、

センターキャップはカラークエストに交換してから装着

ブレーキパッドは低ダストパッドに交換済

最後に、kirameki オリジナル2層コーティングを行い、

完成

ノーマルに比べ質感と使い勝手が大幅にアップしました

一先ずこれで第一弾は終了。

今回も御用命頂き誠に有難うございました!!

それでは

 

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓

お問合せはこちらから