MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • MS-Design
  • STARTECH
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • end.cc
  • Next innovation
  • NOVITEC-ROSSO
  • ARTISAN SPIRITS
  • ADV.1 Wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • TSW WHEELS
  • BC Racing
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

レンジローバー

レンジローバー 後期 5.0SC STARTECH スターテック マフラー交換!車検対応!カスタム!!

アサイです。

本日ご紹介するのは、レンジローバー後期!!

525馬力を発揮する、5リッターV8スーパーチャージドエンジン搭載の御車です

いつもお世話になっているお客様より、マフラーを交換したい!!と、ご相談頂きました

Startech社からレンジローバー5.0SC後期用が出てるのを発見致しましたので、早速取り寄せ致しました後期レンジ用としては日本”初”取り付けでしょう

まずはノーマルマフラーの取り外しから。

そしてスターテックのマフラーを装着。部品構成はセンター&リアマフラーとなります。

最初ノーマルバンパーには取り付け出来ないとの情報もありましたが、問題無く取り付け出来ました

マフラーの取り付けが終われば今度はバルブの配線を行っていきます。

バルブの開閉は電気式。

この配線を行うことにより、Sモード、及びステアリングボタン長押しで、エキゾーストバルブが開き音量が大きくなります

配線は全てCAN信号で制御され、あくまで純正然とした操作方法が流石”Startech”の技術力と言えます

もちろんeマーク承認済です

書類も付属されます。

とここで、車検に関するお話ですが、去年の11月30日に「自動車騒音の大きさの許容限度」が改正され、交換用マフラーを備えた車両のうち、近接排気騒音について車種ごとに上限値を決めた絶対値規制に代えて、相対値規制が導入されました。

 

前までは「後付消音器(交換用マフラー)は当分絶対値規制になる」という話だったのですが、早急な騒音対策の為かここにきて、ついに相対値規制が採用されたみたいです。

重要なのは下記の部分↓↓

 

車種毎に定められた一定の値

・乗用車(車両後部にエンジンを有するもの※ランボルギーニなどのリアエンジン車) :95dB
・乗用車(車両後部にエンジンを有するもの以外のもの※通常のフロントエンジン車) :91dB
※2 新車時の近接排気騒音(車検証等に記載)に5dB を加えた値以下であること。

 

例えばフロントエンジン車は91dbが基準値ですが、新車時の接排気騒音(車検証等に記載)が92dbだった場合、97dbまでは許容されるということです。

※フロントエンジン乗用車(車両後部にエンジンを有するもの以外のもの)
新車時の近接排気騒音:92dB(>91dB) 規制値:92+5 = 97dB

プラス5dBの幅を持たせてるは経年劣化で音が大きくなっていく可能性があるので安全マージンのためにとられているからです。

 

ここで分からないのがまず1点。

新車時の近接排気騒音が基準値以内(例えば:80dB)の車両の場合は91dbまでOKなのか車種の設定値プラス5db(85db)までOKなのかが分かりません。

実際にレンジローバーの車検証を見ると、80dbとなっています。

そしてスターテックマフラーの近接騒音を測った結果、89.7db(バルブオープン、4000回転時)!!これはeマーク付でも近接騒音アウトで車検非対応となるのか!?
※ちなみにバルブクローズで3750回転だと約85db

 

という訳で、いつもの納得できなければ気が済まない”アサイ”、早速国土交通省に電話しましたwww

結果、「新車時の近接騒音時が91dbまでのクルマは旧基準となりますので、従来通り絶対値規制の96db(旧基準での測定方法)までであれば車検対応です」とのこと!!※ちなみに近畿運輸局大阪運輸支局にも確認しましたが、同じ回答でした

つまり96dbまでは車検対応!!もちろんスターテックマフラーも車検対応です

まぁ話を聞いてると、近接騒音96db以下までであれば国として目くじら立てることはないよ、みたいな感じでした。更に92db以上のクルマは+5dbまで認められるので、実質的には規制緩和です(笑)

 

そして、あと1点分からなかったことが、新車時92dbを超える車両でマフラーを交換した場合、近接騒音を測る回転数が、新基準(このレンジローバーの場合3750回転)か旧基準(最大出力回転数の75%、この場合4000回転)どちらなのか?という点です。

これに関して近畿運輸局大阪運輸支局の回答は、「新車時92db以上の場合は新基準だから、新基準3750回転での測定が基本になると思います」とのことでした。ただ車検が3年後とまだまだなので、その時の運用がどうなるかはまだ分からないとも言ってました。

まあしかし常識的に考えれば同条件(同回転数)で測るのが普通と言えるでしょう。

 

という訳で各ディーラー様、相対値規制になったからといって、「新基準91db未満の車両なので+5dbまでしかダメです!」や、逆に「絶対値96dbまでしかダメです!」といった間違った情報をお客様に伝えると、大きなブーメランとなって返ってきますから注意してくださいね!!(笑)

何度も言いますが、新車時91db未満の車両は96デシベルまでOK!新車時91db以上の車両は+5dbまでOK!※リアエンジン車の場合、新車時95db未満の車両は100デシベルまでOK!新車時95db以上の車両は+5dbまでOK!というのが今回の改正のポイントと言えます

 

弊社が扱っている、Eマーク(協定規則適合品表示)、及びeマーク(欧州連合指令適合品表示)のマフラーは基本純正+5dbまでになるように設計・製作されておりますので、安心して使用して頂けます※あるメーカーに聞いたら音量を上げるのではなく、音質を変えるマフラー作りをしているとのことでした。
※Eマーク及びeマークは加速騒音規制対応の証明となるものです。つまり近接騒音対応&加速騒音適合表示、両方揃って車検対応マフラーとなります。


 

話を元に戻しますが、今回装着したスターテック社のマフラーは音質も良く、お客様にも大変喜んで頂くことが出来ました

追加でまた大物のオーダー頂きましたので、完成が楽しみです

 

長くなりましたが、自動車をカスタムする以上各種法令を良く理解し、それをお客様に伝える義務があると思っています。法令を順守しながらお客様に安心・安全なカーライフを楽しんで頂くのが私たちの一番の喜びです。これからもより良い仕事が出来るよう邁進して参ります!

 

御客様には今回もご用命頂き誠に有難うございました!!

それでは

 

British Car Day!!Rapide S&Velar!!

こんにちは

オカです

本来はしのちゃんのブログ担当の日ですが、いなくなっちゃったのでまたオカブログです・・・

正直言いますが、「次のオカさんの日にボクがブログ書くんで今日書いてください」ってもう何度もお願いされて書いてますが、一度も書いてもらったことはありません・・・

次こそ書いてもらいますからねwww

 

さてさて、そんな今日はお洒落なイギリス車をご紹介

レンジローバー ヴェラールのディーゼルモデルでございます

今までヴェラールのエアサス車はスターテックからロワリングモジュールが出ておりますが、バネサス車はどこも出しておらず・・・

お客様もダウンサスを探されており、iiDから新しくラインナップされたダウンサスをチョイスしていただきました

元々アメリカンレーシングのホイールが装着されておりましたが、せっかくの22インチですのでやっぱり格好良く・・・

ローダウンさせていただきました

正直に言いますと思っていた以上に下がりまして・・・

納車の時にお客様に見ていただくと「めっちゃ低くてエエやん」と喜んでいただきました

写真は取り忘れましたが、後日スペーサーも装着させていただき、ツラ具合も良くなりました

やっぱりSUVでもローダウンした方が格好良いですね

この度はご用命いただき、誠に有難うございます

 

そしてもう1台ご紹介させていただくお車は・・・

アストンマーティン ラピードSでございます

ローダウンスプリングを入れられてご来店いただきましたが、「ツラが甘くなっちゃったので、ツライチにしたいんです」とオーダーいただきました

すみません、ちょっとラピードってお車をナメテオリマシタ・・・

「どうせH&Rとかで出てるでしょ~」って余裕ぶっこいて確認します。

色々聞いているとアストンでもDB9とかと最新のDB11でPCDもハブも違うみたいで・・・

しかもちょうどその間のラピードはどちらとも違うというおまけ付きwww

お客様に無理言って測定させていただいてPCDとハブとその他もろもろ測定。

さらにスタッドボルトのピッチはなんと2.0www

ワンオフスペーサーを作ろうとしてましたがそこでまた壁にぶち当たりまして

取付ナットはなんとフォードのトラック用を加工して流用

さらにさらに車輌側のスタッドボルトが長くてフロントホイールの逃げが少なく・・・

スペーサーだけでココまで悩まされたのは初めてでしたwww

ですがですが・・・

バッチリツライチで仕上げさせていただきました

色々悩んだかいもあって綺麗なツラ具合になりました

実はマフラーも交換させていただきましたが、お客様の中ではマフラーはついででどっちかというとスペーサーメインだったというwww

ですがお客様にも喜んでいただけてほっと一安心です

お待たせいたしましたが、ご用命いただき誠にありがとうございます

またあの件も調べてご連絡させていただきますね~

 

そんなこんなでお洒落なイギリス車でした

それでは今日はこのあたりで・・・

オカでした

 

注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから

レンジローバーイヴォーク 車検整備点検 ローダウン ドレスアップ

こんばんは芦田です。

本日ご紹介いたします御車は、以前ナビゲーション取り付けなど施工させて頂きましたイヴォークですが、今回は車検でご入庫頂きました

早速リフトアップして出口パイセンによって各点検整備を進めていきます。

またラジエターホース等から水漏れがありましたので部品を取り寄せし交換・修理致します

そして当初ダウンスプリングも一緒にご用命を頂いておりましたが、タイミングが良いのか悪いのか入庫直前に純正のショック不良でエラー表示が出るとの事・・・

改善するにはショック交換が必要になる為、どうせ交換するならという事で急きょ仕様変更でこちらのBC Racing車高調キットを取り付けさせて頂きました

こちらは全長調整式の減衰力調整付き車高調キットとなりお好みのセッティングが可能となります。

取り付けは引き続き出口パイセンによってサクサクっと手際よく交換していきます

まずは純正車高がこちら

そして交換後がこちら

フロント約40mm リア45mmほどローダウンさせて頂きました

交換後はバランス良くこんだけローダウンしても乗り心地もストレスなく良い感じの仕上がりとなり、イヴォークはローダウン後の塊り感が増してよりカッコよくなりますね

いつもご用命を頂き誠にありがとうございます。

ちなみに例のエアロは既に売れてしまって取り付けられたようでもうありませんでした

 

そんなこんなで本日はこのへんで

注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから

 

 

レンジローバー ヴェラール×LUMMA Design フロントグリル

こんばんは、シノハラです

本日ご紹介するお車はコチラ!!

真っ黒に染まったレンジローバー ヴェラール!!

このままでもカッコイイと思いますがオーナー様から気になる事が一点ございまして

“どーーーしてもこのフロントグリルのデザインが気に入らない!”

っとのこと・・・

今回は潔く交換させて頂きました!!

取り付けたのは

LUMMA Design フロントグリルを取り付けいたしました!!!

フィンタイプのグリルになりましてスポーティな感じがいいです♪

ちなみにヴェラールにフルエアロを装着すると↓↓↓

ワイドボディになっててカッコイイです!!

そしてよく見るとグリルの上から2段目にエンブレムがついております

“エンブレムいらない”と言えば話は早いのですが避けては通れないのがエンブレム貼る位置にある凹み・・・

そこはキレイにスムージングさせて頂きました♪

奥にはメッシュを貼っておりますのでゴミが入る心配もございません♪

最後にTVキャンセラーを施工して

完成!

今回はご用命頂き誠にありがとうございました!!!

ちなみにですがLUMMA Designは日本ではまだ知名度が低いですが海外では名の通ってるチューニングブランドです。1987年にドイツで設立し今年で32年目になるチューニングブランドです。ベンツ、BMW、レンジローバー、ポルシェ、ジャガーやアウディのパーツをデザイン、製作、取付、販売してます。

↑ クラッシュテストなどもおこなってます!

そんなLUMMA Designですが新型Gクラスのエアロパーツも出ているんです!!!

お問い合わせお待ちしております!!!!

それでは

 

注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから

レンジローバー イヴォーク HSE×ダイナミック仕様

こんばんは、シノハラです

本日ご紹介するお車はコチラ!!

レンジローバー イヴォーク HSEです!!!

コチラのお車はイメージチェンジと言うことでダイナミック仕様にさせて頂きました!!!

何気に後期型をダイナミック仕様にするのはお初♪

まずはフロントバンパーの交換!

ボディラインが微妙に下まで伸びてボリュームアップしております♪

そしてサイドスカートもダイナミック!!

サイドもボリュームアップしてよりスポーティになりますね!!

そしてリアもダイナミック化しております!!!

リアは前期と同じくボディにマフラーカッターが付きますのでダイナミックに合わせて加工しております!!

またフェンダーアーチはダイナミックと共通なので交換する必要はございませんが経年劣化の為、色褪せちゃってるんですよね…

フロント・サイド・リアと交換した樹脂部分と微妙に色が違って気になっちゃうので新しく交換させて頂いております♪

そしてTVキャンセラー施工し

デイライトを取り付けさせて頂きました♪

完成!!

社外のエアロを取り付けるのもアリですが、結構形が変わってゴリゴリ感が出ちゃうんですよね。

ダイナミック化だと純正品でフィッティングも問題ないですし、サラッとボリュームアップする感じが良いですね!!!

今回はご用命頂き誠にありがとうございました!!

それでは

 

注文、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから