MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • MS-Design
  • STARTECH
  • REVOZPORT
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • end.cc
  • Next innovation
  • NOVITEC-ROSSO
  • ADV.1 Wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

TOYOTA/LEXUS

レクサス LC500

こんばんは芦田です。

本日ご紹介いたします車両は、いつも大変お世話になっておりますお客様でディーラー納車後に早速ご入庫頂きましたこちらのレクサス LC500のご紹介em_goodem_goodDSC_0709.JPG

まずはお決まりの車高ローダウンから進めていきますem_note
早速こちらのRS-R Ti2000ローダウンスプリングを取り付け致しますem_smile1
左が純正スプリング そして右がRS-RスプリングDSC_0712.JPG

初作業になりますが、伊藤くんにより慎重かつ丁寧に進めていきますem_mood
ただリア廻りが結構大変そうでしたem_aseaseem_aseaseDSC_0717.JPG

そして交換後、アライメント診断・調整を行い無事に完成em_pika
まずはノーマル車高がこちらDSC_0701.JPGDSC_0702.JPGDSC_0708.JPG

そして交換後がこちらem_goodem_good
フロント25mm リア20mmのローダウンに落ち着きましたem_smile1
DSC_0751.JPGDSC_0752.JPG
DSC_0760.JPG

そして純正オプション21インチホイールを潔く脱ぎ捨て、装着致しましたホイールは、ハイパーフォージド HF-Dic
フロント 10.0×21 リアも10.0×21で前後でオフセット違いで作成em_flopped
また仕上げはDISK/ブラッシュドシルバー Rim/ハイポリッシュと王道の組み合わせですが、インナーRimをブラックにする事でDISKのデザインがより強調されていい感じem_pikaem_pika
そして純正空気圧センサーも移植いたします。
DSC_0716.JPG

ハイパーフォージドいえば、コンケーブですねem_note
今回も良い感じの深リムにコンケーブ具合がたまりませんem_floppedDSC_0866.JPG

またお客様好みのパツパツのツライチセッティングで絶妙な出面となりましたem_c_handDSC_0867.JPG

また身の安全を守るため最近とくにお問い合わせの多い、ユピテル ドライブレコーダー連動レーダー探知機 Z810DRをルームミラー奥にスマート取り付けem_note
DSC_0782.JPG

そして最後に煌ボディーコーティング・ガラス撥水コーティング施工を行い新車以上の輝きとなり無事完成でございますem_pikaem_pikaDSC_0860.JPG
DSC_0846.JPG

ローダウンにホイールのみ取り付けと手数は少ないですが、さらっと仕上げるあたりにオーナー様のセンスが伺えますem_smile1
当初、ホイールのデザインでひねり系にするか悩まれてましたが、結果大正解で完成後はお客様にも大変喜んで頂く事が出来ましたem_goodem_good

いつもご用命を頂き誠にありがとうございます。
DSC_0778.JPG
DSC_0776.JPG

そんなこんなで本日はこのへんでem_p_hand

シーケンシャルウィンカー!!

アサイです。
本日ご紹介するのはコチラの御車。新型アルファードでございます!
A121.JPG
いつもお世話になっている御客様より、
「新型アルファード買ったんやけど!」
「はいはい」
「流れるウィンカーにしたいねん!!」
「マジすか!?」
「大阪の北の方に加工してくれることあるらしいねん。連絡取って施工しといて。あとはヨロシク〜」
「www(話早!)」
との依頼です
早速作業スタート
IMG_9639.JPGIMG_9638.JPG
流石に弊社でLED加工は出来ません
そこでお願いしたのが、御客様が言ってた枚方市にあるLED加工専門店。その名も「球屋」さんです
http://www.e-onestop.jp/
オートメッセなどのイベントにも出展している有名なショップ様。
しかしHPには電話番号さえ記載されていないという中々硬派なところです
メールで連絡取って、外したヘッドライトを直接持込。
約1週間ほどで仕上がってきました
IMG_3670_-_�R�s�[.jpg
そして流れるウィンカーKIT(通称シーケンシャル連鎖点灯式ユニット)の配線を行い完成です!
※原理的にはLEDをヘッドライトウィンカーに10個埋め込んで、ユニットが順に電気を流して光らせる=流れるウィンカーに見える、という方法です。
それでは動画をどうぞ↓↓

「お〜流れている!めっちゃ綺麗!!」
と御客様にも喜んで頂くことが出来ました
ちなみに車検大丈夫なの?という方がいらっしゃると思いますので、道路交通法を調べてみました。
結論からいうと「全く問題ありません!」
大きなポイントは1つ!!
「一度点灯したLEDが全部光るまで消えないこと」
つまり1個ずつLEDが点灯し流れていくパターンはダメと言う事になります。
あと、色がオレンジであることや、ウインカーの点滅周期は毎分60〜120回である事、点滅速度は一定である事、光りは内側から外側に向けて流れる事、流れ方は左右対称である事などが挙げられますが、この辺りは問題ないと思います
なので安心してお使い頂けます
※心配な時はスイッチでノーマル点灯方法に戻せます。
同時にリアのリフレクターをLED化(ポジションライト/ブレーキライト連動)
A116.JPG
ポジション点灯時
A114.JPG
ブレーキライト点灯時
これも道路交通法を調べました。結果「問題無し!」
条件としては通常時に「リフレクターの機能があること」。この商品は純正を加工していますので問題ありません。
そして光ると尾灯扱いになり、数に制限はありませんが、「ライトの上縁の高さが地上1.5m以下、下縁の高さが地上から0.35m以上。」であることが必須となります。
※リフレクター機能のみの場合は地上から0.25m以上。
つまり過度なローダウンなどしておらず、地上から35cm以上確保できており、リフレクター機能を備えていれば問題無くOKという内容です
最後にバックライトLEDに、
A117.JPG
リアウィンカーもLED化
A118.JPG
室内(バニティ&ドア下&トランク内)をLED化して、
IMG_9832.jpg
完了でございます
A108.JPG
ちなみに他の車種では施工不可です!
流れるウィンカー化出来るのはあくまでアルファード(ヴェルファイアもいけるかな!?)のみですのでお間違え無く
御客様にも大変喜んで頂くことが出来ました!
今回もご用命頂き誠に有難うございます
A124.JPG
それでは

bond e-shopは、送料無料キャンペーン中(代引除く)です♪
eshop_free.jpg

レクサスLX570

こんばんは芦田です。
本日ご紹介いたします車両は、前回ローダウン・ホイールを取付けさせて頂きました
レクサスLX570でございます

DSC_1675.JPG
今回は、マフラー取付けのご用命を頂き早速リフトアップして作業開始
DSC_1623.JPG
まずはこちらの純正マフラーを取り外します。
DSC_1622.JPG
DSC_1624.JPG
そして取り付けますマフラーは、日本の老舗マフラーメーカーのSURUGA SPEEDを取付けいたしました
DSC_1621.JPG
取付けはサクサクっとさすがmade in japan
オプションのセンターマフラーも一緒に取付けしましたが、フィッティングもバッチリ

またこちらのセンターマフラーは、ループマフラーにする事で左右の配管の等長を整え、排気効率などアップさせています
DSC_1631.JPG
DSC_1630.JPG
さらにセンターからリアピースに掛けて交換いたしますが、安心の保安基準適合なのも嬉しいですね
DSC_1633.JPG
また今回テールエンドを下向きテール・2本出しテール・4本出しテールとお好みで選べますが、純正が2本出しなのでどうせならという事で4本出しを選択
DSC_1627.JPG
スペアタイヤがフロア下に吊り下げられていますが、配管の取り回しなど上手く処理され迫力の4本出しマフラーを実現
また現車は、純正が片側2本出しでモデリスタバンパーのためマフラー出口を左右対称にカット致しました
DSC_1635.JPG
完成後は、こちらの2本出しから4本出しマフラーになる事で迫力が増しました
また音のほうは、保安基準適合品なのでほどほどの音量ですが、音質が良く気持ちの良いサウンドで、走行中のコモリ音も無くホント良い感じ

DSC_1015.JPG
DSC_1679.JPG
そして最後にバックランプをLEDバルブに交換し、今回の作業も無事終了いたしました
DSC_1674.JPG
なかなかの高額マフラーですが、後日お客様から音も良いしホント良いマフラーとお褒めのお言葉を頂きました
いつもご用命を頂き誠にありがとうございます。
DSC_1085.JPG
そんなこんなで本日はこのへんで
bond e-shopは、送料無料キャンペーン中(代引き除く)です♪
freeshipping.jpg

レクサスLX570完成!

アサイです。
本日ご紹介するのはレクサスLX570
A023.JPG
前回まで24インチホイール取り付けにローダウンを施工させて頂いた御車ですが、バックオーダーしていたパーツが入荷してきましたので早速取り付けしていきます
まず取り付けしていくのは、GANADOR製4本出しマフラーとヒッチメンバー
しかし、クルマが新し過ぎてまだメーカー適合が出ておりません
あるのはランクル200後期用のみ。
御客様に伝えたところ「ま、何とかなる(してくれる)やろ」の一言で計画スタートwww
※もちろん入念な下調べと御客様との信頼関係があっての話です
早速バンパーを外していきます。
A014 (2).JPG
小田&伊藤ペアで早速ヒッチメンバーが装着されました
強度が必要な部品ですのでフレームにガッチリ固定されております。
この後はリアトレーラー電源の配線を行っていきます。
A0131.JPG
※ヒッチボールは2インチ(50mm)用。電源カプラーは7Pタイプです。たまにヒッチ取り付けを依頼される方がいますが、後ろ(引っ張る方)の規格によってヒッチメンバーの種類は様々です。事前にどの規格かを教えて頂けますようお願いします。
続いてマフラー交換。
今回は4本出しスクエアタイプ
A017.JPGA015.JPG
スペアタイヤも外すことなく装着可能でした
お次はブレーキパッド。
「純正は全くブレーキが効かん!!」
ってことで、低ダストと初期制動力を両立したENDLESS SSM (Super Street M-Sports)を特注にて製作。
これも適合ありませんでしたが、純正のパッド品番調べてランクル200と同品番を確認した上で取り寄せしました。
A022.JPG
感想はまた聞いてみましょう
そしてフロントにはエルフォード製アンダーウィングスポイラーをカーボン塗り分けして装着
ダクト部分にはダブルエイト製LEDアタットメントをインストール。
A011.JPGA006.JPG
その他、エルフォード製3Dウィンドウトリム、エアクリーナー、マッドフラップなどを装着して完成でございます
A052.JPGA022.JPGA031.JPG
下調べの甲斐あって、無事に全ての作業が完了致しました
このクルマのモディファイはこれで完了。
御客様もやっと満足されたようです
今回もご用命頂き誠に有難うございました!!
それでは
A053.JPG
<最後に御連絡>
ワタクシ、アサイはまた6/11(土)〜6/14(火)まで不在にしております。ご迷惑をお掛けしますがどうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m

LX570 3連チャン!!

アサイです。
本日も溜まっていた作業内容を3連発で紹介させて頂きます
まずはコチラのレクサスLX570
A064.JPG
前回Hyperforged 24インチを装着させて頂いた御車ですが、今回追加作業としてデータシステム製エアサスコントローラーの装着!!
A067.JPG
作業したのはモチロンこの男(笑)
適合無いにも関わらず黙々と作業してくれますw
img20061_img19072_img12157_DSC_1323.jpg
純正でもローレベルを選択できますが、めっちゃリア上がり!
エアサスコントローラー装着で、ちょうど良い車高に落ち着きました。
※その後、サスのストローク不足の為、写真より2レベルほど車高上げましたw
A070.JPGA050.JPGA082.JPG
ついでにバックライトLED化に、
A059.JPG
ユピテル製レーダー探知機&ドラレコZ800DR、
A057.JPG
データシステム製TVキャンセラーを装着
A058.JPG
御客様とはグラントゥーリズモ乗っていたときからの御付き合い(約5年前)。
今回もご用命頂き誠に有難うございました!
と思ったら、早くも次のプランが進行中です
A095.JPG
続いては漆黒のLX570
ZDSC_1190.JPG
こちらの御車にもデータシステム製エアサスコントローラーと、足元にFORGIATO製MAGLIA-ECL 24インチホイールをインストール!!
ZDSC_1205.JPG
ZDSC_1197.JPG
他と被らないように!ということで久し振りに(笑)フォージアートを装着致しました
今回は小田プロデュース
ZDSC_1214.JPGZDSC_1238.JPG
この御客様もW216 CL乗っていたときからの御付き合いです!(約6年前)
今回も誠に有難うございました!!
最後に御紹介するのもやっぱりレクサスLX570
そしてやっぱりデータシステム製エアサスコントローラーの取り付け
このノーマル車高が
A027.JPG
フロントレベル4〜5、リアレベル7でこのような感じに落ち着きます。
大体3〜4cmダウンってところです
A035.JPG
こちらの御客様もW211の時からの御付き合いです(約10年前)
いつも誠に有難うございます!次はホイールですね(笑)
てなわけで、皆様長年のご愛顧誠に有難うございます!!
そしてどれだけ人気なんだレクサスLX570!!!
ちなみに「まだ適合無いエアサスモジュール付けて大丈夫なのか?」という質問がありますが、今までの施工台数5台、皆様もう1ヶ月以上(それぞれ4/4、4/13、4/14、4/15、5/1)装着して走行されておりますが、何にも不具合報告無しです
という訳で今回もご用命頂き誠に有難うございました!
それでは