<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

INFORMATION

bond tokyo
ボンドショップ東京
〒145-0064
東京都大田区上池台1-20-8
TEL 03-3727-0404
FAX 03-6421-8800
営業時間 10:00〜20:00
定休日 なし
feed icon

RSS1.0
Atom0.3
Powered by Serene Bach

2016.03.07 Monday

久しぶりのDr.サトー。

こんばんはDr.サトー診療所の万年助手の内山です[em_c_hand]

このシリーズ久しぶり過ぎてどんなノリか完全に忘れおりますので探り探りいきます!笑

本日の患者さんはこちら。

TECHART MAGNUMさん(PORSCHE 958 Cayenne Turbo)4歳です[em_c_hand]

マグナム

いつ見ても圧巻のスタイル!!

それなのに・・・

それなのに・・・

メーター内に、「チェッククーラントレベル!」というアナウンス。

要するに冷却水の量を点検してくれ!との事です。

そんな時の主治医は勿論・・・

Dr.サトー医院長の登場で御座います!

という訳で早速エンジンルームを点検(問診)していきます。

V8

エンジンルームを開けてまず目に飛び込んできたのが、

カバー

エンジンルームのカバーに何かが飛び散った跡を発見[em_biccur2]

これは間違いなく・・・

いつものところや[em_biccur2]

やっぱり原因はサーモスタットハウジングのホースの付け根からの水漏れを発見[em_idea]

新品の部品をすぐに取り寄せ、交換作業スタートです[em_good]

しかしこのサーモスタットハウジング。交換がまぁ大変なんです[em_biccur2]

Dr.サトー

ですがうちのDr.サトーはめげません!!

どんな困難な作業にもかかんに挑みます[em_biccur2]

インマニ取り外し

奮闘する事数時間。

ようやくインテークマニホールドを下してサーモスタットハウジングとご対面[em_biccur2]

ってこの写真では既にサーモスタットハウジングは外れております(笑)

助手がかけつけるも摘出の瞬間に間に合わず[em_shout]

とりあえず無事摘出したサーモスタットハウジングとこの後交換する新品部品がこちら!

サーモスタットハウジング

左が外した部品で右が交換する部品です。

そして今回水漏れの原因となってしまったのがこちら↓↓

ホース

え〜っと。

すっぽ抜けちゃってます[em_biccur2]

実はここのホースが抜けて水漏れが起きてしまうケース。

よくある話なんです[em_biccur2]

今まで何台もこのサーモスタットハウジングを交換してきました(笑)

だってですよ?

ハウジング本体にホースが刺さって接着されているだけです。

接着?って話です。

冷却水ってエンジンの中やラジエターの中で結構な圧力で駆け回ってるのに・・・

接着は無いと思います!!

この部品を作った人に言いたい。

「もっと頑丈に作って頂きたい!!!」

ここから組み付けに入って行く訳なのですが、新品の部品を組んでもまた漏れない?

なんて思われた方。

ご安心下さい!

今は対策品が出ております[em_biccur2]

早速比較してみましょう♪♪

サーモスタットハウジング交換

こちらが交換前のホースが抜けてしまった状態の部品。

対策品

交換する部品がこちら!!

よーく見てみて下さい。

ホースの付け根が、ボルト止めに変更になっております[em_biccur2]

そりゃそうだ。

嫌、最初からそうするべきだ。

どう見ても新しい部品の方が頑丈そうです!!!

きっと設計した人も気が付いたんでしょうね。

「こりゃやばい!」

なんて思った事でしょう・・・

しかし今回の修理内容はターボだけにかかわらず、V8エンジン全般に多くみられます。

最近やたらクーラントの警告灯が点いたり、エンジンルームから変な臭いがしてきたら

早めの点検をオススメ致します[em_biccur2]

それではまた逢う日まで[em_p_hand]

posted by bond Tokyo at 19:46 | 修理全般 | - | -

2015.12.17 Thursday

ゲレンデのウィークポイント2!

こんばんは!木曜日整備士ブログでございます[em_good]

前回に引き続き東京店で圧倒的入庫率を誇るゲレンデのウィークポイントのご紹介です[em_flopped]


みなさんのゲレンデでオイルが滲んでいたりポタポタ垂れていたりすることはありませんか?

色々な原因があるのですがゲレンデでよくあるのがヘッドカバーガスケットからのオイル滲みです。

出てる量は滲む程度なのがほとんどですが長い時間放置しているとエンジン下にドンドン溜まって最終的には垂れてきたりします[em_shout]

確認はエンジンフードを開ければ簡単に確認することができます[em_smile1]


ゲレンデ


エンジン上にあるこのゴムが挟み込まれている部分

詳しい全体写真がないのですが覗き込めばすぐわかります[em_c_hand]

この部分より下が湿っていたらここのガスケットの劣化がオイル滲みの原因です。


ゲレンデ ヘッドカバーガスケット


大がかりな作業をしているように見えますがここまでは時間はそれほどかかりません[em_worryingly]

時間がかかるのはゴムのガスケットを取ったその先・・・


ゲレンデ ガスケット


液体ガスケットが塗られているのですがそれを綺麗に取り除くのが時間がかかります[em_feeldown2]

綺麗に取り除かないとそのカスが原因で漏れてくる可能性があるからです・・・


これさえ取り除ければあとはガスケットを新品にして液体ガスケットを塗って逆の手順で戻すだけです[em_c_hand]


普段ゲレンデを止めている場所にオイルが垂れてることがあったら確認してみてはいかがでしょうか?悪化する前に修理をオススメします[em_biccur2]

ちなみにこのガスケットより上のガスケットから漏れている場合はそこのカバーに付いてる液体ガスケットから漏れています。

そちらもゲレンデのウィークポイントですので要チェックです[em_smile1]


ちなみに現在東京店黒いゲレンデフィーバーが来ていまして・・・



ゲレンデ


ゲレンデだらけでしかも真っ黒です[em_worryingly]

やはりゲレンデの入庫率は高いようです[em_pig]

ゲレンデの修理・カスタムに関するお問い合わせは是非ボンドショップ東京までお問い合わせください[em_good]

整備士ハセでした。

posted by bond Tokyo at 19:27 | 修理全般 | - | -

2015.12.01 Tuesday

お車のブレーキ大丈夫ですか?

みなさんこんばんは!木曜日整備士ブログでございます[em_g_hand]


みなさんお車のブレーキは気にしていますか?

ブレーキパッドの残量だけでなくブレーキディスクの状態もとても重要です。

溝ができていたり波うっていたりすると異音につながります[em_shout]

ブレーキパッドも警告灯が付いたらもう限界です[em_worryingly]

まだ走れるでしょ!とそのまま走らずにすぐに交換しましょう[em_smile1]


なぜこんな話をしたかというと・・・

先日ブレーキを整備させて頂いたゲレンデがあるのですが・・・


ブレーキローター 限界


一見すると普通のワンピースローターですが?


ブレーキローター 限界


あらら?


ブレーキローター 限界


ドドーン[em_biccur2]

なんと割れて分離してしまっていたのです[em_shout]

使用限界を超えて鉄の板の状態で走っていたブレーキパッドがキャリパーの中で遊んでローターを削っていたみたいです。


ブレーキパッド 限界


ブレーキパッド 限界


リアブレーキは完全に使えない状態だったためあの重たい車体をフロントだけで停めていたようです。何事もなくボンドショップ東京に来てくれて本当に良かったです。

もうすぐ年末年始と長期休みに遠出等考えている方はお車のコンディションをしっかりチェックしておきましょう!

お休み中に何か起きたら楽しい思い出も台無しですからね[em_worryingly]

なにかお車で気になることがあればぜひボンドショップ東京までお問い合わせください[em_smile1]


それでは今日はこの辺で!整備士ハセでした[em_pig]

posted by bond Tokyo at 19:35 | 修理全般 | - | -

2015.10.29 Thursday

ゲレンデ修理といえばリフター?

みなさんこんばんは!木曜日整備士ハセブログでございます[em_note]


今回はゲレンデの修理をご紹介します!


ゲレンデではもうあたりまえと言っても過言ではないほどよく壊れる場所です[em_shout]



リフター交換


そう!窓を上げ下げするためのリフターでございます[em_worryingly]


ここの部品交換依頼は本当に多いです・・・しかも私が作業をやる場合なぜか左後ろが多いです(笑)


リフター交換


まずは内装を剥がします。


この中にある白いビニール。水の浸入を防いでくれてたりするのですがいざ交換となるとただのビニールなのに恐ろしい値段なので慎重に剥がしていきます・・・


リフター交換


ビニールを剥がしたらもうリフターが見えてきます。


これを外して交換してもとに戻せば完了です[em_flopped]


ちなみにこちらの取り外したリフターは何が起こっていたかというと・・・


リフター交換


中でワイヤーがこんがらがってびくともしません・・・


こうなってしまうともうもとに戻すのは厳しいので交換になります。


今までかなりやっていたのですがブログには載せたことなかったので今回意識して撮影しました[em_smile2]


ちなみにたまたまオレンジ同士が並んでましたのでパシャリ


オレンジ兄弟


眩しくて目がチカチカしてしまいます[em_worryingly]


それでは今日はこの辺で!

整備士ハセブログでした[em_pig]

posted by bond Tokyo at 19:40 | 修理全般 | - | -

2015.10.22 Thursday

ボンドショップはいろいろやってます!

こんばんは!木曜日整備士ハセブログです[em_good]


作業の写真を載せたブログを書きたいのですがここ最近作業中写真を全然とれないでいます・・・


今日は作業写真はありませんがどんな作業をやっているかいくつかご紹介します[em_worryingly]


車検整備中のA3


A3


オイル交換のX3


X3


オイル交換とタイヤ交換のM4


M4


納車整備の958カイエン


958カイエン


とまぁこんな感じにハセは一日いろいろやっていました[em_feeldown2]

ボンドショップ東京では車検・一般修理もできますので是非お問い合わせください[em_biccur2]


それとハセがあれこれやっている横では・・・


R8


オジサン二人がなにかをせっせとやっていますがそれはまた石井ブログにてご紹介されると思いますのでそれまでのお楽しみです[em_smile2]

それでは今日はこの辺で[em_biccur2]

整備士ハセブログでした[em_c_hand]

posted by bond Tokyo at 20:16 | 修理全般 | - | -

2015.08.21 Friday

Dr.サトー診療所 episode 2

こんばんは。Dr.サトー診療所受付の内山です[em_c_hand]

本当は本日ご紹介した車輌があったのですが、飯村氏より素敵な前フリがあった為

予定を変更してDr.サトー診療所episode2をお届け致します[em_p_hand]

SLR

今回の入院患者はこちらのSLRさんです。

入院期間は8/10〜8/18までの8日間。

内容としては

・エンジンオイル交換
・エンジンチェックランプ点灯修理(診断済みの為部品交換)

という内容でした。

勿論この内容で8日間も期間があるので、普通に考えれば

楽勝

のはずでした・・・

ですがこの期間内には、お店自体に3日間夏休みが御座います!

そしてDr.サトーは前半仕事して後半に夏期休暇を取る予定でしたので・・・

実質3日間しか日数がありません[em_shout]

後半出勤するルーキー長谷とセイゾーおじさんにはこの車の内容は荷が重すぎる・・・

という事は?結局執刀医はDr.サトーしかおりません!!!

Dr.サトー診療所 受付班リーダー飯村氏は無茶な日程を組んだ事になりますね[em_biccur2]

しかし今回の休みの事情は完全にこちらの都合。

そう!お客様には全く関係の無い事です[em_biccur2]

結論からすれば、やるしかないって事です[em_p_hand]

そうともなれば早速作業スタート。

SLR

まずはエンジンオイル交換。

今思い返せばSLRのエンジンオイル交換については昔色んな噂がありました・・・

オイル交換の際にアンダーカバーを新品にしなくてはいけないとか・・・

普通の店ではオイル交換出来ないとか・・・

昔は不安要素盛り沢山でしたが、そんな事勿論御座いません[em_p_hand]

ちゃーんとオイル交換可能ですよ!

ただ時間は物凄くかかりますが・・・汗

そしてオイル交換と同時にエンジンチェックランプの部品交換をしなくてはいけない為、

部品の位置を特定していきます!

だがしかし!!!

ここで不測の事態発生です!!

エンジンルームを上から見ても、下から見てもエンジンチェックランプ点灯させてしまっている

原因の部品が見つかりません[em_shout]

調べていくと・・・

なんと・・・

Fフェンダー

フロントフェンダーの内側に付いている事が発覚[em_biccur2]

流石のDr.サトーもこれにはイチコロとは言えない様子[em_feeldown2]

思わずDr.サトーの口から

「フェンダー外しかー・・・マサヒコさん変わりません?」

なんて弱気な発言が[em_shout]

そんな問いにもマサヒコさんは華麗にスルー!!笑

もうここまで来たら・・・

突き進むのみ[em_biccur2]

外れた

フェンダー外して・・・

マフラーまで外してようやく丸見え[em_heart]

憎きエンジンチェックランプを点灯させている原因はこれ[em_biccur2]

エアポンプ

エアポンプです[em_bad]

ちなみにエアポンプはエンジン冷間時に排気ガスが濃くなり過ぎないようにしている部品なのですが、

これがまた結構エンジンチェックランプを点灯させてしまう事がある部品なんです[em_asease]

ようやく部品が丸見えになった訳なので、交換しようと試みるも

ん?

おかしい。

完全にDr.サトーの様子がおかしい。

横

カメラを向けるもDr.サトーの震えが止まらずピントすら合いません。

横から覗いてみたり。

院長

上から覗きこんでみたりとするも中々交換作業に移行しません。

どうしたのか尋ねてみると。

こんなに丸見えなのに、ボルトが後ろから入ってる[em_biccur2]

そう。

ようやく辿り着いたのに、交換作業自体がまた大変だったそうです!!

ですがうちのDr.サトーはそんな事では挫けません。

強靭な精神の持ち主で御座います。

なにせ片道50kmの道のりを毎日自転車で通っている位ですから。
(これ本当の話です。)

往復約100kmを自転車通勤です(笑)

そんなこんなで部品を交換して最後にテスターで実測値を確認してエラーを消去して

完成で御座います[em_c_hand]

結局ダラダラとふざけ過ぎ?なブログになってしまいましたが、要するに内山が

何をお伝えしたいのかと言いますと・・・

メンテナンスもオマカセあれ[em_biccur2]

ただそれだけで御座います[em_c_hand]

それでは次回のepispde 3公開までしばしお別れとなります[em_p_hand]

お楽しみに!!笑

posted by bond Tokyo at 20:16 | 修理全般 | - | -

2015.08.06 Thursday

ボンドショップは満車御礼!

こんばんは!木曜日はボンドショップ東京整備士ハセブログでございます[em_flopped]

おかげさまでボンドショップ東京車がいっぱいでございます[em_shout]
これはまさにうれしい悲鳴ですね[em_c_hand]

ここ一週間いろいろ作業していたのですが写真を撮る余裕もなく・・・
さっきやっていた作業を今日のブログにのせるというかなりホットな内容になります[em_smile2]


今日は二台一緒にマフラー交換[em_good]

マフラー交換


グランツーリズモはパワークラフト[em_biccur2]


グランツ パワクラ


911カレラ4Sはアクラポヴィッチ[em_biccur2]


991 アクラポ


どちらも色がかっこいい[em_flopped]
アクラポの渋い色もパワクラのギラッギラも車の音だけでなく見た目もビシっと決めてくれます
詳しい完成写真はほかのスタッフが載せてくれると思いますのでここでは載せないでおきます[em_smile2]

さてさて整備士ハセは何をやっていたかというと
先程のマセグランツにLEDナンバー灯をお取付させて頂きました[em_c_hand]


グランツ LEDナンバー灯


いつもながらノーマル写真を忘れていきなり外れてる写真なのがハセブログクオリティーです[em_worryingly]
ただLEDを取り付けしても球切れ警告が入ってしまうので抵抗を取り付けます。


グランツ LEDナンバー灯

こんな感じに
抵抗は熱くなってしまうので他のものに接触しない様に取り付けして内装戻して完成です[em_good]

グランツ LEDナンバー灯


ナンバー灯LEDにしただけで見た目がかなり引き締まって見えます[em_biccur2]
まだLEDにしていない方は是非ボンドショップ東京にお問合せください[em_flopped]
ぱぱっと作業させていただきます[em_good]

それでは今日はこの辺で
みなさん良いお盆休みを[em_c_hand]
整備士ハセでした。

posted by bond Tokyo at 19:52 | 修理全般 | - | -

2015.07.30 Thursday

ABARTH595 カブリオレ!

こんばんは[em_c_hand]木曜日整備士ハセブログでございます[em_flopped]

暑い日が続いていますが外以上に気温が高い工場内でスタッフ一同せっせと作業しております[em_smile2]

今回作業させて頂いたのは ABARTH 595 カブリオイタリアでございます[em_good]


ABARTH


整備士ハセコンパクトハッチバックが大好きで595はマイカーとしてほしいくらいです[em_flopped]
今回お取付したのはライトの切り替えスイッチです[em_good]

初めてしったのですがアバルトの595はノーマルの状態ですとポジションランプのみの点灯ができません[em_feeldown2]

全点灯か消灯・デイライトか全点灯と設定で変えられるだけでポジションのみの点灯ができません[em_shout]

キリカエスイッチ

この通りスイッチも二段階のみ・・・

そして今回お取付したのがこちら!

キリカエスイッチ

消灯・ポジション・全灯と三段階になっております!すばらしい!
しかし配線を引っ張りだしたり半田付けしたりとなかなか大がかりな作業でした・・・

作業中


作業中

ですが地道に作業を進めていき無事完了しました[em_smile2]


アバルト


夕方の薄暗い時間なんかにポジション光らせたいですよね・・・わかります!
このあとLEDバルブに変更して明るく輝いていましたが・・・写真はありません[em_biccur2]
また撮り忘れてしまいました[em_worryingly]
次回はしっかり完成写真も撮影します[em_p_hand]


アバルトのカスタム・整備もボンドショップ東京にお任せください[em_flopped]

整備士ハセでした

posted by bond Tokyo at 19:58 | 修理全般 | - | -

2015.07.23 Thursday

ラジエータークリーナー!

こんばんは[em_c_hand]木曜日整備士ハセブログです[em_flopped]

ここ最近はもう暑いのにも慣れてきまして体も快調!皆さんは大丈夫ですか?
こんなにあついと車も相当ツライと思います[em_bad]
お車のコンディション大丈夫ですか?

これだけ暑いと渋滞などで冷却水温度がどんどん上がってしまうかと思います。
本格的にお出かけシーズンになる前にお車の冷却水交換などはいかがでしょうか[em_biccur2]

冷却水交換と一緒にボンドショップではこの様なものもご用意しています[em_flopped]


ラジエータークリーナー


リキモリラジエータークリーナーでございます[em_biccur2]
ラジエーターシステムの中を綺麗にして冷却効率を復活させてエンジン性能を向上させるといったものになります[em_pig]
ラジエーターの中にもどんどん汚れが蓄積していきます。その汚れが冷却効率を低下させる要因になるのですがそれを綺麗にするわけです[em_smile2]


実際体感できるような走りになるわけではありませんがお車のコンディションを良い状態に維持したい方や過走行車にはお勧めです[em_flopped]

施工自体は簡単でお車のタンクにこちらのクリーナーを入れまして・・・

ラジエータークリーナー

エンジンをかけて30分ほど放置してから冷却水を交換します。

冷却水


ボンドショップ東京では秘密兵器がありますので冷却水交換もちょちょいのちょいです[em_c_hand]
汚れた古い冷却水を抜いていきます・・・
(※お車によっては機械が使用できない為施工にお時間がかかる場合があります)


冷却水交換


後は新しい冷却水を入れて作業完了です[em_biccur2]
やっていることは地味ですが施工しているかしていないかでは後々のお車のコンディションに違いが出てくるかと思います。

長期連休に入る前にみなさんの愛車の冷却水交換してみませんか?

お問い合わせはボンドショップ東京までお電話ください[em_flopped]

ハセでした[em_c_hand]

posted by bond Tokyo at 19:35 | 修理全般 | - | -

2015.07.06 Monday

Dr.サトー診療所

こんばんは!サトー診療所の受付、内山です[em_c_hand]

本日も沢山のトラブルを抱えた患者さん(車)にご来院頂きました。

そんな中でも一番ハードな治療を行った患者がこちら!!

221

AMG W221 S63 V8 Biturboさん 2010年モデル(5歳)です[em_p_hand]

今回こちらの方の症状は、

「メーターにクーラントレベルの警告灯が点灯してしまう」

との事。

この時点で考えられるのは

・単純にクーラントの量が不足している
・クーラントレベルセンサーの故障
・冷却水漏れ

あたりが一般的に考えられます。

そんな治療を得意とするのはやっぱり!?

Dr.サトー

来ました!Dr.サトー[em_biccur2]

Dr.サトーによる問診の結果、

水漏れ

ウォーターポンプからの水漏れを瞬時に発見!!

Dr.サトーいわく、これ位の診断であれば「イチコロ」だそうです[em_biccur2]

部品を早速用意していざ交換開始[em_good]

この道のベテランDr.サトーは目に止まらない早さで分解を始めます。

そんなこんなでアッという間に分解終了!

ウォーターポンプ

水漏れの原因も再確認し、これから組み付けに入ります[em_smile2]

そんな中、サトー診療所の他のスタッフは!?

マサヒコ・セイゾー

二人合わせて100歳!のマサヒコさん・セイゾーさんペアは楽しそうにマフラー交換中[em_biccur2]

そんな二人には目もくれず、もくもくとDr.サトーは元の状態へと組み上げて行きます[em_pika]

ウォーターポンプ

このウォーターポンプ。

ショートパーツなどを合わせると約¥12.6000-・・・

流石AMG・・・

部品も高いっす[em_biccur2]

ですが、これで安心して車に乗れる事が出来るようになりました[em_biccur2]

今回の症状で気づかず放っておいたら・・・

いきなりクーラントが溢れて要レスキュー[em_bad]

なんて状態になるところでした・・・

要は何が伝えたいかって事ですが、定期的な点検が重要って事なんです[em_smile1]

経験豊富なDr.サトーが工具を持ってお待ちしておりますのでメンテナンスも

オマカセ下さいね[em_biccur2]

posted by bond Tokyo at 20:34 | 修理全般 | - | -