MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • ARDEN
  • G-POWER
  • m7
  • Capristo
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • TOPSUN
  • MS-Design
  • STARTECH
  • REVOZPORT
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • NOVITEC-ROSSO
  • ADV1 Wheels
  • BC Forged
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

またまたまたM2!!

こんばんは内山です

本日はこちらのお車をご紹介させて頂きます

M2

もうここのブログに何回登場するの?っていう位登場率高めのM2がまたまた入庫です

この方の弄りたい病は一生治らない事でしょう(笑)

という訳で今回も早速リフトアップして、

M2

部品交換作業に入ります!!

今回の作業は楽勝かな~?と思いきや、

分かります?

ボディーとリアメンバーに間に隙間が開いているの?

リアメンバーを半分おろして、

スタビライザーの交換です

今回使用するのは、arcパイプスタビライザー

スタビライザーを強化する事により、コーナリング時のロールを抑えてくれます

やっぱりBMWはこのような機能系の部品も多数販売されているので面白いですね~

M2 キャリパーペイント

そしてブレーキキャリパーもペイントさせて頂きました

こちらのお客様は今までどんな車でもノーマルでは乗れない方なので相当弄り慣れております。

その為、普通の赤や黄色では満足出来ません

色々悩んだ末、AUDI純正色”ナルドグレー”を選択!!

これがまた良い感じ!!!

 

さぁ!!

こちらのM2の次なる大物が本国でようやく完成致しました

あ~。

早く来ないかな~(笑)

 

 

 

石井はまたブレーキです

こんばんは!!

石井です♪

本日ご紹介するのはコチラ!!

BRABUSエアロ&ホイールがイケてるコチラのCLS550!!

BOND CARS東京から以前、御成約頂いた車両でございます♪

今回はコチラの車両に、

テールレンズと、リアディフューザーのレンズをスモークペイント!!

一番薄めで施工しましたが、これでもかなり印象は変わります♪

ボディカラーとの相性も抜群です!

そしてそして、今回のメインが・・・

W218 CLS550は、フロントにはそこそこ立派なキャリパーが装着されておりますが、リアは片押しの貧弱なキャリパー・・・

って事で!!

まずはフロントの純正キャリパーをペイント!!

わかります??

フロントは決して小さくないんです!!(笑)

むしろ大きいぐらい(笑)

それに比べてリアは・・・

もうローターに穴すら開いてない(笑)

つまみ程度のブレーキです

リアブレーキキットを装着後がコチラ!

ホイール装着後の写真になってしまいましたが、その差は一目瞭然!!

赤いキャリパーが際立ってとてもイイ感じです♪

見た目、機能ともに◎!!

ちなみに私、AMGブレーキキットがまだ二台ほど控えております!!

装着後はまたご紹介させて頂きます♪

石井でした

C63S Coupe Edition1+Carbon Package

こんばんは♪

ボンドショップ東京店イイムラでゴザイマスm(__)m

試行錯誤の上やっと完成いたしましたのでご紹介いたします♪

C63Sクーペ カーボンパッケージ エディション1 ブラックアウト

ハイ!C63S Coupeです♪

お預かりさせていただく当初、カーボンパッケージ仕様+αくらいで考えて

いたのですが、これがまた一筋縄ではいきませんでした(笑)

では、ひとつひとつご紹介していきますね!!

C63Sクーペ C63 C63クーペ ブラックアウト

フロントグリル、フロントグリルのAMGバッヂ、ボンネットバッヂは

グロスブラックペイント。

グリルのスターマークはいつものスモークペイントです♪

C63 エディション1 エンブレムペイント ブラックアウト

フロントのフィンは純正カーボンパネルに交換し、フロントリップは

純正のエディション1用になります♪

カーボンパネルの手前の元々シルバーだったパネルはグロスブラックで

ペイントしてあります。

細かいですが、ナンバーベースはボディー同色にペイントしてあります!!

C63 205 エディション1 カーボン エンブレムペイント ブラックアウト

ドアミラーカバーも純正カーボンパネルに交換です!!

窓枠とドアハンドルのメッキ部分はラッピングにてグロスブラックにしてあります♪

C63 205 カーボンパッケージ エディション1

サイドトリムも純正カーボンパッケージのパーツに交換です♪

このヘンまではすごくスムーズでした(笑)

C63S クーペ カーボンパッケージ ブラックアウト エンブレムペイント

細かいんですが、ホイールのセンターキャップのエンブレムも

グロスブラックペイント♪

C63 クーペ 205 カーボンパッケージ エディション1 ブラックアウト エンブレムペイント

トランクスポイラーも純正カーボンパッケージのパーツを使いました!!

当たり前ですが、まだ問題はおきませんでした(笑)

C63 C63S クーペ エディション1 カーボンパッケージ

ハイ!!

ここでトラブル発生しました(笑)

リアディフューザーは単純にカーボンパッケージの物に交換するだけの

予定だったのですが、届いたパーツを見てみるとディフューザーパネルの

底の部分に何カ所も穴が開いておりますっ!!!!????

いやいやいやいや(笑)

ちなみに、ここまで来るのにも結構時間を費やしております、、、

そこで急遽ディフューザーに下につくパネルを頼もうとすると同時装着部品として

ディフューザーの真ん中部分のパネルも必要であるという事が発覚?!

しかも、国内在庫なし、、、、、、、

オワタ、、、、(笑)

なんとか緊急エア便でドイツから取り寄せて届いて見たらやっぱり、、、、

未塗装、、、、(笑)

急いでるのに、、、未塗装、、、、

C63 C63S クーペ カーボンパッケージ ブラックアウト エンブレムペイント

しかし、なんとか完成いたしましたっ!!

当初の予定ですとリアは単純にカーボンパッケージにするつもりだったのですが、

エディション1仕様にしないとカーボンパネルが付かないみたいなので皆さま

お気をつけください(笑)

C63S クーペ エディション1 カーボンパッケージ ブラックアウト エンブレムペイント

その甲斐あってカッコよく仕上がりました~♪♪

次は車高とホイールですかね?マフラーですかね?(笑)

AMGもボンド東京にオマカセくださいm(__)m

祝完成!!!!Lamborghini Huracan!!!

こんばんは内山です

先日ド新車の状態でご入庫されましたこちらの、

ウラカン カスタム

Lamborghini Huracan!!

ご入庫後約3週間の時を経て無事完成致しました!!!!!!

完成した状態がこちらで御座います

ランボルギーニ ウラカン カスタム ローダウン

もう明らかに雰囲気違いますよね(笑)

ホイールはホイールでちゃんと紹介したいのであえて陰になるように撮影してみました~

ADV.1 ウラカン

そしていきなりホイールの紹介です(笑)

今回装着させて頂いたホイールは、

はい!来ました!

内山の大好きなADV.1です

ADV10

デザインは

ADV10 CompetitionSpec MV2

Hardware 50/50で御座います

ちなみにアメリカではピアスボルトと呼ばず”HARDWARE”と言います(笑)

要するにピアスボルトが見えているのが半分って事なんです

最近ではこのタイプが非常に人気で御座います!

サイズは

フロント=20インチ

リア=21インチ

ウラカンでは鉄板のサイズですねーーーー!!!!

やっぱりADV.1のデザインはヤバイですね(笑)

車高はお客様より

「ベッタベタにならないように

とご指摘を頂いておりましたので程良い感じにセッティングさせて頂きました

今回のローダウンには”ROBERUTA製コイルオーバーキット”を使用させて頂いております。

という事はですね。

ウラカン ローダウン ロベルタ

勿論前後共にリフター付きで御座います!!!!!!

ボタン操作一つでこれだけ車高が上がれば何にも心配いりませんね!笑

やっぱりスーパーカーは車高低い方が綺麗なフォルムになりますね

ウラカン ノヴィテック リアウィング

そしてリアスポイラーにはNovitecTorado製のカーボンリアウィングを装着!!!

ウラカンにピッタリなデザインですね!

スーパーカーらしさを引き立ててくれます

 

ノーマルの状態から比べてみると本当にカッコイイHuracanになりました

ちなみにこちらのお客様。

ウラカンが納車になる前に既にAventador Sの注文を入れたのと事

半端じゃないですね・・・

やっぱりAventador SにもADV.1ですかね?笑

 

 

 

G350dプロフェッショナル!

こんばんは!!

石井です♪

本日ご紹介させて頂くのは、

G350dプロフェッショナル!!!

なにもすることが無さそうですが(笑)

チョイチョイ手を加えさせて頂きました♪

もともとコチラの車両には、社外ナビが装着されており、日本の車検に通るようにカメラ類も装着されておりました!

まずはそのカメラ・・・

むき出しに取り付けられていたサイドカメラを・・・

ドアミラー下にキチンを埋め込み施工!!

パッと見、付いてないように見えるぐらい、スマートな仕上がりです♪

こんなちっちゃなカメラでも。

こんなに綺麗に映し出してくれます♪

そしてそして、

G350dエンブレムをブラックアウトし、ランニングボードもいつものラッピングでブラックアウト♪

前後iiDスペーサーを装着し、iiDバックランプLEDも追加!!

バックランプLEDは、チョイと加工が必要でした(笑)

プロフェッショナルでも、いつもの定番メニューは欠かせません!!

手を加える所が残っていてよかったです!!(笑)

最後に、

横長のナンバーベースを、日本用ナンバーベースに交換!

ナンバーベースを留める用に開いていた穴も、しっかりとスムージングをしております♪

G350dプロフェッショナル、屋根にデッカイ純正ラックがついているおかげで・・・

東京店洗車隊長の石井も、洗い方がさっぱりわかりませんでした!!(笑)

ていうか、ラック下の屋根が全く拭き上げできませんでした(笑)

と、こんな感じで350dプロフェッショナルも、触れるところはあります!

お問い合わせお待ちしております♪

石井でした