bond cars URAWA blog

<< July 2011 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
bondcars URAWA instagram
過去のDIARYはコチラから
bondcars URAWA DIARY
bondcars ARENA DIARY
アーカイブ
2011.07.07 Thursday

今日の雨はね・・・( 」´0`)」だよ〜ん

こんにちは( `・ω・´ )よこやんです[em_heart]

本日は、微妙な曇り空[em_fog]これから、ざーぁっと一雨きますかね・・・[em_rain]
そんな本日は、七夕[em_pika]ですね・・・[em_pika]

七夕(たなばた、しちせき)は、日本、中国、ベトナムなどにおける節供、節日の一つ。旧暦の7月7日の夜のことであるが、日本では明治改暦以降、お盆が7月か8月に分かれるように7月7日又は月遅れの8月7日に分かれて七夕祭りが行われる。五節句の一つにも数えられる。

古くは、「七夕」を「棚機(たなばた)」や棚幡と表記した。これは、そもそも七夕とはお盆行事の一環でもあり、精霊棚とその幡を安置するのが7日の夕方であることから7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と発音するようになったともいう。

元来、中国での行事であったものが奈良時代に伝わり、元からあった日本の棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれた言葉である。
日本では、天保暦(和暦)など旧暦7月7日であり、7月15日 (旧暦)に行われるお盆に合わせたお盆行事の一環として行う意味合いが強かった。明治6年(1873年)の改暦後は、お盆時期が7月と8月に分かれ[1]、七夕もグレゴリオ暦(新暦)の7月7日(行事によっては7月6日の夜)に行う地域と、旧暦風(月遅れ)お盆の8月7日(東日本・北海道と仙台に多い)に行う地域とに分かれた。また、現在でも旧暦の7月7日に行う地域もある。なお、旧暦では7月の翌月に閏7月をおく年もあるが、閏月に年中行事は行わないので、閏7月7日は旧七夕ではない[2]。

グレゴリオ暦の7月7日は夏だが、旧暦の7月7日はほとんど立秋以降であるので、古来の七夕は秋の季語である。多くの地域では、グレゴリオ暦の7月7日は梅雨の最中なので雨の日が多く、旧暦のころからあった行事をグレゴリオ暦の同じ日付で行うことによる弊害の一つといわれる。

統計では、旧暦で晴れる確率は約53%(東京)であり、[七夕の夜空]七夕の東京の夜空は晴れる確率が特別に高いというわけではない。しかし、旧暦では毎年必ず上弦の月となることから、月が地平線に沈む時間が早く、月明かりの影響を受けにくい。新暦では、晴れる確率は約26%(東京)と低く、そのうえ月齢が一定しないために、晴れていても月明かりの影響によって天の川が見えない年もある。したがって、天の川が見える確率は、旧暦の七夕の方がかなり高いといえる。

七夕に降る雨を「催涙雨(さいるいう)」または「洒涙雨(さいるいう)」といい、織姫と彦星が流す涙だと伝えられている。

↑ウィキペディアより(←最近こればっか)

ふむふむ、なるほどね・・・。

難しい言葉も出てきたけども・・・。

今日の雨[em_rain]は、織姫と彦星の涙だょ〜( 」´0`)」
posted by bond cars URAWA at 14:20 | - | - | -
2011.07.07 Thursday

スーパーカーのワンオフ....

 こんばんは。 Cars甲斐でございます!
毎日暑い日が続きますが、皆さまお体大丈夫ですかぁ〜[em_question]
暑さに負けず、今月も頑張っていきましょう[em_note]


 本日は、こちらです!
posted by bond cars URAWA at 00:03 | - | - | -