McLaren 765LT × 1886 Forged Wheels

マクラーレンのスペシャルモデル、LT

765LTはベースとしている720Sを軽量化し、専用のエアロにより、20Sと比べ25%高いダウンフォースを生み出す。
今回の車両は車の性能だけではなく、ボディカラーも特別だ。その名も”Tokyo Cyan”。ボデイ形状といい、日本ならではのネオン街から駆け抜けてきたかのようなフューチャリスティックな雰囲気だ。

そんな美しいマクラーレンに装着するホイールはまだ2022年末、カリフォルニア州ロサンゼルスで誕生したばかりの”1886 Forged Wheels”。

アルミニウムにおける節目の年、1886年

原子番号13、原子量26.98の元素、アルミニウム。
鉄や銅と同じく非常に身近で実用的な金属でありながら、発見から約200年ほどしか経っていない金属である事は意外と知られていない。極めて活性が高い金属であるが故、自然界ではほとんど単体で存在する事はなく鉱石から取り出す必要がある。そんなアルミニウムの精錬方法が確立されたのが今回紹介するホイールブランドの名前の由来にもなっている1886年。
この年、アメリカの工学者チャールズ・マーティン・ホールとフランスの工学者ポール・エルーによってほぼ同時期に確立されたのが、現代の精錬方法にも近いホール・エルー法だ。これによりアルミニウムが一般人にも使えるほど広まり身の回りの工業製品は勿論、自動車用ホイールの代表的な素材となっている。

所謂アメリカ製鍛造ホイール「アメ鍛」だが、ご存知の通りアメリカ製鍛造ホイールはデザイン性の高さに置いて世界トップクラスである事は間違い無いだろう。これは世界中のハイエンドカスタマーやセレブたちが挙って自身の超高級車の足元に選ぶ事で証明されている。そんなアメリカ製鍛造ホイール業界だから当然競争も激しい。これまでも数多のホイールブランドが生まれては消え、本物だけが生き残ってきた業界。1886 Wheelsはどうか?実は1886 Wheelsの立ち上げメンバーは多くの有名アメリカ製鍛造ホイールブランドに過去在籍し、それらを全て軌道に乗せてきたスタッフなのだ。そんな本物を知っている彼らが作り出すホイール、素材には宇宙航空分野でも使用される高精度アルミニウム合金6061-T6を使い、世界最大手工作機械メーカーの一つハース・オートメーション製CNCマシニングセンタによって削り出される。新しいホイールブランドで新しいデザインなのに貫禄さえ感じるこの雰囲気は彼らが積んできた経験値がなせる技だろう。

特別なのは素材や加工、デザインだけでは無い、20 を超える独自のフィニッシュを用意しホイールのカスタマイズを極限までレベルアップさせる。ベーシックなソリッド仕上げからプレミアムでユニークなクリア仕上げまで、1886 Wheelsはあらゆるフィニッシュに対応可能だ。さらにすべてのフィニッシュは、アウター リップ、ホイール フェース センター、インナー バレル、さらにはハードウェア(ピアスボルト)にまで適用が可能。既製品の一般的なホイールとは異なり、1886 Wheelsはあなただけの特別なホイールを提供してくれる。

圧倒的なパワー、軽量化への執拗なこだわり、最適化されたエアロダイナミクス、MRの絶妙なバランス、サーキット重視のダイナミクス、0-100km 2.8秒、0-200km 7.0秒。
そんなハイパフォーマンスとアルミニウムを使った芸術品のコラボレーションはいかがだろうか。

SNSでもご購読できます。