こんばんは

田中です

 

さてさて、本日は~

 

まずはコチラの

日産キャラバンに、、

 

デンソーテン(ECLIPSE)の

2DINナビを取り付けしました

商用バンへのナビ取り付けも

是非bondplusにお任せ下さい

 

また、コチラの

M.Benz AMG C63s(W205)には、、

 

ドライブレコーダー付きレーダー探知機の

ユピテル Z820DR(指定店モデル)を取り付けしました

コチラのおクルマには他にも

&+の3Dハイエンドツィーター等を後日取り付けますヨ~

 

以上、田中でした~


こんばんは

田中です

 

昨日の雪の影響で

今朝は自宅付近(所沢市)でも路面の凍結箇所が至るところにありました

明日も千葉県を中心に雪の予報ですので

対象の地域の方は気をつけて運転・外出して下さいネ

 

さてっ、今回はイース・コーポレーション様より、

ドイツGROUND ZERO(グラウンドゼロ)のGZPAシリーズ新型パワーアンプの

4chモデル『GZPA 4SQ』と2chモデル『GZPA 2SQ』の2機種が

1月に販売されていながら、本ブログにて未紹介でしたので

この度紹介します

 

筐体デザインを一新した『GZPA 4SQ』および『GZPA 2SQ』パワーアンプは、ブラックアルマイト処理を施した肉厚なヒートシンクと板厚8mmの重厚なアルミ合金製サイドパネルを備え、GROUND ZEROのロゴが白色に光るイルミネーションパネルを新たに採用するなど大胆なデザイン変更が行われている。

 

回路基板は2018年秋に生産完了となった「GZPA Reference 4XS」および「GZPA Reference 2XS」パワーアンプの音響技術を継承しており、シールドカバー付きデュアルパワーサプライやTI社製バーブラウンのオペアンプ、ムンドルフ社製のMCap(R)キャパシターなど、ハイエンドモデルならでの厳選パーツをふんだんに投入。周波数特性は、可聴帯域を超える10Hz~50kHzを達成しており、1Ωステレオや2Ωブリッジなど低インピーダンスにも対応、ワイドレンジかつトルクフルな高忠実度再生を実現しているという。

両モデルともに通常のClass-A/B動作から、より鮮度の高いClass-A動作領域まで任意で調節可能な「バリアブル バイアス セッティング機能」を装備。内蔵クロスオーバーは、ハイパス、ローパスともに20Hz~400Hzの範囲で設定することができ、「フィルタレンジスイッチ(X10)」をONにすることで200Hz~4kHzへとレンジを変更することも可能だ。

また、2chモデルの『GZPA 2SQ』には、内蔵クロスオーバー回路をスルーする「ピュアダイレクトモード」や0°~180°まで位相を可変できる「フェイズコントロール機能」も搭載。4chモデルの『GZPA 4SQ』は、EISA(ヨーロピアン・イメージング・アンド・サウンド・アソシエーション)において、IN-CAR AMPLIFIER/ベストプロダクト2018-2019 を受賞しており、各方面で高い評価を獲得している。ハイエンドカーオーディオシステムを楽しむための機能も充実した次世代のハイエンドパワーアンプの登場だ。

とのことです

 

価格は、

GZPA 4SQが¥245,000(税別)、

GZPA 2SQが¥215,000(税別)、

となります

 

当アンプ含めたオーディオシステムの提案なら

bondplusにお問い合わせ下さい

 

以上、田中でした~

 


こんばんは

 

現在気温1度です。

プラスの前は真っ白と言いたいですがほとんど降っていません。

ただ外で作業すると肌に突き刺さる痛さです。

 

本日は

audi 3Dハイエンドツィーター

を取付しましたのでご紹介します。

 

お客様はなんと

室蘭ナンバーです。初めて見ました。

ボンドプラスから1000km離れています。

遠い所からご来店ありがとうございます。

 

 

エンジンONでツィーターがせり上がってきます。

アンビエントライトは車両に連動して光ります。

カラーチェンジも純正のシステムから変更が可能です。

 

取付時間は約3時間から4時間です。

日帰りでの作業も可能となっております。

 

もちろん通販での販売もさせて頂いております。

ぜひお問い合わせください。

 

アンドプラスの商品はPDFでも見ることが出来ます。

アンドプラス カタログ 

↑クリック

 

 


こんばんは。

 

明日は雪予報

予報では5cm〜10cmと出ています。

スタッドレス履いていない・雪道不安って方は車の運転はやめたほうがいいです。

ノーマルタイヤで走ってる人、毎回います。

JAFは明日は忙しいでしょう。

 

 

BREXさんと動画を作りましたのでご紹介します。

Advanced Monitor for Mercedes-Benz

アドバンスドモニター ベンツ版です。

      

      

      

 

 

先日のブログでご紹介しましたが動画出来上がったので

読むより見るほうが10倍わかりやすいです。

 

価格は158,000円(税別)ですが

施工込 160,000円 ボンドプラスキャンペーンです!

ぜひお問い合わせお待ちしております!

 


こんばんは!!

田中です。


今回はソニックデザイン様より、

新型フォレスター(SK系) 等に適合する

フロントスピーカー2機種の発売が発表されましたので

紹介していきます!!

新製品は、エンクロージュア一体型ドアウーファーモジュールに、独自のG字型チューニングポート「G-チューナー」を搭載した新世代の大容量アルミハイブリッドエンクロージュアを採用する。G-チューナーはエンクロージュアのバックチャンバー(裏ケース)と一体成型した全長264.56mm・内径20mmの渦巻型ポートで、エンクロージュア内部の反響とウーファーユニットからの背圧を最適に制御。低域の再生範囲を拡大するとともに、大音量再生時のポートノイズ(風切り音)を低減し、クリアで深みのある中低音再生を実現する。


77mmウーファーユニットは、オールピュアアラミド振動板採用のSD-N77Fi型をSP-S300Fに搭載。最高品質のピュアアラミド素材をコーン部だけでなくセンターキャップ部にも使用し、最適な音質チューニングを実施することで、幅広い帯域での歪率と周波数レスポンスを大きく改善。クリアでしなやかな新次元の高音質を実現する。一方、SP-S300Mは、CMF(クロスマイクロファイバー)コーンとナローギャップ・モーターシステムによるハイグレード仕様のSD-N77Mi型を搭載。出力が限られた純正デッキやAVナビでも駆動しやすく、音楽の素顔を映し出す緻密な表現力と情報量、リアルで引き締まった中低音を再現する。


トゥイーター部には、スバル車専用開発の「ACトゥイーター」を採用。ユニット周囲のディフュージョンギャザー(半拡散・半透過層)と裏側に内蔵したアコースティックコントロールエレメント(吸音層)により反射音を最適に拡散・吸音し、よりスムースで自然な高音再生を実現。また、搭載ユニットはSP-300Fがピュアアラミド振動板採用のSD-T18F型、SP-300Mがマイクロファイバー製振動板採用のSD-T18型で、いずれもウーファーユニットとの音色統一を追求している。

クロスオーバーネットワークは、トップグレード/ハイグレードそれぞれに最適化した専用設計品を付属。音質改善が期待できるバイアンプ駆動やバイワイヤリング接続に対応するほか、ネットワーク本体を脱着可能な外付けタイプとすることで、デジタルクロスオーバーなどを使用した本格的なマルチアンプシステムへの発展も可能だ。

とのことです。

取り付けについても純正のカプラーオンで接続でき、

車体側の加工等が必要なく

純正状態への復旧も容易です

対応車種は、

新型フォレスター(SK系)、

レガシィB4(BN系)/アウトバック(BS系)、

インプレッサSPORT/G4(GT/GK系)、

SUBARU XV(GT系)

となります。


価格(税・取付費別)は


トップグレードモデル SP-S300Fが38万円、


ハイグレードモデル SP-S300Mが20万円。

となります。

取り付けは是非

bondplusにお任せ下さい!!

以上、田中でした~!!