こんばんは

田中です

 

今回は、またまたカロッツェリアより、

国内最大級13.3インチを誇るフリップダウンモニター、

TVM-FW1300-B が11月に発売されますので紹介します

 

単に大画面になっただけでなく、今までのフリップダウンモニターでは

ヒンジが前側に付いていたのを当機種では後側に付けたことで

モニターと乗員の距離が短くでき、より大画面を堪能できるようになりました

同時に、前席からの圧迫感も軽減されそうですね

 

またヒンジが逆になったことにより

モニターを閉じても画面が外向きになるので、

上図のように前席でシートを倒して映像を楽しめるようになりました

 

さらに、映像だけでなく、青空/星空/オーロラの3種類の動画が表示できる

「ムードピクチャー」をプリセット。

サンルーフのような演出で車室内を特別な空間に彩ります

 

そして、専用の取り付けキットを用いることで、

アルファード・ヴェルファイアのインテリアに

スマートに取り付けが可能です

 

また、別の機種ですがBondPlusでは上の車種以外でも

ベンツ Vクラス(W447)等に取り付け実績があります

是非お問い合わせくださいネ

 

以上、田中でした~


こんばんは

田中です

 

昼間はマダマダ暑いですが

ひとたび暗くなるとヒンヤリ、の繰り返しで

体は風邪ぎみになっております(笑)

早く秋が深まってくれたらいいのになと思うこのごろです

 

今回はコチラの

M.Benz W213 Eクラスに、、

 

3Dハイエンドツィーターをお取り付けしました

 

下記にてBeforeとAfterの比較もしてみましょう

純正状態ですと窓の下部に元々付いている

ブルメスターサウンドシステムのスピーカーグリルに対して

ツィーターはなんとも質素(シンプル?)な見た目ですが、、

 

3Dハイエンドツィーターを取り付けることにより、

スピーカーグリルとの調和が取れ、

ワンランク上のインテリアになりますヨ

また、ツィーター周りにリング状のイルミネーションも付き、、

 

しっかり車内のアンビエントライトと連動して

カラーチェンジが可能です

夜のドライブもより一層楽しくなりますね

 

こちらの動画もご覧ください

現在、BondPlusでは”ブログを見ていただいた方”のみ、

台数限定でEクラス、Cクラスの3Dハイエンドツイーターを通常工賃税込¥150.000-のところ・・・

15%OFFの

工賃税込¥127.500-

で施工させていただいております

是非この機会にお問い合わせくださいネ

 

以上、田中でした~


こんばんは

田中です

 

今回は、カロッツェリアより

ドライブレコーダーの新製品、

VREC-DH700が10月に発売されますので紹介します

 

まず、通常の前方録画に加え、

対応品であればナビ用のバックカメラを用いて

後方録画が出来ます(オプションが必要)

 

また、3M(300万画素)録画に対応していますので

普及しているフルHDモデルよりも鮮明に録画できます

 

さらに、場所や天候の影響でダッシュボードなど

フロントガラスの映り込みが気になる場合でも

オプションの偏光フィルターを装着することで、

映り込みが低減されます

 

そして、駐車監視録画も付き、

エンジンを停止してから最大50分間、

振動あるいは人や車の動きのどちらかを検知した時点から

前20秒・後10秒の映像を記録します

駐車中も安心ですね

 

価格はオープンとなります

取付工賃含んだ価格等は

是非BondPlusにお問い合わせ下さい

 

以上、田中でした~

 


こんばんは

田中です

 

今回はコチラの

新型ジムニー(JB64)にセキュリティ装置、

VIPER330Vをお取り付けしましたので紹介します

 

VIPER330Vは純正キーレス対応モデルの為、煩わしい専用キー等の操作は不要で

純正キーレスのロック操作でセキュリティが作動し、

アンロック操作でセキュリティが解除されます

 

詳しくは下記の動画を御覧ください

いかがでしたでしょうか

セキュリティは被害に遭われてから装着される方が多数おられます

被害に遭う前に早めのお取り付けがオススメです

 

BondPlusまで是非お問い合わせくださいネ

 

以上、田中でした~


コンバンハーセキグチです

 

本日は、最近メッチャお問い合わせいただいてます、テスラ モデルXにリアモニターと社外AV機器を増設してのお手軽リアエンターテイメントシステムをご紹介します

 

 

お手軽と言っても簡単にできますよーってほどではないのですが、大掛かりなシステムを組むことなく低予算でもスマートにできる空間作りの一例です

 

モデルXは様々な革新的アイディアをカタチにしたような最新鋭のEV車両で、3.1秒で0m-100m走ってしまうほどのスーパーカー並みの力強い加速力とパワーを持ちつつ、7人乗りのゆったりした広々室内空間と、8つのカメラと12個のセンサーで車の周りを完全にカバーした安全機能も搭載してます

 

尚且つ、無駄を全てなくしたようなシンプルでスタイリッシュな内外装のデザインのくせに、やたらデカイモニターだったり、やたらでかいフロントガラスだったり、やたら目立つリアドア(ファルコンウィングドアって言いますだったり、人の気を引く作りもしてます

 

 

 

 

おもしろい車ですねー

『普通』からはかけ離れた風貌は魅力いっぱいです

 

だがしかーし

どう考えてもアレが足りないでしょ

そうエンターテイメント

 

☟外から観るぶんには、こんな超エンターテイメントな仕様になってますけどww

純正状態で付いているナビ&AV機能は、ナビゲーションとラジオとUSB充電ポートと何故かサウンドシステムだけ…

でっかいモニター付いてるのに、TVも観れなければDVDも観れない

最新鋭なのにスマホが活躍するのはリモート駐車機能の『SUMMON(サモン)』だけ

ゆったり空間なのに後席はシンプルすぎてモニターもない

これはまぁ、TVもDVDも最初から観れないんじゃ付いてなくて当然ですが

 

って、魅惑のプラス要素がめっちゃ多くて魅力的だったぶん、日本で走るには足りないものもいっぱい

じゃあ、やったろーじゃないのってコトで、やっちゃいました

早速bond channelにてアップしてますので、是非ともご覧ください

bond plusでは、よくオリジナルバックレストモニターパネルを車両に合わせてワンオフ製作をして、あたかも純正装着かのようにみせるリアエンターテイメントシステムを得意としていますが、今回のモデルXは超シンプルな室内仕様の為、今回はパネルを作らず、配線を見せず、モニターはでっかく機能的なイメージを大事にしてシンプルに取付けました

 

DVDプレーヤーをフロントモニター下のスペースを利用して埋め込み、CDとDVDの視聴を可能にし、USBポートも備えてますので、お手持ちのスマホ内の音楽も聴けます

また、iPhoneやiPadの画面をリアモニターにミラーリングする事で、YOUTUBEをメインに後席で楽しめる仕様になってます

 

今回は、シンプルなイメージで仕上げましたが、さらにTVを観られるようにしたり、フロントシートでも社外TVやDVDやスマホミラーリングを観られるようにモニターを増設したりと色々できます

ワンオフパネルを作って、より社外品を純正装着品のように魅せる事もできますよー

 

このように、魅力いっぱいの車なのに、あとこれさえあれば100点みたいな状況ってないですか

そんな時はbond plusを使ってみてください

魅力ある1台をさらに輝かせますよ~

 

ではでは、本日はこのへんで

セキグチでしたー