35AlphardにRowenフルキットなどいろいろ

こんにちは
中国もゴールデンウィークがあって、梁は2日の夜にも広州出張に行ってきました。
本社先輩が来まして、一緒に広州見本市見てきて、広州佛山で一週間滞在し、北京に帰ってきました。
帰ってきたら、店内でなんと大がかりな作業に入ってます。
見てください。35Alphardの前にたくさんのパーツが並べてます。

ざっくりRowenのフロントバンパー、リアバンパー、ボンネット、ウィング、リアハッチパネル、コーナーパネル、マフラー、ホイールなどなどほぼ全てのラインナップ商品が揃ってます。

エアリフトのエアサスも装着予定、スタンス重視ですね。

他にもエンドレスのブレーキキットや、アルパインのAudioまで、やりますね。


マフラーまで。

TRDのダンパーパフォーマンスって、もうAlphardの定番商品になってます。

早速仮合わせしていきます。

こんなだ〜い作業ってなんか久しぶりな感じがします。


いかついた雰囲気も出てます。
完成が楽しみです。
今週のBlogでした。

賑やかな1週間が終わり〜DuelL AG佐藤さんまた来中

こんにちは。
最近バタバタしすぎて、全然落ち着きません。
北京モーターショーが4年ぶりに開催されて、国内外の客がたくさんきていただきました。
本社のMedia部門土屋パーフォマンスもこの期間に合わせてきていただきました。
コロナの関係もあるんですが、本社のみんなが中国に来ても、見本市や仕入れ関係のことで、いつも広東や上海あたりになるので、北京でなかなか会う機会がないです。

みんなでBBQでワイワイしました。

北京で本社のメンバーを迎えて、めちゃくちゃ嬉しいです。

話題をそらします。
うえの写真でも出ましたが、Bond北京のBlogでよく登場されるDuellの佐藤さんも北京モーターショーでMINIの新車発表で見に来て下さいました。運がよく、MINI中国の新車発表イベントに誘われ、ACEMAN、MINI COOPER EV、MINI COOPER ガソリン全部一通り見れました。

新車確認し、これからの6年間はどうなるか不安でありながら、当然長年サポートしていただいてるお客様にお礼を言わないといけないので、前回のショップさんに動いてもらい、4月頭に会えなかったお客さんに会うことができました。

F初期のKrone Editonです。10年ぐらい乗っていただき、梁もこの方と初めて対面です。Krone Editionは中国で確か5、6台しか売ってなくて、しかも年数が重なり、かなり貴重です。オーナー様にも話を伺い、今になって、DuelLだけでもいろんなバージョンが出てきて、やっぱりこのデザインが好き、飽きずに乗っていただいてます。10年前、RからFに切り替わり、商品が長らく動かなかったですが、その時選んでいただき、本当感謝しきれないです。

F60ですが、ボンネット以外はほぼ組んでいただいており、ずっと躊躇ってますが、今回はオーダーするとオーダーくださいました。完成が楽しみですね。

F57の客も黄色が好きで、ところどころ黄色を施してます。


喜んでいただきました。

特筆すべきことはこのステアリングHUBですが、デザインはもちろんのこと、純正の機能をそのままいかせて、しかもAPPで機能を恣意的に変えたりもでき、画期的な商品と言えるでしょう。他の車種もあるので、もし欲しい方がいればご連絡ください。

人物編です。

集合写真です。

このように長年Duellブランドを応援してくださってるにお客様と至近距離でお会いし、地道に活動し、喜んでいただき、ブランドとしての魅力を発信でき、嬉しく思います。またの機会があればと思います。
今週のBLogでした。

Aragosta F56取付完了

こんばんは。
今週ですが、AragostaのMINI F56用が入荷し、店内で取り付けさせていただきました。
かなり付けさせていただきましたので、もう紹介不要でしょう。
見ていきましょう。

取付前はこんな感じです。

作業見ていきましょう
フロントです。

フロント取り付けましたぁ。
車高がいい感じに下がってます。

リア見てきましょう。

リアもいい感じに落としてます。

車高調を取り付けたら、全体はこうなります。

このボンネットですが、もともとBond北京のデモカーにつけたんですが、新品の納期がかかるので、たまたまデモカーと同じ色なので、割愛しました。まぁ、お客さんに喜んでいただければ何よりです。

というわけで、北京の街でまた格好いいF56一台が増えました。
今週のBlogでした。

G82 M4 3D design コンプリート完成

こんばんは。
本日ですが、武漢のショップより3D Design G82M4の作業をいただいたので、アップしたいです。
いきなり完成写真です。
フロントです

フロントリップスポイラーとアンダーフリップのセットをつけていただきました。

カナードはやはりこの車格に合いますね。
実はこの2点は一年半前につけていただきました。その時、サイドはMーPerformance、リアはアクラボビッチのマフラーとリアディフューザーのセットでした。
1年半経って、少し気分転換したいのか、サイド、リア周りを3D Designを統一。

車高調がKWのV5バージョンで、ホイールはご覧通りです。


全体かなり格好良く纏ってます。
もう少し早ければGTSHOWに間に合えたんですね。
今週のBlogでした。

GT SHOW出てよかったぁぁ〜〜〜〜メンバー全員倒れ💦💦💦

お疲れ様です。
前回のBlogより、2週間経ち、蘇州GTSHOWも終わって1週間経ちましたが、ようやくの更新です。
とりあえず出展ぶりをざっくりご報告します。
写真が多いので、最後まで見てください。
今回出させていただいたのが下記通りです。

DuellAG F54Cooper S&F56JCW LCI
Artisan Supra&40Alphard
LB LX600
Pandem MX5
Jaos JB74Wジムニー
お取扱いさせていただいてます日本チューナーの計7台でした。
7台ですが、中のLX600、ジムニー、MX5は並行しか入ってません。ある意味で、一般的に見ない車でもあります。


ホワイトカラーがベースなので、車も淡色に合わせてます。

少し自慢したいのがこの壁でした。当初、Bond北京の在庫たくさんあって、コピー王国のみんなに対し、少し本物の商品を見せればと軽く思い、この壁にしたんですが、つけた時、めっちゃくちゃ大変でした。
二人体制で、考えながらやってるんで、結局商品コーナーの設置は7時間もかかりました。他のブース全部終わったのに、Bond北京、これだけも終わってない状況でした。

車両です

Jaosのあらゆる商品を組んでいただいてますジムニーでございます。
並行しかないので、値段750万円もしますし、おもちゃみたいなイメージで買っていじるのが当たり前です。

次はリバティウォークのLX600フルキットです。24インチのホイールまでも。オーストラリア帰りの客さんで、当初少し声をかけ、快く承諾していただき、今回家族4人会場にも来ていただきました。この客さん、LM300もArtisanのカーボンフルキットを組んでいただいてますし。全体格好よく仕上げたので、蘭州の客さんから会場のすべての車をみたんですが、これが一番気に入ってると評価いただきました。蘭州のお客さん、組んでいただいたらどうでしょうか?

Supra、出すつもりもなかったですが、最近新車値段がすっごく落ちてるんで、手頃な値段に対し、再び人気が出てます、急遽調達。Artisanのカーボンエアロを組んでいただき、ホイールなどもかなりセンス良くまとまってるんで、人気ぶりに驚きました。だってこの客も10台くらいの車持ってるから、センスは間違いないです。

三浦巨匠のMX5ワイドボディは写真通りです。奇抜なデザインなので、当然目線を集めます。こちらも計画外でしたが、少し声をかけたら熱心に協力していただいたので、飾らせていただきました。結果的には一番の目玉車両になってます。

Artisan 40アルファードです。世界の1号車です。


Artisanさんより、公文社長をはじめ、3人お越しいただきました。本当にありがとうございました。

イベントが終わって、しっかりこの1号車を撮りました。

次はMINIです。
Bond北京のBlog書きはじめた当初、マンソリーばっかりでしたが、うちのカメラマンがカリナンばっかりだねと文句言われるぐらいで、ここ二年間、ネタ的には多分一番多く登場してるのがMiniです。仕方ないです。時代が変わったからです。

我々ここ数年、毎日MINIの商品を売って、宣伝して、いろんなイベントにも出たりして、まだまだMINIはこんな感じにできるんだと知らない方々ばっかりで、努力足りないのか、まだまだ可能性あるのか、若干複雑な気分です。
Duellの佐藤さんも応援に駆けつけてくださいました。
上海のMINIオーナーさんたち、20台以上来場していただき、佐藤さんに会うためでした。他にも昆明から、青島から、安慶からオーナたちが来ていただいてます。嬉しい限りです。

本当にありがとうございました。
モデルチェンジとはいえ、F型のJCWは6千台もありますので、まだまだしっかり頑張らせていただきます。
もちろん次のモデルもしっかり頑張っていきます。

今回のイベントを通して、たくさんの収穫ありました。
Bond北京の存在感を中国の業界にお見せすることができ、嬉しく思います。
もちろん5人しかない運営チームにとって、大きな試練にもなってます。
一からちゃんとしたイベントをやったことがないので、資材準備、車両調達、ブース設置などの反省点も多かったです。
来年出るかどうか分かりませんが、もし出るなら、今回の不足点を意識し改善できたらと思います。

蘇州イベントが終わり、佐藤さんも一緒に上京し、午前中だけの時間でしたが、北京の客様にもあっていただきました。
4月の北京モーターショーまた来るようで、その時、しっかり時間作って、より多くのオーナー様と会えたらと思います。

イベントが無事に終わり、緊張感がなくなり、安堵した気持ちになり、コロナなのか、他のウィルスに襲われたのか、季節の変わり目なのか、分かりませんが、全員一斉体調崩れてます。梁も回復まで1週間かかってます。コロナ以来は病気になったことがありませんので、相当辛かったです。
こんな感じで、GT SHOWが終わりましたぁ。
思ったよりも収穫あって、みんなも手ぶらで終わってなく、社長にも報告できそうです。
いろんな意味でよかったです。苦労した甲斐がありました。

以上Bond北京からイベントの報告でした。