在宅勤務になりました

こんにちは。
日曜日定休日、午前中梁が1週間の洗濯をし、ソファについて、少しゴロゴロしようとしたとき、
12:50分、パートナーの店長よりVoiceメールが来ました。
:明日来なくていい。ゴールデンポートが閉鎖だ。みんなに言ってね。
ついに来ましたね。朝暘区が毎日20名前後が増えてて、封鎖エリア以外にも散発的に検出され、いつかはこうなるんだろうと予想していたので、驚いてません。
次の言葉に焦りました。
:13:00までにみんなここから出ないといけないんだよ。
おい、10分しかないのかい、在宅勤務の備えとして、最低限必要なものを持ち出さないと、休んでるスタッフにも連絡し、みんなあわただしく会社へ。

業者が在庫車をゴールデンポート外の路上へ移動。

こうして日々出そうなパーツを少しまとめ、車の中に入れて、緊要なお客さんに対応できるように対応します。写真は一枚だけ撮りましたが、もっとありました。

寂しいですが、しばらく在宅することになります。
ご報告です

Mansoryカリナン入荷

皆様、こんにちは。
前回Blogの続きです。
待ちに待ちに待ったカリナンが入荷しましたぁ。去年6月末のオーダーで、入荷は今年4月の末になってしまい、もう少しで1年です。
どれほどお客様より催促を受けたのか、謝りのメールどれほど書かせたのか、数えきれないです。本当につらかったぁ。

さてさて、パーツ見ていきましょう。

カリナンって、一昨年五、六台は付けた記憶があり、その時、うちのカメラマンもカリナンなら撮るところないから、いいでしょうと言われるぐらいです。去年、今年になって、商品はぜ~んぜ~ん来ない。

商品の中身に関して、ワイドボディのほかに、細かいパーツエアロパーツぜ~んぶです。プライスリストに載ってる商品すべてです。いかに中国らしいオーダーです。

24インチの鍛造コンケーブホイールは、梁個人的に一番好きなデザイン。カリナン、あんなにつけたのに、このホイールは初めての気がします。24インチと言いつつ、22の鋳造に比べてぜんぜん軽いです。装着は楽しみですね。

今回は派手なフォージドカーボン、VIVEREカーボンでもなく、一見普通のカーボンと思われますが、普通のT200より一回り大きいな気がします。

これはT630という特殊カーボンです。梁も初めて見ました。丸っぽく、真珠のように輝いてます

商品はようやく来たんですが、お客様今上海で隔離しているので、北京もいつロックダウンが行われてもおかしくありません。いつお取り付けできるのか読めないです。
以上、Mansory カリナンでした。

入荷の週

こんにちは。
忙しい1週間でした。
まず本社よりコンテナが入荷しました。

早速検品と写真開始ました。
今回も初入荷の商品が多く、毎回の入荷はなみんなにとって、お祭りみたいな感じです。

GMGのLC300エアロ初入荷です。つくりもしっかりしてて、装着を楽しみにしております。

ArtisanのLM用の20インチホイールです。
仕上げはバフフィニッシュで、きれいです。

続いて、Mansoryも入荷しましたぁ。
カリナンのフルキットです。本当に待ちに待ちました。
昨年6月にオーダーして、4月末の入荷、10か月以上になりました。
なぜ10か月もかかるのかわかりませんが、これでようやく入荷しました。
が、上海のお客様のオーダーなので、商品来たんですが、いつの取り付けになるかまだ読めません、待つしかありません。

これから検品&写真撮っていきます。

山巡り

皆様、こんばんは。

北京の春はほんっとうに短いです。せいぜい数週間ぐらいかなぁ、その後、もう一気に暑くなり、夏に入ります。
現在の北京市民は北京を出ることできないので、週末になると、どこに行っても人だらけです。今回は平日木曜、 北京のMINIファンズクラブの誘いを受け、一緒に市内よりはるか80キロも離れた妙峰山というところに春を満喫し、リフレッシュしてきました。

渋滞を避け、朝7時の出発です。

2時間後の現地集合です。
梁は行かなかったんですが、カメラマンのケイ君と研修生の張君二人体制で行ってきました。集合したら、早速撮影開始です。

山登り、寺巡り、地元料理を食べて、遊びのようにも見えますが、ちゃんと仕事をこなしてくれてます。撮った写真はオーナーさんのSNSなどで、今回の活動を拡散しました。参加した方によると、今まで一番ちゃんとしてます。

まだまだ何もいじってない車が多く、Bond北京のデモカーをちゃんと至近距離で見せることができて、本物はこうなるんだ、こういういじり方あるんだ少しでも伝わったらありがたいです。

以上、今回の山巡りでした。

Artisan Supra チタンマフラー

こんにちは

四月に入りましたね。日々本社や日本の取引先と話をするんですが、皆さん、アメリカに行ったり、ドイツに行ったり、あるいは行こうとしたりするんですが、チャイナにいる我々は全くその余裕がないです。相変わらずコロナを撲滅しようとしているところです。コロナと戦い、間もなく3年になりますが、今年の風景がかなり違います。オミクロンは中国全土に及んでますので、政府の対策もどんどんエスカレートしてます。なんか一人でも感染者出たら都市封鎖されるのが頻繁に行われてます。その都市が50万人であろう、100万人であろう関係なし。率直に言って、一体誰と戦っているのかわからないです。
梁も日々心配しているのが次封鎖されるのはどこ?封鎖されると生活物資の配給は当然行き届かないので、こまめに家の物資を充実し、冷蔵庫もパンパンにしてます。会社の在庫もショップ、倉庫に置き分けて、いざの時回せるように工夫してます。

少し前の深セン、今の上海に比べて、北京にいる我々はは、今なところはまだラッキーなほうです。
さてさて、本日はこちらの作業でございます。
以前のBlogでも紹介したんですが、再びArtisanのSupraチタンマフラー取り付け作業でございます。
杭州のショップ様よりです。

文句なしの溶接処理技。
今回はすでに5個目の取り付けになります。
以前撮っていた音のビデオがSupraのオーナーの中で広がり、チタンのこの重厚低音に惹かれ、これだぞという客さんが増え、なんかほかのマフラーから切り替えたお客さんもいるそうです。感謝する限りです。

取り付け後、お客様も大満足です。
もっともっと広がればと願ってます。
今日はここまでです。