MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • MS-Design
  • STARTECH
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • end.cc
  • Next innovation
  • NOVITEC-ROSSO
  • ARTISAN SPIRITS
  • ADV.1 Wheels
  • anrky wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • TSW WHEELS
  • BC Racing
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • Preciousf
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu
  • NOWWe

DuelL AG F56 フルキット~天津編

皆様、こんばんは。

なんだか北京はまだ再びやばい状況に入りました。本格的な解除をしてわずか1週間しか経ってませんが、今再びいろんな制限を受けてます。梁はちょうど今週成都の来客を予定してて、その後、今年初の国内出張、厦門に行く予定を立ってていたところでしたが、全部白紙に戻りました。落ち着くまで1か月はかかるでしょう。

さてさて、本日はこちらのご紹介です。前のブログでも触れましたが、弊社の新人ケイ君が先週天津に行き、施工完了後のDuelL AGのF56フルキットを撮影してきました。

今年に入り、西安のフルキットに続き、2セット目の完成です。

前回の西安F56はこちらです。http://bond-diary.jp/beijing/2020/04/16/duell-ag-f56%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%88%e5%ae%8c%e4%ba%86/

正直こんなアイテムが多いMINIは世界においても決して多くありません。今年は2台揃って、取り付けていただくのが本当に嬉しいですね。

西安のと似ているところもあり、カーボンあるバージョンは全部カーボンにしてます。簡単に紹介させていただきます。

今回のパーツ構成を言いますと、

DuelL AG:

V3.22フロントバンパー、ボンネット、サイドパネル、サイドディフューザー、ワイドフェンダー、リアバンパー、リアディフューザー、リアルーフスポイラー、トランクリッドスポイラー、ドアハンドルカバー、アンテナカバー、フューエルカバー、ステアリング(黄色ステッチ!!)、パドルシフト、ターボ&油温計フログキットなどなど

そのほかにもArmaエアインテークシステム、Forgeのインタークーラー、JBOMキャタライザー、AP Racingのブレーキキット、Armytrixマフラー、Hardraceスタビライザー、KW車高調、レカロシート、Workの19インチホイールなどなど……エアロから性能パーツまで全部です。

なんかショップさんの話によりますと、全部任せコースで、全てショップさんが決めたようです。50万元(750万円)の現金をショップに持っていったらしいです。もうパーツの値段は車を超えてしまいます。天津でもここまでやるお客様がいろんですね。北京でもMINIにここまでやるお客さんに出会ったことがありません。感心します。

写真をご覧下さい。

DuelLのワイドフェンダーは純正より片側1.5cmしか増えてませんが、でも付けたことによって、ボリューム感が増えて、全く違いますね。

DuelLのリアバンパーとマフラーいつもセットで売ってますので、そうじゃないと、マフラーの出口は純正と違うので、加工しないとつけられないです。切って溶接して繋いだので、大変でした。

いかがでしょうか?これで天津の街では格好いいF56一台が増えました。

梁よりご報告でした

 

新入社員

皆様、こんばんは。ずいぶんお待たせしました。ネット環境が整えたので、閲覧スピードはまだ遅いですが、アクセスできるようになりました。日本では当たり前のことはここでは簡単には行きませんね。最近の会社の出来事について、入荷、新作の完成いろいろございますが、順次にご報告していきます。

まず新入社員が入ってきたことをご報告します。

当店のマーケッティング担当が春節休みのあと、帰ってこないままになって、後任をずっと探してますが、ようやく5月末に入ってきました。

ケイ君です。

34歳の独身男で、地元北京出身です。今までの履歴はフォワーダー、チューニングショップと自動車メディアを経験し、Bond北京に加入です。なんか過去すべての経験が活かせる?と思う方でございます。ベテランなので、業界の在り方もある程度知ってますので、こっちのニーズも分かってくれます。

入社して早速の天津出張です。昨日、天津に行き、取り付け完成後のF56 DuelL AGフルキットを撮影に行ってきました。センスもなかなかよくて、これからいろいろ感動な瞬間や思い出になる作品を届けできたらと思います。

趣味を言いますと、もちろん車弄りとカメラです。

マイカーのシロッコの写真です。

ご覧の通り、VIPスタイルの追求者です。極端というところまで攻める方ではございます。

これからの動きは楽しみにしておりますね。ご報告でした。

入荷です

皆様、こんにちは。

今日はこちらのご紹介でございます。一ヶ月ぶりドイツ品の入荷報告でございます。BOND北京は今年に入り、なぜか高額な商品が多くご依頼を受けてます。経済がかなり深刻なので、あっちこっち悲鳴ばかり上がってるのに、こういうふうにお仕事をいただいて、多忙の毎日を送れて、嬉しい限りでございます。

中国税関の効率がかなり早いので、問題なければほぼ当日の通関配達になります。ただうちに来るのが大体夕方6時前後になります。梁もせっかちなので、通関さえ終わったら、翌日まで待ってられません。お客様の気持ちがすっごくわかるので、少~しでも早くお客様の元にお届きしたいからです。

 

こういうふうに、商品をショールームに搬入して、一つずつ検品&写真を撮っていきます。

今回入荷したのがMansoryだけではありません、Techart、Lummaなどの商品もございます。商品が多い分、全部検品して、写真も撮り、まだ戻して、実は大変な作業ではあります。一部をご紹介していきます。

まずLevanteのフルキットは久しぶりです。梁の頭の中でこれは今まで2セット目だと思います。またこのオーダーは去年の11月にオーダーさせて頂いたんですが、ジュネーブモーターショー出展準備や、現在コロナの影響で、だいぶ納期が伸びてしまい、お客様は理解していますが、催促も頻繁に来ております。早速検品して、問題なかったので、夜中、福建省に向けて出荷しました。

次はパナメーラです。

Mansoryが971パナメーラーに対して3タイプの商品を出しております。ワイドボディ、バンパー交換タイプ、リップタイプ。パンバー交換タイプは始めての入荷です。個人的にはこのデザインが好きです。こちらは深センのお客様のオーダーでございます。

フォージドカーボンのS63ボンネットです。

Techart GT3RSのカーボンパーツ

992のBigウィングです。

Techartの商品

最後の圧巻作は、またもカリナンです。ちょうどただいまは1台を作成中ですが、また1台が入ってきました。2台同時進行?。

カリナンの入荷整理をしたのが夜中です。早速お客様に写真送り、入荷報告をしたところ、今から見に行くよと言われて。お客様の来店を待ってました。

またお客様から:ご飯を食べてないんだろうと言われて、梁はそうですね、ずっと検品してました。30分後、雨の中、鰻飯を持参して、傘をさしながら、夜12時のご来店でございます。

ロールスの傘はたまに見かけますが、お客様がさしてる姿は始めてみました。傘があって、いざの時は便利ですね。

ロールスのエアロ、ロールスの傘、相性いいというか、なかなかのない出会いですね。

客様がパーツを興味津々ご覧になり、喜んで帰っていただきました。帰る前に、次は新しいコンチGTもやるからと言われて、新しいコンチGTを今から手配する形になります。

今回はたくさん入荷して、またたくさんかっこいい仕上がりを紹介できたらと思います。

ご報告でした。

 

ロールス

皆様、日本は今お休み中ですよね。中国も今日から5連休です。休み前はかなりバタバタしました。

休みの前日、北京は突然コロナ警戒レベルを最高水準の1級から2級に引き下げて、何を意味するかといいますと、今までの14日間の隔離措置の撤廃です。北京は首都ということと感染者が絶えずに出たので、北京に入る人は一律14日間隔離を強いられてます。ほかの地方は徐々に解除したんですが、北京は簡単には行きませんね。この措置はある以上、北京から一歩も出れません。これで湖北省と東北以外のところはほぼ全国での移動制限はなくなりました。まぁまぁ、連休の前日なので、意図的には旅行促進だと思われます。海外にはまだまだ移動できないと思われますが、国内の移動はできたので、嬉しくと思います。

さてさて、本日はこちらのネタです。

ファントムVIIIのフルキットを取り付け開始、今回取り付けるのはフロントバンパー、フェンダー、サイドスカート、リアバンパー、24インチホイールです。

今までゴースト、レース、ドーン、カリナンはいろいろ付けてきましたが、ファントムは初めてです。

フェンダーとフロントバンパーの交換を交換したところで、迫力は半端ないですね。

 

このお車はMansoryを取り付けたあと、だまだやることが多いです。ボディ色を流行りの2トーンにするんですし、内装も全部変えていきます。だって、オーナー様はちょうど二十歳過ぎたので、いろいろ変えていきたいですもんね。完成はまだまだ先ですが、ちょっとずつ紹介していきます。

その一方、Mansory カリナンも今から取り付けです。同じフルキットです。

こちらのオーナー様はかなり急いでるので、あまり時間を頂いておりません。突貫工事徹夜でやっていかないといけません。完成はファントムよりは先です。

Mansoryをやらせていただいて、6年目に入り、いろいろありましたが、普段は1キットだけでも充分嬉しいですが、現在の二台同時進行です。来週ファントムIIも入庫し、同じくMansoryのエアロ取り付けです。こんなにたくさん信頼いただいて、嬉しい限りです。完成後、みんな集めて、写真を撮りたいですね。

ご報告でした。

DuelL AG F56フルキット完了

皆まま、こんばんは。

随分長引いた更新になりまして、申し訳ありません。最近のネット調子がかなり悪いです。家でも会社でも特に海外ネットへのアクセスが反応鈍くて、特に家で海外のホームページを開けるのに、30分もかかったりします、2020年代と思わないぐらいです。全然仕事になりません。困りました。

さてさて、本日はこちらのご紹介です。DuelL AGのフルキットを西安にて仕上げたことご報告します。DuelLについて、日本生まれのミニチューナーですが、中国でも大変人気です。R56の時代から今まで中国ですでに10年近くやらせていただいてるので、いろんな車を仕上げてきたんですが、今年に入って始めてです。F56について選べるパーツも多く、いろんなバージョンがありますが、今回は最新のV3.22バージョンでしかも全部カーボン仕様です。

写真をご覧下さい。

パーツ構成としては

Duell AG:

V3.22フロントバンパー、サイドパネル、サイドスカート、サイドディフューザー、リアバンパー、リアディフューザー、マフラー、リアルーフスポイラー、トランクリッドスポイラー、ドアハンドルカバー、アンテナカバー、フューエルカバー、ステアリング、パドルシフト、ターボ&油温計フログキットなどなど

そのほかにもGruppe Mラムエアシステム、WTのインタークーラー、FDEキャタライザー、AP Racingのブレーキキット、H&Rスタビライザー、GIOMICタワーバー、SACHS performance  coilover kit、BBS RF156 18ホイールなどなど……エアロから性能パーツまで全部です。

なんか今回のパーツ総額は中国でJCWもう一台買えます。やりますね。

でも、やった甲斐があります。完成写真です。

JCWですと、日本ではバンパーごとの交換は少ないようですね。もちろん中国も多くはないですが、やる方はやります。純正のバンパーなんとなく物足りない感じがして,交換したことでボリューム感が増えてて、バランスも取れて、個人的には好きなデザインですし、人気なアイテムです。

下のラバーはDuellAGのロゴもあって、それを主張したくて、塗装を入れるお客様が多いですが、今回は割愛して、ブラックアウトを徹底してます。

カーボンのサイドパネルは前後カーボンはないので、もしかして違和感があるのではと思って、お客様にFRPを勧めたんですが、カーボンが大好きだから、客様の意思に従いました。

真正面からあまりわかりませんが、リアバンパー下のディフューザーはなんと全部カーボンです。

素晴らしい一台になったと思います。ちなみにもう一台はボンネットも含まれるフルキットの作業は天津で今からやる予定です。楽しみにして下さい。

今日はこのへんまで。