Lamborghini

ウルス用中古特価品のご案内です♪

こんばんは!!

石井です♪

新年早々、、、

↑↑↑↑↑

今年の初め、僕は新しいテレビを買いました

そしてその数か月後、、、

黒光り

入手困難だったPlay Station5を縁あって買いました

その後、astro gaming製ヘッドセット A50を購入し、ゲーミングチェアを購入し、今では顔の知らないお友達がいっぱい、、、

そして今年の年末??来年の年始??には、ゲーミングモニターを購入しようかと思います

55インチテレビの前に、24もしくは27インチのテレビを置いてやろうかと思っております

肝心なのは”FPS”です

ってことで、本日ご紹介するのはトレハンイシイから!!

ANRKY WHEELS

AN10 MONOBLOCK 23inch!!!

Lamborghini URUS用

めちゃめちゃ程度の良いタイヤホイールセットです♪

タイヤは純正オプション23inchと同サイズのPIRELLI P-ZERO!

元のフィニッシュはフルポリッシュでしたが、国内にてカラーチェンジ済み!(ポリッシュドスモーク?な感じ)

↓↓↓↓↓↓↓元の仕様

で、先程の画像はショールーム内なので、どうしても店舗内の照明の悪影響を受けてるので、、、(笑)

こっちが実際のカラーになります♪

タイヤの溝もまだまだ使用可能!!

新品税別定価¥2,517,800-と、いつものように高額なセット、、、

あくまで中古なので、、、

↓↓↓↓↓↓↓

中古特価価格!!!!

ご成約済み

ありがとうございました!!!

※ローダウン必須サイズです

いつも通り、早い者勝ちの一台分のみ!!

お問い合わせお待ちしております♪

新入庫ランボルギーニ♪

こんにちは! マッス〜です✌️

 

最近ジメジメしてきて、暑いですよね?😵

 

 

今日ご紹介するのは、そんな暑さも吹き飛ばすような色のランボルギーニが入ってきます♪

 

それは!!!

 

HURACAN LP610-4

グリーン🍏

色の正式名称はあとで調べておきます😉

 

全長×全幅×全高

4459×1924×1165mm

最高出力

610ps(449kW)/8250rpm

最大トルク

57. 1kg・m(560N・m)/6500rpm

スペックはこんな感じだったと思います。

間違えてたら申し訳ございません🙇‍♂️

 

 

ウラカンは他のアヴェンタドール、ウルスに比べては全然運転はしやすいと思います!!

僕みたいなスーパーカー初心者でも楽々に運転できちゃいます

 

 

近々、内装や外装などの写真をアップ致しますので、もう少しだけお待ちください🥸

 

 

僕が今一番気になっているのが、ウラカンのSTO

なんですがボンネットの開き方に惚れてしまいました

こんな感じにガバァ!と開くんです!!!

 

 

すぐサーキット行きたくなりますよね!

またお尻(リア)がカッコイイのです!

たまらないですね!!!

 

 

 

話しはが変わりますが、最近ランボルギーニも2024年までに電動化など言っているので、少し寂しいです🥺

 

 

以上、新入庫&僕が気になってるランボルギーニウラカンSTOのご紹介でした。

 

土曜日のマッス〜でした🚗

 

 

 

 

 

 

恐らくSVJオーナーとしては最年少!!!

こんばんは内山です

最近やたらと息子の宿題を見る機会が多いのですが、

勉強を教えるのって難しくないですか?

大人では考えないような角度からの質問。

漢字を勉強していると書き順がめちゃくちゃ。

書き順を指摘すると、息子の反対意見としては

何故書き順を守らなければいけないのか?

テストでは漢字が書けているか書けているかの判断しかしていない。

って結果から言えばそうなんですが・・・

書き順の重要性の答えに悩む父親。

とりあえず「日本人の心だ」と答えましたが笑

それがルールだからと伝えても納得しないだろうし・・・

人に何かを伝えるのって本当に難しい

学校の先生って大変なんだろうな~と思いました。

とりあえず根気強く言い続けてみます笑

という訳で!!!

本日は恐らく史上最年少のLambroghini SVJオーナーのお車をご紹介させて頂きます

Youtubeではかなり有名なお話なのでピンと来た方もいらっしゃると思いますが笑

今回は新車の状態でディーラーさんから回送され、ご納車の前にフィルム関係の作業を

モリモリ施工させて頂きました

まずはパッと見て目に入るのが、

この”63ロゴ”ですよね!!!

今回ガッツリ63仕様にさせて頂きました

しかもですよ?

SVJ63ってクーペとロードスターでロゴが若干違うのも忠実に再現しました

クーペは63のロゴに対して均等に黒い縁取りになるのですが、ロードスターは影のような

縁取りになるのです・・・

ってSVJ63のロードスターなんて流石に見た事ありません・・・

なのでネットで63ロゴを研究しまくってデータ作成致しました

そして今回のお車はロードスターなので本来であれば63ロゴはフード中央に配置されるのですが、

ロードスター用のロゴでありながらも配置はクーペ同様斜めに施工させて頂きました

そしてフロントバンパーに入っている水色のラインも、本来であればマットゴールドでの施工と

なりますが今回はあくまでカスタム要素を含んだ63仕様ですのでボディーカラー近似色にて施工。

エンジンフードのストライプも忠実に再現

ここまでキッチリやってあれば

こんなSVJ63ロードスターもあるんだ~

ってきっとなりますよね笑

フロントからリアにかけて63のように一部グロスブラックでラッピングもしっかりと施工済み!

そして丸ごとプロテクションフィルムで包んでありますので飛び石対策もバッチリで御座います

しかし18歳でSVJロードスターのオーナーとは本当に凄い話ですよね!笑

内山の18歳の時なんて・・・

友人から20万で買ったローレル乗ってました!笑

そう考えると凄いですよね

このSVJロードスターで8000万超えな訳ですから

それはそれ。

これはこれ。

不屈の精神で内山も頑張ります!笑

どんどんコンプリートっぽく!!

こんばんは内山です

ここ最近会社で至急されたi-phoneの充電が一日持ちません。

携帯を使い過ぎなのか、バッテリーの寿命が近いのか、どちらかは分かりませんが

石井も同じ事を言っていたので恐らく後者だと思います。

そろそろ機種変にならないかな・・・

カメラの性能がもっと上がればきっとインスタももっと更新出来るはず!!

多分!笑

せっかくなら、カメラのレンズが3個ついているタイプが希望です

はい!という訳で本日はまた強烈なお車をご紹介させて頂きます

以前ご紹介させて頂きましたこちらのLamborghini Aventador!!

この時点でガッツリとMANSORYのパーツを組ませて頂いたので完成かと思いきや・・・

実はまだ終わっておりませんでした!!!!

今回仕上がった状態がこちらになります

カーボンパーツがまた更に増えました!!!!

どんどんコンプリートっぽくなっていきますね笑

今回お取り付けさせて頂いたパーツをご紹介させて頂きます

まずはドアミラー

よく純正パーツに被せるカバータイプは見かけますが、今回は純正を外して

ゴッソリ交換タイプになります

因みにドアミラーカバー側面にMANSORYのロゴが入っておりますが、写真には一切写って

いないという痛恨のミス!!

そしてサイドスカートも勿論MANSORY製になります

こちらは”Competition”というデザインになり、サイドスカートが丸ごとカーボンのタイプ!!

装着時は一生懸命マスキング貼って「こんな感じで塗り分けようと思いますがどうですか?」

と確認したところ、

「今回は全部カーボンで」

という事で丸ごとカーボン剥き出しで装着させて頂きました。

横の大きいインテーク部分も大きく張り出していてカッコイイ!!!

サイドスカートが丸ごとになった事で一気にボディーカラーの面積が少なくなりました

かなり激しい雰囲気になりましたね!!

そして今回MANSORY製のリアウィングも装着させて頂いております。

アヴェンタドールの純正のウィングの形状に合っていてこれまた素敵

因みにリアウィングの土台の純正のリアウィングのパネルもMANSORYのカーボン製へ交換

させて頂いたので・・・

真後ろから見た時のカーボンパーツの面積がエグイ事になっております笑

ローアングルだとカーボンしか見えない勢いです

でもまだ今回はこれだけでは終わりません!!!!!

ルーフのブリッジと呼ばれるパーツもMANSORYのカーボンパーツへ交換です!!!!

しかもこれ。

MANSORYのロゴが入ってるじゃないですか?

しこもロゴが凹んでいるタイプなのですが、実はこれ。

完全に特注です

ダメ元でロゴ入れられないのか聞いてみたところ、出来るって事でオーダーさせて頂きました。

マンソリー凄いっすね笑

という訳で、またまた強烈なAventadorが完成致しました

もう流石に外装はこれで完成ではないでしょうか!?

次は内装ですかね!!!!

これからが楽しみです!!!!

 

 

 

ようやく完成致しました!!!!!

こんばんは内山です

先日ブログでもご紹介させて頂きましたこちらのお車↓↓

ボンドデボィーでの作業を経て、遂に完成致しました!!!!!!!!!

もう見違える位カッコ良くなりましたのでご紹介させて頂きます

完成した状態がこちら

もう見るからに雰囲気が全然違いますね

最終段階で車高も少し下げちゃいました!

それでは色々とご説明させて頂きます

まず今回ご装着させて頂いたカーボンパーツは、全てMANSORY

Aventadorの場合には他にもカーボンパーツを出しているメーカーは沢山ありますが、

その中でもMANSORYのこのデザインが前からカッコイイな~と思っていた訳で御座います

この派手過ぎず、純正+αくらいの仕上がりがまたカッコイイ

勿論サイドスカートもMANSORY製です!

横のエンブレムの下辺りでチョコッと伸びてるフィンがまた素敵!!

リア廻りもガッチリとカーボンパーツへ交換済みとなります笑

リアウィングはMANSORYのコンペティションタイプ。

この独特なウィングのラインが好きなんですよ!笑

そしてリアディフューザーもMANSORY製です

パッと見た感じ純正とデザインがあまり変わらないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが・・・

実は違います!!

純正にはこの一番外側のフィンが無いのですがMANSORYにはあります

元々このディフューザーはマットブラック仕上げだったので、カーボンにするだけで

雰囲気が全然変わりましたね

この後ろから見た時のシルエットがとにかくカッコイイ

フェンダー上のエアインテークをあえてカーボンにしない事でルーフのラインが繋がって

またカッコイイ

そしてキャリパーカラーはプラッティングシルバー超薄め笑

プラッティングシルバーって黒をベースにシルバーを塗り重ねていくのですが、塗り重ねを

少なくするという事はその分下の黒が透けるのでガンメタっぽい感じに仕上がります

当初はグロスブラックにするとお客様と打ち合わせをしておりましたが・・・

ボンドボディーに入庫する前に勝手にキャリパーカラー変更!笑

後日お客様には勝手にキャリパーカラー変更した事をお伝えしましたが

「お任せだから大丈夫」

との事でした!!

今回完全にノーマルの状態からここまで一気に仕上げさせて頂きました!

しかもボンドカーズでお車を購入から始まって今この状態!!!

有難う御座いますを何回言っても足りないですね笑

A様、いつも本当に有難う御座います

月末にお車のお預かりラッシュが始まりますので、その際に例の件も全てご対応させて頂きます!

と、直接連絡ではなくブログでメッセージを伝える内山でした笑

こちらのお車の走行動画も今回撮らせて頂きましたので後日改めてご紹介させて頂きます。

それまではツッチーのこちらの作業紹介をご覧ください!!