MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • MS-Design
  • STARTECH
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • end.cc
  • Next innovation
  • NOVITEC-ROSSO
  • ARTISAN SPIRITS
  • ADV.1 Wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • TSW WHEELS
  • BC Racing
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • Preciousf
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

メルセデスベンツ W463 AMG G63 & G350ブルーテック KONIショック&リフトアップ、スペーサー、前後ドラレコ他 カスタム!!

アサイです。

 

本日まずご紹介するのはW463 AMG G63

いつもお世話になっているお客様より、「乗り心地悪いからどうにかして!」と御依頼頂きました

早速取り付けしたのはKONI ヘビートラックRAID。

G63ノーマルショックはビルシュタイン製で高圧ガスが入っている為、どうしても硬めの乗り心地。これをKONIに変えることによって改善を図ります

同時に、内側に入ってカッコ悪いから!ということで、前後スペーサーをプラス。

ちゃんと糸垂らして測りましたがもちろん飛び出しておりませんので、車検対応です!!

最後にデイライトコーディングも行い完成

後日、別用にて寄られたお客様に「乗り心地良くなったわ~」と喜んで頂くことが出きました

今回も御用命頂き誠に有難うございました

 

続いてご紹介するのはW463 G350ブルーテック

こちらのお客様にもKONIヘビートラックRAIDを装着!!

それに合わせて30mmアップスペーサーも装着しました

同時に前後ドライブレコーダーも装着
BREX製は駐車監視モードも付いていますのでオススメです。

全ての作業が終わり完成

30mm車高が上がっただけでも大分迫力が増しますね
ちなみにグリルガードは指定部品となりますので、車検は全く問題ありませんでしたw

今回も御用命頂き誠に有難うございました!!

それでは

 

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓

お問合せはこちらから

 

 

 

オートウェイ JWL偽装表示(不正競争防止法違反)の件について。

アサイです。

本日お話しするのは、今巷で話題沸騰(!?)のオートウェイのJWL偽装表示(不正競争防止法違反)問題。

まー同業者としては無視できない問題ではあります。お客様から聞かれることもあると思うので、私なりに解説したいと思います。

 

そもそもJWLって何よ?って話ですが、JWL(JAPAN LIGHT ALLOY WHEEL) とは国土交通省が通達した「乗用車用軽合金製ディスクホイールの安全技術基準」をホイールメーカーが自社試験で適合している場合に表示できる安全基準です。※JAPANと入っていることからも分かる様に日本独自の基準です。

ここでポイントになるのが、メーカーが自社試験で適合している場合に表示できるという点。つまり第三者の機関で試験を行うのではなく、あくまで自主的に行う試験ということになります。

普通のホイールメーカーであればもちろん適正な試験を適正な検査機で行う訳ですが、あくまで自主的な試験であるということは、仮にやらなくてもバレない、、、だから勝手にJWL入れちゃえ!ってのが今回の事件の概要だと思います。ちなみに容疑者が否認しているのは「海外の工場が勝手に入れただけであって、私たちはJWL試験受けていると思っていた。」という具合でしょう。ま、逮捕されているということは、試験受けてないことを認知していたり、警告を受けたにも関わらずに販売し続けたりと悪質性が判断されたのでしょう。あくまで推測ですが。

 

ではここで、「ボンドさんの扱っているホイールはどうなの~、大丈夫なの~??」って声にお応えしましょう(笑)

例えば、私がことあるごとに「安心のJWL認証品」とブログで書いてきたBCforged!!

「安心してください。検査してますよ(古w)」

BCforgedの工場内にはこの様なJWLに対応している検査機器が数種類あります。
※写真は13° impact test

この中で下記の様な13度インパクトテスト、

違う機器で回転曲げ疲労試験、

また違う機器で半径方向負荷耐久試験を行います。

そして、重要なのがこの検査機器自体もJWLから試験設備承認を受けているということです。

つまり、BCforgedはJWLから承認を受けた適正な検査機器で、適正な強度試験をパスしているホイールということです
検査機器が正確でなければ意味ないですからね。

 

さらにHREやADV1ホイールに関してはJWLはもちろんのこと、より厳格な試験であるTÜV規格もパスしております。

※TÜV《Technischer Überwachungs-Verein》ドイツ技術検査協会。政府や公共団体から委託されて機械・電子機器などあらゆる製品の安全規格への適合性について検査・認証を行う民間検査機関。KBA(ドイツ連邦自動車交通局)からも認められている検査機関です。

速度100~110キロが最高速度の国の強度試験と、300キロ以上出す国の強度試験、どっちの試験が厳しいか普通に考えたら分かりますよね??
それだけ厳しい強度試験をパスしたホイールというのが分かって頂けると思います。

 

ちなみにJWL規格を通ってない粗悪品なホイールはどうなるかというと、最悪の場合このような感じで破断します。ま、今回の事件では事故になったケースは無いと聞いてはいますが。

もちろんJWLやTÜV通っていても、大きな衝撃を与えれば物理的に曲がったりヒビが入ったりすることはあります。ただ、上記の様に破断して走れない状況になることはありません。

 

まぁ、オートウェイで販売されていた様な格安鋳造ホイールとそもそも値段が何倍も違う鍛造ホイールを一緒にしてもらったら困りますが、やはり安いホイールにはそれなりの理由があるということです。

という訳で弊社で販売しているホイールは上記の様な厳しい規格をパスしていますので、安心してお買い求めください

それではまた明日

 

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓

お問合せはこちらから

 

W463A G350d×BRABUS フロントリップスポイラー・純正G63 フロントグリル+ヘッドライトカバーBREX コードファントムEX・ナンバー灯LED 取り付け

こんばんは、シノハラです

本日ご紹介するお車はコチラ!!

W463A G350dでございます!!

(ノーマル状態で写真撮るの忘れてた…)

最近ホントに問い合わせの多い新型ゲレンデ♪

ではでは早速ですが、完成がコチラ!!

まずはイメージがガラッと変わるフロントから♪

純正 G63 フロントグリル+ヘッドライトカバー&BRABUS フロントリップスポイラーの取り付け!!

真正面からだとG63に見えますね(笑)

この3点setはホントオススメです!

問い合わせもめちゃめちゃ多いです♪

そしてBREX コードファントムEXを取り付け!!

こちらもW463型から人気のパーツですね!!

新型G350dにも取り付けは可能ですが、専用ステーがないので取り付けは少し手間がかかります・・・

最後はナンバー灯LEDを交換!!

元々LEDなのですが、打ち替えたLEDによって純正より純白に光りますので見た目もGOOD!!

夜に写真撮ったらすごい盛れましたが、ナンバーも綺麗に見えます!

完成!!

今回はご用命頂き誠にありがとうございました!!

BRABUS フロントリップの問い合わせはすごい人気なのでお早めに♪

それでは

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓

お問合せはこちらから

AUDI Q8 グリル&キャリパーペイント ABTエアロ 他 カスタム!!

アサイです。

本日ご紹介するのは、アウディQ8
画像はネットより拝借m(_ _)m

お客様より、「グリル枠のシルバーが気になるんや~」とご相談。
確かに、ボディ色に対してシルバーが浮いている感じがします。

写真で下記の様にグリル枠がブラックのクルマを見たことがあるので、

「新車オーダーで選べなかったんですか?」と聞くと、海外では選べるらしいですが日本仕様は通常グレード(ボディ同色)、Sライン(マットシルバー)の2色しか選べないみたいですw

通常グレード(グリル枠同色)

Sライン(グリル枠マットシルバー)

どっちの仕様でもグリル枠がやはり目立ちますね、、、
私がアウディJAPANの担当なら、絶対ブラックPKGをオーダーしますwww

ということで、早速グリル枠をペイント!!
同時に横長のアンダートリムもグロスブラックにペイントさせて頂きました
また
、ウィンドウモールなどのメッキは残すので、グリル周りのメッキ部分は残しました。

更に、ブレーキキャリパーもペイント仕上げ

純正は色気無いシルバーなので、キャリパーペイントだけでも足元がぐっと華やかになります

最終チェックを行い完成!!

各部ペイントだけでも大分印象が変わりました

次回はABT製スポイラー装着してくれるそうですwww

個人的にQ8好きなので、Q8のカスタムが増えることを期待しております

今回も御用命頂き誠に有難うございました!!

それでは

 

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓

お問合せはこちらから

 

 

フェラーリ 458スパイダー×SKY FORGEDホイール取り付け

こんばんは、シノハラです

本日ご紹介するお車はコチラ!!

フェラーリ 458スパイダーでございます!!

以前、ロベルタ リフターシステムや色々ご依頼頂いたお車ですが

今回取り付けたのはホイール!!

SKY FORGED S201でございます♪

今回は拘りの仕上げ!

ディスク:ホワイト

アウターリム:ホワイト

インナーリム:ブラック

ピアスボルト:シルバー

の仕上げになります!

組み合わせたタイヤはPIRRELI P-ZERO

サイズは定番のフロント21インチ・リア22インチ

リアのコンケーブも強烈です♪

しかもホワイトのホイールってなかなか無いので新鮮ですよね!

ロッソコルサのボディカラーとの相性も抜群です!!

インパクトがあっていいですね~♪

それにしてもこの仕上がりは”THE アメリカンスタイル”って感じです♪

お客様の拘りがにじみ出ておりますね!

色々とご迷惑をお掛けしましたが喜んでいただきましたのでホッとしました♪

さらにお土産までいただいたのですが

なんと!!

“シノハラさん行ってないと思うんでどうぞ!”って2019 F1 JAPANESEGP OFFICIAL RACE PROGRAMではありませんか!!

これはうれしい!ありがとうございました!!

いつもご来店頂く度にF1の話しになるんですよね(笑)

来年は久しぶりに行ってみたいです♪

今回もご用命頂き誠にありがとうございました!!

それでは

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓

お問合せはこちらから