アストンマーティン

AstonMartin DBX 1913Edition× neutrale DRF 、キャリパーペイント!!

こんにちは

オカです

今日ご紹介させていただくお車は・・・

アストンマーティン DBX 1913エディションでございます

いつもいつもお世話になっておりますSUVマニアなNサマより、

「DBX 707はちょっとエアロがスポーティすぎるから普通のなんかない???」って事でマットブラックのDBX、しかも限定車の1913エディションをご成約いただきました

とりあえずノーマルでは乗られませんので、

アストンマーティンの雰囲気に合わせてシブく仕上げさせていただきました

このカタマリ感が良いですね

今回装着させていただきましたホイールはユーロ業界で人気の鍛造ホイール「neutrale」の、

「DRF Mono」を装着させていただきました

このデザイン、前からハイエンドSUVに付けたいな~と思ってまして、今回お客様に写真見せたら「良さそうやから任せるわ」とオマカセいただきました

サイズは23インチでタイヤサイズはウルスサイズでございます

今回のDBXが内装外装カーボン満載でしたので、そこに合わせてフィニッシュはブラッシュドティントクリアをチョイス

オフセットは事前に測定しておきましたので・・・

良い感じでございます

本当はローダウンしたかったですが、DBXはスタビライザーにコンピューターが付いており、左右の揺れも見ていることでローダウンすると異常と検知して速攻エラー出ます

いつかDBXのロワリングモジュールとか出ると装着したいですね

コンケーブ具合も・・・

前後ともに良い感じで落ち込んでます

キャリパーはなぜかゴールドだったので、まとまりを出す為にグロスブラックにペイント

サイドビューもカタマリになりましたwww

最後にエンブレム類をペイントしまして・・・

完成です

お客様にもめっちゃ喜んでいただき、「純正より軽くなった?めっちゃハンドル操作しやすくなった」とホイールメーカー様が喜ぶ感想いただきました

重さ計っておけば良かったですwww

いつもいつもお車ごとご用命いただき、誠に有難うございます

ホイール届く1週間前に「売ろうかな・・・」ってライン来たときはさすがに焦りましたwww

入れ替えでお預かりしたカリナンブラックバッヂもバッチリ仕上げておきますね

 

それでは今日はこのあたりで・・・

オカでした

 

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します
↓↓


友だち追加

↑↑↑友だち登録よろしくお願いいたします!!!

ASTON MARTIN VANQUISH ZAGATO × ANRKY RS3.2、ROBERUTA、プロテクションフィルム!!

こんにちは

オカです

昨日は東京オートサロンに行かせていただきました

今年オカはボンドブース3台、ロリンザーブース1台担当させていただき・・・

フルマンソリー フェラーリローマ

フルブラバス ロールスロイスゴースト

マンソリー&AL13 アウディRS6アバント

この3台と、

フルロリンザー W223  S580L

を担当させていただきました

ローマ、ゴースト、RS6アバントは全てお客様よりお車ごとご用命いただき、まだどのお車もオーナー様乗られてませんwww

本当に皆様、有難うございます

明日が最終日となっておりますので、ぜひぜひご来場くださいませ

 

そんな本日はオートサロンにも負けないインパクトのお車をご紹介させていただきます

以前ご紹介させていただきましたアストンマーティン ヴァンキッシュガザート

世界限定99台の希少なお車です

そんなお車を・・・

カスタムさせていただきました

希少なお車だからこそオリジナルを・・・って意見もございますが、やっぱりより格好良くして乗りたいのがオーナー様でしてwww

今回ホイールはアメリカ鍛造ホイール「ANRKY Wheels」から、

レトロシリーズの新作2ピースモデル「RS3.2」を装着させていただきました

フィニッシュはブラッシュドグロススモークにグロスブラックハードウェアを50/50でシンプルに仕上げております

今回は純正より1インチアップの前後21インチにして、奥行きを出す為に2ピースで作成させていただきました

アストンってタイヤ薄くなればなるほどダサくなるので、このくらいが最高にちょうど良いです

そして前後ともにコンケーブ具合もそこまでやりすぎず、でもフロントもやんわりコンケーブしてます

それでもツラ具合は・・・

完璧ですwww

ちなみに通常のヴァンキッシュと前後ともにフェンダーサイズが違いますwww

二度とご依頼いただく事は無いと思いますが、ヴァンキッシュザガートのパツパツセッティングはお任せください

車高も綺麗にローダウンしておりますが、フルカーボンボディを擦るのは嫌なので・・・

「西の販売促進委員長」をさせていただいておりますロベルタリフターシステムも装着

あ、スリプロもマストで貼っておりますwww

フロントがグィーンとここまで上がります

さらにめっちゃ大変だったというナビ交換に・・・

全然リアが見えないのでデジタルインナーミラー

最後にボディフルでプロテクションフィルムを施工させていただき・・・

完成です

お車の手配からカスタムまで本当に強烈なご依頼・・・

有難うございます

オーナー様にも「めっちゃ良いホイールもやっぱりこれくらいじゃないとですね」と喜んでいただけました

あーもう最高の1台に仕上がりました

〇億超えの車はいじるのも本当にドキドキしかしませんwww

 

それでは今日はこのあたりで・・・

オカでした

 

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します
↓↓


友だち追加

↑↑↑友だち登録よろしくお願いいたします!!!

 

ASTON MARTIN VANQUISH ZAGATO!!

こんにちは

オカです

今日はカスタム紹介じゃなくてこれからカスタムするぞブログですwww

世界的にも希少なお車ですのでご紹介させていただきます

世界99台限定

アストンマーティン ヴァンキッシュザガートでございます

いつもいつもお世話になりっぱなしなお客様と4年前から温めてきた企画でして・・・

4年前

お客様「オカさん!ザガート欲しいです!」

オカ「海外にありますよ!めっちゃ高いですが・・・」

3年前

お客様「シューティングブレークも良いですね!」

オカ「でもシューティングブレークだと黒が市場に出てないですね・・・」

お客様「いや、やっぱりクーペですね!」

2年前

お客様「オカさん!やっぱり欲しいです!」

オカ「探しましょう!買ってきます!」

・・・という流れでベルギーにあった走行距離150キロという極上車をゲットしました

ザガートといえばこのわっかのライト

デイライトになってました

そしてこのフロントグリルは細かいですがザガートの「Z」の形になってます

フロントフェンダーにはZエンブレムが

ルーフの形状なども特徴的ですが、ザガートといえばこのテールライト

異様な感じがたまりません

こんな世界的にも希少なヴァンキッシュザガートを・・・

もちろんカスタムします

おそらく世界的にもカスタムしたザガートはいないと思いますし、海外の方からは怒られそうな案件ですがwww

ローダウン、タイヤホイール、ナビ、プロテクションフィルム・・・

完成が楽しみすぎます

また完成しましたらご紹介させていただきます

いつもいつもどえらいオーダーいただき、誠に有難うございます

あ、別のアノ車もすぐ名義変更しておきますねwww

 

それでは今日はこのあたりで・・・

オカでした

 

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します
↓↓

お問合せはこちらから


友だち追加

↑↑↑友だち登録よろしくお願いいたします!!!

 

アストンマーティン シグネット OZ ホイール ダウンサス カスタム!!

アサイです。

本日ご紹介するのは、アストンマーティン・シグネット

シグネットの入庫は2回目、なんと9年ぶり(笑)

9年前のブログより↓↓(この時はブレーキ入れてマフラーもワンオフで作ったなぁ。懐かしいw)

こうしてまたイジる機会があるとは思いませんでしたw

オーナー様はDB11も所有されていて、シグネットは足代わりとのことですがノーマルはどうにもカッコ悪い!ってことで早速作業に取り掛かっていきます

ご存知の通り、アノ車とベースは一緒なので、前回と同じダウンサスをチョイス

ホイールも他に探しましたが、あまり良いのが無かったので、前回と同じOZウルトラレジェーラ18インチ!

カラーは今回グリルなどに合わせハイパーシルバーをチョイス

サイズは2インチアップの18インチに、YOKOHAMA ブルーアースGT AE51 205/40R18の組み合わせ。

フロントは想像以上にパツパツの仕上がりになりました

(9年前は社外ブレーキ逃がすために更にスペーサー入れて、リアもスタッドボルト削ってスペーサー入れてましたwww)

全ての作業が終わり完成

やはりイタリア生まれであるOZのデザインは秀逸!!

シグネットのデザインにも上手く調和しております

御客様にも喜んで頂くことが出来ました

さて次回、シグネットのカスタム依頼があるのは何年先になるのでしょうか、、、(笑)

ちなみに今シグネットの中古車相場を見てみると、、、ナント600~700万円!!凄い

今回は御用命頂き誠に有難うございました!

それでは

 

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します
↓↓

お問合せはこちらから

アストンマーティン ヴァンテージ ECUチューニング パワーアップ

こんばんは芦田です。

年明けから昨年の流れそのままに一日中バタバタしておりますが、そんななかご紹介いたします御車は昨年にローダウンにBCフォージドホイールなど取り付けさせて頂きましたアストンマーティン ヴァンテージをご紹介前回の作業はこちら前回ブログ

今回お客様から

「何かすることないかな~」

「マフラー替えようかな~」

「マフラーを4本出しにしようかな~」

「パワーも物足らないしな~」

と色々お話させて頂き、結果もう少しパワーを上げようという事でECUコンピューターチューニングを施工させて頂きました

 

今回はアストンマーティンやマセラティでお馴染みのBERTOCCHI(ベルトッキ)ECUチューニングを選択

こちらは純正ECU本体を取り外し、メーカーにて書き換えとなります。

ECUユニットはフロントフェンダー内にありましたので、出口パイセンに取り外してもらいます

こちらがECUユニット本体で、メーカーへ送り約1週間ほどで書き換え済み品が戻ってきて取り付ければ完成

書き換え後は純正値510Psから約90Psパワーアップするとの事で、装着後軽く試運転致しました

軽く乗っただけですが、ブリッピングも凄いしメチャクチャ早いじゃないですか

正直ベタ踏みするの怖いくらい・・・

お客様もパワーアップを体験する事が出来た様で、これでもう少し飽きることなくこの御車も乗れますね

いつもご用命を頂き誠にありがとうございます。

そんなこんなで本日はこのへんで

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します!
↓↓
お問合せはこちらから