マフラー

Lamborghini Aventador Ultimae Roadster × MV Forged GS-612 Duo、HNS ロワリングロッド、LEAP DESIGN LEDテールライト、純正カーボンパーツ!!

こんにちは

オカです

最近ほぼボンド大阪にいない事が多く、ブログさぼって小笹君にブログ書いてもらってましたwww

 

さてさて、そんな今日ご紹介させていただくお車は・・・

凄くお洒落なボディカラーの・・・

ランボルギーニ アヴェンタドール ウルティメ ロードスターでございます

いつもいつもお世話になりっぱなしなお客様にお車ごとご成約いただきました

早速完成写真なのですが、もう雑誌やSNSなど色々な媒体でよく見るお車かと思います

今回ホイールを装着させていただきましたが、お客様より「デザインはオカさんお任せで」とまたプレッシャーかけてこられましてwww

ですがそんなオカ、どうしてもアヴェンタで入れたいデザインがありまして

しかも普通のアヴェンタではなくてウルティメロードスターという最高のベースでございます

フィニッシュはお客様ともめっちゃ考えましたが、「ボディカラーがお洒落やけどインパクトは少ないからめっちゃ目立つ金塊みたいなゴールドにしよ海外セレブみたいな」という事になり・・・

MV Forged GS-612 Duoでフィニッシュはお客様オリジナル24Kゴールドでございます

ホイールは元々アメ車やピックアップトラック向けの6穴ホイールをセンターロックでデザインを起こしていただき、フィニッシュはお客様の理想の24Kゴールドで仕上げていただきました

ちなみにコチラのゴールド、アメリカでも人気が出たみたいで今ではオプションフィニッシュカラーの「ドバイゴールド」というカラーでラインナップされておりますwww

車高は「絶対下げたくない」というお客様をなだめてちょっとだけローダウンwww

さらに通好みなカスタムですが、ドアミラーをフルカーボンの純正品に交換してウルティメの特徴でもある上半分をボディカラーにペイント

クリアを厚めに吹いて研ぎ出しを何回もすることで塗装面との境目の段差をなくしております

ウルティメ純正は下面がグロスブラックになるので、カーボンに交換しました

さらにさらにリアのエアインテークも純正カーボンを取り寄せまして、同じように内側のみカーボン残し

コチラも段差がない様に仕上げております

このあたりのカスタムはお客様のこだわりポイントですが、ハイエンドカーで様々なカスタムをやってきたお客様ならではですね

そして一番大物だったのがエンジンルームのフルカーボン化

ウルティメの生産時期で世界的なカーボン不足になっており、この時もオーダーできずでしたので・・・

全部後から交換しましたwww

値段は・・・ベンツのCクラスくらいですwww

そして新商品のリープデザイン ジュエルLEDテールライトに交換

アヴェンタドールはバックライトが普通の球ですしちょっと古さを感じる方も多いので、今回取付させていただきました

コチラのウルティメですが内装もかなりお洒落で、薄めのブロンズのレザーもアクセントで使っているのですが、

ブレーキキャリパーにそのカラーを持ってきているあたりがオカ的にもめっちゃ好きなポイントです

というわけでお客様も大満足なウルティメロードスターの完成です

この前アメリカのMVフォージド本社に伺ったところ、壁にこのウルティメの写真が大きくプリントされて飾られており、社長のディビットさんも「MV装着車で一番好きな車だ」と言ってくださいました

いつもいつもお車ごと強烈なご依頼、有難うございます

 

それでは今日はこのあたりで・・・

オカでした

 

お問い合わは下記フォームせ、ご質問よりお願い致します

↓↓


友だち追加

↑↑↑友だち登録よろしくお願いいたします!!!

Bentley Bentayga Speed×Capristo Exhaust System

こんばんは、シノハラです

お盆休暇が明けて一発目のブログになりますが、

本日ご紹介するお車はコチラ!

ベントレー ベンテイガ スピード W12 Capristo エキゾースト カスタム

以前、プロテクションフィルムやロワリングモジュールを取り付けベントレー ベンテイガ スピードでございます!

コチラのオーナー様から”マフラー音が静かだからなんかないの??”ということですが、

実は以前お預かりした際にASR バルブ開閉モジュールを取り付けたのですが、開閉しても全っ然音量が変わらない!!!笑

“だめだこりゃ…(笑)”ってなってしまったのでマフラー交換させていただきました♪

ベントレー ベンテイガ スピード W12 Capristo エキゾースト カスタム

このどでかいタイコを装備されたノーマルマフラーを取り外して

ベントレー ベンテイガ スピード W12 Capristo エキゾースト カスタム

このポリッシュ仕上げでお馴染みのCapristo エキゾーストシステムを装着させていただきました!!

さらにはEマーク付きでございます!!

ベントレー ベンテイガ スピード W12 Capristo エキゾースト カスタム

フロントについているキャタライザーも付属されているストレートパイプにすれば音は大きくなるのですが、車検非対応となってしまうためキャタバックで交換しております♪

車検対応は前提での商談でしたので(笑)

ベントレー ベンテイガ スピード W12 Capristo エキゾースト カスタム

気になる音は車検対応なので爆音とまではいきませんが、しっかりとしたマフラー音が聞こえるようになりました(笑)

バルブ開閉も可能ですので開けているときは良い感じの音量になります!

ベントレー ベンテイガ スピード W12 Capristo エキゾースト カスタム ベントレー ベンテイガ スピード W12 Capristo エキゾースト カスタム

今回もご用命頂き誠にありがとうございました!!

新たにホイールもオーダー頂きましたので完成が楽しみです♪

それでは

ベントレー ベンテイガ スピード W12 Capristo エキゾースト カスタム

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します
↓↓


友だち追加

↑↑↑友だち登録よろしくお願いいたします!!!

ポルシェ992 GTSに、ASRマフラー開閉モジュールとリジカラ装着!!

アサイです。

本日御紹介するのはポルシェ992GTS

ポルシェ 992 GTS マフラーバルブ開閉 リジカラ カスタム

希少なMTです

前回までにプロテクションフィルムなど施工させて頂いたお車ですが、

Porsche 992 GTS × TechArt & PPF Protection Firm!!

「何か追加でやることない!?」てことで、

まずはASRバルブモジュール取り付け!

もちろんポルシェ992専用品となります。

ポルシェ 992 GTS マフラーバルブ開閉 リジカラ カスタム

マフラーのバルブ開閉モーターの配線にモジュールを割り込ませます。ポルシェ 992 GTS マフラーバルブ開閉 リジカラ カスタム

ポルシェ 992 GTS マフラーバルブ開閉 リジカラ カスタム

 

純正でも室内ボタンでマフラーバルブ開閉出来ますが、純正では全開にはなりません。そのためASRにてマフラーバルブを全開にすることができます。全開にすると明らかに音が変わります

ポルシェ 992 GTS マフラーバルブ開閉 リジカラ カスタム

①が全開

②はノーマル回帰

ポルシェ 992 GTS マフラーバルブ開閉 リジカラ カスタム

くれぐれもディーラー入庫時はノーマルモードに戻して、リモコンを隠してください

 

続いて、SPOONのリジカラ取り付け

ポルシェ 992 GTS マフラーバルブ開閉 リジカラ カスタム

シャシーとサブフレームの隙間を埋める部品ですね。

ポルシェの場合はまずアンダーカバー取り外しから始まります。

ポルシェ 992 GTS マフラーバルブ開閉 リジカラ カスタム

サブフレームを下げて、隙間にリジカラをいれていきます。

ポルシェ 992 GTS マフラーバルブ開閉 リジカラ カスタム

しかし流石ポルシェ、普通サブフレーム止めてるボルトの数は片側2-3箇所ですが、フロントなんて片側5箇所のボルトでガッチリ止められています。

更にガッチリなることを期待して作業を進めます

フロント12箇所、

ポルシェ 992 GTS マフラーバルブ開閉 リジカラ カスタム

リア12箇所にリジカラを挿入しました。

ポルシェ 992 GTS マフラーバルブ開閉 リジカラ カスタム

作業後はアライメント調整も実施。

ポルシェ 992 GTS マフラーバルブ開閉 リジカラ カスタム

試走すると良い感じ!さらに走りが楽しくなった様な気がします!!

ノーマルとの明確な違いに関してはオーナー様の感想を待ちましょう

 

全ての作業が終わり完成

ポルシェ 992 GTS マフラーバルブ開閉 リジカラ カスタム ポルシェ 992 GTS マフラーバルブ開閉 リジカラ カスタム

今回も御用命頂き誠に有難うございました!!

次はあのクルマですね

それでは

 

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します
↓↓


友だち追加

↑↑↑友だち登録よろしくお願いいたします!!!

遂にW463A G63 マグノヒーローED × BRABUS 完成!!

アサイです。

本日ご紹介するのは、W463A AMG G63 マグノヒーローED

最初のブログ登場から早半年以上、、、

W463A AMG G63 × BRABUS monoblock ZV 最新鍛造ホイール!!

 

遂に最後の御紹介となります

まずはBRABUS バルブエキゾーストシステム(ブラッククローム)を装着!!

バルブ開閉用のモーターは純正を移植します。

Eマーク付きの車検対応品。

ちなみに他のお客様のG63ブラバスマフラー装着車で、近接騒音ギリギリと言われましたが測ったら90デシベル以下で全然余裕でした

※交換用マフラーの近接騒音は絶対値96デシベルが適用されます。

テールはブラッククロームテールをチョイス

飛び石防止でプロテクションフィルムを貼ろうとしましたが、エンド部分が高温過ぎて(実際に計測すると113.8度w)諦めました

 

マフラー交換が終わると、こちらのグリル周りに

BRABUS カーボングリルアタッチメントを装着!!

立体感があり、より彫の深い仕上がりとなります

FINISHはもちろんドライカーボン仕上げとなります

最初のパーツ装着から早7カ月、やっと完成となりました

オーナー様は完成するまで乗る気がせず、オドメーター見たらまだ300キロしか入っていません

やっとこれで気に入って乗って頂けると思いますw

という訳で今回も御用命頂き誠に有難うございました!!

それでは

 

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します
↓↓


友だち追加

↑↑↑友だち登録よろしくお願いいたします!!!

ポルシェ 992GT3にASRマフラーバルブ開閉モジュールとシートアジャスター取り付け!!

アサイです。

ドイツにいる岡特派員から写真が送られてきました。

!!!!????

あいつ遊んでるやんけ!!

 

ではなく、BRABUS DAYSのレクリエーションの一環だったみたいですw

会場はこの様な感じ↓↓

新型SLのホイールはまさかの3本スポーク

R129 時代のSLをイメージしているとのこと。

レンジローバーも手掛けるようです。

ポルシェ992ターボ

羽が凄い

岡の旅はまだまだ続きます、、、

 

さてさて本日ご紹介するのはポルシェ992 GT3

いつもお世話になっているお客様のNEW CAR

で、いつもの様にASRエキゾーストバルブモジュールの取り付け

説明書通りにバンパーを取り外していきます。

本体はホースメント裏に設置。

これで純正エキゾーストのバルブを任意に開閉することが出来る様になります

①が常時オープン、②が常時クローズ、③が純正回帰

通常ポルシェはボタンが2つ(常時オープンと純正回帰のみ)ですが、992GT3はボタンが3つになります。

イチイチ純正のバルブオープンボタンを押さなくても開けっ放しに出来るのはもちろん、「純正でバルブ開いているよりも音が大きくなったと思います!!帰りの高速ではとても良い音でした!!」

と喜んで頂くことができました

もちろんディーラー入庫時は③の純正モードにして入庫してください

 

あとは、「バケットシートの傾斜がきつくてヘッドレストに頭が当たる!!」ということでこちらを御用意

TRACKSPECシートアジャスター

992GT3用は従来用とは形状が異なり992専用品となります。

説明書を見るとシート外しとなっていましたので運転席シートを外してみましたが、

助手席側でシート外さずに試したら、狭いですがそのまま装着可能でした

このようにアダプターを装着することにより、フロント側が2.54cm上がります!

この様な感じでシートの角度を改善出来ます。

 

シートを戻して完了。エアバックの警告灯も点灯しなかったので一安心

こちらも、「前のめりだった角度が改善された!視野も広くなりました!!」と喜んで頂くことが出来ました

今回も御用命頂き誠に有難うございました!!それでは

 

お問い合わせ、ご質問は下記フォームよりお願い致します
↓↓


友だち追加

↑↑↑友だち登録よろしくお願いいたします!!!