ブログ引越しのお知らせ

2017年3月よりボンドショップ浦和のブログを引越しいたしました。

以前までのブログはこちらよりご覧いただけます。

http://bond-diary.jp/bond/

引き続きご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

鍛造ホイールフィニッシュあれこれ

皆様こんにちは!浦和店の新入り・橋本です!

 

ただいま日曜、夜の10時を回ったあたりです……初ブログを投稿させていただいてから、早1か月。

 

何とかサボらず当番をこなしてまいりましたが、ただいま失速気味です……

 

しかし、現在どしどしカスタムのご依頼を頂いておりますので!少しずつ完成車両をご紹介していけそうです~

 

ありがたい限りですね!

 

今夜はネタに困り、ここまで書いた時点でネタは決まっておりません爆

 

戯言はここまでにして、未来の自分が考えてくれたタイトルの通りご紹介したいと思います。

 

 

 

取り出したるは、当グループの輸出入・物流を担う部門ラガーコーポレーションのHPです。

 

 

中央に堂々と並ぶは、弊社が国内の輸入元を務めるホイールブランドの数々です!

 

「車高とホイールだけ」

 

BOND BLOGフリークの方々には見覚えのあるフレーズではないでしょうか?笑

 

車のカスタムの王道であり花形ですから当然といえば当然ですが……

 

本当にこの一言に尽きます。車のキャラクターは8割この2ポイントに左右されるといっても過言ではございません!

 

ということで、例のごとくダラダラと語っていくブログの始まりです。毎度お付き合いありがとうございます笑

 

 

こちらは、当グループで最も売れているBCFORGEDのフィニッシュオプション表です。そもそも”フィニッシュ”ってなに?

 

中にはそんな方もいらっしゃるでしょうか?”finish”の文字通り、ホイールの仕上げの事を意味しています。

 

メーカー純正ホイールの多くは、鋳物のアルミホイールの表面にシルバーやブラックの塗料でペイントを施したものです。

 

一方、ビレットと呼ばれる数千トンの圧力で鍛造したアルミの塊から削り出して作られる鍛造ホイールは、その組織の緻密さから、様々な仕上げを施すことが可能です。

 

最も一般的なのが、”ブラッシュド(brushed)”フィニッシュですね。

 

出典:1221 wheels HP より

 

刷毛・ブラシで擦ったような跡がご覧いただけるでしょうか?

 

アルミの肌をこのように傷つけることで、上に乗ったクリアペイントが光の当たり具合で様々に表情を変え、とても印象深い味わいをもたらします。

 

流行り廃りがありますが、近年また流行しているのが、”ポリッシュド(polished)”ですね。

 

出典:rotiform Japan HP より

 

ピカピカという表現がそのまま当てはまるフィニッシュですね笑

 

カラー系のクリアコートを重ねることで、また違った印象になります。

 

これらに加えて、HREやANRKYで設定されている、”ストーンフィニッシュ(stone)”、”タンブルブラッシュド(tumble brushed)”

 

出典:ANRKY Wheels HP より

 

上記すべてのフィニッシュに共通して言えるのが、金属の組織が緻密な鍛造製法で真価を発揮するということなのです!

 

どういうことかと言えば、これらのフィニッシュは鋳造のホイールに施しても上手く仕上がらないのです……

 

 

その原因が、このようなぽつぽつ”鋳巣”と呼ばれる穴です。

 

これにより表面が均一に仕上がらず、うまくフィニッシュが決まらないのです。

 

そんな高品質な鍛造製法のホイールをオーダーの際は是非これらのフィニッシュでご用命ください!

 

もちろん、通常の塗料によるペイントという、ある意味一番贅沢なフィニッシュもお好みでお選びいただけます!笑

 

BOND各店には、さまざまなホイールブランドのフィニッシュを比較できるサンプルホイールもございますので、ぜひ足をお運びください!万全の感染対策を施してお持ちしております。

 

相次いで値上がりが発表されている鍛造ホイール、駆け込み需要的なオーダーもちらほら頂いておりますので、ご検討の方はお早めにBOND SHOP URAWAまでお申し付けください!

 

最後は悔し紛れの大宮店のブログから拝借した画像でお別れです笑

 

 

浦和店の新入り・橋本でした!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

ポルシェ 992 ターボS 完成!

こんばんは

台風来ていましたが関東は小雨程度でした。

明日は天気よさそうです。

明日は先日買ったBBQグリルを試します。

絶対美味しく焼けるはずなので。

 

本日は先日紹介した992ターボS カプリストが完成しましたのでご紹介。

 

マフラーはカプリスト

リアエンドのみ交換しました。

キャタライザーはノーマルです。

キャタライザー交換すれば車検非対応になります。

リアエンドのみはEマーク付きですのでご安心ください。

マフラーのエンドは純正を使用します。

なので見た目はわかりません。

 

でも音は全然違います。

 

バルブOFFの場合はノーマル並みに静かです。

しっかりタイコを通り音量をおさえております。

 

バルブオープンはそこそこ大きい音になります。

音が大きすぎて近所迷惑かな?まで大きくはありませんが音は大きくなりました。

程よい音量。このぐらいで十分満足できると思います。

 

モードスイッチがコンフォートが前提です。

 

そこからモードスイッチをスポーツorスポーツプラスにしていただくとまた音が変わります。

これですと少し音量が大きいと感じるはず。

でもスポーツプラスですとシフトチェンジ4000rpmになるので引っ張っている音は最高に良い音です。

 

アクセル抜いた時のバブリングはスポーツ・スポーツプラスのみ発生します。

これも気持ちがいい音。

 

Eマークもついて安心。

 

マフラーの品質も申し分なく綺麗に出来上がっております。

きれいに仕上がっていれば取付も楽になります。

ズレが殆どないので簡単に取付できました。

 

ホイールは ADV.1

M.V2の2ピースモデル。

これもすごくいい色で自分はかなり気に入っております

 

次回はテックアート?の予定・・・

 

992のカスタムは是非ボンドショップ浦和までお問い合わせください!

 

Bentaygaラッピング!!

こんばんは!高橋です

本日は先日ご納車させて頂いたお車!! Bentley Bentayga

今回も車両をご購入頂きまして納車前にカスタムしてからのご納車です!

前車はこちら

ブログやYouTubeでもご紹介させて頂いたフライングスパーですが、丁度1年程でお乗り換えとなってしまいました

年々乗り換えタイミングが早くなってきている気がします笑

今回のカスタムまずはラッピングから ハーフラッピングで上半分をシルバーにさせて頂きました

黒=イカツイですが、ハーフラッピングでおしゃれな雰囲気になります

モール等のメッキは基本的に純正のまま残してますが、フロントグリル枠のみごちゃごちゃするのでグロスブラックでラッピングしました!

オプションのサイドステップがもともと装着されていましたが、横から見た時のラインが前と揃わない・・・という事で純正オプションのフロントリップも取付

カーボン製でお高いリップです

同色にしてしまおうか迷いましたが、サイドステップにもカーボンのラインが入ってますので、カーボンのままにしました。

シルバーのアンダーパネルは同色ペイントです

ローダウン、スペーサーは必須です

ここで問題になってくるのがこのサイドステップ通称「殺人ステップ」笑

ローダウンした状態でこのステップが出てくると地面とのクリアランスがえぐい事に・・・

靴のつま先がギリギリ入るくらいの高さまで下りてきます なので、動かない様に細工してあります笑

N様の歴代のお車は全てホイールまで交換させて頂いてますが、今回はめずらしく純正ホイールです

そのうちやっぱり変えたいとなるかもですが笑

とりあえずはこのまま乗ってみるとの事でご納車させて頂きました

ベントレーのカスタムもお任せください

それでは本日はこのへんで!!

997.2×スポーツステアリング!!

皆様こんにちは!浦和店の新入り・橋本です!!

 

今更ですが、先日横山店長のブログで私が撮影した写真を使ってもらいました!

 

初心者に毛が生えた程度ですが、BC FORGEDを制作させていただいた991.2カブリオレを撮影!

 

 

生憎の曇天でしたが、彩度を抑えホワイトのボディにブラッシュドダークブラックのフィニッシュが映える、モノトーンチックな写真にしてみました。

 

ちなみに写真部出身ではございません笑

 

が、お伝えいただければご依頼車両もカッコよく撮影させていただきますので、お気軽にお申し付けください笑

 

 

本日は、純正部品を使ったカスタムをご紹介です!

 

タイトルの通り、お車は911カブリオレの997.2(後期型)でございます。

 

 

まずは簡単にお車を見てみたいと思います!

 

真っ先に目を引く黄色いボディは、お決まりの”スピードイエロー”ですね!

 

真っ赤なポルシェと言いますが、911はイエローも外せませんね!

 

黄色い911と言えば、ドイツの自動車メーカー”RUF”のイエローバードが思い出されます。

 

余談ですが、1987年に930型をベースに開発された伝説的な初代CTRイエローバードを、記念したモデル

RUF CTR Anniversaryが2018年から生産されています。

 

 

一見すると、930のレストアに見えますが、ゴリゴリの新型車なんです笑

 

ドイツでは自動車メーカーとして認可されてはいるものの、これまではポルシェ車ベースのモデルを製作してきたRUF。

 

このRUF CTR Anniversaryは完全新設計の独自モデルで、カーボンファイバー製のボディパネルにバスタブフレーム、お決まりのフラット6(水平対向型6気筒エンジン)は、3.6Lツインターボで710PSを発揮と、現代のスーパーカーの要素がぎっしり詰まったハイテクマシンです!!

 

インテリアも、クラシカルなライティングが印象的な伝統の5連メーターは変わらずとも、991世代のステアリングにカーボンファイバー製のシートバックを採用する最新のレカロシートを備えています!

 

 

ちなみに足回りは、前後プッシュロッド式サスペンションにカーボンセラミックブレーキを持ち、どこからどこまでスーパーカー規格です。

 

例のごとくかなり話がそれましたが、今回ご依頼いただいたお車も、クラシカルなFUCHSホイールにポルシェカーボンセラミックブレーキ”PCCB”を備えております。クラシカルな装いの裏は最新技術で固められています笑

 

 

本題に入ります!笑

 

今回は他のお車のご入庫時にご相談頂きました、ステアリング交換をさせていただきました。

 

元々は、こちらの左右にそれぞれシフトUP/DOWN操作が可能なスイッチを備えたステアリングでした。

 

 

手前がDOWNで、奥がUPどちら側でも操作ができるのでコーナリング時のシフト操作も楽にできそうですが……

 

そんな限界走行時にステアリングを手で送ることって、あまりないのでは?スポーツ走行をされる方、教えてください!

 

ステアリングからてを離さずとも、右はUPで左はDOWN、単純明快な方がいいでしょ!

ということで、こちら

 

 

ポルシェ純正スポーツデザインステアリングにご交換させていただきました!

 

オーナー様すみません、先行公開させていただきます汗

 

直線基調のタイムレスなデザインで、飽きが来なくていいですよね!仕上げはレーシーなアルカンターラです!

 

 

シンプルに右にはシフトUP、反対側にはシフトDOWNのパドルを備えます。

 

アルミの質実剛健な感じがいいですね!

 

ディーラーさんでは、欠品として交換できなかったそうですが、この度ドイツ本国よりお取り寄せさせていただきました!

 

国内では取り扱いのない部品も、ご対応できる場合もございますので、お気軽にご相談くださいね!

 

ちなみに、今回は純正部品での交換でしたが

 

カーボン加工にセンターマーカーや

 

W463 G550 カーボンステアリング交換

 

同じくカーボン加工に、ガングリップ加工

 

 

などなど、お時間はかかってしまいますが、純正ステアリングの加工も可能でございます!

 

もちろんポルシェと言えばのTECHARTもお忘れなく!

 

 

加工期間中の仮装着用ステアリングがある場合もございますので、ぜひBOND SHOP URAWAまでご相談ください!

 

 

ポルシェだけでなく、RUFのカスタム依頼もお待ちしております!笑

 

浦和店の新入り・橋本でした!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

ポルシェ 992ターボS × カプリスト

こんばんは

昨日お休みで爆買いで気持ちよくなっている横山です。

昨日最強な焼肉グリルを購入しました。

極厚鉄板のグリルです。

買って帰ってふる里納税でもらった肉を焼くぞー

と思ってたのですが

シーズニングという儀式をしないと使えないそうです。

錆止めみたいなが塗ってあるらしく洗って焼き入れて油引いてを繰り返すみたいです。

そんな時間もなく晩御飯はバーミヤンになりました。

 

 

本日は納車・納車・納車ラッシュ!

車検・車検・修理で珍しいものがないので今HOTな992ターボSのマフラー交換を少しご紹介!

 

前回ADV.1を履いた992です。

純正マフラーは重く・大きい

今回カプリストを取付

もちろん車検に対応するEマーク付きです。

触媒ストレートもラインナップにありますがストレートは車検非対応です。

リアエンドのみ交換

マフラーエンドは純正を使用します。

まぶしいぐらい光ってるステンレス

 

バルブコントロールもカプリストです。

今日1日でほぼ完成しておりました。

明日にはいい音出してくれると思います。

 

次回は完成をご紹介します。

取付は浦和店酒井君ですのでもちろんYoutubeにアップされるでしょう。

タイトルは「これを見れば992ターボにマフラーを交換できるの巻」だと思います。

Youtubeもぜひお楽しみに!

 

カプリストは車検対応品が多いのでぜひチェックしてください!

カプリストHP

 

お問い合わせお待ちしております!