997

Goodwood Festival of Speed

皆様こんばんは!浦和店の橋本です!!

 

先日、高橋さんがアメリカ出張に行ってきました。

 

今回の出張では、3年ぶりの開催となるHREのファクトリーイベント

 

 

HRE OPEN HOUSE2022への参加をメインに、各ホイールメーカーの視察を行います。

 

高橋さんによる出張レポートが見られるとか見られないとか笑

 

お楽しみに!

 


 

 

話は変わって、本日は意外とご存知の方が少ないイベントについてお話ししたいと思います。

 

”FoS”の愛称で親しまれる自動車の祭典”Goodwood Festival of Speed”

 

英国・サセックスに広大な土地とグッドウッドサーキットを所有する、”マーチ卿”チャールズ・ゴードン=リッチモンド公爵が主催するモータースポーツイベントです。

 

肩書からもわかる通り、英国の貴族ですね。

 

グッドウッドサーキットの生みの親であるフレデリック・ゴードン氏自身がそうであったように、孫のチャールズ・ゴードン氏もバリバリのレーサーです。

 

そんな彼が、モータースポーツの振興を目的に1993年に初開催して以来”FoS”は年々規模を拡大し、今では20万人規模の一大イベントとなっています。

 

英・AUTOCARより

 

イベントのメインとなるのは、ご覧の様な藁で区切ったコースを使って行われるタイムトライアル

 

一部を除き、ほとんどエスケープゾーンもない狭いコースを、クラッシックカーやハイパーカー

 

果ては、F1マシンまで爆走していきます。

 

 

開催ごとに、その年を象徴するモニュメントが作られます。

 

2021年には中国の吉利汽車の傘下となった新生ロータスによるモニュメントが建てられました。

 

 

過去にはトヨタが担当したこともあり、自動車メーカーとの繋がりも強いイベントです。

 

今となっては、各メーカーが新モデルの発表の場としても活用するまでになり、

 

一つのモーターショー的側面を持つに至っています。

 

今年注目のモデルが

 

 

992 GT3RSです。

 

英国時間の6/23-6/26の開催となるので、そのどこかで発表されるのでは、と噂されています。

 

先代モデルと比べ、ただでさえ過激なフォルムとなった992 GT3をベースに

 

そのまんまサーキット走行に耐えうる装備・性能を付与するとなると

 

文字通り公道を走るレーシングカーです。

 

 

アンバランスとさえ思える大型のフィンを持つリアウイングが一際目を惹きますね。

 

難攻不落と言われるドイツにニュルブルクリンクでは、

 

各メーカーが開発の拠点を設け、そこでのラップタイムを競っていますが、

 

 

992 GT3RSでは、現在市販車最速の991.2 GT2RSのタイムに近づけてくると思われます。

 

現に992 GT3では、991.2 GT3RSのタイムを上回ているので、その可能性は十分にあると言えますね。

 

往年の名車や最新のハイパーカーが本気のタイムアタックを繰り広げ、

 

注目のNewモデルが発表される(?)Goodwood Festival of Speed 2022

 

是非みなさんも注目してみてください。

 

浦和店の橋本でした。

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

997.2 × スポーツステアリング!!

皆様こんにちは!浦和店の新入り・橋本です!!

 

今更ですが、先日横山店長のブログで私が撮影した写真を使ってもらいました!

 

初心者に毛が生えた程度ですが、BC FORGEDを制作させていただいた991.2カブリオレを撮影!

 

 

生憎の曇天でしたが、彩度を抑えホワイトのボディにブラッシュドダークブラックのフィニッシュが映える、モノトーンチックな写真にしてみました。

 

ちなみに写真部出身ではございません笑

 

が、お伝えいただければご依頼車両もカッコよく撮影させていただきますので、お気軽にお申し付けください笑

 

 

本日は、純正部品を使ったカスタムをご紹介です!

 

タイトルの通り、お車は911カブリオレの997.2(後期型)でございます。

 

 

まずは簡単にお車を見てみたいと思います!

 

真っ先に目を引く黄色いボディは、お決まりの”スピードイエロー”ですね!

 

真っ赤なポルシェと言いますが、911はイエローも外せませんね!

 

黄色い911と言えば、ドイツの自動車メーカー”RUF”のイエローバードが思い出されます。

 

余談ですが、1987年に930型をベースに開発された伝説的な初代CTRイエローバードを、記念したモデル

RUF CTR Anniversaryが2018年から生産されています。

 

 

一見すると、930のレストアに見えますが、ゴリゴリの新型車なんです笑

 

ドイツでは自動車メーカーとして認可されてはいるものの、これまではポルシェ車ベースのモデルを製作してきたRUF。

 

このRUF CTR Anniversaryは完全新設計の独自モデルで、カーボンファイバー製のボディパネルにバスタブフレーム、お決まりのフラット6(水平対向型6気筒エンジン)は、3.6Lツインターボで710PSを発揮と、現代のスーパーカーの要素がぎっしり詰まったハイテクマシンです!!

 

インテリアも、クラシカルなライティングが印象的な伝統の5連メーターは変わらずとも、991世代のステアリングにカーボンファイバー製のシートバックを採用する最新のレカロシートを備えています!

 

 

ちなみに足回りは、前後プッシュロッド式サスペンションにカーボンセラミックブレーキを持ち、どこからどこまでスーパーカー規格です。

 

例のごとくかなり話がそれましたが、今回ご依頼いただいたお車も、クラシカルなFUCHSホイールにポルシェカーボンセラミックブレーキ”PCCB”を備えております。クラシカルな装いの裏は最新技術で固められています笑

 

 

本題に入ります!笑

 

今回は他のお車のご入庫時にご相談頂きました、ステアリング交換をさせていただきました。

 

元々は、こちらの左右にそれぞれシフトUP/DOWN操作が可能なスイッチを備えたステアリングでした。

 

 

手前がDOWNで、奥がUPどちら側でも操作ができるのでコーナリング時のシフト操作も楽にできそうですが……

 

そんな限界走行時にステアリングを手で送ることって、あまりないのでは?スポーツ走行をされる方、教えてください!

 

ステアリングからてを離さずとも、右はUPで左はDOWN、単純明快な方がいいでしょ!

ということで、こちら

 

 

ポルシェ純正スポーツデザインステアリングにご交換させていただきました!

 

オーナー様すみません、先行公開させていただきます汗

 

直線基調のタイムレスなデザインで、飽きが来なくていいですよね!仕上げはレーシーなアルカンターラです!

 

 

シンプルに右にはシフトUP、反対側にはシフトDOWNのパドルを備えます。

 

アルミの質実剛健な感じがいいですね!

 

ディーラーさんでは、欠品として交換できなかったそうですが、この度ドイツ本国よりお取り寄せさせていただきました!

 

国内では取り扱いのない部品も、ご対応できる場合もございますので、お気軽にご相談くださいね!

 

ちなみに、今回は純正部品での交換でしたが

 

カーボン加工にセンターマーカーや

 

W463 G550 カーボンステアリング交換

 

同じくカーボン加工に、ガングリップ加工

 

 

などなど、お時間はかかってしまいますが、純正ステアリングの加工も可能でございます!

 

もちろんポルシェと言えばのTECHARTもお忘れなく!

 

 

加工期間中の仮装着用ステアリングがある場合もございますので、ぜひBOND SHOP URAWAまでご相談ください!

 

 

ポルシェだけでなく、RUFのカスタム依頼もお待ちしております!笑

 

浦和店の新入り・橋本でした!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416