G350

ラッピングとはなんぞや?

皆様こんにちは!浦和店の新入り・橋本です!!

 

 

全世界で大流行のボディラッピング!

 

ついにBONDにも、ラッピング拠点が誕生です!!

 

これまでも、板金塗装・ボディキット取付で活躍していたBOND BODYがリニューアルし、ラッピング・プロテクション・コーティングへとその場を広げます!

 

ツッチーパフォーマンスとBODY 麓店長がご紹介しています!

 

ということで、そんなラッピングについてお話したいと思います。

 

一言にラッピングと言っても、その用途は種々様々。

 

・カラーチェンジ

 

 

グリジオメディオを↓

 

 

サンドベージュに!

 

 

このGTもラッピングなんです。

 

 

ラッピングと言えば、このナスカーのようなド派手なグラフィックや痛車などが主流でしたが、ここ数年はボディカラーのチェンジに用いられることが多くなりました。

 

これまでのラッピングフィルムの多くは、艶感の表現に乏しいものが多く、それを逆手に取ったマットカラーのラッピングが大半でしたが、ハイグロスカラーを表現するフィルムの登場などで一気にその存在感を増しました。

 

 

ドアの内側まで施工することで、一目見ただけでは気づけないほどの仕上がりです!

 

比較的目立ちにくい黒系のお車以外は、絶対にドア内までの施工がオススメです。

 

 

ロールスロイスやベントレー、マイバッハなどに多いツートンカラーも!

 

こういった変化球も可能です。

 

・パーツラッピング

 

弊社で最もラッピングが活躍しているのは、この分野です。

 

昔はペイントで対応していた、メッキパーツなどのブラックアウトをラッピングへと置き換えることで、傷の防止にもなっちゃいます。

 

微かな傷は、日光などの自然の熱を利用して自己修復するフィルムもございます。

 

 

Gクラスなどのサイドステップもメッキパーツが用いられていますので、ブラックアウトとプロテクションの一石二鳥でオススメです!

 

 

形状が複雑でないパーツなら、施工可能です。詳しくはご相談ください。

 

・プロテクションフィルム

 

大事な愛車を、新車時の綺麗な状態で保ちたい。

 

そんな当然の思いを実現するのが、プロテクションフィルムです。

 

通常のラッピングフィルムよりも強度が高く、元々のカラーがしっかり透過する透明のフィルムです。

 

 

車種別にカットしたフィルムで、違和感なく貼り付けます。

 

年々高価になってきているヘッドライトやフロントウィンドウなど、飛び石を受けやすい箇所のみの施工もオススメです。

 

特殊なプロテクションフィルムをボディ全体に施すことで

 

 

グロスカラーのお車を保護しつつマットカラーにチェンジすることも出来ちゃいます!

 

過去のブログから拝借してきた画像だけで構成されたブログですが、これを見て少しでも最近よく聞くラッピングについて知っていただければと思います!

 

リニューアルでパワーアップしたBOND BODYとBOND SHOP URAWAをこれからもよろしくお願いします。

 

浦和店の新入り・橋本でした!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

ブラックアウトとはなんぞや?

皆様こんにちは!浦和店の新入り・橋本です!!

 

私が最近ひそかに楽しみにしているのが、当グループが誇る職人集団”BOND BODY”のブログです。

 

なかでも注目なのが、フルレストア中のメルセデス R121 190SLです!

 

実は、結構前からブログに登場していたのですが、最近ペースアップで目が離せません!

 

ボディに穴をあけた錆を落とし、埋め、平らに均していく様は必見です!!

 

ベンツ190SL

↑最新号です。

 

↑COVID-19流行前の2019年のドイツ視察時の動画です!BRABUSと同じことをBONDでもやってるんです!というお話でした笑

 

 

本題です。

 

タイトルの通りですが、最近よくご依頼を頂く”ブラックアウト”と呼ばれるカスタムについてお話ししたいと思います。

 

そもそも”ブラックアウト”とは何なのか?

 

BONDカスタマー・bond diaryフリークの皆様にとっては、「何をいまさら笑」といった感じかと思いますが、敢えてご説明いたします。

 

ブラックアウトの文字通り、黒く塗りつぶすことを意味します。

 

元来は航空機のパイロットなどが、高いGに晒された際に視界が黒く失われる状態を指すそうです。

 

 

反対のホワイトアウトは、吹雪で視界が白く失われることを言いますね。

 

 

話がそれた感がありますが、ともかくすべてが背景に同化してしまう状態なわけです。

 

カスタムにおいては、純正部品に多用されるメッキパーツや灯火類の赤、などなどボディカラーから浮いた存在を背景たるボディカラーに同化させていくことをブラックアウトと呼びます。

 

・エンブレム

 

もっとも一般的なのは、メッキが用いられることの多いエンブレム類のブラックアウトですね。

 

 

メルセデスのマグノカラーに代表される、マットカラーです。

 

クロームメッキのエンブレムが燦々と輝いていますが、これをブラックアウト!

 

 

同じくマットカラーのAUDI R8

 

 

こちらもメッキの4MATICが誇らしげなダイヤモンドホワイトの新型Sクラス。

 

こちらもブラックアウト!

 

 

キャララホワイトのカイエンクーペのトランクエンブレムです。

 

一言にブラックアウトと言っても、黒いカラーのお車以外にも活用できるんです!

 

 

こちらはジェットブラックメタリックのGT3。ある意味正統派のブラックアウトが施されています。

 

ここまでの画像であることに気づいた方は、相当なカスタム上級者です!

 

 

 

それは?

 

 

 

実は、ここまでの画像のお車はすべて、

 

エンブレムとボディカラーの質感が異なっているのです!

 

艶のあるグロスカラーのボディには艶の引けたマットなエンブレムを……

 

マットカラーのお車には艶のあるエンブレムを……

 

このコントラストが、同系色のパーツを重ねるうえで、大きなメリハリとなるのです。

 

もちろんボディと全く同じカラーを用いるのも一つの手ですが、のっぺりしやすくカッコよく魅せる難易度が跳ね上がるんです!

 

そこをなんとかするのがプロだろうと言われると、返す言葉がありませんが笑

 

このようにブラックアウトと一言にいっても、さまざまな技法・魅せ方があるのです。

 

・灯火類

 

 

冒頭で灯火類を上げましたが、お車の印象を大きく左右するのが、ヘッドライトです。

 

近年は、こちらの画像はスモークフィルムのサンプルです。

 

最も暗いお色では少しヤンチャな印象を与えますが、

 

 

お車の完成イメージに合わせた選択が可能です。

 

 

純正部品でインナーブラックが選択できるお車もございますので、これだけで大きくイメージが変わりますね!

 

暗いトーンのお色なら、一気に全体が引き締まって見えること請け合いです。

 

 

ちなみに、こちらのGクラスナイトパッケージ用ヘッドライト、純正定価は1,200,000円オーバーです笑

 

現代のヘッドライトはかなーり複雑化しておりますので、致し方ないですね……

 

しかし、灯火類の老舗HELLA製のOEM品(委託生産品)の在庫が1セットございます!お値段はお問い合わせください。

 

気になっている方はお早めに!

 

といった具合にブラックアウトについて少しお話いたしましたが、このほかにもウインドウモール等のモール類、前後バンパーにグリルなど、ブラックアウトやシボ取り(ザラザラの樹脂をツルツルに!)を行うことで、ワンランク上のお車に仕立て上げることができます!

 

これからも、さまざまな施工例をお伝えしていきますので、お問い合わせだけでもお気軽にどうぞ!

 

浦和店の新入り・橋本でした!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

Gクラス W463Aで売れている物

こんばんは

 

ヨコヤマです。

昨日ボンドショップ浦和

Youtube ライブでした。

告知を誰もしていない・・・申し訳ございません。

次回はかならず告知します。

 

本日は作っている車は多いのですが、まだ完成していないので

Gクラスで売れている物をご紹介。

 

まずはブレーキパッド!

低ダストブレーキパッドです。

絶対すぐにホイールがダストまみれになります。

低ダストパッドに交換するだけで汚れが劇的に変わります。

新車を買ったらすぐに交換がおすすめです。

W463A G350/G400用

フロント22.000円

リア 22.000円

交換用センサー 1.560円 前後交換で2個必要です。

 

 

TVキャンセラー

助手席や後部座席の為の商品

走行中でもTV視聴やナビ操作が可能です。

これも新車で取付する方が多いです。

価格は35.000円

 

 

ホイールスペーサー

IID BHAシリーズ

タイヤがフェンダーの中に入っているよりフェンダーツライチが良いスタイルになります。

厚みがあるので2段止めになります。

前後21㎜もしくはフロント21㎜リア25㎜がおすすめ。

21㎜スペーサー 26.000円

25㎜スペーサー 28.000円

純正ボルトが使用できないので別途ホイールボルトが必要になります。

ブラックボルト/ポリッシュボルト 1本700円 1台分で20本必要 14.000円

 

 

各部ラッピング

シルバーの部分をグロスブラックにラッピング

印象が全くちがうのでおススメです。

 

フロントバンパートリム

40.000円

 

フロント アンダーパネル

60.000円

 

ランニングボード

100.000円

 

スペアタイヤカバー

60.000円

 

リアバンパートリム

50.000円

 

グリル メッキ部分

80.000円

 

 

最後に

IID 電動サイドステップ

G63はショートステップ

G350/G400はロングステップになります。(写真はロングステップ)

大人気商品でして現在バックオーダー中です!

自分が開発したのですが最初はここまで売れるとは思っていませんでした。

使えば便利ですのでヒット商品になって良かったです。

価格は238.000円

動画はこちら↓

使えば使うほど便利さを感じて頂けます。

一番のポイントは駐車場です。

隣に車が止まっていればドア全開に開けれないので地面が遠いので降りにくいです。

電装ステップがあれば一段降りれるので降りやすさが全然違います。

これが一番良いポイント!

 

 

 

まだまだありますが今日はこのぐらいでw

気になった方は下記のお問い合わせでメールもしくはお電話ください。

TEL048-851-4411

お問い合わせお待ちしております!

 

 

(上記すべて税別)


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

 

アゲG作りたい!

こんばんは

本日BONDグループのHPがリニューアルしました。

会社からの告知は一切なく、いきなり更新されていました(笑)

動画やSNSなども連動しています!

ぜひ隅々まで見て頂きたい!

リクルートもちゃんとあります!

一緒に働く方、大大大募集中です!

 

 

本日はタイトル通りアゲG(W463A)を作りたい!です。

ローダウンは何度か作業しましたが、リフトアップは自分まだ作っていません。

そこで今日はリフトアップをご紹介!

まずはサスペンション

フロントはKWのHASみたいにノーマルショックにネジ式調整をセットできるもの。

電子制御サスペンションでも装着可能です!

これで最大50㎜車高があがります。

 

究極のリフトアップはポータルキット!

ドライブ位置のみ下げる・車高は上げる!変態なキットです。

ゲレンデ4×4はこれで車高を強烈に上げています。

25㎝アップです。25ミリじゃないですよ!

 

 

車高を上げればタイヤ!

ゴツゴツのマッドタイヤを装着しましょう

BFグッドリッチ オールテレーンT/A KO2 285/55R20

リフトアップで履けます!

ブラバスのモノブロックR 20インチもカッコいい!ブラバスアドベンチャーはこれですね。

 

上記2点(バネとタイヤ)だけでもカッコいいですよ!

 

ルーフラックもカッコいい!

ラックつけるだけで強くなった気がします。

 

ワイルドなスぺアタイヤカバーやハシゴも良いですね。

 

これを作りたいのです!

キャンプなど行ったら注目の的です!

 

ビビッときた方はぜひボンドショップ浦和までご連絡ください!

一発目は値段頑張りますので!(笑)

 

 

では

 

 

G350d manufaktur Edition!!

こんばんは! 高橋です

うちの一番下の子が最近、寝床にやたらとぬいぐるみを持ち込んできます。

一緒に寝ろと言うわりに自分と同じくらいのサイズのぬいぐるみを3体程持ってくるので、僕の寝る場所はありません。

おかげで、寝起きは体が痛いです。

さて、本日はこちらのお車!!

中古相場がおかしな金額になっている、W463A G350d manufaktur edition

こちらのオーナー様も新車価格より300万も高くなっているということで、気持ちが揺らいだみたいですが・・・

売らずにカスタムして頂くことに

フロントグリル&ヘッドライトカバーをG63純正に変更!

Manufaktur editionはもともとグリルもエンブレムもブラックなのですが、少しメリハリを付けたいとのご依頼でしたのでグリルは同じくグロスブラックにペイントしエンブレムは逆に黒からメッキの物に交換しました

ボンネットバッチとも統一感があっていい感じです!

サイドステップは通常モデルと同じくシルバーのままなので、グロスブラックでラッピング&プロテクション施工

こちらも黒いバンパー、フェンダーとの統一感が出ましたね

リヤも黒だったエンブレムをメッキに交換!

足元は、ブレーキパッドをマーヴェラス低ダストパッドに交換し、キャリパーはプラッティングシルバーでペイント

「キャリパー塗ってるぜー!」って感じが出ないのが良いですね 渋い

最後に、TVキャンセラーも施工させて頂き完成です

純正の雰囲気を崩さず、サラッとした仕上がりになりました

ゲレンデのカスタムもお任せください!!

お問い合わせお待ちしております