ブラックアウト

ブラックアウトでキリッと×インフィニティ QX80

皆様こんばんは!浦和店の新入り橋本です!!

 

気づけば年の瀬

 

ありがたいことに、浦和店もドタバタさせていただいております笑

 

それが理由……ではありませんが、ブログに穴が開きがちなこと、お許しください汗

 

今日は、BONDでは珍しい日本車(アメ車(日本製))のご紹介です!

 

 

こちらは、インフィニティのQX80

 

日産が北米で展開しているブランドで、トヨタにおけるレクサスのようなポジションです。

 

日産の高級車部門と言って差し支えないでしょう!

 

ちなみに製造は九州だとか?!

 

今回のご用命は、タイトルの通りブラックアウト!

 

BOND BODYの作業品質をご覧いただき、ご指名頂きました。

 

 

ギラギラと輝く押しの強いフロントグリルは、艶のある黒をベースにフラームをマットブラックで

 

 

フロントウインドウの上部にもかかる長いウインドウモールは、高級感を演出するグロスブラック

 

 

併せてドアミラーカバーもグロスブラックです。

 

 

フロントバンパーの開口部に備わるフィンやフェンダーダクト、

 

 

ドアハンドルをマットブラックにて

 

 

リアビューでも、エンブレムやモール類をマットブラックにてペイント致しました。

 

 

中々凝ったデザインの純正ホイールもグロスブラックに

 

センターエンブレムはこだわりのマットブラック仕上げです。

 

分解できる箇所は、とにかくバラす。

 

簡単なように聞こえて、中々大変なのです。

 

そこをしっかり押さえてこそ、最高の仕上がりが望めます。

 

 

こうして、日本車(アメ車(日本製))なQX80のペイントカスタムが完了しました!

 

欧州車がメインですが、そのノウハウは当然国産車/アメ車にも応用が効きます。

 

カスタムの事なら、何でもご相談ください!

 

浦和店の新入り橋本でした!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

LCコンバー×モデリスタ×ブラックアウト!

皆様こんばんは!浦和店の新入り・橋本です!!

 

ある日のbond HPの一コマ……

 

 

何やら様子が……

 

 

ここだけ別のブログみたいです笑笑

 

完全に恋するOL日記です(謎)

 

流石、濃いめのメンツが集まったと評判の大宮店です!

 

もちろん、ただの面白おかしい人たちの集まりではありませんよ!

 

仕事も一流なので、ご安心ください笑

 

本日のご紹介はこちらです!

 

 

眩しく輝くホワイトノヴァガラスフレークを纏った、LC500コンバーチブルです。

 

ブログのタイトルが、トリプルネームコラボな感じで、思わずGOT’EMしに行きそうになりますね(?)

 

 

ということで、橋本の十八番”ブラックアウト”です!

 

というか、ペイントばかりのご紹介になっていますね……

 

どこもかしこも

 

「コロナで工場閉鎖だー」

 

とか、

 

「再稼働したけど、半導体不足だー」

 

なんていう状況なので、部品が来ないんですよねぇ……

 

本当に皆様には、ご迷惑をおかけしております。

 

気を取り直して

 

 

レクサスの代名詞”スピンドルグリル”は、ツルッとグロスブラックに

 

 

周りのフレームは、ノーマルのメッキを生かしてスモークペイントです。

 

今回のお車には、モデリスタエアロ一式がまかれていたので、そのメッキもすべてスモークとマットブラックで塗り分けさせていただきました!

 

純正パーツのガンメタ部のグロスブラックペイントと合わせて3色を使い分けています。

 

 

フロントリップのメッキ部も同じくスモーク

 

 

フロントバンパーと

 

 

サイドのダクトはグリルと同じく、ツルツルのグロスブラックにてペイント!

 

 

先ほどのテーマに沿って、ヘッドライトのガンメタもグロスブラックに

 

 

サイドに回って、ドアミラーカバーのモールと

 

 

モデリスタのサイドスカートもスモークペイント

 

 

縦のラインが特徴的なテールレンズのモールもガンメタだったので、グロスブラックです。

 

 

上側半分は他と同じメッキ仕上げですが、一部が凹凸のある仕様に……

 

雨染みなどが残りやすいところなので、ツルツルにしたいところですが、研磨してしまうと新たにメッキ加工が必要になってしまいます。

 

今回は、スモークペイントのクリアコートをこってり厚塗り

 

ツルツルで、奥行き感のある仕上がりになりました!

 

 

クーペとは一味違った、このフラットなデッキのスタイルがまたカッコいいですね!

 

 

リアのLC500エンブレムは新品をスモークペイントしてご交換

 

 

メッキパーツの交差点と化していたディフューザーは、アクセントとしてマフラーカッターをマットブラックにすることで、のっぺり感を抑えてみました!

 

 

クリアカラーのテールレンズと相まって、モノトーンのオシャレさが引き立ったのではないでしょうか?

 

 

輸入車のカスタムで培われたノウハウを、是非皆様の国産者に注入させて下さい!

 

ホイールやエアロ、最近じわじわ再燃しつつあるパフォーマンスダンパーのご相談もお待ちしております。

 

カメラのレンズを新調してウキウキの橋本による、自己満写真多めのブログでした!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

NEWディフェンダー110×電動サイドステップ・ペイント!!

皆様こんばんは!浦和店の新入り・橋本です!!

 

橋本やりました……

 

ガリッと行きました……

 

そう、ホイールです。

 

縁石と検索してみると、こんな画像が

 

 

こんな縁石は危険だ!

 

とのことです。

 

仰る通りだと思います!(憤怒)

 

小指の先程度の小さな傷でしたから、ぎりぎりアウトー!といった感じですね。

 

愛車のホイールをガリッと行ってしまい傷心のアナタ!

 

BOND SHOP URAWAまでご相談ください……

 


 

本日ご紹介のお車は、タイトルの通り!

 

昨年ディフェンダーのモデル名を冠して以来、初となるフルモデルチェンジを果たした、新型ディフェンダー110でございます!

 

 

名物”すでに完成後の画像”でございます笑

 

 

過去に消え去った施工前の姿は、こちらで補完していくスタイルです。

 

なかなかな面積を占める、バンバーのシルバー部をマットブラックにてペイント致しました!

 

 

同じカラーのリアバンパーもマットブラックに

 

 

バンパーを外すなら、ということで純正の牽引フックも装着

 

 

ホイールもブラックときたら、やはりバンパーのシルバーは消してしまって正解でしたね!

 

 

リアビューでは、こんな新商品も!

 

 

宣材写真では、目立たないように陰で撮影してごまかしているのでは??

 

なんて勘ぐっていましたので、ラガーコーポレーションのデモカーを盗撮させていただきました笑

 

 

全く違和感なくGOODです!

 

 

他の現行ランドローバー・レンジローバーモデルと同じく、徹底したフラッシュサーフェスデザインが際立ってイイ感じです!

 

 

ツルッとしますね。

 

 

税別定価¥85,000-(別途ボディカラーへの塗装が必要です。)

 

 

なんだかYouTubeの削除動画みたいですね。

 

 

そして今回の目玉!電動サイドステップです!!

 

正式な商品化に先立って取付させていただきました。

 

ピタリとボディラインに寄り添って、全く違和感ないですね。

 

 

ドアを開くと……

 

 

ググっとせり出します。

 

 

後部座席も隙なくカバー

 

 

高さはこのような感じです。

 

 

この半歩で乗り降りの負担が大きく変わるんです。

 

 

最新車種もしっかり網羅しておりますので、まずはご相談ください!

 

浦和店の新入り・橋本でした!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

ブラックアウトでキリッと×C63S!!

皆様こんばんは!浦和店の新入り・橋本です!!

 

今日は早く帰りたいので、冒頭のネタは無しです!

 

嘘です、何も考えてません!ごめんなさい🙇

 

ということで、早速本題へと……

 

ブラックアウトのご用命を頂きましたC63Sクーペでございます。

 

 

例のごとく、完成画像です!笑

 

当然のごとくカッコいいCクーペですね!

 

 

後期型ですが、純正はこんな感じ

 

それではご紹介を……

 

 

前期型では未装着の、パナメリカーナグリルのご依頼もいただきましたので

 

「どうせ塗るなら……」と、ブラック塗装済みの社外品をご用意!

 

純正移植となる、ディストロニック対応エンブレムのリングと

 

 

AMGロゴのみグロスブラックでペイントしました。

 

 

C63オーナー様が気になるであろう、サイドダクト上部のモール

 

日焼けてうっすら青みがかっていたところを、グロスブラックでペイント!

 

イメチェンと日焼け止めの一石二鳥ですね。

 

 

純正ではなかなか存在感のあった、マットシルバーのヒゲ

 

隣り合ったグロスブラックの部分とのコントラストが美しい、マットブラックにてペイント

 

 

持ち前の

 

”艶ありボディにはマットエンブレム”

 

”艶消しボディにはグロスエンブレム”理論でマットブラックをチョイス

 

 

 

サイドミラーとドアハンドルはグロスブラックです。

 

 

純正では、フロントのヒゲと同じくマットシルバーのサイドモールも同じ仕上がりのマットブラックで

 

 

リアビューでも、エンブレム理論を忘れずに……

 

マフラーカッターはグロスブラックで仕上げました。

 

しかし、ここまで引き締まると、俄然車高を下げたくなってしまいます!

 

オーナー様!是非ご用命ください!笑

 

 

 

暗いお色だけでなく、明るいお色でもブラックアウトは有効です!

 

一言にブラックアウトと言っても、色の使い方や施工箇所で受ける印象は大きく変わります。

 

まずはご相談を!

 

↓ご参考までに

 

ブラックアウトとはなんぞや?

 

BOND SHOP URAWAまでお気軽にご相談ください!

 

浦和店の新入り・橋本でした!!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

GT63 S×ブラックアウトでキリッと!

 

皆様こんばんは!浦和店の新入り・橋本です!

 

ガソリンの高騰がハンパないですね!?

 

私のような小市民は、5円/L上がれば瀕死です笑

 

どなたかガソリン恵んでください!笑

 

今日も景気よくガソリンを燃やしてくれそうなお車をカスタマイズさせて頂きました!

 

世にも珍しい、”Designoブリリアントブルーマグノ”のMercedes-AMG GT63Sです!

 

 

bond diaryあるあるで、すでに完成形です笑

 

 

フロントは、ロアグリルの”ヒゲ”をブラックアウト!

 

サテンシルバーから引き継いだマットなブラックで仕上げました。

 

 

グリルのフィンはグロスブラック

 

 

AMGロゴもグロスで仕上げました。

 

グリルフレーム部の素地とのコントラストで立体感を演出します。

 

 

サイドに回ってフェンダーダクトは、グロスブラック

 

 

ホイールセンターキャップは、敢えてのマットブラックです。

 

センターロックデザインのキャップと”スリーポインテッドスター”の造形が浮き彫りになり、エッジ感?がたまりません……

 

 

存在感のあるウインドウモールもすかさずラッピングにてブラックアウト!!

 

洗車傷や爪で擦り傷の付きやすい部位はラッピングなら保護にもなって、一石二鳥ですね!

 

 

ドアハンドルもラッピング

 

 

リア周りは、エンブレム3点とマフラーカッターをグロスブラックにて、

 

ディフューザー部のモールはフロントと同じく純正の仕上げを引き継ぎマットでペイントしました。

 

 

ダメ押しのロワリング

 

iiDのロワリングキットにて施工いたしました。ASCもご検討いただきましたが、今回はお手軽なロワリングキットをお選びいただきました!

 

X290/W213用のASCは在庫もございますので、すぐご案内できますよ!

 

ブラックアウトは、色の使い方次第で大きく印象が変わりますので、是非ご相談ください!

 

↓以前のブログです。

ブラックアウトとはなんぞや?

 

浦和店の新入り・橋本でした!!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416