ブレンボ

続・ブレーキのお話

皆様こんばんは!浦和店の橋本です!!

 

以前ブログに書いたこちら「ブレーキのお話

 

ブレーキというのも奥が深いパーツで、まず第一に目に見えて構成部品点数が多い

 

更にそれぞれのパーツの組み合わせで、見た目も性能も大きく変化します。

 

今回は、性能を追求してパーツを選定させていただきましたので、そのご紹介です。

 

お車は、PORSCHE 911 turbo (997.2)

 

「宇宙一止まる」と言われるポルシェのブレーキですが、

 

 

こちらの997に装着されているのはスチールブレーキ

 

もちろんBREMBOです。

 

オーナー様は、同じく997.2型のCarera 4Sもお持ちなのですが、

 

そちらに装着されているのは、”PCCB(ポルシェ セラミックコンポジット ブレーキ)”

 

 

耐フェード性が高く、軽量なPCCB装着車の効きに慣れていると

 

どうにもご所有のturboのブレーキには不満が出てきてしまうとのことでご相談頂きました。

 

「turboと4Sのブレーキを入れ替えられないのか?」というお話になりましたが、

 

5穴PCD130仕様の4Sからセンターロックのturboへの移植は不可能でした。

 

そこでPCCBを後付けする?という選択肢もありましたが、そこそこの車が余裕で買えちゃうので

 

流石にパス……

 

参考までに、endlessで製造していたカーボンディスクローターは¥748,000~です。

 

1枚当たりです……

 

よりお手軽に、制動力と軽量化を実現できるご提案をさせて頂きました。

 

 

GiroDisc

 

アメリカでレースシーン向けのブレーキシステムを製造しているメーカーです。

 

社外ブレーキ用の各種ディスクローターから、

 

純正ディスクの置き換え用までラインナップしています。

 

構造は、軽量なアルミのベルハウジングと高硬度の鋳鉄ローターの組み合わせで

 

軽量化と耐久性の両得を実現します。

 

 

淡い紺色のベルハウジングが、絶妙にボディカラーにマッチしています。

 

表面に施されるのは7本(イラストでは8本)のストレートスリット

 

 

 

前進時に逆回転となる為、ガスの排出より制動力を重視した仕様です。

 

同時に装着したのは、GruppeMのステンレスメッシュブレーキホース

 

 

高級感のある箱に

 

 

不織布の袋と、二段構えです。

 

ここで橋本、肝心のブレーキホースを写した画像がないことに気づきますが、

 

時すでにお寿司です。

 

当り付けがまだですが、エッジの立った造形が効きそうな雰囲気を醸し出していますね。

 

ブレーキパッドは、耐フェード性とコントロール性の高い

 

プロジェクトμのHC-CSを前後で装着

 

 

911turboにふさわしいブレーキになりました!実際効きますよ笑

 

ディスクローター、パッド、ブレーキホース

 

一式でも、上にあげたカーボンディスクローター1枚分の値段には及びませんので、

 

一先ず強化するのにうってつけのメニューですね!

 

これでもご満足いただけない場合は、潔くPCCBをオススメします笑

 

ブレーキのご相談もBOND各店まで!

 

浦和店の橋本でした!!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

ブレーキのお話

皆様こんばんは!浦和店の新入り橋本です!!

 

ご紹介できるお車がありません!

 

気づけば師走、師ではない私も割と走り回っている気がするのですが、忙しさに反して車はなかなか完成しません泣

 

ということで、ネタをひねり出していきます笑

 

タイトルの通りブレーキのお話です。

 

ブレーキと言えば、車に乗る人の命を守る重要保安部品中の重要保安部品なわけですが……

 

いつもご紹介しているように、

 

 

メンテナンス的なパッド・ディスクローターの交換が基本です。

 

走行距離が伸びてきているお車やサーキット走行などをされるお車は、

 

 

各部を分解して、ブーツなどの交換も必要です。

 

と、ここまではいわゆる点検・整備にあたる内容ですが、

 

ここからはカスタム・チューニングのお話を一つ……

 

スタンス系……?

 

今やかなりメジャーなジャンルの一つとなってるカスタムですが、

 

その由来は、StanceNationというアメリカのサイトにあるということです。

 

現在StanceNation Japanとして例年盛り上がりを見せています。

 

このスタンス系でも重要な要素となるのが、足回りです。

 

 

車において足回りと言えば、サスペンションやそれに付随するアーム類、

 

タイヤホイールに加えて延いては、ブレーキ関係の事を指します。

 

言わずもがな、車高とタイヤホイールはカスタムの主役です。

 

でも、その奥に垣間見えるブレーキが味気ない純正品だと、少し寂しくないですか?

 

ブレーキのカスタムには、大きく分けて3つの選択肢があります。

 

キャリパーペイント

 

ボンドブログでも頻出なのが、キャリパーペイントです。

 

読んで字のごとく、ブレーキキャリパーのペイントを行います。

 

メルセデス・ベンツ、アウディを筆頭に最近の欧州車は、スポーツグレード以外にも何気に立派なブレーキが装着されています。

 

にもかかわらず、純正では鋳物のザラザラとした肌がそのまま残ったデザイン性に欠けるものがほとんど……

 

表面を研磨処理して、ツルツルに塗り上げれば抜群の高級感・存在感を発揮しますよ!

 

キャリパー交換

 

 

ブレーキカスタムの王道が、社外ブレーキキットの装着です。

 

 

性能・サイズ・デザイン性、どれをとっても抜群です!

 

もちろん価格も抜群ですが笑

 

レースなどをされる方は、この辺り(カーボンセラミックはご法度ですが)の選択も視野に入ってくるのではないでしょうか?

 

ローター交換

 

「数十万円もする社外キャリパーはちょっと……」という方には、キャリパーペイントと合わせて、ディスクローターのみの交換もオススメです!

 

 

性能とデザイン性を併せ持ち、かつ比較的低価格でお楽しみいただけます。

 

摩耗したローターの交換のついでに、少しカスタムしてみるのもいいですね!

 

ブレーキのメンテナンス・カスタムもBOND SHOP URAWAまでお願いします!

 

浦和店の新入り橋本でした!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416