KW

AMG GT × KW

みんさんこんばんは!

日曜担当岡田です(‘ω’)ノ

 

さて☆

さてさて☆

今回はKWのお取付けです⤴⤴

 

お車はAMG GT✨

マットシルバー超カッコイイです!!!

こちらに

KW HEIGHT ADJUSTABLE SPRING 取付です

 

フロントbefore

フロントafter

 

 

リアbefore

リアafter

 

付けたてホヤホヤなので走って馴染んでいけばもっといい感じになる事でしょう🚙🚙

スペーサーはお持ちの様なので、取付すればもタイヤも表に出てくるので印象も変わってくるでしょう🚙🚙🚙

もっともっとカッコ良しの仕上がりになる事かと思います。

いつか完成系お見せいただきたいです♪

 

パナメリカーナばかりじゃないんだぞ!

って事で。。。。。

 

気になった方は岡田まで★

 

ご予約

お待ちしておりんすー☎

 

********************************************************************************

お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

992Turbo S × HRE !

こんばんは!イケダです。

本日は、最近ブログにめっきり登場しない過労気味の我らがリーダー、ナベさんがカスタムした一台をご紹介いたします♪

BOND公式Instagramにもすでにアップされていましたが、そのまんまBOND MEDIAの写真を使用して、今日は書くだけスタイルです(笑)

 

早速行きましょう!

992Turbo-S × HRE 305M

“Porsche 992 Turbo S”

見ての通り足元が完全にキマっております

 

こちらのホイールは・・・

92Turbo-S × HRE 305M

“HRE Classic Series 305M”

サイズは、フロント21インチ、リア22インチ

フィニッシュは「Frozen Polished Clear」

センターロックに5本スポークの組み合わせはもうシンプルの極み!!

シンプルであるが故、エッジやカーブの美しさ、フィニッシュの質感の高さが際立って・・・ヤバイんです

 

992Turbo-S × HRE 305M

“KW HAS”

でバッチリ車高も良い感じ♪

プロテクションはお決まりのフェイスガードと、黄ばみやすく範囲の狭いポルシェ純正スプラッシュガードは剥がして、広めのPPFを貼り直し

コーティングも施工させて頂きました

 

992Turbo-S × HRE 305M

992Turbo-S × HRE 305M

ジェントル~!!

もう何も言うことナシですね

 

やっぱりポルシェのことならBONDへ

それでは~


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

G16 M850i × KW HAS KIT !!

こんばんは!!

久々に全話見てるTVドラマ「VIVANT」が毎週楽しみなイケダです

来週は最終回・・・どうなる乃木

 

早速いきます

本日ご紹介するお車は・・・

M850i × KW HAS

“ BMW M850i XDrive GranCoupe(G16)”

でございます!!

毎度のことながらビフォー画像はありませんが

ちょうどアリーナ店にて絶賛売り出し中のM850iGranCoupeがございますので、純正状態はぜひリンクよりBONDSTOCKページへ♪

 

今回お取付けしたのは・・・

G16 M850i × KW HAS

“KW HAS-height adjustable springs Kit”

純正ダンパーを使用するので純正ダンパーコントロールも生かしたまま、車高を調整!しかも価格もお手頃な、もはや定番メニューですね♪

 

車高を落としたらもちろん・・・

M850i × KW HAS

“IID 鍛造スペーサー”

でばっちりツラをキメて

 

“DIXCEL スポーツパッドMタイプ”

でホイールを常に綺麗に!!

おとといのブログでも同じことを書きましたが(笑)このパッドが本当にバランスがイイんです

 

G16 M850i × KW HAS

お次はホイール、Digi-Tec、マフラー・・・色々お考え頂いているようで、何よりです

しっかりとその背中を押させていただきます(笑)

 

やっぱりM850iのコトもBONDでマチガイナイっすね

それでは~

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

 

ウラカンEVO×NOVITEC!(後編)

こんばんは!

世界陸上が終わり、ようやく安定した睡眠が確保できそうなイケダです。

 

あ、でもまだちょっと余韻で世界陸上の話です(笑)

男子400mリレー日本は惜しくも5位・・・バトンミスが悔やまれます。。

アメリカは男女とも圧巻の速さでしたね・・・特に100mで大会新記録を出した女子リチャードソン選手のスタイルは印象的でした

全身のタトゥーもすごいですが、100m準決勝ではつけてた超ロングなネイルを、決勝では外して臨み、金メダルという🥇

スピードを優先してドレスアップした部分を外して改良するって、なんか車みたいな話ですw

 

さて、話が長いとPV数も伸びませんので(笑)

世界陸上の話はここまでにして、、

 

先日のウラカンEVOの完成形!早速いきます

HURACAN EVO × NOVITEC

HURACAN EVO × NOVITEC

HURACAN EVO × NOVITEC

“NOVITEC スポーツスプリングセット(KW製)”

をお取付けして、低く!!

商品名はスポーツスプリングセットですがKWのHAS(Height Adjustable Spring)と同様の車高調整式となります♪

 

HURACAN EVO × NOVITEC

HURACAN EVO × NOVITEC

“NOVITEC 前後アルミスペーサーセット(Eibach製)”

をお取付けして、程よい出面に♪

 

そしてそして、

HURACAN EVO × NOVITEC

HURACAN EVO × NOVITEC

HURACAN EVO × NOVITEC

“NOVITEC カーボンリアウイング”

をお取付けさせて頂き、バックスタイルにもしっかり迫力が生まれました

今回、同社インコネル製マフラーは見送りとなってしまいましたが・・・定番EBM(エキゾーストバイパスモジュール)をお取付けさせて頂き、バルブ全開で快音を響かせております

 

NOVITECのウラカン専用パーツはこれ以外にもまだまだありますが、中でも「最小限のコストで最大限ウラカンのオリジナルの外観の良さを引き立たせる」費用対効果の高いメニューではないでしょうか

(最小限のコストとか言いながら、総額はほぼジムニーの本体価格ですがw)

 

やっぱりウラカンのカスタムもBONDへ!!

それでは~

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416

ローダウンとは何ぞや?後編

皆様こんばんは!浦和店の橋本です!!

 

先日に引き続き、カスタムの真髄ともいえるローダウンをさらっと解説していきます!

 

前編はこちらから→ローダウンとは何ぞや?前編

 

前編ではダウンサスからHASまでご紹介しましたので、早速その続きから行きましょう!

 

・車高調

 

KW Coilovers Street Comfort

 

サスペンションと言えばこれだよ!という方も多いであろう車高調

 

車高調整式サスペンションの略ですね。厳密にいえば前述のHASも車高調に該当しそうですが

 

一般的には、コイルスプリングとショックアブソーバーがセットになっているものを指します。

 

多くはダイヤルによって「減衰」が調整できます。

 

これはいわゆるサスペンションの硬さ調整機能で、ショックの伸びや縮みが収まるまでの速度を調節します。

 

ものによってはこれらが別々に調整可能で、中には縮み側の高速/低速を細かくセットできるものもあります。

 

BC Racing ZR Series Coilovers

 

これは入力の速度に応じて反応速度を変えることで、コントロール性を高める狙いがあります。

 

別タン式ともよばれ、ショックから連続するタンクにまでオイルが満たされ、

 

より大きなストロークを確保しています。

 

主に、サーキットなどでのスポーツ走行に求められる機能です。

 

ストロークの増大は単にサスペンションに動きを良くするだけでなく、

 

吸収性を高めることにもつながるので、乗り心地の改善につながることもあります。

 

メリット

・より細やかなセッティングが可能

・ショックが専用品となり、スプリングとの相性が良い

 

デメリット

・調節可能な箇所が増えメンテナンスが難しくなってしまう

・ダウンサスに比べ高価

 

ダウンサスから入った人の多くが車高調へとたどり着く、ともいわれる様に、

 

足回りカスタムの一つの終着点であるのは間違いないでしょう。

 

デメリットの一つに挙げたメンテナンスの難しさですが、

 

調整箇所が増えれば、その部分のアソビ/緩みも存在する、という至極当然の理由によるものです。

 

ここを「細やかな調整の為」「より良いコントロール性の為」と割り切れるかどうかが、

 

車高調をチョイスするカギになりそうですね!

 

・ASC

 

 

浦和店のブログをご覧の方は、誰しもが目にしているであろうコチラ!

 

ASCは、アクティブサスペンションコントロールの頭文字をとったもので、

 

文字通り任意での車高調整を可能にするシステムになります。

 

当然ベースとなるのは、純正エアサス車

 

 

スマートフォン上のアプリでちょちょいと調節するだけで

 

 

じわじわ車高が変わっていきます。

 

 

10年以上前からエアサス車用のエアサスコントローラーは存在していますが、

 

その正統進化版と言ったところですね。

 

お車によっては、純正のそれぞれの走行モードへと車高を割り振り、

 

簡易的な車高プリセットとして機能させることができます。

 

メリット

・お手元で好きな車高が選択可能

・インストールが比較的容易

デメリット

・純正エアサス同等の動作速度(少しゆっくり)

・ロワリングキットに比べて高価

・納期が長め(2022/9月現在)

 

エアサス車で車高調整を楽しみたいならほぼ一択と言える訴求力があるのではないでしょうか?

 

 

潤沢な在庫をご用意しているロワリングキットに比べで納期が遅いのが玉に瑕ですが……

 

・車高調(ダンピングコントロール付き)

 

KW DDC PLUG & PLAY W463A G63

 

コチラはかなり設定車種が限られますが、車高調のショックに備わる減衰調整機能を

 

純正のシステムを介して、又は独自のシステムを用いて電子制御するものになります。

 

画像のG63用KW DCC PLUG&PLAYは、純正の減衰調整機能がそのまま機能するため

 

Comfort/Sport/Sport+など、モード切替に応じて足の硬さが変化します。

 

 

ローダウンしても走行性能を犠牲にしないという点では、コイルオーバーの最高峰と言えます。

 

メリット

・簡単に減衰調整が可能

・純正機能が活かせる場合も

デメリット

・とにかく高価

 

デメリット一つでメリットがひっくり返り兼ねないほどの価格設定の場合もございますので

 

ご注意ください笑

 

もちろんメーカーによりますが、上のG63用KWで180万円もするんです!

 

妥協なくローダウンしたい方への究極の選択肢ですね。

 

・社外エアサス

 

AirRex

 

ローダウンの花形と言えば社外エアサスですね!

 

純正にはエアサス設定の無い車種へ向けて、純正エアサスでは不可能な下げ幅の実現

 

などなど、妥協なくローダウンをしたい方へ向けた最終兵器です笑

 

 

通常走行が不可能なレベルの車高を実現しつつ、安全な走行も出来る

 

まさに良いとこ取りなサスペンションです。

 

エアサスのコンプレッサー/タンク自体を魅せるインストールなど、他とは違ったカスタマイズが可能です。

 

純正エアサス車でない場合や、稼働範囲が大きく変わる場合は、構造変更が必要となります。

 

メリット

・極限のローダウンが可能

・段差の回避もでき、走行経路を選ばない

 

デメリット

・やはり高価

・荷室の占有

 

お値段は、70~100万円ほどが多くやはり高価なサスペンションです。

 

また、他のサスペンションとは異なり、エアバックを膨らませるためのコンプレッサーと

 

エアーをためるタンクが必要となるため、車種によっては大きくラゲッジスペースを占有します。

 

最も、そんなことを気にする車に着ける物じゃないのかもしれませんが笑

 

このように、ローダウンと一言にいってもその方法は種々様々

 

それぞれの方法にも、選び方で大きく特性が異なる場合もあり、

 

足回りカスタムの奥の深さの一旦も垣間見ていただけたのではないでしょうか?

 

Bondでは、とにもかくにもローダウン&ホイール!というスタッフが揃っておりますので、

 

是非ご相談ください笑(もちろんリフトアップも可能です。)

 

浦和店の橋本でした!!

 


お問い合わせはお電話かメールフォームにてBOND 浦和まで!

BOND shop 浦和

TEL:048-851-4411

BOND cars 浦和

TEL:048-851-4416