MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • MS-Design
  • STARTECH
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • end.cc
  • Next innovation
  • NOVITEC-ROSSO
  • ARTISAN SPIRITS
  • ADV.1 Wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • TSW WHEELS
  • BC Racing
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • Preciousf
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

2018年 11月 の投稿一覧

冬季商材ご紹介!!

こんばんは。

寒くなってきてシートヒーターが活躍する気温になってきましたね。

毎年の事ですが、突然の降雪でスタッドレスの問い合わせに間に合わず、

履き替える頃には暖かくなってきている・・・なんてことがちょいちょいありますっ汗

今年こそ早めの準備をお願い致します。

トミーさんです。

ボンドグループでも当社冬支度用ホイールが今年も動きだしましたよ

冬用ホイールとはいっても、安価には見えないホイール選びができるのがボンドグループ。

冬でも見た目には手を抜きません

冬には冬のドレスアップどうでしょうか

もちろんサマータイヤでもOKです

冬支度にもドレスアップにもお勧めしています

タイヤ選びもお任せくださいっ

お問い合わせお待ちしております

SEMA SHOW!!!

こんばんは!! 皆様、お久しぶりでございます 無事、SEMA SHOW視察の旅から帰還致しました!! 高橋です

10/28~11/4という長旅でして、不在の間は、大変ご迷惑をおかけしました!!

SEMAの視察は3日間で、他は、取り扱いホイールメーカーの工場見学等をさせて頂きました

自分たちの取り扱うホイールの製造現場を見れるってめちゃくちゃ貴重な体験です!!

そんな貴重な体験をさせて頂いた会社に・・・そしてバッタバタに忙しかったであろう浦和店のみんなにも感謝です

SEMAの様子は、大阪店、岡君が素晴らしいレポートを書いてくれる予定なので(笑)

僕は、工場見学の模様をちらっと・・・そして、東京店 内山さんのブログでもありました「トラブル」をお届けしたいと思います(笑)

はい!!何社か回らせて頂きましたが、今日はRotiform

Rotiformは、コンパクト系からスーパーカーまで幅広い車種に履かれている人気のホイールメーカー

ホイールメーカーってものすごい数があって中には、デザインが似たか寄ったかになってしまっている物も多くありますが、そんな中でもRotiformは、良い意味で奇抜なデザインを出してくることが多い気がします

基本的には、鍛造ホイールがメインですが、その中でも人気のデザインはキャストホイールにもラインナップがあったりします

2ndカーや3rdカーにもRotiformを履きたいけど~鍛造までは、ちょっと・・・って方は、キャストのデザインも見てみてくださいね

工場では、実際に削っているところを見れました!!

ホイールが削られる前ってどんなだか見たことありますか???

こんなんです(笑)

ただの円盤(笑)

でもこの円盤もすでに加工済みの物でこの前の段階では、筒みたいな塊です!

公園の入り口とかに立ってるポールを太くしたようなイメージです

これを削っていくと・・・

削り終えたディスクはこんな感じ!!!

こんな繊細な削りまで出来てしまうんです

ここからは、職人さんが手作業でバリを取っていったり、オーダーのフィニッシュに加工していったりします

納期が掛かる理由がわかりますね・・・

これは、塗装作業を終えて乾燥中のディスク達!

リムも同じように加して、ディスクと合体します

ものすごーく端折りましたが(笑)

なんとなくホイールの製作段階が伝わったでしょうか??

工場を一通り見させてもらって、駐車場に行くと・・・

Rotiformホイールを履いたいイケてる車たち!!

これは、みんな従業員さん達の愛車らしいです

いいですね~この雰囲気、高橋はドンピシャです

SEMAの会場でもRotiformの装着車はかなりの台数がいましたが、引けをとらない迫力でした

会場で、ぼくが一番印象に残ったのが、こちら!!!

コンチネンタルGTにHURを履いて、ベッタベタ

もちろん社外のエアサスが組まれておりました(笑)

この車格の車をここまでできるアメリカの勢いはサイコーです!! エアロ組まなくたって、車高とホイールでこのいかつさ(笑)

こんな勢いのある方!! 是非ご相談ください

こんなシャコタンやだよ~って方もホイールと車高で車は、全然違くなるので、ご相談ください!!!

最後に、なぜ内山さんが僕にトラブルネタを振ってきたかといいますと・・・

最初に付いた空港、サンディエゴから、SEMAの会場のラスベガスまでは、レンタカーを借りて約500kmを車で移動だったんですね。

で、その日の夕食は後から現地に着いた弊社社長と一緒に!という予定だったわけです

まぁー500キロもありますから、途中でトイレにも行きたくなりますし、たばこだって吸いたくなります(笑)

でもアメリカの高速道路って、日本みたいにパーキングがあるわけじゃないんですよね。

で、僕が運転していたのですが、何の気なしに立ち寄った高速の路肩・・・ほんと街灯もなく真っ暗・・・

ちょっと休憩して、さぁ出発!!と思ったら・・・

高橋やりました・・・

見事に砂漠に突っ込んでおり、スタックです(笑)

まだ目的地までは200キロ弱あったかと思います(笑)

ここから車載のジャッキを使って、その辺に落ちていた砂利だったり、木片だったりをタイヤの下に入れたりすること2時間・・・

思った以上に深くはまってしまい全く動きません(笑)

結局、地元のレッカーに来てもらい、ものの数分で、救出してもらいました(笑)

社長との約束の時間なんかとっくに過ぎてしまい、この日ホテルに着いたのは深夜1:30でした(笑)

社長はホテルの近くで一人で夕食をとったみたいです(笑)僕らはマックでした(笑)

こんな前代未聞のスタック事件をやらかした、高橋は今後の、海外出張メンバー落選の可能性が高いと噂されております(笑)

でも、終わってしまえばいい思い出ですよね内山さん??(笑)

ということで、ホイールの話からはだいぶ逸れましたが、Rotiformのお問い合わせお待ちしております

スタック高橋がお送りしました~!!

アメリカでレンタカーを借りるときは4WDをオススメします

超鍛造!!

こんばんはキンタです。

先日の休みの日に目が覚めると夕方の16時でした

もったいないと言うべきか贅沢と言うべきかは定かではありません。

ここでは書けませんが毎月の残業時間が…突破しております。

東京店に異動したターちゃんは先月6時間だそうです。(それもどうかと思いますが…笑)

浦和店のスタッフは良く働いているなと思う今日この頃ですが…。

本日ご紹介のお車はこちら

LEXUS LX570でございます。

前回のランクルと言い国産SUVの入庫率高めです。

今回はタイヤホイールとローダウンを施工させて頂きました。

今回ホイールにはHYPER FORGED HF-C7 24incを装着させて頂きました。

フィニッシュは

DISK:ブラッシュドアナダイズドブラック

RIM:ブラックアナダイズドリム

ピアスはマットブラックで黒黒に仕上げてみました。

タイヤはYOKOHAMA PARADA Spec-X 295/35-24をセット

車高はデータシステムのエアサスモジュールにてローダウンしてあります。

ボタン一つでノーマル車高に戻りボタン一つでベタベタ車高に調整可能となります。

現在もデッカイ車を仕上げてますのでまたご紹介させて頂きます。

Gクラス ロワナンバーステー

こんばんは。

今週はフロント1名がSEMAショーの視察出張で不在でしたので、キンタ店長と2人で回しておりました。

フロント3人でも足りないくらいの浦和店なので、怒涛の1週間であったことは言うまでもありません

今週、昼飯にありつけたのは一度だけ・・・ですが、

1kgも痩せてませんでした涙

トミーさんです。

本日ご紹介はコチラ。。。

ドリンクホルダーや、アクセルオフセットスペーサー、ラゲッジフラットスペース、更にはストレージポケットと、

注文殺到のW463 パーツシリーズですが、この流れに乗るべく、新たな商品ww

ナンバーオフセットステー

製品はこんな感じです(⌒∇⌒)

錆びませんよーw

付属のビスは、車載工具内にあるもので取付可能です!

ものの5分でこんな感じにすっきりします

 

このように、G乗りのかたが言うには、中途半端な位置。 確かに上も下も中途半端に見えますね💦

そこでナンバーオフセットステーを付けると

いかがでしょう

グリルも全体が見えてバンパー廻りがスッキリしました

地味な商品ですが、かゆいところに手が届く商品です

Gクラスのカスタムはボンドまでっ

 

仕上がりました!!

こんばんはキンタです。

昨日会社の健康診断に行って来ました

絶対に何かしら引っかかっていそうな気がします…。

そろそろ自分のメンテナンスも必要な気がする今日この頃ですが…。

本日ご紹介のお車はこちら

TOYOTA LAND CRUISERでございます

実はこちらのランクルは某プロ野球選手の愛車でして今回色々なカスタムのご用命を頂きました。

そのランクルが仕上がりました。

今回のテーマは黒です。

とりあえず全黒です。

そして今回モデリスタのエアロ&マフラーも装着致しました。

最近のTOYOTA車はメッキパーツが山ほど取付けられているので脱メッキの方には耐えがたい状態となります。

今回もマフラー意外のメッキパーツを全てラッピングにて黒の仕上げました。

グリル周り、フォグ周り、モデリスタエアロ、リア周りなどメッキパーツの総点数は何と25点にものぼります

+ウィンドウモールの下部も施工致しました。

フロントグリルはグロスブラックにペイントしてメッキパーツはラッピングを施工してマットxグロスのツートンでメリハリを付けました。

リア周りもエンブレム、ガーニッシュ、テールレンズ周り、モデリスタエアロなどなどメッキパーツが山盛りです。

でも輸入車と違いメッキパーツの脱着はそこまで大変な作業ではありませんでした。

輸入車の場合はバンパー脱着は必須だったりしますからね。

ホイールは安定のART MONO ARTⅠ 22incをグロスブラックにペイントして装着です。

真っ黒な1台が完成しました。

明日からキャンプインするプロ野球チームも多いはず。

と言う事はその間にカスタムを行う車輌も必然的に増えると言う事です。

今回はどんな車輌が仕上がるのでしょうか