ブレーキ点検

こんばんは。浦和店小出です。

今僕は岐路に立っています。

新宿のナイスバディなあの子と暮らそうか…

はたまた、広尾の知的なあの子と暮らそうか…

考えてる間にもあの子たちは僕をおいて違う人と暮らしてしまうかもしれません。

↑新宿のあの子

↑広尾のあの子。

そうです。動物嫌いな僕が犬を触れる様になってから早1ヶ月。パグを飼うことは決定したもののまだどの子にするか決めかねているのです。

皆さんはどちらが好みでしょうか?

さて、本題です。

忙しいです。先週はスパーカーを3台やらせて頂きましたが大人の都合でご紹介できません。

違う話題で本日のブログを乗り切ります。

冬、連休にかけてスタットレスの交換で忙しい浦和店です。

連休時は長距離の移動も増えますものね。

ただ、しかし、タイヤだけで大丈夫ですか?

ブレーキパッドの残量は十分でしょうか?

本日は最近みたブレーキの不具合をご紹介します。

一台目は左フロントパッドだけ減っていたお車のキャリパーをバラしてみると…

青丸の中。

ピストンがキャリパーに擦っているのがわかります。これはキャリパーのパッドを止めるピンとパットが干渉して上手くパッドが戻らない結果です。

俗に言うところの引きずりですね。

ピストンを抜いて見てもピストンにも傷があるのが確認できました。

続いてもう一台。メーターにブレーキ点検の表示がでて入庫したお車です。フロントパットは左右均一に減っているものの、リアに関しては減りかたが左右で全く違いました。

こちらもピストンが上手く戻らず引きずりを起こしていた様ですがパッドの磨材は残っておらず、ピストンが押す為のプレートでローターを直接挟んでいたようです。

ここまでいくとローターも交換になります。

もっと酷くなると↓の様になります。

これはかなり前に預かって点検した車ですがローターの内側が1枚丸々なくなっています。

ピストンは出きってしまいブレーキフルードが漏れてきてしまっていました。

これは極めて危険です。

パッドやローターの交換だけで済むうちに発見できないとキャリパーオーバーホールや最悪キャリパー交換なんて事にもなりかねません。

ブレーキフルードは他の足回りなどの鉄を酸化させます。

ぜひスタッドレス交換の際はパットの残量も見といてねとスタッフに一言かけていただければと思います。

それでは今夜はこの辺で。

浦和店小出でした。

 

マクラーレンGT デイライト

大阪店 仲川です

先日(11月末)、またもや出口パイセンと休みを合わせて紅葉ツーリングに行ってきました

今回の目的地は滋賀県のメタセコイヤ並木です

少し紅葉には早かったみたいで、まだ所々緑の部分がありました

それでも十分紅葉してて綺麗でしたよ

さすがにもう今頃(12/4)は紅葉も終わってるかもしれませんが、

気になる方は行ってみてください

なんか、写真がブレブレですが、バイクの振動でスマホのカメラが壊れてしまったんですかね?

バイクの振動でiphoneのカメラが壊れるという噂は本当なのでしょうか?

まぁ、使えてるので気にしないでおきます

 

この写真ではいい天気ですが、この後すぐに雨が降り出してビショビショになりました

たぶん、出口パイセンが雨男なのでしょう(笑)

お昼は近江八幡の方まで行き、出口パイセンのオススメのレストランに行ってきました

本当はハンバーグ&ミニローストビーフ丼のセットを頼む予定だったのですが、

売り切れだったので単品のローストビーフ丼にしました

すごい食べ応えがあって美味しかったです

お土産に滋賀県名物の『サラダパン』を買って帰りました

そろそろ寒くなってきて出掛けるには厳しい気温ですが、

またどこかに出掛けてこようと思います

 

さて本日は大阪店でも入庫台数があまり多くないこちらのメーカーのお車です

大阪店初入庫の『マクラーレンGT』です

正直入庫台数が多くないので、マクラーレンは車種の見分けがつきません

センターコンソールに車名のエンブレムを貼ってくれてるのがありがたいですね(笑)

こちらのマクラーレンはゴルフバッグが積めるマクラーレンらしいです

確かに、リアゲートはすごい長いです

ただ、厚みがあまりないのでゴルフバッグが本当に積めるかは不明です

今回は出来るかどうか分からないデイライトの施工とレーダーの取り付けをしていきます

とりあえず、デイライトも出来る前提でバラシていきます

運転席側を外していきます

助手席側も外していきます

マクラーレンは基本的に電源は助手席側にありますね(仲川調べ)

はいかなり端折っていきなり完成です

レーダーはフロントガラス上部に貼り付けで取り付けしました

デイライトも無事に完成しました

上の写真ではボディーカラーは黒に見えますが、

光の当たり方によって黒く見えたり、紫に見えたり、緑に見えたりと

色々な色に見える不思議なボディーカラーでした

分かりにくいかもしれませんが、写真の左のほうは『紫』ですが、

右のほうは『緑』に見えませんか

たぶんオプションのボディーカラーでびっくりするぐらいの金額なのでしょうね

先ほどの写真ではデイライトが分かりにくいと思いますので、アップで撮ってみました

こちらがデイライト状態です

目元がくっきり明るくなってると思います

こちらが普通のスモール状態なので、デイライトの時との違いは明らかですね

ただ、マクラーレンは同じ車種でもうまく動作しなかったりと

まだまだ経験不足で分からないことだらけで怖いです

あと、作業中の体勢が1番しんどい車になります

次の日から首と腰が筋肉痛で、寝違えたみたいになってしまいました

ですので、連チャンでマクラーレンの作業はご遠慮願います(笑)

それでは、最後はマクラーレンのお決まりのポーズで失礼します

気になった方はお問い合わせください

大阪店 仲川でした

——————–

bond osaka

〒537-0024

大阪府大阪市東成区東小橋1-17-19

Tel:06-6972-9977

Fax:06-6972-5522

 

bond osaka お問い合わせフォーム

ポルシェ718ケイマン リモコンでマフラーバルブOPEN!

BONDTOKYO板倉です

最近地震が多いですね。いざという時の為に防災グッズの点検しておかないと、と思いながらなかなかできていません。

いつ大きな地震が来るかわからないので、命を守れる行動ができるよう準備しないといけませんね。

 

さてさて本日のお車はケイマンです!

ご依頼内容はEBM!

マフラーバルブをリモコンで開けることができる優れものです!

EBMはFERRARIやLamborghini、MASERATIでイメージが高いのではないかと思いますが、ポルシェも施工可能です!

早速作業開始です。

まずはバキュームラインを見つけます。

クルマをリフトアップしまして、マフラーバルブのアクチュエーターから辿っていきます。

ケイマンEBM

トランスミッションの真上にT字のコネクターがありましたので、そこにソレノイドバルブを入れて制御します。

上の画像は作業しやすいようにバキュームラインをずらしてあります。

下から覗いた感じですと、ソレノイドバルブ設置に向いている場所が無いので、エンジンルームの上の方までバキュームラインを伸ばします。

ケイマンEBM

T字のコネクターからホースを外して延長します。

あとは室内での作業になります。

ケイマンEBM

ラゲッジルームのカーペットをはがして、エンジンの上のカバーを外します。

ケイマンEBM

伸ばしたホースにソレノイドバルブを取り付けます。

ポルシェケイマンEBM

ソレノイドバルブの電源とアースは室内に配線を引き込んでEBMユニットに接続します。

電源はヒューズボックスから取り出します。

あとは作動の確認して作業終了です!

通常アイドリング時にはマフラーのバルブは閉じておりますが、リモコン操作によって開けることができます。

常時バルブオープンか、ノーマルモードを任意に選択できます。エンジンをかけたときは常にノーマルモードです。

ちなみに閉めっぱなしは出来ませんので、ご注意ください。

気になった方はお問い合わせください!

では、板倉でしたー

——————–

bond tokyo

〒145-0064

東京都大田区上池台1-20-8

Tel:03-3727-0404

Fax:03-6421-8800

スタッドレスタイヤ!!

こんにちは

 

大宮店 和田です

 

とうとう12月に突入いたしました。

相変わらず仕事も体もパンパンです

12月初めなのにすでにラストスパートみたいな感じです

 

冬のマストな作業と言えばスタッドレスです。

タイヤ交換が始まると冬が来たなと実感をいたします。

 

始まったら止まらないので、工場もタイヤでいっぱいです

 

小っちゃいのから大きいのまで、細いのから太いのまで

色々と用意してます。

 

雪が降ってからだとサイズがなかったり作業待ちにめちゃくちゃ時間のかかったり

大変です。量販店だっとスタッドレス渋滞が有るとか無いとか聞いたこともあります。

 

特に欧州車は一般のタイヤ屋さんではサイズが無かったりするので準備が必要ですね

 

国産規格にないサイズでも探せば有るかもです。

 

是非ともBONDに聞いてみてください。

頑張って探します

 

omiya店 和田でした

 

——————–

bond omiya

〒331-0812

埼玉県さいたま市北区宮原町1-470-1

Tel:048-660-0066

Fax:048-660-0088

 

BMW 4シリーズ 新型 ACSCHNITZER

大阪店 いとうです。

今日ははじめましてなBMW新型4シリーズ。

ACシュニッツァーの内装パーツで

パドル&ペダルの取り付けです。

現車は440iカブリオレだったのでG23ってやつみたいですね。

ペダルパッドの取り付けをサラッと紹介すると

型に合わせて穴を開けてビス留めです。

が、微調整をしっかり行わないと最後にどえらい目に遭います!

最初の頃はこの作業がめちゃくちゃ苦手でした。

長々説明するほど今までの車と大差ないのでこのくらいにして・・・

今回のメインはパドル\(^o^)/

スイッチ内部の移植が必要そうだったのでエアバッグ外して

ステアリングの脱着をしていこうと思います。

あ、ちなみに安定の取付マニュアル無しの作業です。笑

なのでここからはなんとなく推測作業スタート!

エアバッグはなんとなく横から覗くと、例のブッ刺し穴発見。

このスプリングをノールックで押すというミラクルを信じてゴソゴソしました。

(画像はエアバッグ取り外し後に確認のため撮影したものです。)

細い棒で計2ヶ所のツメを解放することでエアバッグは外れました。

ステアリングを車両から下ろし

パドルスイッチの外し方をなんとなく観察していると

○印の所の配線の下にいるビスで止まっていました。

パドルAssyが取れたのでスイッチをバラしていきます。

樹脂製のピンを抜くとパドルとスイッチが分離できます。

ずっと前に担当したよく似た作業を思い出しました。脳細胞ファインプレーwww

ACシュニッツァーパドルを組み付けていきます。

スイッチ基盤をドッキング!

純正とだいぶ変わりますねー♪(´ε` )

そしてステアリング本体に取り付け。

ここで勘の良い方ならお気づきかもしれませんが

もしかするとこの作業、ステアリングは車に残したままできるかもしれません。。。笑

見立てではステアリングスイッチ、パネルくらいまでなら

エアバッグを外すだけで脱着できそうです。(参考までに)

エアバッグを外せば充分作業アクセスできる位置にパドルのビスありましたもんねー

まぁ初作業なんてこんなもんです。大目に見てください(´-`).。oO

兎にも角にも全てのパーツを組み込んで

もちろん試運転も実施して完成です!!

本日もありがとうございました。

今日も今日とて足回り・・・F56後期 BC RACING

みなさんこんばんは!火曜日ハセブログでございます!

 

めっちゃ寒くなってきましたね!!!もうダウンジャケットで全然OKな感じに

ハセももうダウンジャケット押入れから出しちゃいました・・・家出たとき寒すぎ・・・

 

さてそんな寒い中やっていたのはまたこれです!!!!

 

 

 

 

ハイ!!!ボンド東京ブログ見てる方はたぶん知っているであろう???F56 JCWです!!!

以前ロールゲージお取付した車ですね。

オーナー様も大満足で首都高が楽しい!!!とおっしゃっていましたが・・・乗り心地が・・・すごいんです・・・

 

ハセも試運転で運転しましたが・・・なんというか・・・背骨が砕けそうな乗り心地・・・

 

たしかにこれは身体に来ます。内臓が全部下に行ってしまいそうな感覚です。

なので車高調交換です!!!

 

 

 

ハセがかなり推しているBC RACINGでございます!!!

車高もそこそこ下げられて作りも良くて乗り心地も比較的良い車高調でございます。

しかもなんとこのMINIリフターが付いているのです

 

 

じゃじゃん

エアサスに見えますがバネの上にエアサスのような機構を付けるタイプのエアリフターなんですね。

すぐに上がるし割と良いのですがこのエアバックを付けるためにバネが短くなっているので乗り心地が悪い原因はここにもあるかもしれませんね。

 

 

ちゃんと着くか少し心配でしたが問題なし!!!

もともと適合は取れていると聞いていたのですがそれでも心配が消えることは無く・・・

ドキドキしながら組み上げてみたら・・・無事完成!

あとは取り付けていくだけです。

 

 

 

実はF系のMINIはショックに逃げが設けられてます。

なのでBCレーシングはショックを逃がすのではなくホイールにスペーサーを取りつけて逃がす仕様になってるんですね。

ですが現状ホイールはBCフォージドで既にパッツパツなこちらのミニ

スペーサー付ける余裕は無いため直接つけてみたら・・・ギリギリセーフ!!!

かなりドキドキでしたが数ミリの差で避けていました笑

 

 

ホイールとショックのクリアランスはギリギリでしたが車高もいい感じにベタベタにできました。

上手くいってハセも一安心ですw

乗り心地も申し分なしな乗り心地です。

今まではKWのバージョン1だったので減衰調整等は無かったのですが今回から32段階調整なのでオーナー様の気分で

乗り心地を変更できます。

これでより快適にドライブできますね!

これからまだまだ弄りそうな感じなので今後が楽しみなお車ですw

 

 

車高調のお取付に関するお問い合わせは是非ボンドショップ東京まで!!

車高調は注文からお取付までに時間を要する場合があるためご注意ください。

 

それでは今日はこの辺で!整備士ハセでした!

LC パフォーマンスダンパー

こんばんは!

こんばんは!浦和店の岡田です。

先日誕生日を迎えて23歳になりました笑

入った時は21歳でしたがあっという間です笑

20代前半は仕事で終わりそうです笑笑

さて早速ですが、今回はLCTRDのパフォーマンスダンパーを取付ていきたいと思います。

パフォーマンスダンパーは車体の振動を最小限に抑える効果を発揮します。

ボディは剛性を高めても、走行中に小さなたわみや微振動が発生しますので、こうしたボディのわずかな動きを車両の前後に装着したパフォーマンスダンパーが速やかに吸収してくれる効果があります。

まずはフロントバンパーを外していきます。

初めてだったので慎重に作業していきます。

取付はすぐ終わりますが、バンパーを外すまでが一苦労です。

続いてリアです。

リアもバンパーを外していきます。

フロントよりやっかいですね笑

パフォーマンスダンパーを取付ていきます笑

バンパーを外してしまえばって感じですね笑

LCのパフォーマンスダンパー取付も浦和店にお任せください。

ではここらへんで!

浦和店の岡田でした。

C118 CLA45×KW verⅢ

こんばんは、大阪店 常田です

本日ご紹介させていただくのはメルセデスベンツC118 CLA45にKW(カーヴェー)のバージョン3の取り付けでございます。

取り付けするパーツはコチラ。

電子制御付き車ですのでキャンセラーも取り付けなければいけません。

まずはリヤ。

トランクの内装を外してしまえば、あとはショックの上下とロアアーム外側を外せばスンナリと交換できます。

レベルセンサーも忘れずに外しておきます。

リアショックのアッパーマウントを移植するのですが、電子制御付きの場合シャフトの先から配線が出ておりカプラーを外したり色々と手順が増えるので無しの場合と比べると時間がかかります。

フロントは…

トランクをバラしている間にスーパーメカニックのコニシがサクサク進めております

画像をとる隙も無く終わっておりました

キャンセラーの位置はフロントがエンジンルーム内のココ。

リアはトランクルームのコチラに取り付けました。

あとは元通りに組み付けて車高調整

一発でいい感じに決まれば気持ちイイのですが、今回は3回調整させて頂きいい感じに仕上がりました

車高が決まればアライメント調整をして完成です。

ビフォーアフターはこんな感じです。

フロント

リア

スペーサーで面も出しているのでかなりいい感じに仕上がりました

今回はそのまま取り付けるとリアが下がり過ぎるということで、ゴニョゴニョとマル秘な事をする予定でしたがゴニョだけにしておきました

 

近頃一気に寒くなってまいりました、皆様体調管理に気を付けてコロナとインフルのコラボに打ち勝ちましょう

 

それでは今日はこの辺で失礼します。

 

では

 

——————–

bond osaka

〒537-0024

大阪府大阪市東成区東小橋1-17-19

Tel:06-6972-9977

Fax:06-6972-5522

 

bond osaka お問い合わせフォーム

FERRARI488spider x NOVITEC sportspring

BONDTOKYO板倉です

本日はFERRARI488スパイダーです!

作業内容はノビテックのスポーツスプリングの取り付けでございます。

では早速フロントから

フロントはラゲッジルーム側からアクセスします。

周りのカバー、ワイパーを外して、もちろんインナーライナーも外して作業します。

上から丸見えですね

基本的にはアッパーマウントに2本、ロアアーム側にボルトナットで1本止まっています。

途中の写真はありませんが(笑) 純正ショックはそのままで、スプリングとシートのみの交換となります。

ゲレンデのスプリングで見慣れているので、とても細く感じます(笑)

まぁ比較対象ではないですね、、、

 

そしてリアですが、ここで大失態

なんと、このサスペンションに全くピントが合っていないこの写真しかありません

こうなったら荒技にでます。

イメージしてください。

フロント同様ショックは純正を使います。

スプリングは黄色です。

ヘルパースプリングが付きます。

調整用のアジャスターはノビテックのものに変わります。

もう、大体イメージが付いたと思いますが、いかがですか?

ダメですか?

ダメですよね、、、

ごめんなさい。次は写真撮るようにします。

作業に集中してちゃんと仕事してますよっていうアピールにならないですか?

ならないですね。

ブログも仕事です。

 

という事で最後は最初の画像にありますように、アライメント調整をしまして、試運転で問題ないことを確認して作業終了です!

 

では板倉でしたー

——————–

bond tokyo

〒145-0064

東京都大田区上池台1-20-8

Tel:03-3727-0404

Fax:03-6421-8800

BMW F20 × 脚仕様変更&アライメント。

こんばんは!

BOND名古屋、川島でございます

 

昨日の名古屋店でのbondChannelライブ配信。

ツッチーさんと飯村店長のアツいホイール談義でしたね。

そんな中…

RENN eightyoneってホイールの話題がありました。

そんな私も15年程前にE46後期ツーリング(チタンシルバー、非Mスポ、素ガラスw)に

車高短で履いて乗ってました!

懐かしい…

当時横浜に住んでた私は、キレイな中古品を埼玉のショップさんまで買いにいきましたw

 

そんなこんなで、本日は車高短なお車です。

詳しくは名古屋店のブログにて紹介されると思いますので、詳細は割愛します。

今回はタイヤホイールと脚廻りの交換でのご依頼です。

オーナー様は若い方。

車高もバッチリ低く、タイヤホイールもイイ塩梅な出面をご希望です。

ただ、少々問題がございましてご希望に添えない状態でした。

それでは流石にって感じですので、仕様変更を実施していきます。

 

まず、フロント側のアッパーマウントを調整式のピロアッパーマウントに交換します。

それに合わせてスプリングも交換します。

今回特にフロント側のタイヤホイールがはみ出てしまうので、キャンバー調整出来るようにします。

ちなみに作業はライブ配信前のツッチーさんがやってくれました!!

(写真撮っておけば良かった)

その頃私はリア側の車高をバッチリ調整させて頂きました

 

パーツの交換が終われば、アライメント調整をしていきます。

専用のアタッチメントを装着しますが、そのまま装着するとホイールに傷が入る恐れがありますので、

充分養生をしていきます。

まずは調整前数値。

前後ともトーの角度が大変なコトになってますね。

でもイイんです。

想定の範囲内です。

ここからは調整の作業です。

フロント側のトー角はタイロッドの長さを調整して行います。

キャンバー角は先程交換した調整式のピロアッパーマウントで調整します。

ちなみに純正のアッパーマウントだと非調整なので、どうにもなりません。

リア側はトー角、キャンバー角ともに偏心カムを調整することでアームの長さを調整します。

微妙なさじ加減で大きく数値変化をしてしまうので、結構大変です。

調整後。

※この後もう少し調整してますm(__)m

トー、キャンバー共にイイ塩梅の数字で調整します。

流石にここまで車高等変わってますので、純正の推奨基準値はあまり参考になりません。

あくまで基準値ってやつです。

この後試乗を行いまして完成となります。

試乗の際も、イロイロなコトを気にしながら行います。

今回はフェンダー干渉等に気を使いながら行いました。

 

若いオーナー様らしく、元気イッパイな仕様です。

昨今の若者の車離れを阻止しなければいけませんww

 

私の理想は車高が低く、バッチリな出面。

てもフェンダー等干渉せず、バッチリ踏めるセットです。

ただ干渉って難しいんですよねぇ…

日々勉強です。

イロイロご相談下さい!

 

それでは。

名古屋店 川島でした

 

bond Nagoya

〒457-0071

愛知県名古屋市南区千竃通5-26-1

Tel:052-602-6655

Fax:052-602-6656