MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • ARDEN
  • G-POWER
  • m7
  • Capristo
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • TOPSUN
  • MS-Design
  • STARTECH
  • REVOZPORT
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • NOVITEC-ROSSO
  • ADV1 Wheels
  • BC Forged
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

Mercedes-benz

Mercedes-benz W213 E200 AVANTGARDE

こんにちは、大阪店 常田です

ようやく梅雨も明け、猛暑な日々が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

ピットの温度計は午前中から38度オーバーです

ピットにて作業を見られる方は熱中症に注意してくださいね

さて、本日ご紹介させて頂く作業はメルセデス・ベンツ W213 E200 AVにH&R製のダウンサスのお取付です。

 

続きを読む

ゲレンデ IIDオリジナル全長調整式ショック&サスペンション…etc

 

みなさん こんにちはー

ショップ浦和店 サカイです

 

 

先日、いよいよ関東地方も梅雨明け宣言がでましたねー

いや~連日あつい夏本番ですね、そしてもうすぐ夏休みシーズンです

 

みなさん今年の夏は何して遊びますか

 

ぼくは巷で噂の 『ナイトプール』 に行きたくて行きたくて仕方ありません 笑

 

気になる方はグーグル先生に聞いてみてください

 

 

 

さてさて本日ご紹介させていただくのは、、

 

 

 

G63 AMG  ゲレンデ用 IIDオリジナルショック&レートアップスプリング 組込みです。

いきなり完成写真です(装着前の写真がありませんでしたすみません)

コチラの商品は、当社オリジナルで製作しました。いま一推しのパーツです

今回サスペンションに合わせてノーマル比約40mmダウンでセットして装着です。

 

 

ショックはフルタップなので全長調整することができ、ダウンサスはもちろん純正サスをそのまま生かすセットもできますよ

減衰調整もダイヤル式で20段、フロントはショック下部に、リヤはショック上部にそれぞれ取り付けされてます。

いままでどうしても、あのゲレンデのふわふわしたステアリング操作感や、高速走行時の安定感の無さに不安をお持ちだった方に、とにかく お・す・す・め

 

 

減衰調整付きショックの利点はサスの動きをコントロールできる所

純正ショックだと、いい意味で路面の凹凸や段差などのインフォメーションが運転手に伝わりにくくコンフォート性の高い乗り味に仕立てられています。

その分、タイヤの接地感が掴みにくいのでスピードが上がるにつれ、やや不安感も増してきます

また大きな段差を乗り越えた時(バンプ時)の車体の前後揺れも収まりにくい傾向に、、

 

そこでバネを硬いものにすればいいのでは?と思った方もいらしゃるとおもいますが、ただ硬くするだけではイケません

もちろん硬いバネを入れれば車体が傾く(ロール量)は減りますが、その分元の位置まで戻る力(反発力)も強くかかるので車体の揺れのスピードが速くなります。

そこでショックの減衰力の出番です。ショックの伸び縮みするスピードを抑える力をバネの強さに合わせて調整してあげないと、バネの反発力と車体の揺れがちぐはぐになり乗ってて不快な足になってしまうのですポヨンポヨンしたりするあの感じです

また他にも、サスペンションそのものの構造だったり、足回りは様々な部品が働いていますので原因をひとくくりにはできません、、、足回りは深いのです

 

ややむつかしい話になりましたが、純正ショックではなくこのショックなら、バネレートを少し上げたダウンサスでも減衰調整により街乗りが快適にこなせちゃうのです

 

 

そんなこんなで完成の図です

そしてこちらのゲレンデはご覧の通り、今回ヘッドライトも加工してます

く、黒い… 黒くて伝わりずらい…

インナーをブラックアウトしてさらに若干のスモークレンズになってます。ボディのカラーと相まって威圧感はんぱないです

そして、

インテリアも黒赤レザーの張替えとヘッドレスト下にモニター装着と、

ゲレンデ定番のオリジナルドリンクホルダー、

さらに、IIDラゲッジフラットスペースをセット

使い勝手とルックスをちょいアゲしてくれるパーツです

 

 

 

ちなみに

 

 

ショップブログでも告知させていただきましたがゲレンデ用IIDオリジナルショック&サスペンションは、8月の5日(土)6日(日)に体験試乗会を予定しておりますのでご興味をお持ちの方はボンドショップ浦和までお問い合わせください

 

みなさまご連絡お待ちしております

 

 

ショップ浦和店 サカイでしたー

 

 

W176 A45 AMG!!!

こんにちは、大阪店 常田です

本日はW176 A45に

★ZEES フロントパイプ

★オカダプロジェクツ プラズマダイレクト

★ARMAスピード バリアブルインテークシステム(バルブ付)のお取付です。

続きを読む

A45 AMG CPM&ブレーキパッド

こんにちは

みなさんはじめまして、メカニックブログ初登場になります

ボンドショップ浦和 サカイです

以前は、某国産ディーラーに5年ほど勤め、5月よりメカニックとして仲間入りさせていただきました。

こちらボンドショップには国産車含め様々な車両が入ってきますので毎日が新鮮でとても刺激になります

みなさん今後ともよろしくお願いいたしますm(₋ ₋)m

 

さて、本日の浦和店ですが

 

何やら工場長が仕事の合間に、、ガサゴソと、、

 

白いコレ、「スポットクーラー」を出してくれました

まだ梅雨は明けていませんが、もう7月。やはり工場内はアツいです

コレの前に立てば寒いくらいの風が吹いてます (笑)

これから大活躍してもらいましょう♪

 

さてさて、前置きが長くなりました

今回ご紹介させていただきますおクルマは、、

A45 AMG です

こちらのオーナー様とても綺麗にお乗りになっております

今回 CPM LowerReinforcement 取り付けと

ブレーキパッドを ディクセル 低ダストMタイプ に変更です

みなさま、特に欧州車お乗りの方には定番になってますよね。

 

AMGのカッコイイデザインですがよく見ると、、

意外とダストまみれなんですよね

ちなみにこちらはキレイな状態です。

 

ディクセルMタイプは純正に比べ、ブレーキング時のコントロール性が高いだけでなくローターへの攻撃性が低いパッドでダストも少ないと、街乗りの多い方にはいい事づくめです

サクサク交換していきます…

キャリパーのペイントがキレイに映えますね

これでダストの量に悩まされることもなくなりいつもの洗車が楽しくなること間違いありません

続いて、CPM LowerReinforcement を取り付け

こちらは以前にもご紹介させていただきましたが

車両のフロアを補強するアルミ製のプレートになります

こちらA45 AMGは車両に2か所プレートがありプレスの入ったスチールの物が純正で付いてます。

対してCPMはアルミの厚いスペーサーと黒いX状の追加プレートが付いた強硬なもので構成されています。フロアを補強することによりボディーの剛性をアップさせるというパーツです。

やはりアルミ製なのでゴツイですがとても軽量です

大きなプレートの方に付いている黒いX状のプレートは取り外しができ、硬さの変更ができます。よりスポーティーな乗り味を求める方はそのまま装着して違いを楽しんでください

少しだけアンダーカバーと干渉しますので、加工が必要になりますがキレイにインストールできました

コンパクトで走りにパンチのあるA45 AMG にはやって損はないパーツです

より走るのが楽しくなりますね ♪

みなさまのご来店お待ちしております

ボンドショップ浦和 サカイでした

 

W222 Schllenzer

こんばんは!浦和店・井口です

どうやら浦和店のメカニックブログの人数が増員されるという噂で…次回あたりからニューフェイスが登場してくるみたいですお楽しみに

では本日紹介するのは

こちらのW222 S63のマフラー交換です!実はW222のマフラー交換ってMIRACLEマフラー以外やってないことに気づきましたなので今回は初作業

続きを読む

Gクラス。安心・安全。

皆様、こんにちは。東京店・佐藤です。

梅雨入りしましたが、東京地方は、カラ梅雨です。自転車乗りの私としては嬉しい限りですが・・・今週中辺りから天候が思わしくない感じで、少し憂鬱~。水不足になるのも困るので、少し我慢か??と言う所ですね。

 

さて、梅雨時期の安心といえば、折り畳み傘でしょうか??東京店の、Gクラス安心パーツといえば・・・。ということで、安心・安全(どこかで聞いたような~~)パーツをご紹介!!

https://youtu.be/L_SpnFxyafY

まずは、動画をどうぞ~! このにゅ~パーツは、PWオートクローズドキットで御座います。Gクラスって、オートでパワーウィンド閉まらないんですよね~。開き方向はオートなのに・・・。この機能、梅雨空には持ってこいだと思います。(濡れずに安心です~~!)

動画のように、2度閉まり方向にクリックすると、オートで閉まります。

取り付けは、内装内部で行います。

こんな感じで、四角い箱を取り付けて、配線を加工して終了。

2個セットなので、助手席側も同様の作業となります。もちろん、もうワンセットご購入で、後部座席分も同様の機能が利用できます。

なお、このクローズドキット。秀逸なのは、運転席の集中SWで助手席側もオートで閉まると言う所。これ、左Hのお車には最適装備では無いでしょうか??パーキングや料金所など、開け方向はオートですが、閉めは・・・。ぜひとも装備したい一品では??ないでしょうか?(もちろん、後部座席用に追加ワンセットでも集中SW操作は可能です。)

年式不問なのも嬉しい限りです!!

次の安全・安心といえば、これ!!463仕様のブレーキキットです。

重量級のGを止めるには、やっぱりこの位は無いと・・・・です。G500などは一様、対向ピストンなのですが、やはりローター径が・・・・。もちろん対向といってもブレンボではありません。ところが、エディション463などは、ブレンボ6POTキャリパーを装着。そりゃ~雨の日だって安心です。

ノーマルのローターと比べたら・・・。

このブレーキキット。キャリパーステー等だけ専用品ですが、その他は純正品を極限まで使用しているため、消耗品であるパッドも純正供給されていると言う所がイケてます!! 社外品だと、パッドの供給とかに問題があったりもしますが、純正なので安心です。

なお、低ダストパッドを最初から組み込むことも可能です。もちろん、キャリパーペイントもお任せください!!

さぁ、あとはアクセルスペーサーを取り付けて・・・・。(これ中々いいですよ~!)アクセルからブレーキ操作が楽になります。安心・安全ですね~!

当社オリジナルのドリンクホルダーもセット!!!量販店仕様のドリンクホルダーだと、ドリンクホルダーごと落ちたりしますから・・・その点これなら安心です。

 

と今回は、安心!安全!なパーツのご紹介でした。 では、また~!!

 

 

 

 

 

 

R129 オイル漏れ・・・

こんにちは、大阪店 常田です

大阪でも梅雨入りしましたが、連日天気も良く快適な感じで作業も進みますね

これからは本格的に梅雨に向かって蒸し暑い日が来るとは思いますが、大阪店には秘密兵器が導入されましたので快適なハズです

さて今回ご紹介するのは・・・

 

続きを読む

M.BENZ SLK R172 スマートトップ

浦和店の板倉です

昨年夏にとある取材を受けたのですが、その後ライターさんから連絡が一度だけ、、、、

取材の事などさっぱり忘れていましたが、先日メールが届きやっと出来ましたと連絡がありました。

取材記事はこのブログの最後でお伝えします。

さて、本日のお車はM.BENZ SLK R172

メルセデスベンツの中ではコンパクトサイズのオープンカーです

オープンカーは季節によりますが、とっても気持ちいいんです

私も過去に2台ほど「NAロードスター」と「986 ボクスター」に乗っていたことがあります。

続きを読む

ゲレンデ オイル漏れ(-_-)/~~

大阪店 いとうです。

今日は久々修理ネタでいきます。

おベンツのGクラス様

ゲレンデヴァーゲンとかW463とかなぜ言い方いろいろ!?笑

内容的には

63エンジンのヘッドカバーからのオイル漏れです。

テカテカしてるので滲みレベルを越えて漏れっす。。。

この真下にエキパイがあるので煙が出たり匂いが出たりしたら要注意です!

ブツを外していくと

ゴム製のパッキンが挟まっていますが

熱などの影響でカッチカチやぞ

いわゆる経年劣化というやつです。

ゴムや樹脂といった製品はこの劣化からは逃れることはできません。

どんなに大切に乗っていても

定期的なメンテナンスで交換するしかないんですね

エンジン側に付着したオイル汚れを清掃し

ヘッドカバーにはヘドロみたいなのがびっしりこびりついているので

特に念入りかつ徹底的にクリーンアーップ

洗い油があればもっと楽にきれいにできるんですが

金属ブラシ駆使しまくって

金属の肌が見えるまでヘドロをこそぎ落してます

一部液体ガスケットが使用されているのでそれも新品に打ちかえます。

で組み上げれば↓↓↓↓

見違えるくらいになったでしょ?

きれいになったら気持ちいいですよね~

快感快感~

ただこの作業、どうしても手がめちゃくちゃ汚れるのがね・・・ww

いとうがまだホンダの整備士学校時代には

手を汚すのもツナギを汚すのもご法度でした。

ふつう逆じゃない?汚れてもいいようにツナギ着てるって思われがちですが

汚れた手やツナギでお客様の大切な車に乗るとか犯罪級なわけです。

真っ白なツナギが汚れていたりすれば評価やペナルティに直結でした

きっと厳しい本田宗一郎の教えっす!笑

あ~~だいぶ話逸れた~笑

とにもかくにも本題のオイル漏れは此れにて一件落着でございます!

いつもお世話になりまくりのロリンザージャパン大嶺さんと共にさよなら~

 #ビルシュタイン

またもや205 C63クーペでございます!

みなさんこんばんは!金曜日東京店ハセブログでございます!

絶賛おなか壊し中のハセです・・・お腹いてぇ・・・

それはさておきまたもや63クーペの登場です!今回はカーボンマシマシの塗りまくりの仕様です!

 

続きを読む