HONDA

HONDA S660 × SPOON BIGスロットル。

こんばんは!

名古屋店 川島でございます

 

巷で噂のFerrari Purosangue。

Ferrari初の4ドアってわけですが、まさかのリアドアは観音開きドア。(しかも電動らしい)

しかもBピラーはしっかり存在するというなかなかの驚き。

これにNAのV12エンジンを積んできたところは、流石でございます。

いやぁ早く見てみたい!(所有できるわけもないのでw)

 

さて、今年の3月に名古屋店のBLOGでご紹介させていただいた、HONDA/S660。

国産車も!!S660編。 | bond shop NAGOYA BLOG (bond-diary.jp)

オーナー様は、外装には目もくれずw

機能性重視のパーツチョイスをされます。

今回は、SPOON製のBIGスロットルのお取り付けをしていきます。

 

と、その前に。

何故BIGスロットルなのか、そもそもBIGスロットルって?って話です。

手っ取り早く言うと、車は空気を吸い込んで、その空気をエンジンに送り込んで燃焼させます。

その空気を送り込む量を増やしてあげるわけです。

制御方法にもよりますが、S660の場合はコンピューター制御の為

燃焼室に送る空気の量もコンピューター制御です。

ピーク回転の7000回転付近では、アクセルをいくら吹かしてもスロットルは閉じていきます。

エンジン自体を守る為です。

BIGスロットルに交換する事により、同じ開閉度でも穴が大きければ

空気の量が多くなるという=空気が通る場所を大きくしてあげるという

大変アナログな仕組みですww

 

まずは、インタークーラーに繋がるダクトを外します。

インタークーラーが出てきました。

流石、軽自動車…小さいッ!!

インタークーラーの先に、スロットルボディーが見えてきます。

インタークーラーをサクッと外しますと、出てきました!!

スロットルもサクッと外します。

カプラーや冷却水のホースが刺さってますので、注意して抜いていきます。

写真の輪っか状のガスケットも同時に交換します。

写真左はSPOON製のBIGスロットル。右は純正です。

SPOON製といっても、純正加工品ですので安心して取付られます。

製品開発の哲学 PHILOSOPHY (spoonsports.jp)

↑SPOONさんのHPより。詳しく書かれています。

しっかり吸入部分が肉薄に削ってありますが、そこのもSPOONさんのコダワリがあるよう。

削りもメチャクチャキレイです♪♪

 

そんなこんなで、後は順に戻していって問題なければ完了デス

国産車もオマカセ下さいッ!!

 

それでは!

名古屋店 川島でした

 

bond Nagoya

〒457-0071

愛知県名古屋市南区千竃通5-26-1

Tel:052-602-6655

Fax:052-602-6656

ECUチューニング アヴェンタドール NSX

大阪店 いとうです。

今日はアヴェンタドールのECUチューニングのお話。

と言っても要の書き換え作業は専門のチューナ様にやっていただくので

いとうはECU脱着するだけの簡単なお仕事です〜♪

と思ったら、そうは問屋が卸さない!

さすがのスーパーカー様(´-`).。oO

いろいろ手順がありました。ほんま日々勉強日々精進です。

まずは下準備としてテスターにて現状のエラーコード読み取り・確認からのエラー消去。

そして車両バッテリーの端子を外しておきます。

エンジンECUは確かリアのフェンダー内にあったよなー。

とか思いながら両サイドにそれっぽい物があったので

容赦なく外します!

ここで詳しい方はお気づきでしょう…笑

アヴェンタドールのエンジンコンピュータは左リアのみです。

勢い任せで右サイドも外したのですがこちらはミッションコンピュータだそうです\( ˆoˆ )/

チューナーさんにこの二つを送ったところ丁寧に教えてくれましたwww

お恥ずかしい限りです。いや、ほんま日々勉強日々精進です!笑

チューニングが施されたECUをお約束の逆手順で組み付け

ここからまた一つ儀式が、、、

エンジン始動後は15分以上アイドリングで放置!!

以上。( ´_ゝ`)

学習をさせるそうですが、少しでもアクセルを煽ったら即、終了〜だそうです。

この辺りはエンジンのことなので非常に繊細になんですね。

ちなみに今回のチューニングはパワーアップと同時に

アクセルオフの時にパンパン音がセットでついてくるみたいです。

続きましては我らが本田技研工業が世に放ったスーパーカー

NSX

こちらもエラー確認〜バッテリー端子OFFからスタート!

カーボンカバーを外しまくって右サイドの奥の奥に鎮座しているECUを目指します。

エアクリのダクト類を交わしつつ

摘出完了!!

ちなみにNSXってエンジンのさらに後方にトランクがあり、

身長が3mあれば届くと思いますが

今回はトランクに少しお邪魔してお風呂に入る気分で作業をさせていただきました(´-`).。oO

しかしカーボンパーツが気になって心に癒しは与えてくれません。

チューニング施行後は

専用のエキゾーストバルブアダプターを取り付けた後

ECUを車両に組み込んで

学習→試運転を実施して全ての作業が完了です!

どちらも不具合なく納車に漕ぎ着けて一安心のいとう

youtube製作も兼務するようになって約5年

日々いただくありがたいコメント中でふと目に留まったご意見にお答えできればなと

こんな動画を作ってみました。

タイヤエア張りの様子なんですが

我々が組み付けてきた中でも特に凶暴な!?強敵のネタを用意してみました。

普通の手順ではまず空気を入れることはできませんので

DIY等で組まれる際の参考にされてくださいませwww

本日もありがとうございました。

HONDA S660 デジタルインナーミラー

BONDTOKYO板倉です

2~3週間前に首の痛みを訴えていた私ですが、今度はさらに股関節が痛み出しました(笑)

歩くのが辛いです、、、

 

さてそんな痛みに耐えながらご紹介するのは

S660デジタルインナーミラー

HONDAのS660です!

BONDTOKYOではちょっと珍しい車です。

今回はデジタルインナーミラーのお取り付けです。

 

まずは純正ミラーを外します。

S660

輸入車だと回したり上に押し上げたりして外すので、そのつもりで外そうとしたのですが外れませんでした。

何かの記憶で爪か何かでロックが掛かっていたような、、、

と考えていたんですが、ネットで調べます(笑)

爪でした。

S660

指でちょこっと触ったら外れました。

 

そして専用のブラケットを取り付けてみます。

専用と言ってもS660専用ではなく、取付形状の同じようなもので決まっているようです。

S660

ちょっとピントが合っていませんが、、、

純正のミラーの位置より少し下がります。

ミラー本体を取り付けるとこんな感じです。

ミラーに移る範囲はカメラの角度を変えてもできますし、画面を上下にスワイプしても調整ができます。

ちなみに今回取り付けましたのは、コアプラスさんの商品になります。

以前smartにも取り付けましたが、ドラレコ機能付きで、カメラはフロント、リアに取り付けます。

私いつもカメラの取り付け位置に悩まされるのですが、今回はこんな感じです。

まずはフロント

S660

ミラーのブラケットのすぐ下につけました。

S660

外から見るとこんな感じです。

リアのカメラは

助手席の後ろ側に取り付けました。

当初センターのガラス部分に取り付けようとしましたが、少しカメラが目立ってしまい私なりに気に入らなかったので、画像の映り方など見比べて位置を変えてみたらどこにつけてもそれほど変わりが無いので、一番端っこに取り付けることにしました。

外からはこんな感じになります。

S660

シートとの干渉もないので、私的には良しとしていますが、真ん中でもよかったかな?とも少し思っています(笑)

 

こだわる方は細かく打合せさせてもらいますので、何なりとお申し付けください。

お問い合わせお待ちしております。

 

板倉でしたー

——————–

bond tokyo

〒145-0064

東京都大田区上池台1-20-8

Tel:03-3727-0404

Fax:03-6421-8800

NSX

明けましておめでとうございます。

大阪店 いとうです。

密を避けた初詣にて臨んだおみくじは大吉。

「やることなすこと幸の種となる。一心に自分の仕事大事に励みなさい。」と。

今年も頑張ります!

そんないとうの新年一発目は大好きな本田技研工業の車www

NSX\(^o^)/

続きを読む

HONDA S660

大阪店 いとうです。

ホンダ担当いとうです!

自粛生活から脱出してそろそろツーリング行ってもいいですか!?いいですよね!笑

さて、今日のホンダ車はS660

続きを読む

Honda Civic typeR FK8

大阪店 いとうです。

というかホンダ担当いとうです。

ホンダ学園を卒業し当時のホンダクリオに就職。整備士人生はホンダで始まりました。

今日は本田技研工業魂全開です。

なぜならネタがこのクルマですから

Eventuri最終章をシビックタイプRで締め括りたいと思います。

キット内容はこんな感じです。

カーボン製ボックスが美しい!

こじんまりなオリジナル状態から雰囲気変わりそうですね♪(´ε` )

“EARTH DREAMS”

余談ですが控えめに言ってクルマ業界でホンダのCMが一番センス良いと思うんですけど。

まあ車のデザインは(個人的に)アレなやつも多いですが。。。笑

もちろんタイプRは別格!!笑笑

では作業開始!

純正エアクリ取り外しますー

ギュウギュウに詰まっててちょっと外しにくいところがホンダらしくて懐かしく思います。

ト○タ車ならスポーンっ!ですからねwww

Eventuriのキットを組み込んでいきますー

純正ボックスには存在しない下側の吸気口が増設されるようです。

水抜きも兼ねているかもしれませんね。

バラバラな各パーツを

予め組み込んで

車両にセッティング!

の前に

純正ボックスと比較してみました。

開口部はもちろん、容量も大きくなっていますし

社外品エアクリでは重要になってくる熱を吸わない対策も抜かりがないように思います٩( ‘ω’ )و

フィッティングもパーフェクトです!

さすがEventuri〜♪

カーボン映えですわ〜

ちなみにこちらのオーナー様

ボンネットも交換済み

これからの進化が楽しみすぎるFK8ですよー!

取り付け前後で音録りしてみたので聴いてみてください。

吸気音がダイレクトに聞こえてきます。

走ってる時はまた違った音でテンション上がりますwww

ECUが学習していけば20ps程度のパワーアップも見込めるようです!

エンジンルームの映え感+パワーアップ

お値段以上な気がします(´-`).。oO

本日もありがとうございました。

ヘルツホルムレゾネーター

BONDSHOP TOKYO 板倉です

こんな世の中ですが、おかげさまでBONDSHOP TOKYOは大変忙しくさせて頂いております。

移動が出来ないほどお預かり車両であふれております。ありがたい事です。

最近メカニックの長谷との会話が、「午前中は車両移動で潰れるな~」が決まり文句になっています。

車検整備、タイヤ交換などなどたくさんの作業をさせて頂いておりますが、私に関してはカスタム的な作業や、特殊な整備も無く、ぶっちゃけた話ネタがございませんw

なので、先日石井のブログにでてましたシビックTypeRのマフラーを見たときに思ったことがありますので、そんなブログで勘弁してください。

続きを読む