MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • MS-Design
  • STARTECH
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • end.cc
  • Next innovation
  • NOVITEC-ROSSO
  • ADV.1 Wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • TSW WHEELS
  • BC Racing
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

パナメーラのドアが・・・

こんにちは、大阪店 常田です。

2回目の登場になりますが、月日が経つのは早いもので『もう俺の順番』てな感じです。

 

最近、大阪店でもポルシェの修理入庫が増えてきておりますが、今回はこのお車

P1240315

パナメーラです。

続きを読む

ゲレンデデイライトキット!

皆さんこんばんは!またまた東京店ハセでございます

佐藤さんがお休みのため連続登場です・・・必死にブログネタあさっています・・・

今回ご紹介する作業はこちら!

 

プロスタッフ デイライトキット

 

プロスタッフさんのゲレンデ2013y~デイライトコントローラーでございます!

デイライト本体は純正品です。

お取付したお車は・・・

 

ゲレンデ デイライトコントローラ

 

とても上品なカラーリングのこちらのゲレンデ

パッと見黒に見えますが実は結構緑がかっています。こういう色ものすごく好きです笑

ゲレンデ デイライトキット

 

とりあえずライト廻りバランバランにしていきます

グリルは別に外さなくてもできますけど無い方が楽なのでハセは外しちゃいます。

前周りないだけでなんだか骸骨のようです

ゲレンデ デイライト

 

前周りの配線は純正配線に抵抗入れたりコネクター差し替えたりするだけなのでちゃっちゃと終わらせて配線を車内に引き込んでいきます。

 

ゲレンデ デイライトキット

室内もそれほど大変じゃないので電源とったりコネクタ接続して配線をもとに戻して完了です。

デイライト取り付けるより付いてた物を元に戻す方が時間がかかってます笑

 

ゲレンデ プロスタッフデイライト

てなわけでお取付したお姿がこちらです。

デイライトが付いただけで一気にいまどきなゲレンデに早変わりですね

ゲレンデ カスタマイズ

うーんかっこいい!色がほんと最高です

皆さんのゲレンデでいまどきな感じにしたいと思っている方は是非ボンドショップ各店にお問い合わせください!

それでは今日はこの辺で!東京店ハセでした

RENN TECH!!

こんばんは! 浦和店、高橋です

メカニックブログ2回目の投稿になりますが・・・まだまだ慣れません

前回は修理のブログでしたが、今回はボンドショップっぽい!? ブログです!!

作業させて頂いたお車はこちら

DSC_0119

Bentley Continental GT V8 S

いやー、かっこいい・・・

このままでも十分かっこいいですが、やっぱりこのちょっと腰高な感じが気になりますね

ということで、車高を下げるのですが、今回使うのはこちら!

DSC_0125

RENN TECHロワリングモジュール

ロワリングキットに比べると、お値段は高くなってしまいますが、一度付けてしまえばとにかく便利!

ロワリングキットにてローダウンし、車高調整を行う場合は、車両をリフトアップしたり車種によってはタイヤを外さなければいけなかったり、少々時間と手間が掛かります。オーナー様ご自身で調整されることも中々難しい場合がありますが、RENN TECHは取付までは僕たちメカニックがやらせて頂き、あとはオーナー様が好みで車高の調整をすることが可能になっちゃいます!! しかもミリ単位の調整が! ロワリングキットでミリ単位の調整をしようとすると、結構大変なんです

基本的にはほとんどの車種が4輪に1か所ずつセンサーが付いており、それを一か所ずつ調整していくわけですが、一か所動かすと微妙に他の部分も車高が変わってしまったりするので、そこは経験?勘?で作業していきますが・・・笑

かっこいいお車にするためにはここは手抜きできない部分なので、時間は掛かってしまいます

そんな手間が一切無くなるRENN TECHを早速取り付けていきます!!

まずは純正のエアサスのコンピューターを見つけます。

DSC_0132

説明書がついていますが、全部英語 笑

エアサスのコンピューターは運転席の後ろのカバーの中って書いてありましたが、こちらのお車、右ハンドル・・・英語で右ハンドルの説明書作るか?

なんとなく勘で 笑

左ハンドル用の説明書だろってことで助手席の後ろをばらしていきます!!

なにしろサイドのカバーを外すまでに結構イイ勢いでばらさなくてはいけないので・・・

できれば両側ばらすのは避けたい笑

DSC_0133

ちなみにフライングスパーはトランクルームの脇についているみたいなので、これに比べればだいぶ楽だと思います。

勘が当たって、やはり左後ろにエアサスのコンピューターがいました!!

DSC_0131

ここまでくれば、あとは簡単です

DSC_0134

配線の入れ替えをして、、、

モジュール本体を取付!

DSC_0135

タブレットに繋ぐUSBはアームレストに引き込みました!

DSC_0142

後は内装を組み上げれば完成です

DSC_0139

これが実際の画面になりますが、こんな感じでパソコンやタブレットで簡単に車高の調整が可能です

とりあえずは、ぼくの好みで車高をセットさせて頂き完成です!!

DSC_0145

DSC_0144

車高がさがって一段とかっこよくなりました

RENN TECHおすすめですよ

それでは本日はこのへんで!

浦和店 高橋でした!!

 

 

初めまして!

初めまして!!

今更感がありますが、ようやくブログの順番が回ってきました

大阪店のケンタです!

大阪店ブログの方にはちょこちょこ登場していますが、メカニックブログでは初めてなので

これからも宜しくお願いします!!

 

今回はE92の故障修理です。

P12402901

お客様から「スピードが30キロしかでなくなったんだ。」

とのことでご入庫頂きました。

メーターを見るとこのような表示が。

P1240292

これは「エンジン出力を最大限発揮できません」という表示です。

エンジンチェックランプと似ていますが、少し違います。

早速BMW専用テスターで故障個所を特定していきます!

P1240293

出ました!「バルブトロニック サーボモーター」ですね!

「バルブトロニック」ってなんだ?と思いの皆様、☆ケンタが説明します☆

 

バルブトロニックとは

アクセルの踏み込み量に応じて、吸気バルブのリフト量を可変させるリンクを

電動モーターで駆動することによりエンジン出力を制御する技術です!

普通はスロットルを開閉し空気の量を調整してエンジン出力を制御するのですが、

バルブトロニックは吸気バルブの開き具合で空気の吸入量を調整しているんですね!

一応、スロットルも付いていますが故障のときの非常用で

エンジンがかかっているときは基本、全開位置になっています。

レスポンスが良くなったり、燃費が向上するらしいです!

素晴らしい技術ですね!!

 

さぁ話は戻って(笑)

「ついでにエンジンオイル漏れも直して!」

とのことなので、これも点検。

P1240294

アンダーカバーがびしょびしょです。

これはひどいなぁと思いつつアンダーカバーを外しました。

すると・・・

P1240296

カバー内にこんなものが落ちていました!

なんなんだこれは・・・

 

 

次回、「E92修理編」に続きます(笑)

BMW M5 F10 ダウンパイプ!

みなさんこんばんは!東京店ハセブログでございます

なんかここ最近またいきなり寒くなって工場は快適ですがどんな服装ででかければいいのかわからなくなっちゃいますね

さてそんな涼しい中いろんな意味で熱かったお車をご紹介します!

 

DSC08524

東京店ブログ見ていた方には見覚えがあるかもしれませんがBMW F10 M5でございます!

こちらのお車の・・・

 

F10 M5 ダウンパイプ

 

ダウンパイプを交換していきます!

この作業場まで移動させるのでもうすでにアッチッチーになっていたのですがなかなか熱引かないのでやけどしない様に作業していきます・・・

まぁ普通にお肌ジュージュー焼きまくったんですが・・・

 

BMW M5 ダウンパイプ

 

こちらが純正のダウンパイプ。ダウンパイプ上にある邪魔なものを取っ払えばすぐに居ます。

このくすんだ金属の色はまさに純正です。

こちらを上のバンドと下のナットを外して引っこ抜いていきます!

 

F10 M5 ダウンパイプ交換

 

ステーのボルト三本ほど外してあっちこっちに動かしてたらすぽっと抜けました

割とスペースがあるのですんなり取り外せます。

そして今回お取付させていただいたのは・・・

 

BMW M5 iPEダウンパイプ

iPEのダウンパイプでございます!

どんなダウンパイプかはHPをのぞいてみてください・・・

純正と比べるとこんな感じ

iPE ダウンパイプ

 

非常に軽いです。あたりまえですが笑

こちらを逆の手順で取り付けていきます!

取り付けにものすごく不安を感じていましたがそこは流石はiPEです。

そのま戻すだけですっぽり収まりました

 

IPE ダウンパイプ BMW

 

DSC08542

先程の純正とは打って変わってピッカピカなダウンパイプになりました!

カスタムしてる感じでててすげー好みです・・・もとに戻していくとなんにも見えませんけど・・・

どんな音になったかは東京店の石井ブログにてご紹介していますのでぜひぜひ覗いてみてください

BMWのお車に関するカスタム・整備・車検のお問い合わせは是非ボンドショップ各店まで!

それでは今日はこの辺で!東京店ハセでした

大阪店に続き、浦和も!!PORSCHE 笑

BONDSHOP URAWAの板倉です

前回のブログではPORSCHE 997 GT2RSのご紹介をさせてもらいましたが、今回は991 GT3RSのご紹介です

昨日の大阪店に続きPORSCHEです 笑

 

おかげさまでBONDSHOPでは、街中であまり見かけることが無いようなお車が入庫頂くことも少なくありません。

このGT3RSもそうそう見かけませんよね

実は私もこのGT3RS以外は見たことありません 笑

続きを読む

ポルシェ!

 大阪店アラフォーメカニックいとうです。

初ブログです!

ハジメマシテ、キンチョウシテマス。。

一発目は今やりかけのポルシェの作業を書いてみます

この激シブ色のかっこいいポルシェ↓↓

P1240289

H&Rダウンサスを組みました

P1240283 P1240284

と、文章で書けばたった一行ですが4駆ポルシェ様は一筋縄にいきません。

フロントサスの交換にめちゃくちゃ手こずりましたマジぱねぇっす

ユニバーサルジョイントを想定外の角度まで曲げて、汗だくで奮闘!笑

「なんやねんこれ!入れへんやんけ!」何回言ったことか笑

一人で4輪分の作業を半日以上かけてやり遂げましたよ。。。

おかげで肩パンパン!いい筋トレになりました!

これと同じくらい大変なのがAudiの足回りです。この2社メカニック泣かせww

国産某T社を見習って欲しいものですねー

まだまだメニューは終わりません。

続いてマフラー↓↓

P1240244

Akrapovicです

P1240243

いつ見ても美しい!みんな大好きですw

精度も抜群なのでこちらはサスと打って変わって順調に作業が進みました。

やっぱアクラポはいい仕事しますね!いやー高いだけあるwww

取り付けはなんのストレスもありませんでした。

P1240285

ところがー!ここまで組み付けて問題発生!!!

センターとサイドのタイコ間のパイプがつかない。。。(左だけ)Why?

完全に製作過程のミスだと判明しました。

ほんとにちょっとしたことなんですけど、天下のアクラポにも凡ミス。。

きっとこれを作ったオッチャンかオバチャンは体調が悪かったんかなぁ。。笑

本国からセンターマフラーを取り寄せることになりこの状態で作業ストップ。

この間にボクも取り外したネジの場所忘れそうなんですけどwww

早く送ってくださいAkrapovicさーん!

このあともホイールにヘッドライトなどなどメニューたっぷり控えてます。

まだまだ完成は見えませんがメカニックいとうがしっかり仕上げてまいります。

お客様の笑顔が見られるその日まで!笑

次回につづく。。。。。。

東京店の日常

皆様こんにちは~!! 東京店の佐藤です。

今回の東京店ブログですが、マニアック度の高い一部の方ににしかヒットしない内容ですので、スルーして頂いても構いません(笑

BONDと言えば、新しいお車みたいな~感じを思われている方々も多いかと思われますが、そんなこともないのですよ~~今回は、レンジローバーです!!

securedownload

長い期間お乗りいただいているレンジ。ちょこちょこと定期的にメンテしている車体なので、10万kmオーバーしていてもまだまだ現役です!!

さて、今回は車検での点検修理でお預かり^^。メインメニューはフロントのロアアームブッシュ交換です。

securedownload (2)

おりゃ~おりゃ~とプレスを使い外していきます~~!!

securedownload (6)

外したブッシュ、、、見事にキレッキレですね~~~。

securedownload (5)

圧入なのですが、突き出し量を左右均等にしなくてはいけないので、慎重に計測しながら圧入~~。(上が交換前、下が交換後です。)

securedownload (1)

前回のメンテ時にエアサスも交換させて頂きまして、今回ロアアームブッシュを打ち替えて、タイヤも新品でリフレッシュ完了~~!!!

末永くお乗り頂くお客様大歓迎な東京店でした~~~!!

AUDI A5 RaceChip  Pedalbox

こんばんわ浦和店メカニックの井口です新卒で入社して3年目でまだまだ半人前メカニックかもしれませんがどんな作業でも挑戦していくのでブログで紹介できたらと思います

早速本日は

DSC_0911

こちらのAUDI A5 2.0TFSIに

DSC_0921

RaceChipとPedalboxのお取り付けです

ですが。。。少し外出している間に。。。

DSC_0913

RaceChipの取り付け完了していましたさすが工場長仕事が早い

と言うことで僕はPedalboxの取り付けをしていきます!

DSC_0919

カバーを外さなくても作業できますが狭いし配線をまとめるのが大変なので下のカバー外しちゃいます!

DSC_0916

奥に見える純正のアクセルポジションセンサーのカプラーを抜いてペダルボックスの配線を接続するだけです

後は配線をまとめてコントローラーを固定すれば

DSC_0136

完成です!

RaceChipでパワー&トルクアップしてPedalboxでレスポンスアップ!間違いない組み合わせですね

サブコン&スロコンも浦和店にお任せください!

自分の車を実験台にフルコン制御も計画していますのでコンピューターマスターになれるようがんばります笑

井口でした

大阪店ブログ第二弾!!

皆さんこんばんわ

大阪店二弾目のブログがやってきました

BONDSHOP大阪の小田です

えーと、今回の修理のネタは季節がら前回の浦和店ブログと被りますが、、、

だんだんと暑くなって入庫が増えてきている修理なのでご紹介させていただきます

 

P1240260

本日、納車させていただいたグランツーリズモになります

別の修理等でお預かりする予定だったのですがお預かり時にお客様に

「エアコンも効かないので見といてもらえますかー

と言われて早速調べていくと室内のスイッチをLOにしても熱風、、、

P1240262

ゲージを繋いでもガスは入ってるし、、、

エアコンのスイッチを入れ直しONにするとカチッカチッと連続でコンプレッサーから音が鳴るだけ、、

P1240264

原因はコンプレッサーかと思い早速、点検しようとまずアンダーカバーを外しコンプレッサーまでの電気も見ましたが、一瞬流れては切れての繰り返しでベルトを外しシャフトを点検してもロックもしていないし再度、ゲージを見るとかなり圧がかなり高くなって一瞬でコンプレッサーまでの電流を車両が遮断していました、、、

今回はクーラーガスの入れすぎによってコンプレッサーが回っていなかったのが原因でした

クーラーガスも全部抜いてメーカーが定めている規定量に全量入れ替えるとコンプレッサーも問題なく回り出しエアコンも効くようなりました

これから夏に向けてどんどんこういった修理が増えてくると思いますがその時は是非ご相談くださいませ

大阪店小田でした

それでは