ANRKY

アメリカ出張報告 Part3(Final)

こんばんは内山です

本日はアメリカ出張報告 最終編をお届けいたします!!!

こちらはエキゾーストブランド「ミルテック」のブースで初公開となりました

日本でもお馴染みURABAN AUTOMOTIVEのボディーキットを装着した

ボンド SEMA ラスベガス ボンドツアー アーバン ゴースト レンジローバー ワイルドスピード フェラーリ ウラカン 812 MC20

RollsRoyce Ghost

シンプルなデザインながらも非常にバランスよくまとまっておりました

ボンド SEMA ラスベガス ボンドツアー アーバン ゴースト レンジローバー ワイルドスピード フェラーリ ウラカン 812 MC20

ホイールはUF-7のシングルティント!!!

こちらはアメリカ鍛造ホイールブランドのVOSSENとのコラボレーションモデルとなります

ボンド SEMA ラスベガス ボンドツアー アーバン ゴースト レンジローバー ワイルドスピード フェラーリ ウラカン 812 MC20

そしてもう一台は新型RANGEROVER用のボディーキットも発表されておりました!!!

これまたシンプルなデザインですが、実はワイドフェンダーになっていたりしてますが綺麗にまとまった仕様ですね

来年のオートサロンに出展する!?という話も一時浮上しましたが、アーバン側から納期的に供給が間に合わない

との事で今回は断念。

でもアーバンの2台は本当にカッコ良かった!!!

是非とも日本でも製作してみたいですね

ご依頼お待ちしております笑

ボンド SEMA ラスベガス ボンドツアー アーバン ゴースト レンジローバー ワイルドスピード フェラーリ ウラカン 812 MC20

こちらは7desinというブランドのボディーキットを装着した

Mserati MC20

以前からMV FORGEDとコラボしたりしていたので知ってましたが、現車はかなりカッコ良い感じでした!!!

MC20ってイジったら絶対カッコイイんですよ・・・

でも思いの外ご依頼が無いという悲しい現実。

車高下げてホイール変えて7デザインのカーボンパーツなんて装着したらめちゃくちゃカッコ良くなると思います!

ボンド SEMA ラスベガス ボンドツアー アーバン ゴースト レンジローバー ワイルドスピード フェラーリ ウラカン 812 MC20

ボンド SEMA ラスベガス ボンドツアー アーバン ゴースト レンジローバー ワイルドスピード フェラーリ ウラカン 812 MC20

Vorsteiner(ヴォルシュタイナー)からはHURACAN STO用のボディーキットは発売となりました!!!

フロントスポイラー

カナード

フロントフードに装着するトリム

サイドスカートのフィン

リアディフューザー

で構成されております!!!

ボンド SEMA ラスベガス ボンドツアー アーバン ゴースト レンジローバー ワイルドスピード フェラーリ ウラカン 812 MC20

Ferrari  812 コンペツィオーネにMV FORGEDの組み合わせだ!

って写真撮っていたら実はコンペツィオーネ風社外エアロパーツな車両があったり、

ボンド SEMA ラスベガス ボンドツアー アーバン ゴースト レンジローバー ワイルドスピード フェラーリ ウラカン 812 MC20

思いっきりワイルドスピードな80スープラがあったり、

ボンド SEMA ラスベガス ボンドツアー アーバン ゴースト レンジローバー ワイルドスピード フェラーリ ウラカン 812 MC20

どうした!?って思ってしまうくらい車高の低いラングラーが展示されていたり、

ボンド SEMA ラスベガス ボンドツアー アーバン ゴースト レンジローバー ワイルドスピード フェラーリ ウラカン 812 MC20

到着時の入国審査で怒られているかのような大宮店の池田君が居たり

ボンド SEMA ラスベガス ボンドツアー アーバン ゴースト レンジローバー ワイルドスピード フェラーリ ウラカン 812 MC20

商品の説明受けているのに全く話を聞いてないでろう雰囲気の内山と岡の写真を撮られたり、

ボンド SEMA ラスベガス ボンドツアー アーバン ゴースト レンジローバー ワイルドスピード フェラーリ ウラカン 812 MC20

ハンバーガーとポテトで日本円で換算したら5千円超えている事に驚いたり、

ボンド SEMA ラスベガス ボンドツアー アーバン ゴースト レンジローバー ワイルドスピード フェラーリ ウラカン 812 MC20

ベガス滞在最終日の夜にsphereを外からですが見て感動したりと、非常に充実した出張にする事が出来ました!!!

今回の出張をきっかけに来年も新しい事に挑戦できるようになったりと収穫も沢山ありました

今回の出張の細かい部分は大宮店の池田君がボンドツアー専用ページにて作成中となりますので

もうしばらくお待ちください!

珍しいボディカラーのAMG G63に、ANRKY23インチの組み合わせ♪

こんばんはこんにちはおはようございます!!

石井です♪

本日ご紹介するのはコチラ!

AMG G63 W463A ゲレンデ ボディカラー ブルー bond東京

AMG G63!!

めちゃめちゃキレイなブルーは、

純正カラーの”サウスシーブルー”というボディカラーです♪

もちろん通常は選択出来ないので、特別オーダーとなるようです・・・

南の海の青

素敵!!

ちなみに内装も・・・

W463A ゲレンデ オーダー 限定色 内装

ブラックと、ヨットブルーのツートンで、オシャレ!!

純正でも十分目立ってしまう車両ですが・・・

AMG G63 W463A ホイール 23インチ アメ鍛 鍛造 ANRKY

iiD×HALローダウンスプリングで、車高を落とし、

ANRKY製鍛造ホイールを、お取り付けさせて頂きました♪

ANRKY

↑↑↑↑↑↑メーカーHPはコチラから

デザインは、1ピース構造のAN10というモデル

サイズは社外ホイールに換えた時の定番

23inch!!

フィニッシュは、天面ブラッシュドに、側面がポリッシュの

Brushed Face/Polished windowってやつです♪

↓↓↓↓↓こんな感じ

アメリカ製 鍛造ホイール 色 フィニッシュ

車のボディカラーがすっごい素敵なので・・・

特にエアロなどを付ける気にもならず・・・

ローダウンとタイヤホイールを交換するだけで・・・

AMG G63 W463A カスタム ホイール 23インチ アメ鍛 鍛造 ANRKY

AMG G63 W463A カスタム ホイール 23インチ アメ鍛 鍛造 ANRKY

めっちゃめちゃオシャレでごんす!!

これたまらん

マジで

“南の海の青”ですね(笑)

ホント海沿いが似合いそう!!

ってことで、ちょーシンプルだけど、とってもオシャレなG63の紹介でした♪

ゲレンデのカスタムなら、お任せください!!

石井でした

アメリカ出張報告 Part2

こんばんは内山です

本日は引き続きアメリカ出張報告、

「ANRKY wheels編」

をお届けいたします!!!

今回のツアーレポートは大宮店の池田君が担当いたしますので、あまり出し過ぎも良くないかな?

という先輩の優しさです笑

因みに今回のアナーキーはブースでの出展ではない為ホイール単体でのご紹介となります!!!

それでは今回SEMA SHOWのタイミングに合わせて紹介された新作をご紹介させて頂きます

ANRKY ウラカン Xシリーズ XR エアロディスク 新作 カスタムホイール FORGED

まずは左側から

S1-X6

これは大阪店の岡店長が以前オーダーしていたので近くブログで装着画像は紹介されるはず!?

となっております!!!

そして右側が今回の目玉でもある

XR101 UltraLight

で御座います!!!!

このホイールは実際に持たせてもらいましたが、とにかく軽い!!!

車両によってプログラムを変更するので軽量に特化したデザインとなります。

メーカーが言うには

・H〇EのLightWeightよりも軽いか同じ重さ

との事でした。

若干曖昧な回答でしたが、とにかく軽いです笑

とにかく削ぎ落されたデザインが特徴的ですね!

ANRKY ウラカン Xシリーズ XR エアロディスク 新作 カスタムホイール FORGED

左側は

XR-305

因みにこのデザインが2ピースになると205というデザイン名になります!

ディレクショナルなので回転方向のあるデザインとなり、こちらもスポークはかなり削り込まれた印象ですね!

右側は

RS7.3

RETRO seriesの新しいデザインとなります。

この細かいメッシュは王道ですがいい意味でアナーキーらしくないデザインでカッコイイと思います!!

ANRKY ウラカン Xシリーズ XR エアロディスク 新作 カスタムホイール FORGED

衝撃的だったのがこの

XR-203

内山自身が時代の流れについていけてないのか・・・

斬新過ぎました笑

まだ僕には早過ぎた領域のようです!

ANRKY ウラカン Xシリーズ XR エアロディスク 新作 カスタムホイール FORGED

そして実は以前から実はラインナップに加わったこちらのデザイン。

AN20 Aero Sport

こちらもMVとは違った雰囲気のエアロディスクの進化系ってとこですかね!!

現物だとどうにも赤い線がやかましい感じがしますが、シンプルにブラッシュドで仕上げたりすると

ANRKY ウラカン Xシリーズ XR エアロディスク 新作 カスタムホイール FORGED

カッコイイ!!!!!

この奇抜な感じは個人的にも結構好きなデザインです

そしてこのデザインを用いて装着すると、

ANRKY ウラカン Xシリーズ XR エアロディスク 新作 カスタムホイール FORGED

これまたカッコイイ!!!!

元々はAN20ベースのエアロディスクverなのでこの組み合わせは今のトレンドを詰め込んだ感じになりますね笑

しかしこの前後でホイールデザインを変えるのはこれからの定番になりそうです

因みに東京オートサロン出展車両も前後でデザインが若干変わった組み合わせで出展いたします。

またこういうのが流行ると名古屋店 飯村店長辺りが

「俺が流行らせた」

なんて始まると思いますが・・・。

元々AL13辺りがエアロディスクを市場に投入した段階で

フロント:エアロディスク装着

リア:エアロディスク無

なんて組み合わせでプロモーションしてましたからね。

今の流れはその派生だと僕は思っております!笑

ANRKY ウラカン Xシリーズ XR エアロディスク 新作 カスタムホイール FORGED

この感じです!!!!

ただやはりこのエアロディスクというのはホイールメーカーの中でも当たり前になりつつあり、

時代の流れと共にエアロディスクが進化しているように感じました。

これからホイールのデザインはどう進化していくのか非常に楽しみですね。

それでは次回アメリカ出張方向Part3にて内山の出張報告は終わりになりますが、別でツアーブログ専用ページも

作成いたしますのでお楽しみに!!

 

X3M!!バリっと走れて高級感もある丁度いいサイズ感のSUV!!

皆さんごきげんよう!!

土曜の夜n…おっと、今日は日曜日でしたね!

ってことで今日だけはサンデー石塚です(*´з`)

それでは改めまして…年に数度の日曜日報告会スタートです(;´Д`)

※いつも通りの通常回のブログですのであしからず(笑)

 

やっとです…東京店も遅ればせながら、ネット掲載の総額表示手続きを終えました~!!

 

画像はホームページですが、カーセンサーグーネットも完了いたしました!!

総額表示が出ておりますので、ご購入に際しまして今までよりイメージも湧きやすいかと思いますので、是非一度見てみてください(*´ω`*)

注)数字が大きくなってるように見えるかもしれませんが、整備費用や諸経費等込みの金額になっているだけですのでご安心ください。

 

 

さてそんな中、『他の人と一緒は嫌だ!』って方にドンピシャなX3 Mが入庫いたしました(‘ω’)ノ

BMW X3M Competition

↑↑↑今すぐクリック↑↑↑

 

 

BMWの中でも最早、定番モデル化しつつあるX3!!その中でもハイグレードなMでコンペティションでっす!

更には純正オプションもしっかりチョイスされており、極めつけは足元に輝くANRKYの鍛造22インチアルミホイール!!!!

 

 

こんなカッコいいX3Mは中々出てきませんよ!!

それもこれも、BONDがカスタムを得意としている所以(/ω\)

なので、これじゃあ物足りない!もっとカスタムしたい!!なんて方も全然ご相談ください(*´▽`*)

 

車高落として、インテーク替えて、エキゾースト替えて、ブレーキキャリパー塗って…幾らでもやれることありますよ(笑)フッ

 

取り敢えず一旦ご来店いただき是非現車確認してみてください!!

きっと気に入っていただけるはずです( *´艸`)

話はそれからですね(笑)

 

それでは本日はここまで!!サンデー石塚でした!!

SeeYa(^^)/

 

 

グリーン!ヘル!マグノ!!

こんばんは内山です

先週のブログの予告通り、しっかり京都満喫してきました!笑

宿は京都なのにしっかりと車で一時間かけて奈良へ移動。

奈良といったら大仏!

と思い東大寺へ。

内山の感想は

「GANTZに出てくるところだ!」

でした笑

そして次は京都へ戻りまして伏見稲荷大社へ!

ここへきた目的は

千本鳥居が見てみたくて足を運んでみました。

ですが末っ子を抱えたまま歩いていた内山。

千本鳥居の中を歩き続けるも序盤で腰がブロー。

内山と末っ子だけ早々に本殿の方へ戻り休憩しておりました笑

まーでも京都を満喫出来たのは間違いないので心はとてもリフレッシュしました!

体は逆に腰が悲鳴をあげておりますが・・・。

という訳で内山の旅行記が止まらなくなる前に本日はこちらのお車を

ご紹介させて頂きます

ええ。めっちゃ派手です笑

こちら先日発売されておりました

“Magno Hero Edition”

で御座います!

そしてこのボディーカラー!

グリーンヘルマグノですね

なんとこちらのグリーンヘルマグノは限定50台というとっても

希少なお車で御座います!

そんな台数の少ない希少なお車であっても我らがW大先生は躊躇なく

イジってしまいます笑

まずはもはや鉄板アイテムとなりましたBRABUS製フロントスポイラー

今回はセンターのパネルはあえての塗分け無し!

バンパーと同色のマグノナイトブラックでペイントしてお取り付けさせて頂いております。

同色でまとめる事での一体感が素敵!笑

そしてW大先生の大好きなBRABUS製フードアタッチメントも装着!!

これよく「ダクトがついてますがボンネットに穴開けるんですか?」

と聞かれますが、ご安心下さい。

ダクトはダミーなのでボンネットに通気用の穴を開ける事は御座いません笑

そしてここからがボンドの細かい拘りポイント

Bマークの台座の部分って実はポリッシュ仕上げしかBRABUSは設定が無いのです。

でもこちらのお車はエンブレム類が純正でブラックタイプが装着されていた為

他のエンブレムと合わせる為にブラックでペイントしてから装着させて頂いております

多分オーナー様もこのブログを見て知る事でしょう笑

そして拘りポイントその2!

ここはボンドグループのブログでもよく出てきますが、フロントガラス側のエンブレムも

貼られた状態で送られてくるのですが・・・

ここはクロームメッキしか設定がありません!!!

なので実はここのエンブレムは剝がせないので周りの網の部分ごとペイントしております。

分かる人にしか分からない小さな拘りポイントで御座います!

あっ、言い方替えたらただの自己満ですね笑

そして今回は基本的にはブラックアウトしない方向性の仕上がりの為

BRABUSのマフラーはクロームを装着!!

最近ブラッククロームばかりだったのでなんだかとっても新鮮な仕上がり

そしてノーマルホイールでは乗れない性分のお客様。

今回装着させて頂いたホイールは

“ANrky wheels S2-X5”

で御座います!!!!

このちょっと癖のある感じのメッシュデザインがまたカッコイイんですよ

そしてこのボディーカラーなのにポリッシュ仕上げを選ぶのは流石です!笑

今回はリアを12.0Jにして355/25R24を組み合わせたのでリアタイヤが極太!!!笑

でもリアだけ太くしているので

離れて見てもリアタイヤの太さが際立ってますね!!!

しかしこのボディーカラーにポリッシュの組み合わせはめちゃくちゃカッコ良くなりました

今回のボディーカラーとホイールカラーの組み合わせは流石のW大先生も若干不安な様子

でしたが、やっぱりこの組み合わせで大正解でした!

W大先生、いつも本当に有難う御座います!!!!!!

でも今思いましたが、もう頼んでるパーツが何も無くなってしまいましたね・・・。

またウズウズしだしたらご連絡お待ちしております笑