MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • MS-Design
  • STARTECH
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • end.cc
  • Next innovation
  • NOVITEC-ROSSO
  • ARTISAN SPIRITS
  • ADV.1 Wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • TSW WHEELS
  • BC Racing
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • Preciousf
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

ASTONMARTIN

HRE Performance Wheels!!

こんばんは内山です

本日はタイトル通りHREのお話で御座います。

ボンドグループのブログをご覧頂いているという事は、皆様車のカスタムに興味を

お持ち頂いている方が多いかと思います!

なのでアメリカのホイールブランドでHREはもう既に皆様ご存知ですよね!?

そんなHREですが、ボンドグループでも輸入元としてお取り扱いをさせて頂いております。

そんなHREですが本国から定期的に来日をし、各SHOPを訪問しては意見の交流を行っております!

もの凄く”ちゃんとしたメーカー”ですよね。

この”ちゃんとしたメーカー”というイメージは非常に大事で販売をする人間も安心して案内出来る

メーカーという事は非常に重要な事ですからね!

僕も何回もHREのファクトリーにはお邪魔させて頂いておりますが、とにかく整理整頓

されていてとにかく管理が行き届いているファクトリーになっております。

そんなHREが今回もまた来日する事になり、到着した当日にお食事誘って頂き内山も参加

させて頂いてきました!!!

僕の隣にはアクセスエヴォリューション佐野さんです。

定期的にHREを販売する人からの意見をヒアリングしにアメリカから来るというのも

中々凄い事ですよね。

この際だから色々「あーして欲しい」「こうして欲しい」を色々お願いしてきました!

まさかの居酒屋2件ハシゴしてお腹はちきれそうでしたが(笑)

ちなみに3時間位ぶっ通しでほぼ”ホイール”の話です!笑

ただこういう場に呼んでもらえるのは物凄く嬉しい事!!

様々な意見の交流をする事も出来、実りある席になったかと思います。

そしてHREから内山が以前から待ち望んでいた製品が発売されるとの事で、

来年はHREが更に盛り上がる一年になる事間違い無し!!!!

どんな内容かって?

それは言えない・・・

この場では決して言えない・・・

でも言いたい・・・

ん~。

言えません!笑

という訳で本日はそんなHREを改めてご紹介させて頂きました。

このブログを読んで頂いている方の中でHREに興味をお持ちの方も必ずいらっしゃる

かと思います。

そんな時にはボンド東京へご連絡を下さい!

内山がみっちりご説明をさせて頂きます(笑)

 

せっかくですので最後は今まで内山がHREをお取り付けさせて頂いた車輌をご紹介して

お別れとなります!

 

 

 

 

 

 

 

 

Volanteも完成~♪♪

こんばんは内山です

内山の勝手なルールなんですが、ブログの日は基本的に午前中にブログを終わらせるという

自分ルールがある訳なんです。

何故かって、早めに終わらせておいた方が気持ち的に楽じゃないですか(笑)

後半にブログの更新を持ってきて、バタバタして中々手を付けられずに

「ブログやらなきゃ~ブログやらなきゃ~

ってなるのが本当に苦手なんです・・・。

そうするとなんだかブログの内容も雑になるし、あんまり良い事ないんです

なので基本的には午前中のうちにブログを終わらせておきたいのです。

ですが、そんな内山が・・・

ブログを更新している現在の時刻が18時50分!!!!!

今日はなんだか朝からとってもバタバタでした(笑)

という訳でですね、ここの前振りの部分も脱線すると相当長くなってしまいますので

本題に入りますね!!!

以前からボンド東京ブログに何回登場したのか分からない位相変わらず強烈な

カーラインナップを誇るY様。

そのカーラインナップの中でも同一車種を2台お持ちになられている

AstonMartin Vanquish S

一台目はADV.1のホイールを装着させて頂き、オートサロンにも展示させて頂きましたこちらの

Vanquish S Ultimate

やっぱり何回見てもカッコイイー(笑)

そしてもう一台が、

Vanquish S volanteで御座います!!!!

以前にもブログでご紹介をさせて頂いたかと思いますが、クーペとカブリオレを

2台共所有されているという無類のVanquishが大好きなY様です(笑)

今回はついにこちらのヴォランテが完成致しましたのでご紹介させて頂きます

今回ご装着させて頂いたホイールは

“1221wheels AP3XL R5995”

で御座います!!!

今回のfinishは

Brushedface/Polishedwindows

ボディーカラーはブルーだし屋根は空いちゃうし、いっそならもうチャライ感じのホイールを

選択させて頂きました(笑)

クーペの方とは全然違う雰囲気に仕上がりましたね!

キャリパーカラーは今回はシンプルにガンメタ!!!

今回の仕様的にプラッティングシルバーだとくどい感じになるのを考慮しての

カラーチョイス

ちょっと引き締まった感じになりましたね

このボディーカラーのVanquish Volanteにこのホイールは本当カッコイイ

アストンいいですね~

車高とホイールでこんなにカッコイイ車に仕上がります

Y様!

いつも本当に有難う御座います!!!!

今お預かりさせて頂いている別のお車もかなりカッコ良く仕上がると思いますので

よろしくお願い致しま~す

 

ぼっちブログ

こんばんは!!

石井です♪

ゲレンデブログの流れを完全に断ち切ります(笑)

ホントすみません(笑)

本日は!!

モーターファンフェスタ2019 in 富士スピードウェイが開催されております!!

弊社ももちろんブースを出展♪

その模様は後日ブログでご紹介すると思います

ってことで、ボンドショップ東京は

案の定・・・・

 

 

 

ぼっちです

そりゃこうなっちゃうわけです

寂しいけど、僕、頑張っちゃうんだな

お問い合わせも、御来店も多数いらっしゃいましたので、ちゃんと忙しくさせて頂きました(笑)

そんな本日ご紹介するのはコチラ!!

ASTON MARTIN VANTAGE!!

先日ブラックアウトなど作業させて頂きました♪

ヴァンテージ、、、

正直なところ、入庫や問い合わせが他の車種に比べて少ない気がするのです、、、

まぁパーツも少ないし、、、

と、思っていた矢先!!!

STARTECHからVANTAGE用のカーボンパーツがあるのです!!!

フロントはダクトのみの設定!

フロントグリルエアインテークっていうパーツになります♪

純正はこのダクトはもちろん無く、全てメッシュになってます

ペイント用か、カーボンの2種類が選択可能!!

フロントフェンダーインサートは、カーボンのみの設定♪

カーボンドアミラーカバーに・・・

LEDフォグライトハウジングもあります♪

ディフューザー両サイドにはSTARTECHマフラーカッターに、ディフューザーフィンも設定があります!!

ホイールも設定ありですが、ホイールメーカーのホイールの方がカッコいいので紹介しません(笑)

品質も絶対に間違いないので、VANTAGEに+αのアクセントを付けたいならメチャメチャオススメです♪

と、いうことでASTON MARTINもっと来てください!!

石井でした

ASTON MARTIN DBS Superleggera!!

こんばんは♪

ボンドショップ東京店イイムラでゴザイマスm(__)m

本日はまだまだ珍しいコチラのお車をお預かりさせていただきました♪

アストンマーチン アストンマーティン DBS スーパーレジェーラ DB11 ヴァンテージ カスタム ローダウン

ASTONMARTIN DBS Superleggeraです♪

まだまだご納車になっている方は少ないコチラのお車ですが、台数もすくない為、

パーツがほとんどありませんっ!!(笑)

ただ、何かしたいっていう事で、、、

アストン DBS ローダウン マフラー エアロ カスタム DB11

わかります??

わからないですよね、、、(笑)

アストンマーチン DBS ラッピング フルラップ カスタム ホイール ホイールペイント

写真だと非常に解りづらいんですが、元々スモーククリアみたいなテールだった

のを赤いフィルムを貼って赤いテールにしたんですが、写真だとスモークテール

にしか見えないっすね、、、(笑)

新車時にスモーククリアテールにするか赤いテールにするかが選択できるよう

なのですが、世にいるDBSがスモーククリアテールが多いらしいんです、、、

大分類に入ってしまった事がイヤなオーナー様(笑)はなんとか赤いテールにしたい!!

という事で今回フィルムを貼って赤くしてみました!!

もちろん、ペイントする事も不可能ではないのですが、ペイントしてしまうと

元には戻せません、、、

ちなみに、新品の赤いテールは80万円するそうです、、、

フィルムなので気に入らなかったら剥がせば元に戻せますし、施工時間もだいたい

1時間くらいなのでめちゃくちゃお手軽ですね!!

先日ご紹介させていただいたコチラのDBSもそうですが、この車はカッコイイ!!

車高とホイールでかなり押し出しが強くなりますね!!

アストンマーティン DBS スーパーレジェーラ DB11 ヴァンテージ カスタム ペイント ラッピング

こちらのオーナー様も何台所有されているのかわからないくらい大きな病に

かかっている方なのできっと何かご依頼いただけると思い楽しみです(笑)

アストンマーチンもボンド東京にオマカセくださいm(__)m

 

 

恐らく世界初!!

こんばんは内山です

先日家族で栃木県までイチゴ狩りに行って参りました。

過ごしやすい気候になってきたという事もあり、爽やかな気持ちでイチゴ狩りが出来る

と思ってビニールハウス内へ飛び込みましたが・・・。

ビニールハウスの中は汗かく程の温かさ。

そうともなれば勿論イチゴ自体もそれなりの温かさ。←すなわち常温よりやや暖かい

やっぱりイチゴは冷えている方が美味しい事を再確認しました。

そして本日ご紹介する車のオーナーS君に、何回も家族でイチゴ狩りに行くと言ってるのに・・・

何故か返ってくる言葉は「カニ食べ放題行くんだよね?」と聞かれる始末・・・。

何をどう間違えたら「イチゴ狩り」と「カニ食べ放題」を間違えるかは

未だに謎のままですが・・・笑

という訳で本日ご紹介する車のオーナーのS君程「カニ食べ放題」というイメージが

無い人はいないと断言出来る人のお車をご紹介させて頂きますね!笑

↑※知っている人なら絶対納得してもらえすはず!

はい!きました!

AstonMartinです(笑)

最近なんだかアストンの入庫率が本当に高い!

しかもこちらのお車。

日本一号車!!!

いきますよー。

写真出しちゃいますよー。

めちゃくちゃカッコイイですからねー。

 

 

 

 

 

はい!どん!!!

DBS カスタム 

AstonMartin DB-Sで御座います!!!!!!!!

だけど・・・。

せっかくだから・・・。

ちゃんとした場所で写真撮りたかった・・・。

ってこれヤバくないですか?笑

日本一号車なのにいきなり車高下げてホイールも付けた状態で納車させて頂きました!!!!

HRE P200 ボンド カスタム アストン

ホイールは

“HRE P200”

サイズは前後共に22inch!!!

タイヤサイズで考えたら現行のパナメーラと同じです(笑)

オーナーのS君の大好きなHRE P200をようやく装着する事が出来ました!

仕上げは

“Polished Dark Clear”

このフィニッシュは本当に綺麗!

車のイメージにピッタリなデザインですね~

ちなみにリアのサイズは335/25-22!

めっちゃ太い!笑

しかもサイドスカートのデザインがエグイので下から見るとタイヤのトレッドが

半分くらい見えちゃってます(笑)

しかしながら車輌のベースはDB11ですがボディー形状は全然違います・・・。

そんな車のホイールマッチングなんて何処にも存在しません。

サイズ決めるの本当大変でした・・・汗

色々ありましたがなんとか無事装着出来て一安心!

この雰囲気、本当に素敵(笑)

装着する前から

「DB-S」×「HRE P200」

この組み合わせは間違いないと思っておりましたが、やっぱり完璧な組み合わせですね(笑)

そしてDB-Sはノーマルマフラーにバルブが付いており、Sportモードにすればバルブが

開いて良い音するのですが、S君は常に開きっぱなしにして欲しいとのご依頼だったので・・・

これがまたとにかく難易度高いのなんのって!

最近の車はマフラーはバルブを電気のモーターで制御しているので任意でバルブを開く事は

出来ません・・・。

そこで内山考えました。※約5分程度

あの手この手を使ってなんとか開きっぱなしにする事に無事成功しました!

ですが今回の手法はある意味BONDだから出来た荒業でもあります!笑

勿論エラーも入りません。

内山もオーナーも赤のキャリパーはちょっと苦手・・・

速攻で塗りましたよね!笑

今回は「プラッティングシルバー」で絶妙に光沢があるカラーリングで御座います。

この色は本当にオススメです!

ちなみに、ロベルタのリフティングキットも装着済!

なんだか最近ロベルタばっかり紹介している気もしますが・・・

今年入ってからもう入れ替え入れ替えでひたすらロベルタを往復しております!

最近ではもうロベルタの社長に

「社長!リフティング決まったんで入れ替えで持って行っていいですか!?」

と聞くと何故か爆笑されます(笑)

ボディーはドアパネル以外全てカーボンです!!

どんだけ贅沢なボディーなのでしょうか(笑)

今回は純正でマットカラーなのでボディーに何かあっては大変・・・。

という事で、出ましたお得意の一台まるごとプロテクションフィルム!笑

小傷からもボディーを守る事が出来るので安心感が違います。

ちなみにこちらのDB-Sですが、随所にカーボンパーツが使われております。

ですが今までの写真を見て頂くとスポイラーやルーフやディフューザーなどは

真っ黒に見えますが、実は全てカーボンパーツなのです!

tintted gloss carbonという名称になるそうで、カーボンパーツのクリアにスモークペイントが

施されているんですね~

これは新しい!

完全に見た瞬間真似しようと心に決めました(笑)

 

 

しかしこの車。

本当にカッコイイの一言ですね。

しかしこの状態になるまでは何一つデータが無いので課題しかありませんでした!

でもそんな課題をいくつも乗り越えたからこその達成感もあります(笑)

という訳で、なんだか最近気が付けばアストンについてのデータが豊富になって参りました!

アストンにお乗りになられているオーナー様・・・

どんどん弄りましょう!!

 

そしてS君!本当に有難う御座いました!

この車に乗って一緒に「カニ食べ放題」行こ!笑