MENU
  • ART
  • ABT
  • MANSORY
  • TECHART/テックアート
  • m7
  • Capristo
  • BOCA-design
  • mon
  • iiD
  • MIB
  • MS-Design
  • STARTECH
  • HARTMANN
  • AMG
  • BRABUS
  • Carlsson
  • LORINSER
  • WALD
  • AC SCHNITZER
  • ALPINA
  • HAMMAN
  • 3D Design
  • end.cc
  • Next innovation
  • NOVITEC-ROSSO
  • ARTISAN SPIRITS
  • ADV.1 Wheels
  • BC Forged
  • 1221 wheels
  • rotiform
  • fuss
  • MID.R
  • HYPER FORGED
  • BBS
  • HRE WHEELS
  • TSW WHEELS
  • BC Racing
  • BILSTEIN
  • SACHS
  • OHLINS
  • KW
  • ARAGOSTA
  • ROBERUTA
  • H&R
  • Eibach
  • RIGID COLLOR
  • AKRAPOVIC
  • PowerCraft
  • B1R
  • Supersprint
  • クライスジーク
  • REMUS
  • iPE
  • ARQRAY
  • Office K
  • BREMBO
  • AP RACING
  • KRANZ
  • DIXCEL
  • RECARO
  • Preciousf
  • GruppeM
  • HKS
  • OKADA PROJECTS
  • Code Tech
  • BELLOF
  • AirZero
  • PHILIPS
  • PB
  • YUPITERU
  • CLOS
  • NM Engineering
  • GIOMIC
  • Duell AG
  • DOG-BAG
  • Sleepypod
  • TOPZOO
  • kanbatsu

HRE

2020年のスタートです!!!

あけましておめでとうございます!!

本年もよろしくお願い致します!!

内山です

年末年始の休暇って、本当に一瞬で終わってしまいますよね・・・

今年は年始早々暇を持て余した内山家は御殿場アウトレットに行ってみました。

結果から言いますと、

道路→渋滞

店舗→爆混

内山嫁→上記2つの条件が揃い終始機嫌悪い

もう二度と行かない(笑)

という訳で、年明けてすぐに始まるビックイベント

オートサロンに向けて業務初日からトップギアな内山で御座います

本日もまたオートサロン出展車輌が出来上がりましたのでご紹介させて頂きますね

Lamborghini Urusで御座います

こちらのウルスは飯村さんのお客様からお車をお借りして出展となりましたー!

元々ホイールはAnrkyを装着しておりましたが、今回のオートサロン期間中は

HREを装着しての展示となります

今回装着させて頂いたデザインは

HRE S200Hとなります。

最初はこれとはまた違うデザインでオーダーをかけようとしたのですが、ウルスの場合かなり

強烈なサイズの為製作不可との回答・・・。

という訳で個人的にも好きなS200Hのデザインでオーダーさせて頂きました!

finishは色んな仕上げをふんだんに盛り込みました!

ディスク天面→ブラッシュド

ディスク側面→ストーンフィニッシュ

アウターリム→ポリッシュ

それらを全てガンメタクリアで仕上げ

ガンメタのボディーにガンメタ仕上げのホイールの組み合わせはやっぱりカッコイイ(笑)

ちなみにこちらのHREのタイヤホイールセット。

オートサロンが終わったら東京店にて販売いたします

所謂、

在庫ってやつです。

ウルスにお乗りの方でホイールにお悩みの方!

オートサロンの会場で実物をご確認頂けます!!!!

あっ。でもオートサロン終了後も東京店にて実物は確認できますね笑

また後日トレハン石井からもアナウンスさせて頂きますので

という訳で、間もなく開催される東京オートサロン。

皆様是非とも会場へお越しくださいませ!

お待ちしておりますのでよろしくお願い致しま~す

 

HRE Performance Wheels!!

こんばんは内山です

本日はタイトル通りHREのお話で御座います。

ボンドグループのブログをご覧頂いているという事は、皆様車のカスタムに興味を

お持ち頂いている方が多いかと思います!

なのでアメリカのホイールブランドでHREはもう既に皆様ご存知ですよね!?

そんなHREですが、ボンドグループでも輸入元としてお取り扱いをさせて頂いております。

そんなHREですが本国から定期的に来日をし、各SHOPを訪問しては意見の交流を行っております!

もの凄く”ちゃんとしたメーカー”ですよね。

この”ちゃんとしたメーカー”というイメージは非常に大事で販売をする人間も安心して案内出来る

メーカーという事は非常に重要な事ですからね!

僕も何回もHREのファクトリーにはお邪魔させて頂いておりますが、とにかく整理整頓

されていてとにかく管理が行き届いているファクトリーになっております。

そんなHREが今回もまた来日する事になり、到着した当日にお食事誘って頂き内山も参加

させて頂いてきました!!!

僕の隣にはアクセスエヴォリューション佐野さんです。

定期的にHREを販売する人からの意見をヒアリングしにアメリカから来るというのも

中々凄い事ですよね。

この際だから色々「あーして欲しい」「こうして欲しい」を色々お願いしてきました!

まさかの居酒屋2件ハシゴしてお腹はちきれそうでしたが(笑)

ちなみに3時間位ぶっ通しでほぼ”ホイール”の話です!笑

ただこういう場に呼んでもらえるのは物凄く嬉しい事!!

様々な意見の交流をする事も出来、実りある席になったかと思います。

そしてHREから内山が以前から待ち望んでいた製品が発売されるとの事で、

来年はHREが更に盛り上がる一年になる事間違い無し!!!!

どんな内容かって?

それは言えない・・・

この場では決して言えない・・・

でも言いたい・・・

ん~。

言えません!笑

という訳で本日はそんなHREを改めてご紹介させて頂きました。

このブログを読んで頂いている方の中でHREに興味をお持ちの方も必ずいらっしゃる

かと思います。

そんな時にはボンド東京へご連絡を下さい!

内山がみっちりご説明をさせて頂きます(笑)

 

せっかくですので最後は今まで内山がHREをお取り付けさせて頂いた車輌をご紹介して

お別れとなります!

 

 

 

 

 

 

 

 

やーーーーっと来ました!!

こんばんは内山です

最近思う事があります。

名古屋店のタイヤチェンジャーが羨ましい・・・。

ちなみに浦和店もレバーレスのタイヤチェンジャーも使っているのに、

東京店だけ昔ながらのタイヤチェンジャー・・・。

オジサマメカニック達がヒーヒー言いながらタイヤ交換やってます!

この声が社長に届く事を祈っております(笑)

という訳で本日ご紹介させて頂くのは、W463A G63で御座います!!!

先日BRABUSのフロントスポイラーをお取り付けさせて頂いたこちらのG63に、

待望のホイールをご装着させて頂きました

装着した状態がこちらです!

G63 HRE 23インチ

やっぱり1インチ大きくなるだけで雰囲気が全然違いますね

真っ黒な塊な感じがカッコイイ~

今回お取り付けさせて頂いたのは、

HREのNewシリーズ。

P1SCシリーズのP104SCで御座います

シンプルな10スポークのデザインですが、削り込み方が本当に細かくて

綺麗なデザインですね!!

今回のfinishは、”Textured Black“という表面がザラザラしたマットブラックな仕上がりに

なります

こちらのお客様。

とにかくホイールは無類のマットブラックが大好きな方でして・・・。

今まで内山から3set程ホイールを購入して頂いておりますが、毎回マットブラックにするとか

しないとかの押し問答が恒例行事となっております(笑)

でも今回は次に購入するスーパーカーのホイールを

「ウッチーに完全に任せるから今回だけはマットブラックにさせて!」

という事だったので今回のカラーを承諾しました!笑

果たして今までマットブラック大好き症候群だったお客様にポリッシュ仕上げの

ホイールを装着する日は来るのでしょうか!?

楽しみだな~!!

今回は前後共にローパッドのディスクで装着する事が出来たので

コンケーヴも良い感じになりました

ホイールもマットブラックなったらキャリパー赤いのが気になってしまうと思い

今回一緒にキャリパーもペイントさせて頂きました。

こちらのお車はEdition1なのでフロントバンパーのアンダーパネルやドアミラーが

オブディシアンブラックなのでキャリパーもオブディシアンブラックで仕上げて

みました!

パッと見は完全にソリッドブラックな仕上がりですが、よ~く見るとメタリックが

入っております

やっぱり新型のGクラスは23インチが良い感じに仕上がりますね!

Gクラスに23インチの取り付けは鉄板メニューになる事でしょう

実は今、23インチのホイールを在庫しようと企んでおります(笑)

待てないお客様も多くいらっしゃると思いますので

そちらはまた入荷致しましたらご案内させて頂きますねー!!!!

 

HRE OPEN HOUSEの後という事で。

こんばんは内山です

相変わらず早朝に目が覚めるという生活が続いております。

でも二度寝の幸せ噛み締められるので、嫌いじゃないです(笑)

しかし内山さんったら本当にデリケート。

昼寝とかしたら夜寝れなくなるタイプです

意外と繊細なんです!笑

そして・・・

今日からまたダイエット始めます

目指せ夏までに6パック!!!!

というのは冗談ですが、アメリカ行く度にちゃんと体重の増加に成功させて

帰ってくるのなんとかせねば・・・笑

 

はい!という訳で本日はこちらのお車をご紹介させて頂きま~す!!

フロントバンパーに無数の飛び石による損傷が強烈な・・・

※この白い点は全て飛び石の被害によるものです。

 

M3 HRE WHEEL

O君のBMW F80 M3で御座います!!!!!

今回はHRE Classic Seriesを装着させて頂きました

デザインは”ClassicSeries 300″

finishはシンプルに

disk : Brushed

outer : High polish

この組み合わせは間違いないですね!

まさにボディーカラーを活かすfinishです!!

個人的にこのホイール好きなんですよね~。

F80 M3は大分リム幅取れるのでこの手のホイールが良く似合います

サイズは

Front 9.5J / Rear 11.5J

このデザインはパッツパツじゃないと決まりませんからね!笑

かなり攻めてみました。

でも一番最初の写真を見て分かる通り、オーナーはかなりのキレた走りをする方・・・

干渉して走行に支障が出ては話になりません!!!

オーダーする際にかなりマッチングで悩んだのはここだけの話です(笑)

何が怖いってオーナーが

「タイヤは絶対 MICHELIN PilotSport 4S

って言うもんだから・・・

相当悩みました。

だってミシュランって・・・

タイヤが他社の同サイズと比べてかなり太いんですよーーーー

でもかなり狙い通りのサイズ感に仕上がったので安心しました!

今回はこのデザインにて大正解でした!

HREに関するお問合せもお待ちしておりますよー!!!!!!

 

 

 

帰国致しました!!!

こんばんは内山です

4泊6日のアメリカ出張も無事に終え、昨日帰国致しました!!

時差ボケのせいか・・・

すんごい眠い(笑)

今回の主な目的は

“HRE OPEN HOUSE”の視察と各メーカーとのミーティング。

ホイールメーカーにも訪問致しましたが、基本的にはミーティングですので

ほとんど写真は撮っておりません。

あとは予定の合間を見てアメリカでも人気なSHOPも視察してまりました!

まずはこちらのGTCというショップ。

German Tuning Coporation

その名の通りヨーロッパ車を中心に取り扱うショップであり、

・BRABUS

・STARTECH

・TECHART

・NovitecRosso

etc…

などを代理店として取り扱うお店でして、なんだかボンドグループみたいな感じですね(笑)

こちらのファクトリーにはいつ来ても強烈な車が入っている訳でして、

New G63 BRABUS widestarを2台製作中でした

しかし右側のマットブラウンのワイドスター・・・

チョーーーーカッコイイのであります

新作のスペアタイヤカバーのスムージングパネルも装着されておりました!

ここまでBRABUSでまとまっているとこれも素敵ですね

そしてファクトリー内には、マイバッハ ランドレー!!

初めてみました(笑)

ホイールも通常の4×4と同じかと思ったら違うんですね!

ランドレー専用でした。

日本でも2台くらいあるそうなんですが、値段がとてつもない価格らしいですね!笑

更に横にはGT3RSが2台。

TECHARTではGT3RSのカーボンパーツがかなり売れているそうです!

そして続きましては、もはや自動車業界の観光名所とも言える

PLATINUM MOTOR SPORT

今回は通常のSHOPと板金センターの両方にお邪魔してみました!

ただプラチナムの前に止まっていたG63の・・・

こちらもまたBRABUS widestar

これまたボディーカラーがヤバイ!!!!!

こんな色でボディーキット組むとか・・・

もはや反則です!笑

しかもホイールをわざわざブラッシュド加工してゴールドでペイントしてありました!

元々Forgedですからね。

こんな遊び心が素敵です。

 

という訳でアメリカ出張の内容のご紹介前編はこちらで終了となります。

次回は後編をお届け致します